OpenStack Orchestration (Heat)
You can not select more than 25 topics Topics must start with a letter or number, can include dashes ('-') and can be up to 35 characters long.
 
 
 
 

7174 lines
280 KiB

# Translations template for heat.
# Copyright (C) 2015 ORGANIZATION
# This file is distributed under the same license as the heat project.
#
# Translators:
# yfukuda <fukuda.yuko@jp.fujitsu.com>, 2014
# Satoshi Kodama <s.skk.skk+transifex@gmail.com>, 2013
# Tomoyuki KATO <tomo@dream.daynight.jp>, 2013
# Andreas Jaeger <jaegerandi@gmail.com>, 2016. #zanata
# Yuko Fukuda <fukuda.yuko@jp.fujitsu.com>, 2017. #zanata
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: heat VERSION\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: https://bugs.launchpad.net/openstack-i18n/\n"
"POT-Creation-Date: 2019-09-29 20:00+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2017-04-28 06:33+0000\n"
"Last-Translator: Yuko Fukuda <fukuda.yuko@jp.fujitsu.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
"Generated-By: Babel 2.0\n"
"X-Generator: Zanata 4.3.3\n"
"Language-Team: Japanese\n"
#, python-format
msgid "\"%%s\" is not a valid keyword inside a %s definition"
msgstr "\"%%s\" は %s 定義内部で有効なキーワードではありません"
#, python-format
msgid "\"%(fn_name)s\": %(err)s"
msgstr "\"%(fn_name)s\": %(err)s"
#, python-format
msgid ""
"\"%(name)s\" params must be strings, numbers, list or map. Failed to json "
"serialize %(value)s"
msgstr ""
"\"%(name)s\" パラメーターは文字列、数値、リスト、またはマップでなければなりま"
"せん。JSON のシリアライズ %(value)s に失敗しました。"
#, python-format
msgid ""
"\"%(section)s\" must contain a map of %(obj_name)s maps. Found a [%(_type)s] "
"instead"
msgstr ""
"\"%(section)s\" には %(obj_name)s マップのマップが含まれている必要がありま"
"す。代わりに [%(_type)s] が見つかりました。"
#, python-format
msgid "\"%(url)s\" is not a valid SwiftSignalHandle. The %(part)s is invalid"
msgstr ""
"\"%(url)s\" は有効な SwiftSignalHandle ではありません。%(part)s は無効です"
#, python-format
msgid "\"%(value)s\" does not validate %(name)s"
msgstr "\"%(value)s\" は %(name)s を妥当性検査しません"
#, python-format
msgid "\"%(value)s\" does not validate %(name)s (constraint not found)"
msgstr "\"%(value)s\" は %(name)s を妥当性検査しません (制約が見つかりません)"
#, python-format
msgid "\"%(version)s\". \"%(version_type)s\" should be one of: %(available)s"
msgstr ""
"\"%(version)s\"。\"%(version_type)s\" は、次のいずれかでなければなりません: "
"%(available)s"
#, python-format
msgid "\"%(version)s\". \"%(version_type)s\" should be: %(available)s"
msgstr ""
"\"%(version)s\"。\"%(version_type)s\" は、%(available)s でなければなりません"
#, python-format
msgid "\"%s\" : [ { \"key1\": \"val1\" }, { \"key2\": \"val2\" } ]"
msgstr "\"%s\" : [ { \"key1\": \"val1\" }, { \"key2\": \"val2\" } ]"
#, python-format
msgid "\"%s\" argument must be a string"
msgstr "\"%s\" 引数は文字列でなければなりません"
#, python-format
msgid "\"%s\" can't traverse path"
msgstr "\"%s\" はパスを全探索できません"
#, python-format
msgid "\"%s\" deletion policy not supported"
msgstr "\"%s\" 削除ポリシーはサポートされていません"
#, python-format
msgid "\"%s\" delimiter must be a string"
msgstr "\"%s\" 区切り文字は文字列でなければなりません"
#, python-format
msgid "\"%s\" is not a list"
msgstr "\"%s\" はリストではありません"
#, python-format
msgid "\"%s\" is not a map"
msgstr "\"%s\" はマップではありません"
#, python-format
msgid "\"%s\" is not a valid ARN"
msgstr "\"%s\" は有効な ARN ではありません"
#, python-format
msgid "\"%s\" is not a valid ARN URL"
msgstr "\"%s\" は有効な ARN URL ではありません"
#, python-format
msgid "\"%s\" is not a valid Heat ARN"
msgstr "\"%s\" は有効な heat ARN ではありません"
#, python-format
msgid "\"%s\" is not a valid URL"
msgstr "\"%s\" は有効な URL ではありません"
#, python-format
msgid "\"%s\" is not a valid boolean"
msgstr "\"%s\" は有効なブール値ではありません"
#, python-format
msgid "\"%s\" is not a valid template section"
msgstr "\"%s\" が有効なテンプレートセクションではありません"
#, python-format
msgid "\"%s\" must operate on a list"
msgstr "\"%s\" はリストに対して作動しなければなりません"
#, python-format
msgid "\"%s\" param placeholders must be strings"
msgstr "\"%s\" パラメーターのプレースホルダーは文字列である必要があります。"
#, python-format
msgid "\"%s\" parameters must be a mapping"
msgstr "\"%s\" パラメーターはマッピングでなければなりません"
#, python-format
msgid "\"%s\" params must be a map"
msgstr "\"%s\" パラメーターはマップでなければなりません"
#, python-format
msgid "\"%s\" params must be strings, numbers, list or map."
msgstr "\"%s\" パラメーターは文字列、数値、またはマップでなければなりません。"
#, python-format
msgid "\"%s\" template must be a string"
msgstr "\"%s\" テンプレートは文字列でなければなりません"
#, python-format
msgid "\"repeat\" syntax should be %s"
msgstr "\"repeat\" 構文は %s でなければなりません"
#, python-format
msgid "%(action)s is not supported for resource."
msgstr "%(action)s はリソースではサポートされていません。"
#, python-format
msgid "%(action)s is restricted for resource."
msgstr "%(action)s はリソースが制限されています。"
#, python-format
msgid "%(desired_capacity)s must be between %(min_size)s and %(max_size)s"
msgstr ""
"%(desired_capacity)s は %(min_size)s と %(max_size)s の間である必要があります"
#, python-format
msgid "%(error)s%(path)s%(message)s"
msgstr "%(error)s%(path)s%(message)s"
#, python-format
msgid "%(feature)s is not supported."
msgstr "%(feature)s はサポートされていません。"
#, python-format
msgid ""
"%(img)s must be provided: Referenced cluster template %(tmpl)s has no "
"default_image_id defined."
msgstr ""
"%(img)s を指定する必要があります: 参照クラスターテンプレート %(tmpl)s に、"
"default_image_id は定義されていません。"
#, python-format
msgid "%(lc)s (%(ref)s) reference can not be found."
msgstr "%(lc)s (%(ref)s) 参照が見つかりません。"
#, python-format
msgid ""
"%(lc)s (%(ref)s) requires a reference to the configuration not just the name "
"of the resource."
msgstr ""
"%(lc)s (%(ref)s) は、リソースの名前だけではなく設定への参照を必要とします。"
#, python-format
msgid "%(len)d of %(count)d received"
msgstr "%(len)d / %(count)d を受信しました"
#, python-format
msgid "%(len)d of %(count)d received - %(reasons)s"
msgstr "%(len)d / %(count)d を受信しました - %(reasons)s"
#, python-format
msgid "%(message)s"
msgstr "%(message)s"
#, python-format
msgid "%(min_size)s can not be greater than %(max_size)s"
msgstr "%(min_size)s を %(max_size)s よりも大きくすることはできません"
#, python-format
msgid "%(name)s constraint invalid for %(utype)s"
msgstr "%(name)s 制約は %(utype)s には無効です"
#, python-format
msgid "%(prop1)s cannot be specified without %(prop2)s."
msgstr "%(prop1)s は %(prop2)s なしに指定できません。"
#, python-format
msgid ""
"%(prop1)s property should only be specified for %(prop2)s with value "
"%(value)s."
msgstr ""
"%(prop1)s プロパティーは、%(value)s の値を持つ %(prop2)s にのみ設定する必要が"
"あります。"
#, python-format
msgid "%(resource)s: Invalid attribute %(key)s"
msgstr "%(resource)s: 属性 %(key)s は無効です"
#, python-format
msgid ""
"%(result)s - Unknown status %(resource_status)s due to \"%(status_reason)s\""
msgstr "%(result)s: \"%(status_reason)s\" が原因の不明状況 %(resource_status)s"
#, python-format
msgid "%(schema)s supplied for %(type)s %(data)s"
msgstr "%(schema)s が %(type)s %(data)s に指定されました"
#, python-format
msgid "%(server)s-port-%(number)s"
msgstr "%(server)s-ポート-%(number)s"
#, python-format
msgid "%(type)s not in valid format: %(error)s"
msgstr "%(type)s が有効な形式ではありません: %(error)s"
#, python-format
msgid "%s Key Name must be a string"
msgstr "%s キー名は文字列でなければなりません"
#, python-format
msgid "%s Timed out"
msgstr "%s がタイムアウトになりました"
#, python-format
msgid "%s Value Name must be a string"
msgstr "%s 値名は文字列でなければなりません"
#, python-format
msgid "%s is not a valid job location."
msgstr "%s は有効なジョブロケーションではありません。"
#, python-format
msgid "%s is not active"
msgstr "%s はアクティブではありません"
#, python-format
msgid "%s is not an integer."
msgstr "%s は整数ではありません。"
#, python-format
msgid "%s must be provided"
msgstr "%s を指定する必要があります"
#, python-format
msgid "'%(attr)s': expected '%(expected)s', got '%(current)s'"
msgstr ""
"'%(attr)s': '%(expected)s' が予期されていましたが、'%(current)s' を受け取りま"
"した"
msgid ""
"'task_name' is not assigned in 'params' in case of reverse type workflow."
msgstr ""
"リバースタイプのワークフローが場合、 'params' において 'task_name' は設定され"
"ません。"
msgid "'true' if DHCP is enabled for this subnet; 'false' otherwise."
msgstr "DHCP がこのサブネットで有効な場合は TRUE、そうでない場合は FALSE。"
msgid "A UUID for the set of servers being requested."
msgstr "サーバーのセットの UUID が要求されています。"
msgid "A bad or out-of-range value was supplied"
msgstr "異常または範囲外の値が指定されました"
msgid "A boolean value of default flag."
msgstr "デフォルトフラグのブール値。"
msgid "A boolean value specifying the administrative status of the network."
msgstr "ネットワークの管理状況を指定するブール値。"
#, python-format
msgid ""
"A character class and its corresponding %(min)s constraint to generate the "
"random string from."
msgstr "ランダム文字列の生成元である文字クラスとその対応する %(min)s 制約。"
#, python-format
msgid ""
"A character sequence and its corresponding %(min)s constraint to generate "
"the random string from."
msgstr ""
"ランダム文字列の生成元である文字シーケンスとその対応する %(min)s 制約。"
msgid "A comma-delimited list of server ip addresses. (Heat extension)."
msgstr "サーバー IP アドレスのコンマ区切りリスト (heat 拡張)。"
msgid "A description of the volume."
msgstr "ボリュームの説明。"
msgid ""
"A device name where the volume will be attached in the system at /dev/"
"device_name. This value is typically vda."
msgstr ""
"システムの /dev/device_name でボリュームが接続されるときのデバイスの名前。通"
"常、この値は Vda です。"
msgid ""
"A device name where the volume will be attached in the system at /dev/"
"device_name.e.g. vdb"
msgstr ""
"システムの /dev/device_name でボリュームが接続される場合のデバイス名。例えば "
"vdb"
msgid ""
"A dict of assigned network addresses of the form: {\"public\": [ip1, "
"ip2...], \"private\": [ip3, ip4], \"public_uuid\": [ip1, ip2...], "
"\"private_uuid\": [ip3, ip4]}. Each network will have two keys in dict, they "
"are network name and network id."
msgstr ""
"以下の形式を持つネットワークアドレスのディクショナリー: {\"public\": [ip1, "
"ip2...]、\"private\": [ip3, ip4]、\"public_uuid\": [ip1, "
"ip2...]、\"private_uuid\": [ip3, ip4]}。各ネットワークはディクショナリー内に "
"2 つのキー (ネットワーク名とネットワーク ID) を持ちます。"
msgid "A dict of key-value pairs output from the stack."
msgstr "スタックから出力されるキー/値ペアのディクショナリー。"
msgid "A dictionary which contains name and input of the workflow."
msgstr "ワークフローの名前と入力を含むディクショナリー。"
msgid "A length constraint must have a min value and/or a max value specified."
msgstr ""
"長さ制約には最小値と最大値のいずれかまたは両方を指定する必要があります。"
msgid "A list of URLs (webhooks) to invoke when state transitions to alarm."
msgstr "状態がアラームへ遷移する際に呼び出す URL (webhook) のリスト。"
msgid ""
"A list of URLs (webhooks) to invoke when state transitions to insufficient-"
"data."
msgstr "状態がデータ不足へ遷移する際に呼び出す URL (webhook) のリスト。"
msgid "A list of URLs (webhooks) to invoke when state transitions to ok."
msgstr "状態が OK へ遷移する際に呼び出す URL (webhook) のリスト。"
msgid "A list of access rules that define access from IP to Share."
msgstr "IP からシェアへのアクセスを定義するアクセスルールのリスト。"
msgid "A list of all rules for the QoS policy."
msgstr "QoS ポリシーのすべてのルールのリスト。"
msgid "A list of all subnet attributes for the port."
msgstr "ポートのサブネット属性すべてのリスト。"
msgid ""
"A list of character class and their constraints to generate the random "
"string from."
msgstr "ランダム文字列の生成元である文字クラスとその制約のリスト。"
msgid ""
"A list of character sequences and their constraints to generate the random "
"string from."
msgstr "ランダム文字列の生成元である文字シーケンスとその制約のリスト。"
msgid "A list of cluster instance IPs."
msgstr "クラスターインスタンスの IP のリスト。"
msgid "A list of clusters to which this policy is attached."
msgstr "このポリシーが追加されるクラスターのリスト。"
msgid "A list of host route dictionaries for the subnet."
msgstr "サブネットのホストルートディクショナリーのリスト。"
msgid "A list of instances ids."
msgstr "インスタンス ID の一覧。"
msgid "A list of metric ids."
msgstr "メトリック ID のリスト。"
msgid ""
"A list of query factors, each comparing a Sample attribute with a value. "
"Implicitly combined with matching_metadata, if any."
msgstr ""
"照会因子のリスト。各因子は「サンプル」属性と値を比較します。"
"matching_metadata と暗黙的に結合されます (存在する場合)。"
msgid "A list of resource IDs for the resources in the chain."
msgstr "チェーン内のリソースのリソース ID のリスト。"
msgid "A list of resource IDs for the resources in the group."
msgstr "グループ内のリソースのリソース ID のリスト。"
msgid "A list of security groups for the port."
msgstr "ポートのセキュリティーグループのリスト。"
msgid "A list of security services IDs or names."
msgstr "セキュリティーサービスの ID または名前のリスト。"
msgid "A list of string policies to apply. Defaults to anti-affinity."
msgstr ""
"適用する文字列ポリシーの一覧。アンチアフィニティーにデフォルト設定されます。"
msgid "A login profile for the user."
msgstr "ユーザーのログインプロファイル。"
msgid "A mandatory input parameter is missing"
msgstr "必須の入力パラメーターが欠落しています"
msgid "A map containing all headers for the container."
msgstr "コンテナーのすべてのヘッダーを含むマップ。"
msgid ""
"A map of Nova names and captured stderrs from the configuration execution to "
"each server."
msgstr ""
"Nova 名および取り込み済み stderr の、設定実行から各サーバーへのマップ。"
msgid ""
"A map of Nova names and captured stdouts from the configuration execution to "
"each server."
msgstr ""
"Nova 名および取り込み済み stdout の、設定実行から各サーバーへのマップ。"
msgid ""
"A map of Nova names and returned status code from the configuration "
"execution."
msgstr "Nova 名と設定実行から返される状況コードのマップ。"
msgid ""
"A map of files to create/overwrite on the server upon boot. Keys are file "
"names and values are the file contents."
msgstr ""
"ブート時にサーバーで作成または上書きするファイルのマップ。キーはファイル名、"
"値はファイル内容です。"
msgid ""
"A map of resource names to the specified attribute of each individual "
"resource."
msgstr "個別のリソースごとに指定されている属性とリソース名のマップ。"
msgid ""
"A map of resource names to the specified attribute of each individual "
"resource. Requires heat_template_version: 2014-10-16."
msgstr ""
"個別のリソースごとに指定されている属性とリソース名のマップ。"
"heat_template_version : 2014-10-16 が必要です。"
msgid ""
"A map of user-defined meta data to associate with the account. Each key in "
"the map will set the header X-Account-Meta-{key} with the corresponding "
"value."
msgstr ""
"アカウントに関連付けるユーザー定義メタデータのマップ。マップ内の各キーはヘッ"
"ダー X-Account-Meta-{key} とそれに対応する値に設定されます。"
msgid ""
"A map of user-defined meta data to associate with the container. Each key in "
"the map will set the header X-Container-Meta-{key} with the corresponding "
"value."
msgstr ""
"コンテナーに関連付けるユーザー定義メタデータのマップ。マップ内の各キーはヘッ"
"ダー X-Container-Meta-{key} とそれに対応する値に設定されます。"
msgid "A name used to distinguish the volume."
msgstr "ボリュームを区別するために使用される名前。"
msgid ""
"A per-tenant quota on the prefix space that can be allocated from the subnet "
"pool for tenant subnets."
msgstr ""
"サブネットプールからテナントのサブネットに割り当てることができるプレフィック"
"ススペース上のテナントごとのクォータ。"
msgid ""
"A predefined access control list (ACL) that grants permissions on the bucket."
msgstr "バケットに対する許可を付与する事前定義アクセス制御リスト (ACL)。"
msgid "A range constraint must have a min value and/or a max value specified."
msgstr ""
"範囲制約には最小値と最大値のいずれかまたは両方を指定する必要があります。"
msgid ""
"A reference to the wait condition handle used to signal this wait condition."
msgstr ""
"この待ち状態をシグナル通知するために使用される待ち状態ハンドルに対する参照。"
msgid ""
"A signed url to create executions for workflows specified in Workflow "
"resource."
msgstr ""
"ワークフローのリソースで指定されたワークフローの処理を作成するための署名済み "
"URL。"
msgid "A signed url to handle the alarm."
msgstr "アラームを処理する署名済み URL。"
msgid "A signed url to handle the alarm. (Heat extension)."
msgstr "アラームを処理する署名済み URL (heat 拡張)。"
msgid "A specified set of DNS name servers to be used."
msgstr "使用する DNS ネームサーバーの指定されたセット。"
msgid ""
"A string specifying a symbolic name for the network, which is not required "
"to be unique."
msgstr "ネットワークのシンボル名を指定する文字列。固有である必要はありません。"
msgid ""
"A string specifying a symbolic name for the security group, which is not "
"required to be unique."
msgstr ""
"セキュリティーグループのシンボル名を指定する文字列。固有である必要はありませ"
"ん。"
msgid "A string specifying physical network mapping for the network."
msgstr "ネットワークの物理ネットワークマッピングを指定する文字列。"
msgid "A string specifying the provider network type for the network."
msgstr "ネットワークのプロバイダーネットワーク形式を指定する文字列。"
msgid "A string specifying the segmentation id for the network."
msgstr "ネットワークのセグメンテーション ID を指定する文字列。"
msgid "A symbolic name for this port."
msgstr "このポートのシンボル名。"
msgid "A url to handle the alarm using native API."
msgstr "ネイティブ API を使用して アラームを処理する URL。"
msgid ""
"A variable that this resource will use to replace with the current index of "
"a given resource in the group. Can be used, for example, to customize the "
"name property of grouped servers in order to differentiate them when listed "
"with nova client."
msgstr ""
"このリソースが、グループ内のあるリソースの現行のインデックスと置きかえるため"
"に使用する変数。例えば、Nova クライアントとともに一覧表示するグループ化された"
"サーバーを差別化するために、グループ化されたサーバーの名前プロパティーをカス"
"タマイズするために使用できます。"
msgid "AWS compatible instance name."
msgstr "AWS 互換インスタンス名。"
msgid "AWS query string is malformed, does not adhere to AWS spec"
msgstr "AWSクエリ文字列の形式が正しくありません。AWS 仕様に従っていません"
msgid "Access policies to apply to the user."
msgstr "ユーザーに適用するアクセスポリシー。"
#, python-format
msgid "AccessPolicy resource %s not in stack"
msgstr "アクセスポリシーリソース %s がスタックにありません"
#, python-format
msgid "Action %s not allowed for user"
msgstr "アクション %s はユーザーに許可されていません"
msgid "Action to be performed on the traffic matching the rule."
msgstr "ルールに一致するトラフィックに対して実行するアクション。"
msgid "Actual input parameter values of the task."
msgstr "タスクの実際の入力パラメーター。"
msgid "Add needed policies directly to the task, Policy keyword is not needed"
msgstr ""
"必要なポリシーをタスクに直接追加します。ポリシーのキーワードは不要です。"
msgid "Additional MAC/IP address pairs allowed to pass through a port."
msgstr ""
"ポートを通過することが許可されている追加の MAC アドレスと IP アドレスのペア。"
msgid "Additional MAC/IP address pairs allowed to pass through the port."
msgstr ""
"ポートを通過することが許可されている追加の MAC アドレスと IP アドレスのペア。"
msgid "Additional routes for this subnet."
msgstr "このサブネットの追加経路。"
msgid "Address family of the address scope, which is 4 or 6."
msgstr "アドレススコープのアドレスファミリー (4 または 6)。"
msgid ""
"Address of the notification. It could be a valid email address, url or "
"service key based on notification type."
msgstr ""
"通知のアドレス。通知タイプに基づいて、有効な E メールアドレス、URL、または"
"サービスキーのいずれかである場合があります。"
msgid ""
"Address to bind the server. Useful when selecting a particular network "
"interface."
msgstr ""
"サーバーをバインドするアドレス。特定のネットワークインターフェースを選択する"
"ときに役立ちます。"
msgid "Administrative state for the ipsec site connection."
msgstr "ipsec サイト接続の管理状態。"
msgid "Administrative state for the vpn service."
msgstr "VPN サービスの管理状態。"
msgid ""
"Administrative state of the firewall. If false (down), firewall does not "
"forward packets and will drop all traffic to/from VMs behind the firewall."
msgstr ""
"ファイアウォールの管理状態。False (ダウン) の場合、ファイアウォールはパケット"
"を転送せず、ファイアウォールの背後にある VM とのトラフィックをすべて除去しま"
"す。"
msgid "Administrative state of the router."
msgstr "ルーターの管理状態。"
#, python-format
msgid "Alarm %(alarm)s could not find scaling group named \"%(group)s\""
msgstr ""
"アラーム %(alarm)s がスケーリンググループ \"%(group)s\" を見つけられませんで"
"した。"
#, python-format
msgid "Algorithm must be one of %s"
msgstr "アルゴリズムは %s のいずれかでなければなりません"
msgid "All heat engines are down."
msgstr "す べての heat エンジンが停止しています。"
msgid "Allocated floating IP address."
msgstr "割り当て済み Floating IP アドレス。"
msgid "Allocation ID for VPC EIP address."
msgstr "VPC EIP アドレスに割り当てられた ID。"
msgid "Allow client's debug log output."
msgstr "クライアントのデバッグログ出力を許可します。"
msgid "Allow or deny action for this firewall rule."
msgstr "このファイアウォールルールの許可アクションまたは拒否アクション。"
msgid "Allow orchestration of multiple clouds."
msgstr "複数クラウドのオーケストレーションを許可します。"
msgid ""
"Allow reauthentication on token expiry, such that long-running tasks may "
"complete. Note this defeats the expiry of any provided user tokens."
msgstr ""
"長時間にわたって実行されるタスクを完了できるよう、トークンの有効期限の再認証"
"を許可します。これは、設定されたあらゆるユーザートークンの有効期限に優先しま"
"す。"
msgid ""
"Allowed keystone endpoints for auth_uri when multi_cloud is enabled. At "
"least one endpoint needs to be specified."
msgstr ""
"multi_cloud が有効になっているときに auth_uri の keystone エンドポイントが許"
"可されました。1 つ以上のエンドポイントを指定する必要があります。"
msgid ""
"Allowed tenancy of instances launched in the VPC. default - any tenancy; "
"dedicated - instance will be dedicated, regardless of the tenancy option "
"specified at instance launch."
msgstr ""
"VPC で起動されたインスタンスの許可されるテナンシー。デフォルト - 任意のテナン"
"シー。専用 - インスタンス起動時に指定されたテナンシーオプションとは無関係にイ"
"ンスタンスは専用化されます。"
#, python-format
msgid "Allowed values: %s"
msgstr "許可値: %s"
msgid "AllowedPattern must be a string"
msgstr "AllowedPattern は文字列でなければなりません"
msgid "AllowedValues must be a list"
msgstr "許可される値はリストでなければなりません"
msgid "Allowing not to store action results after task completion."
msgstr "タスクの完了後にアクションの結果を保存することはできません。"
msgid ""
"Allows to synchronize multiple parallel workflow branches and aggregate "
"their data. Valid inputs: all - the task will run only if all upstream tasks "
"are completed. Any numeric value - then the task will run once at least this "
"number of upstream tasks are completed and corresponding conditions have "
"triggered."
msgstr ""
"複数の同時ワークフローブランチの同期を行い、データのアグリゲートを行うことが"
"できます。すべての有効な入力の場合、すべての上流タスクが完了した場合のみタス"
"クは実行されます。任意の数値の場合、この数値以上の上流タスクが完了し、該当す"
"る条件がトリガーされた場合にタスクは実行されます。"
#, python-format
msgid "Ambiguous versions (%s)"
msgstr "バージョンが不明確です (%s)"
msgid ""
"Amount of disk space (in GB) required to boot image. Default value is 0 if "
"not specified and means no limit on the disk size."
msgstr ""
"イメージのブートに必要なディスク容量 (GB)。指定しない場合のデフォルト値は 0 "
"で、これはディスク容量の制限がないことを意味します。"
msgid ""
"Amount of ram (in MB) required to boot image. Default value is 0 if not "
"specified and means no limit on the ram size."
msgstr ""
"イメージのブートに必要な RAM の容量 (MB)。指定しない場合のデフォルト値は 0 "
"で、これは RAM サイズの制限がないことを意味します。"
msgid "An address scope ID to assign to the subnet pool."
msgstr "サブネットプールに割り当てる必要があるアドレススコープ。"
msgid "An application health check for the instances."
msgstr "インスタンスのアプリケーションヘルスチェック。"
msgid "An ordered list of firewall rules to apply to the firewall."
msgstr "ファイアウォールに適用するファイアウォールルールの番号付きリスト。"
msgid ""
"An ordered list of nics to be added to this server, with information about "
"connected networks, fixed ips, port etc."
msgstr ""
"このサーバーに追加される NIC の番号付きリスト。および、接続されているネット"
"ワーク、固定 IP、ポートなどに関する情報。"
msgid "An unknown exception occurred."
msgstr "不明な例外が発生しました。"
msgid ""
"Any data structure arbitrarily containing YAQL expressions that defines "
"workflow output. May be nested."
msgstr ""
"ワークフローの出力を定義する YAQL 式を任意に含むあらゆるデータ構造。ネストさ"
"れている場合があります。"
msgid "Anything other than one VPCZoneIdentifier"
msgstr "1 つの VPCZoneIdentifier を除くすべて"
msgid "Api endpoint reference of the instance."
msgstr "インスタンスの API エンドポイント参照。"
msgid ""
"Arbitrary key-value pairs specified by the client to help boot a server."
msgstr ""
"サーバーのブートを支援するためにクライアントよって指定されるキー/値のペア (任"
"意)。"
msgid ""
"Arbitrary key-value pairs specified by the client to help the Cinder "
"scheduler creating a volume."
msgstr ""
"Cinder スケジューラーによるボリュームの作成を支援するためにクライアントで指定"
"される任意のキーと値のペア。"
msgid ""
"Arbitrary key/value metadata to store contextual information about this "
"queue."
msgstr ""
"このキューに関するコンテキスト情報を保存する任意のキーと値のメタデータ。"
msgid ""
"Arbitrary key/value metadata to store for this server. Both keys and values "
"must be 255 characters or less. Non-string values will be serialized to JSON "
"(and the serialized string must be 255 characters or less)."
msgstr ""
"このサーバーのために保存する必要のある任意のキーと値のペア。キーと値の両方と"
"も 255 文字以下である必要があります。文字列でない値は JSON にシリアライズされ"
"ます (シリアライズされた文字列は 255 文字以下である必要があります)。"
msgid "Arbitrary key/value metadata to store information for aggregate."
msgstr "アグリゲートのための情報を保存する任意のキーと値のメタデータ。"
#, python-format
msgid "Argument to \"%s\" must be a list"
msgstr "\"%s\" に対する引数はリストでなければなりません"
#, python-format
msgid "Argument to \"%s\" must be a string"
msgstr "\"%s\" に対する引数は文字列でなければなりません"
#, python-format
msgid "Argument to \"%s\" must be string or list"
msgstr "\"%s\" に対する引数は文字列またはリストでなければなりません"
#, python-format
msgid "Argument to function \"%s\" must be a list of strings"
msgstr "関数 \"%s\" に対する引数は文字列のリストでなければなりません"
#, python-format
msgid ""
"Arguments to \"%s\" can be of the next forms: [resource_name] or "
"[resource_name, attribute, (path), ...]"
msgstr ""
"\"%s\" に対する引数は以下の形式を取ることができます: [resource_name] または "
"[resource_name, attribute, (path), ...]"
#, python-format
msgid "Arguments to \"%s\" must be a map"
msgstr "\"%s\" に対する引数はマップでなければなりません"
#, python-format
msgid "Arguments to \"%s\" must be of the form [index, collection]"
msgstr "\"%s\" に対する引数の形式は [index, collection]でなければなりません"
#, python-format
msgid ""
"Arguments to \"%s\" must be of the form [resource_name, attribute, "
"(path), ...]"
msgstr ""
"\"%s\" に対する引数の形式は [resource_name, attribute, (path), ...] でなけれ"
"ばなりません"
#, python-format
msgid "Arguments to \"%s\" must be of the form [resource_name, attribute]"
msgstr ""
"\"%s\" に対する引数の形式は [resource_name, attribute] でなければなりません"
#, python-format
msgid "Arguments to %s not fully resolved"
msgstr "%s に対する引数が完全に解決されていません"
#, python-format
msgid "At least one of the following properties must be specified: %(props)s."
msgstr "次の属性のうち少なくとも1つを指定する必要があります: %(props)s"
#, python-format
msgid "Attempt to delete a stack with id: %(id)s %(msg)s"
msgstr "ID %(id)s のスタックの削除を試行: %(msg)s"
#, python-format
msgid "Attempt to delete user creds with id %(id)s that does not exist"
msgstr "ID が %(id)s の存在しないユーザー資格情報を削除しようとしています"
#, python-format
msgid "Attempt to update a stack with id: %(id)s %(msg)s"
msgstr "ID %(id)s のスタックの更新を試行: %(msg)s"
#, python-format
msgid "Attempt to update a stack with id: %(id)s %(traversal)s %(msg)s"
msgstr "%(id)s %(traversal)s %(msg)s の ID でスタックの更新を試みます。"
msgid "Attempt to use stored_context with no user_creds"
msgstr "user_creds なしで stored_context を使用しようとしています"
#, python-format
msgid "Attribute %(attr)s for facade %(type)s missing in provider"
msgstr "ファサード %(type)s の属性 %(attr)s がプロバイダーにありません"
msgid "Audit status of this firewall policy."
msgstr "このファイアウォールポリシーの監査状況。"
msgid "Authentication Endpoint URI."
msgstr "認証エンドポイント URI"
msgid "Authentication hash algorithm for the ike policy."
msgstr "IKE ポリシーの認証ハッシュアルゴリズム。"
msgid "Authentication hash algorithm for the ipsec policy."
msgstr "ipsec ポリシーの認証ハッシュアルゴリズム。"
msgid "AutoScaling group ID to apply policy to."
msgstr "ポリシーを適用するオートスケールグループ ID。"
msgid "AutoScaling group name to apply policy to."
msgstr "ポリシーを適用するオートスケールグループ名。"
msgid "Availability Zone of the subnet."
msgstr "サブネットのアベイラビリティーゾーン。"
msgid "Availability zone in which you want the subnet."
msgstr "サブネットを必要とするアベイラビリティーゾーン。"
msgid "Availability zone to create servers in."
msgstr "サーバーを作成するアベイラビリティーゾーン。"
msgid "Availability zone to create volumes in."
msgstr "ボリュームを作成するアベイラビリティーゾーン。"
msgid "Availability zone to launch the instance in."
msgstr "インスタンスを起動するアベイラビリティーゾーン。"
msgid "Backend authentication failed"
msgstr "バックエンドの認証が失敗しました"
msgid "Binary"
msgstr "バイナリー"
msgid "Block device mappings for this server."
msgstr "このサーバーのブロックデバイスマッピング。"
msgid "Block device mappings to attach to instance."
msgstr "インスタンスに接続するためのブロックデバイスマッピング。"
msgid "Block device mappings v2 for this server."
msgstr "このサーバーのブロックデバイスマッピング v2。"
msgid ""
"Boolean extra spec that used for filtering of backends by their capability "
"to create share snapshots."
msgstr ""
"シェアのスナップショットを作成する機能がバックエンドのフィルタリングのために"
"使用する追加のブーリアン仕様。"
msgid "Boolean indicating if the volume can be booted or not."
msgstr "ボリュームをブート可能かどうかを示すブール値。"
msgid "Boolean indicating if the volume is encrypted or not."
msgstr "ボリュームを暗号化するかどうかを示すブール値。"
msgid ""
"Boolean indicating whether allow the volume to be attached more than once."
msgstr "2 度以上ボリュームを追加できるかを示すブール値。"
msgid ""
"Bus of the device: hypervisor driver chooses a suitable default if omitted."
msgstr ""
"デバイスのバス: 省略すると、ハイパーバイザードライバーによって適切なデフォル"
"トが選択されます。"
msgid "CIDR block notation for this subnet."
msgstr "このサブネットの CIDR ブロック表記。"
msgid "CIDR block to apply to subnet."
msgstr "サブネットに適用する CIDR ブロック。"
msgid "CIDR block to apply to the VPC."
msgstr "VPC に適用する CIDR ブロック。"
msgid "CIDR of subnet."
msgstr "サブネットの CIDR。"
msgid "CIDR to be associated with this metering rule."
msgstr "この計測ルールに関連付ける CIDR。"
#, python-format
msgid "Can not specify property \"%s\" if the volume type is public."
msgstr ""
"ボリュームタイプが公開されていない場合、プロパティー \"%s\" を指定することは"
"できません。"
#, python-format
msgid "Can not use %s property on Nova-network."
msgstr "nova-network では %s プロパティーを使用できません。"
#, python-format
msgid "Can't find role %s"
msgstr "ロール %s が見つかりません。"
msgid "Can't get user token without password"
msgstr "パスワードなしでユーザートークンを取得することはできません"
msgid "Can't get user token, user not yet created"
msgstr "ユーザートークンを取得できません。ユーザーはまだ作成されていません"
msgid "Can't traverse attribute path"
msgstr "属性パスを全探索できません"
#, python-format
msgid "Cancelling update when stack is %s"
msgstr "スタックが %s である場合は、更新を取り消します"
#, python-format
msgid "Cannot call %(method)s on orphaned %(objtype)s object"
msgstr "孤立 %(objtype)s オブジェクトで %(method)s を呼び出すことはできません"
#, python-format
msgid "Cannot check %s, stack not created"
msgstr "%s を検査できません。スタックは作成されません"
#, python-format
msgid "Cannot define the following properties at the same time: %(props)s."
msgstr "次のプロパティーは同時に定義できません: %(props)s。"
msgid ""
"Cannot get stack domain user token, no stack domain id configured, please "
"fix your heat.conf"
msgstr ""
"スタックドメインユーザートークンを取得できません。スタックドメイン ID が設定"
"されていません。heat.conf を修正してください。"
msgid "Cannot migrate to lower schema version."
msgstr "より低いスキーマのバージョンには移行できません。"
#, python-format
msgid "Cannot modify readonly field %(field)s"
msgstr "読み取り専用フィールド %(field)s は変更できません"
#, python-format
msgid "Cannot resume %s, resource not found"
msgstr "%s を再開できません。リソースが見つかりません"
#, python-format
msgid "Cannot resume %s, resource_id not set"
msgstr "%s を再開できません。resource_id は設定されません"
#, python-format
msgid "Cannot resume %s, stack not created"
msgstr "%s を再開できません。スタックは作成されません"
#, python-format
msgid "Cannot suspend %s, resource not found"
msgstr "%s を中断できません。リソースが見つかりません"
#, python-format
msgid "Cannot suspend %s, resource_id not set"
msgstr "%s を中断できません。resource_id が設定されていません"
#, python-format
msgid "Cannot suspend %s, stack not created"
msgstr "%s を中断できません。スタックは作成されません"
msgid "Captured stderr from the configuration execution."
msgstr "設定実行から取り込まれた stderr。"
msgid "Captured stdout from the configuration execution."
msgstr "設定実行から取り込まれた stdout。"
#, python-format
msgid "Circular Dependency Found: %(cycle)s"
msgstr "循環依存関係が見つかりました: %(cycle)s"
msgid "Client entity to poll."
msgstr "ポーリング対象のクライアントのエンティティー。"
msgid "Client name and resource getter name must be specified."
msgstr "クライアント名とリソースの getter 名を指定する必要があります。"
msgid "Client to poll."
msgstr "ポーリング対象のクライアント。"
msgid "Cluster configs dictionary."
msgstr "クラスター設定ディクショナリー。"
msgid "Cluster information."
msgstr "クラスターの情報。"
msgid "Cluster metadata."
msgstr "クラスターのメタデータ。"
msgid "Cluster name."
msgstr "クラスター名。"
msgid "Cluster status."
msgstr "クラスターの状態。"
msgid "Comparison operator."
msgstr "比較演算子。"
#, python-format
msgid "Concurrent transaction for %(action)s"
msgstr "%(action)s のための同時実行トランザクション"
msgid "Configuration of session persistence."
msgstr "セッション永続性の設定。"
msgid ""
"Configuration script or manifest which specifies what actual configuration "
"is performed."
msgstr "どの実設定を実行するかを指定する設定スクリプトまたは設定マニフェスト。"
msgid "Configure most important configs automatically."
msgstr "自動的に最も重要なコンフィグを設定します。"
#, python-format
msgid "Confirm resize for server %s failed"
msgstr " サーバー %s のサイズ変更の確定が失敗しました"
#, python-format
msgid ""
"Conflicting merge strategy '%(strategy)s' for parameter '%(param)s' in file "
"'%(env_file)s'."
msgstr ""
"ファイル '%(env_file)s' に指定されたパラメタ '%(param)s'に対して不正なマージ"
"戦略 '%(strategy)s' が指定されています。"
msgid "Connection info for this network gateway."
msgstr "このネットワークゲートウェイの接続情報。"
#, python-format
msgid "Container '%(name)s' creation failed: %(code)s - %(reason)s"
msgstr "コンテナー '%(name)s' の作成が失敗しました: %(code)s - %(reason)s"
msgid "Container format of image."
msgstr "イメージのコンテナー形式。"
msgid ""
"Content of part to attach, either inline or by referencing the ID of another "
"software config resource."
msgstr ""
"インラインまたは別のソフトウェア設定リソースの ID の参照によって追加するパー"
"ツのコンテンツ。"
msgid "Context for this stack."
msgstr "このスタックのコンテキスト。"
msgid "Continue ? [y/N]"
msgstr "続けますか?[y/N]"
msgid "Control how the disk is partitioned when the server is created."
msgstr ""
"サーバー作成時にディスクをどのようにパーティション化するかを制御します。"
msgid "Controls DPD protocol mode."
msgstr "DPD プロトコルモードを制御します。"
msgid ""
"Convenience attribute to fetch the first assigned network address, or an "
"empty string if nothing has been assigned at this time. Result may not be "
"predictable if the server has addresses from more than one network."
msgstr ""
"最初に割り当てられたネットワークアドレス、または現時点で何も割り当てられてい"
"ない場合は空の文字列を取り出すための便利属性。サーバーが複数のネットワークか"
"らのアドレスを持っている場合、結果は予測できないものになる可能性があります。"
msgid ""
"Convenience attribute, provides curl CLI command prefix, which can be used "
"for signalling handle completion or failure when signal_transport is set to "
"TOKEN_SIGNAL. You can signal success by adding --data-binary '{\"status\": "
"\"SUCCESS\"}' , or signal failure by adding --data-binary '{\"status\": "
"\"FAILURE\"}'. This attribute is set to None for all other signal transports."
msgstr ""
"curl CLI コマンドのプレフィックスを提供する Convenience 属性。"
"signal_transport が TOKEN_SIGNAL に設定されている場合、これはハンドルの完了ま"
"たは失敗を送信するために使用できます。正常終了を送信するには --data-binary "
"'{\"status\": \"SUCCESS\"}' を追加し、失敗を送信するには --data-binary "
"'{\"status\": \"FAILURE\"}' を追加します。その他の信号の送信の場合は、この値"
"を None に設定します。"
msgid ""
"Convenience attribute, provides curl CLI command prefix, which can be used "
"for signalling handle completion or failure. You can signal success by "
"adding --data-binary '{\"status\": \"SUCCESS\"}' , or signal failure by "
"adding --data-binary '{\"status\": \"FAILURE\"}'."
msgstr ""
"curl CLI コマンドのプレフィックスを提供する Convenience 属性。これはハンドル"
"の完了または失敗を送信するために使用できます。正常終了を送信するには --data-"
"binary '{\"status\": \"SUCCESS\"}' を追加し、失敗を送信するには --data-"
"binary '{\"status\": \"FAILURE\"}' を追加します。"
msgid "Cooldown period, in seconds."
msgstr "クールダウン期間 (秒)。"
#, python-format
msgid "Could not bind to %(bind_addr)s after trying for 30 seconds"
msgstr "30秒間試行しましたが%(bind_addr)s にバインドできませんでした"
#, python-format
msgid "Could not confirm resize of server %s"
msgstr "サーバー %s のサイズ変更を確定できませんでした"
#, python-format
msgid "Could not detach attachment %(att)s from server %(srv)s."
msgstr "サーバー %(srv)s から接続 %(att)s を切断できませんでした。"
#, python-format
msgid "Could not fetch remote template \"%(name)s\": %(exc)s"
msgstr ""
"リモートのテンプレート \"%(name)s\" を取り出すことができませんでした: %(exc)s"
#, python-format
msgid "Could not fetch remote template '%(url)s': %(exc)s"
msgstr ""
"リモートテンプレート '%(url)s' を取り出すことができませんでした: %(exc)s"
#, python-format
msgid "Could not load %(name)s: %(error)s"
msgstr "%(name)s をロードできませんでした: %(error)s"
#, python-format
msgid "Could not retrieve template: %s"
msgstr "テンプレートを取得できませんでした: %s"
msgid "Create volumes on the same physical port as an instance."
msgstr "インスタンスと同じ物理ポート上でボリュームを作成します。"
msgid ""
"Credentials used for swift. Not required if sahara is configured to use "
"proxy users and delegated trusts for access."
msgstr ""
"Swift のために使用する認証情報。sahara がアクセスのためにプロキシーユーザーと"
"委任された信頼を使用する場合は、この情報は必要ありません。"
msgid "Cron expression."
msgstr "Cron 式。"
msgid "Current share status."
msgstr "現在のシェアの状態。"
msgid "Custom LoadBalancer template can not be found"
msgstr "カスタムロードバランサーテンプレートが見つかりません"
msgid "DB instance restore point."
msgstr "DB インスタンスの復元ポイント。"
msgid "DNS IP address used inside tenant's network."
msgstr "テナントのネットワーク内で使用されている DNS の IP アドレス。"
#, python-format
msgid "Data supplied was not valid: %(reason)s"
msgstr "指定されたデータは無効でした: %(reason)s"
#, python-format
msgid ""
"Database %(dbs)s specified for user does not exist in databases for resource "
"%(name)s."
msgstr ""
"ユーザー用に指定されたデータベース %(dbs)s が、リソース %(name)s のデータベー"
"スに存在しません。"
msgid "Database volume size in GB."
msgstr "データベースのボリュームの容量 (GB)。"
#, python-format
msgid ""
"Databases property is required if users property is provided for resource %s."
msgstr ""
"リソース %s にユーザープロパティーを指定した場合、データベースのプロパティー"
"が必要です。"
#, python-format
msgid ""
"Datastore version %(dsversion)s for datastore type %(dstype)s is not valid. "
"Allowed versions are %(allowed)s."
msgstr ""
"データストアタイプ %(dstype)s のデータストアバージョン %(dsversion)s は無効で"
"す。許可されるバージョンは %(allowed)s です。"
msgid "Datetime when a share was created."
msgstr "シェアが作成された日時。"
msgid ""
"Dead Peer Detection protocol configuration for the ipsec site connection."
msgstr "ipsec サイト接続の Dead Peer Detection プロトコル設定。"
msgid "Dead engines are removed."
msgstr "停止したheatエンジンは取り除かれました"
msgid "Default TLS container reference to retrieve TLS information."
msgstr "TLS 情報を抽出するデフォルトの TLS コンテナー参照。"
#, python-format
msgid "Default must be a comma-delimited list string: %s"
msgstr "デフォルトはコンマ区切り一覧の文字列である必要があります: %s"
msgid "Default name or UUID of the image used to boot Hadoop nodes."
msgstr "Hadoop ノードのブートに使用されるイメージのデフォルト名または UUID。"
msgid "Default region name used to get services endpoints."
msgstr "サービスエンドポイントの取得に使用するデフォルトの名"
msgid "Default settings for some of task attributes defined at workflow level."
msgstr "ワークフローレベルで定義する一部のタスク属性のデフォルト設定。"
msgid "Default value for the input if none is specified."
msgstr "none が指定された場合の入力のデフォルト値。"
msgid ""
"Defines a delay in seconds that Mistral Engine should wait after a task has "
"completed before starting next tasks defined in on-success, on-error or on-"
"complete."
msgstr ""
"あるタスクを完了後に次のタスク (on-success、on-error、または on-complete のい"
"ずれかが定義されたタスク) を開始する前に Mistral Engine が待機すべき遅延時間 "
"(秒) を定義します。"
msgid ""
"Defines a delay in seconds that Mistral Engine should wait before starting a "
"task."
msgstr ""
"タスクの開始前にミストラルエンジンが待機すべき遅延時間 (秒) を定義します。"
msgid "Defines a pattern how task should be repeated in case of an error."
msgstr "エラーの際にタスクを繰り返すパターンを定義します。"
msgid ""
"Defines a period of time in seconds after which a task will be failed "
"automatically by engine if hasn't completed."
msgstr ""
"タスクが完了しない場合にエンジンがタスクを自動的に失敗させる時間 (秒) を定義"
"します。"
msgid "Defines if share type is accessible to the public."
msgstr "シェアのタイプが一般ユーザーからアクセスできるか定義します。"
msgid "Defines if shared filesystem is public or private."
msgstr ""
"共有ファイルがシステムをパブリックかプライベートのいずれかに設定します。"
msgid ""
"Defines the method in which the request body for signaling a workflow would "
"be parsed. In case this property is set to True, the body would be parsed as "
"a simple json where each key is a workflow input, in other cases body would "
"be parsed expecting a specific json format with two keys: \"input\" and "
"\"params\"."
msgstr ""
"ワークフローの送信のためのリクエスト本文が解析される方法を定義します。この値"
"を True に設定した場合、本文はシンプルな JSON (各キーはワークフローの入力とな"
"ります) として解析され、その他の値を設定した場合は本文は 2 つのキー(\"input"
"\" および \"params\")を持つ特定の JSON 形式として解析されます。"
msgid ""
"Defines whether Mistral Engine should put the workflow on hold or not before "
"starting a task."
msgstr ""
"タスクの開始前に Mistral Engine がワークフローを保留すべきかどうかを定義しま"
"す。"
msgid "Defines whether auto-assign security group to this Node Group template."
msgstr ""
"このノードグループテンプレートにセキュリティーグループを自動的に割り当てるか"
"どうかを定義します。"
#, python-format
msgid ""
"Defining more than one configuration for the same action in "
"SoftwareComponent \"%s\" is not allowed."
msgstr ""
"SoftwareComponent \"%s\" において、同じアクションについて複数の設定を定義する"
"ことは許可されていません。"
msgid "Deleting in-progress snapshot"
msgstr "作成中のスナップショットの削除"
#, python-format
msgid "Deleting non-empty container (%(id)s) when %(prop)s is False"
msgstr "%(prop)s が False の場合に空でないコンテナー (%(id)s) を削除中"
#, python-format
msgid "Delimiter for %s must be string"
msgstr "%s の区切り文字は文字列でなければなりません"
msgid ""
"Denotes that the deployment is in an error state if this output has a value."
msgstr ""
"この出力に値がある場合はデプロイメントがエラー状態であることを示します。"
msgid "Deploy data available"
msgstr "デプロイデータが使用可能"
#, python-format
msgid "Deployment exited with non-zero status code: %s"
msgstr "デプロイメントがゼロ以外の状況コードで終了しました: %s"
#, python-format
msgid "Deployment to server failed: %s"
msgstr "サーバーへのデプロイメントに失敗しました: %s"
#, python-format
msgid "Deployment with id %s not found"
msgstr "ID %s のデプロイメントが見つかりません"
msgid "Deprecated."
msgstr "提供を終了しています。"
msgid ""
"Describe time constraints for the alarm. Only evaluate the alarm if the time "
"at evaluation is within this time constraint. Start point(s) of the "
"constraint are specified with a cron expression, whereas its duration is "
"given in seconds."
msgstr ""
"アラームの時間制約の説明。評価の時間が時間制約に収まっている場合のみアラーム"
"を評価します。制約の開始ポイントは con 式で指定され、制約の長さは秒数で指定さ"
"れます。"
msgid "Description for the alarm."
msgstr "アラームの説明。"
msgid "Description for the firewall policy."
msgstr "ファイアウォールポリシーの説明。"
msgid "Description for the firewall rule."
msgstr "ファイアウォールルールの説明。"
msgid "Description for the firewall."
msgstr "ファイアウォールの説明。"
msgid "Description for the ike policy."
msgstr "IKE ポリシーの説明。"
msgid "Description for the ipsec policy."
msgstr "ipsec ポリシーの説明。"
msgid "Description for the ipsec site connection."
msgstr "ipsec サイト接続の説明。"
msgid "Description for the time constraint."
msgstr "時間制約の説明。"
msgid "Description for the vpn service."
msgstr "VPN サービスの説明。"
msgid "Description for this interface."
msgstr "このインターフェースの説明。"
msgid "Description of keystone group."
msgstr "keystone グループの説明。"
msgid "Description of keystone project."
msgstr "keystone プロジェクトの説明。"
msgid "Description of keystone region."
msgstr "keystone 領域の説明。"
msgid "Description of keystone service."
msgstr "keystone サービスの説明。"
msgid "Description of keystone user."
msgstr "keystone ユーザーの説明。"
msgid "Description of the Node Group Template."
msgstr "ノードグループテンプレートの説明。"
msgid "Description of the Sahara Group Template."
msgstr "Sahara グループテンプレートの説明。"
msgid "Description of the alarm."
msgstr "アラームの説明。"
msgid "Description of the data source."
msgstr "データソースの説明。"
msgid "Description of the firewall policy."
msgstr "ファイアウォールポリシーの説明。"
msgid "Description of the firewall rule."
msgstr "ファイアウォールルールの説明。"
msgid "Description of the firewall."
msgstr "ファイアウォールの説明。"
msgid "Description of the image."
msgstr "イメージの説明。"
msgid "Description of the input."
msgstr "入力の説明。"
msgid "Description of the job binary."
msgstr "ジョブバイナリーの説明。"
msgid "Description of the metering label."
msgstr "計測ラベルの説明。"
msgid "Description of the output."
msgstr "出力の説明。"
msgid "Description of the pool."
msgstr "プールの説明。"
msgid "Description of the security group."
msgstr "セキュリティーグループの説明。"
msgid "Description of the vip."
msgstr "VIP の説明。"
msgid "Description of the volume type."
msgstr "ボリュームタイプの説明。"
msgid "Description of the volume."
msgstr "ボリュームの説明"
msgid "Description of this Load Balancer."
msgstr "このロードバランサーの説明。"
msgid "Description of this listener."
msgstr "このリスナーの説明。"
msgid "Description of this pool."
msgstr "このプールの説明。"
msgid "Desired IPs for this port."
msgstr "このポートで必要な IP。"
msgid "Desired capacity of the cluster."
msgstr "クラスターに存在することが望ましいキャパシティー。"
msgid "Desired initial number of instances."
msgstr "インスタンスの初期必要数。"
msgid "Desired initial number of resources in cluster."
msgstr "クラスター内に当初存在することが好ましいリソース数。"
msgid "Desired initial number of resources."
msgstr "最初に存在することが好ましいリソース数。"
msgid "Desired number of instances."
msgstr "インスタンスの必要数。"
msgid "DesiredCapacity must be between MinSize and MaxSize"
msgstr "必要なキャパシティーは最小サイズと最大サイズの間でなければなりません"
msgid "Destination IP address or CIDR."
msgstr "宛先 IP アドレスまたは CIDR。"
msgid "Destination ip_address for this firewall rule."
msgstr "このファイアウォールルールの宛先 ip_address。"
msgid "Destination port number or a range."
msgstr "宛先ポート番号または範囲。"
msgid "Destination port range for this firewall rule."
msgstr "このファイアウォールルールの宛先ポート範囲。"
msgid "Detailed information about resource."
msgstr "リソースに関する詳細情報。"
msgid "Device ID of this port."
msgstr "このポートのデバイス ID。"
msgid "Device info for this network gateway."
msgstr "このネットワークゲートウェイのデバイス情報。"
msgid ""
"Device type: at the moment we can make distinction only between disk and "
"cdrom."
msgstr "デバイス種別: 現在、ディスクと CD-ROM のみを区別することができます。"
msgid ""
"Dict, which has expand properties for port. Used only if port property is "
"not specified for creating port."
msgstr ""
"ポートに関する拡張プロパティーを持つディクショナリー。ポートの作成のために"
"ポートプロパティーが指定されていない場合にのみ使用します。"
msgid "Dictionary containing workflow tasks."
msgstr "ワークフローのタスクを含むディクショナリー。"
msgid "Dictionary of node configurations."
msgstr "ノード設定のディクショナリー。"
msgid "Dictionary of variables to publish to the workflow context."
msgstr "ワークフローのコンテキストに提供される変数のディクショナリー。"
msgid "Dictionary which contains input for workflow."
msgstr "ワークフローへの入力を含むディクショナリー。"
msgid ""
"Dictionary-like section defining task policies that influence how Mistral "
"Engine runs tasks. Must satisfy Mistral DSL v2."
msgstr ""
"Mistral Engine のタスクの実行に影響を及ぼすタスクポリシーを定義するディクショ"
"ナリーのようなセクション。Mistral DSL v2 をサポートする必要があります。"
msgid "DisableRollback and OnFailure may not be used together"
msgstr "DisableRollback と OnFailure を一緒に使用できません"
msgid "Disk format of image."
msgstr "イメージのディスク形式。"
msgid "Does not contain a valid AWS Access Key or certificate"
msgstr "有効な AWS アクセスキーまたは証明書が含まれていません"
#, python-format
msgid "Duplicate names %s"
msgstr "名前 %s が重複しています"
msgid "Duplicate refs are not allowed."
msgstr "重複する参照は許容されません。"
msgid "Duration for the time constraint."
msgstr "時間制約の長さ。"
msgid "EIP address to associate with instance."
msgstr "インスタンスに関連付ける EIP アドレス。"
#, python-format
msgid "Each %(object_name)s must contain a %(sub_section)s key."
msgstr ""
"各 %(object_name)s には %(sub_section)s キーが含まれていなければなりません。"
msgid "Each Resource must contain a Type key."
msgstr "各リソースには Type キーが含まれている必要があります。"
msgid "Ebs is missing, this is required when specifying BlockDeviceMappings."
msgstr ""
"Ebs がありません。これは BlockDeviceMappings を指定する場合には必須です。"
msgid ""
"Egress rules are only allowed when Neutron is used and the 'VpcId' property "
"is set."
msgstr ""
"送信ルールは、Neutron が使用されていて 'VpcId' プロパティーが設定されている場"
"合にのみ許可されます。"
#, python-format
msgid "Either %(net)s or %(port)s must be provided."
msgstr "%(net)s または %(port)s のいずれかを指定する必要があります。"
msgid "Either 'EIP' or 'AllocationId' must be provided."
msgstr "'EIP' または 'AllocationId' のいずれかを指定する必要があります。"
msgid "Either 'InstanceId' or 'LaunchConfigurationName' must be provided."
msgstr ""
"'InstanceId' または 'LaunchConfigurationName' のいずれかを指定する必要があり"
"ます。"
#, python-format
msgid "Either project or domain must be specified for role %s"
msgstr ""
"ロール %s に関して、プロジェクトまたはドメインのいずれかを指定する必要があり"
"ます。"
#, python-format
msgid "Either volume_id or snapshot_id must be specified for device mapping %s"
msgstr ""
"volume_id または snapshot_id をデバイスマッピング %s に指定する必要があります"
msgid "Email address of keystone user."
msgstr "keystone ユーザーの E メールアドレス。"
msgid "Enable the legacy OS::Heat::CWLiteAlarm resource."
msgstr "既存の OS::Heat::CWLiteAlarm リソースを有効にします。"
msgid "Enable the preview Stack Abandon feature."
msgstr "スタック破棄のプレビュー機能を有効にします。"
msgid "Enable the preview Stack Adopt feature."
msgstr "スタック引き取り機能のプレビューを有効にします。"
msgid ""
"Enables Source NAT on the router gateway. NOTE: The default policy setting "
"in Neutron restricts usage of this property to administrative users only."
msgstr ""
"ゲートウェイルーター上のソース NAT を有効化します。注意: Neutron のデフォルト"
"ポリシー設定では、このプロパティーの使用は管理ユーザーのみに制限されます。"
msgid ""
"Enables engine with convergence architecture. All stacks with this option "
"will be created using convergence engine."
msgstr ""
"convergence アーキテクチャーを持つエンジンを有効化します。このオプションを持"
"つすべてのスタックは、convergence エンジンを使用して作成します。"
msgid "Enables or disables read-only access mode of volume."
msgstr ""
"ボリュームに対する読み取り専用アクセスのモードを有効化または無効化します。"
msgid "Encapsulation mode for the ipsec policy."
msgstr "ipsec ポリシーのカプセル化モード。"
msgid "Encountered an empty component."
msgstr "空のコンポーネントが検出されました。"
#, fuzzy
msgid ""
"Encrypt template parameters that were marked as hidden and also all the "
"resource properties before storing them in database."
msgstr ""
"非表示に設定されたテンプレートパラメーターを暗号化するだけでなく、データベー"
"スに保存する前にすべてのリソースプロパティーを暗号化します。"
msgid "Encryption algorithm for the ike policy."
msgstr "IKE ポリシーの暗号化アルゴリズム。"
msgid "Encryption algorithm for the ipsec policy."
msgstr "ipsec ポリシーの暗号化アルゴリズム。"
msgid "End address for the allocation pool."
msgstr "割り当てプールの終了アドレス。"
#, python-format
msgid "End resizing the group %(group)s"
msgstr "グループ %(group)s のサイズ変更が終了しました"
msgid ""
"Endpoint/url which can be used for signalling handle when signal_transport "
"is set to TOKEN_SIGNAL. None for all other signal transports."
msgstr ""
"signal_transport が TOKEN_SIGNAL に設定されている場合にハンドルを送信するため"
"に使用できるエンドポイントまたは URL。その他の信号の送信の場合は存在しませ"
"ん。"
msgid "Endpoint/url which can be used for signalling handle."
msgstr "ハンドルの送信に使用できるエンドポイントおよび URL。"
msgid "Engine_Id"
msgstr "Engine_Id"
msgid "Error"
msgstr "エラー"
#, python-format
msgid "Error authorizing action %s"
msgstr "エラー許可アクション %s"
#, python-format
msgid "Error creating ec2 keypair for user %s"
msgstr "ユーザー %s の ec2 キーペアの作成エラーです"
msgid ""
"Error during applying access rules to share \"{0}\". The root cause of the "
"problem is the following: {1}."
msgstr ""
"シェア \"{0}\" にアクセスルールを適用する際にエラーが発生しました。この問題の"
"根本原因は以下のとおりです: {1}"
msgid "Error during creation of share \"{0}\""
msgstr "シェア \"{0}\" の作成中にエラーが発生しました 。"
msgid "Error during deleting share \"{0}\"."
msgstr "シェア \"{0}\" の削除中にエラーが発生しました。"
#, python-format
msgid "Error in %(resource)s output %(attribute)s: %(message)s"
msgstr "%(resource)s の出力 %(attribute)s にエラーが発生しました: %(message)s"
#, python-format
msgid "Error validating value '%(value)s'"
msgstr "値 '%(value)s' の検証エラー"
#, python-format
msgid "Error validating value '%(value)s': %(message)s"
msgstr "値 '%(value)s' の検証エラー: %(message)s"
msgid "Ethertype of the traffic."
msgstr "トラフィックのイーサネットタイプ。"
msgid "Exclude state for cidr."
msgstr "CIDR の除外状態。"
#, python-format
msgid "Expected 1 external network, found %d"
msgstr "1 つの外部ネットワークが必要ですが、%d が見つかりました"
msgid "Export locations of share."
msgstr "シェアのロケーションをエクスポートします。"
msgid "Expression of the alarm to evaluate."
msgstr "評価対象のアラームの式。"
msgid "External fixed IP address."
msgstr "外部 Fixed IP のアドレス。"
msgid "External fixed IP addresses for the gateway."
msgstr "ゲートウェイの外部 Fixed IP のアドレス。"
msgid "External network gateway configuration for a router."
msgstr "ルーターの外部ネットワークゲートウェイの設定。"
msgid ""
"Extra parameters to include in the \"floatingip\" object in the creation "
"request. Parameters are often specific to installed hardware or extensions."
msgstr ""
"作成要求で \"floatingip\" オブジェクトに組み込む追加パラメーター。パラメー"
"ターは多くの場合、取り付けられたハードウェアまたは拡張機能に固有です。"
msgid "Extra parameters to include in the creation request."
msgstr "作成要求で組み込む追加パラメーター。"
msgid "Extra parameters to include in the request."
msgstr "リクエストに含める必要のある追加パラメーター。"
msgid ""
"Extra parameters to include in the request. Parameters are often specific to "
"installed hardware or extensions."
msgstr ""
"リクエストに含める必要のある追加のパラメーター。インストール済みのハードウェ"
"アや強化機能ごとにパラメーターが存在することがよくあります。"
msgid "Extra specs key-value pairs defined for share type."
msgstr "シェアのタイプに定義したキーと値のペアの追加の仕様。"
#, python-format
msgid "Failed to attach interface (%(port)s) to server (%(server)s)"
msgstr ""
"サーバー (%(server)s) にインターフェース (%(port)s) を接続できませんでした。"
#, python-format
msgid "Failed to attach volume %(vol)s to server %(srv)s - %(err)s"
msgstr "サーバー %(srv)s へのボリューム %(vol)s の追加に失敗しました: %(err)s"
#, python-format
msgid "Failed to create Bay '%(name)s' - %(reason)s"
msgstr "ベイ '%(name)s' の作成に失敗しました: %(reason)s"
#, python-format
msgid "Failed to detach interface (%(port)s) from server (%(server)s)"
msgstr ""
"サーバー (%(server)s) からインターフェース (%(port)s) を接続解除できませんで"
"した。"
#, python-format
msgid "Failed to execute %(action)s for %(cluster)s: %(reason)s"
msgstr "%(cluster)s に対する %(action)s の実行に失敗しました: %(reason)s"
#, python-format
msgid "Failed to extend volume %(vol)s - %(err)s"
msgstr "ボリューム %(vol)s の拡張に失敗しました - %(err)s"
#, python-format
msgid "Failed to fetch template: %s"
msgstr "テンプレートを取り出すことができませんでした: %s"
#, python-format
msgid "Failed to find instance %s"
msgstr "インスタンス %s が見つかりませんでした"
#, python-format
msgid "Failed to find server %s"
msgstr "サーバー %s が見つかりませんでした"
#, python-format
msgid "Failed to parse JSON data: %s"
msgstr "JSON データの解析に失敗しました: %s"
#, python-format
msgid "Failed to restore volume %(vol)s from backup %(backup)s - %(err)s"
msgstr ""
"バックアップ %(backup)s からボリューム %(vol)s のリストアに失敗しました: "
"%(err)s"
msgid "Failed to retrieve template"
msgstr "テンプレートの取得に失敗しました"
#, python-format
msgid "Failed to retrieve template data: %s"
msgstr "テンプレートデータの取得に失敗しました: %s"
#, python-format
msgid "Failed to retrieve template from %s"
msgstr "%s からテンプレートの取得に失敗しました。"
#, python-format
msgid "Failed to retrieve template: %s"
msgstr "テンプレート %s の取得に失敗しました。"
#, python-format
msgid ""
"Failed to send message to stack (%(stack_name)s) on other engine "
"(%(engine_id)s)"
msgstr ""
"他のエンジン (%(engine_id)s) 上のスタック (%(stack_name)s) にメッセージを送信"
"できませんでした。"
#, python-format
msgid "Failed to stop stack (%(stack_name)s) on other engine (%(engine_id)s)"
msgstr ""
"他のエンジン (%(engine_id)s) 上のスタック (%(stack_name)s) を停止できませんで"
"した。"
#, python-format
msgid "Failed to update Bay '%(name)s' - %(reason)s"
msgstr "ベイ '%(name)s' の更新に失敗しました: %(reason)s"
msgid "Failed to update, can not found port info."
msgstr "更新できませんでした。ポート情報が見つかりません。"
msgid "Fake attribute !a."
msgstr "フェイク属性 !a。"
msgid "Fake attribute a."
msgstr "フェイク属性 a。"
msgid "Fake property !a."
msgstr "フェイクプロパティー !a。"
msgid "Fake property !c."
msgstr "フェイクプロパティー !c。"
msgid "Fake property a."
msgstr "フェイクプロパティー a。"
msgid "Fake property c."
msgstr "フェイクプロパティー c。"
msgid "Fake property ca."
msgstr "フェイクプロパティー ca。"
msgid ""
"False to trigger actions when the threshold is reached AND the alarm's state "
"has changed. By default, actions are called each time the threshold is "
"reached."
msgstr ""
"しきい値に達してアラームの状態が変わったときにアクションを起動する場合は"
"FALSE。デフォルトでは、しきい値に達するたびにアクションが呼び出されます。"
#, python-format
msgid "Field %(field)s of %(objname)s is not an instance of Field"
msgstr ""
"%(objname)s のフィールド %(field)s はフィールドのインスタンスではありません"
msgid ""
"Fixed IP address to specify for the port created on the requested network."
msgstr ""
"要求されたネットワークで作成されたポートに対して指定する固定 IP アドレス。"
msgid "Fixed IP addresses."
msgstr "Fixed IP のアドレス。"
msgid "Fixed IPv4 address for this NIC."
msgstr "この NIC の固定 IPv4 アドレス。"
msgid "Flag indicating if traffic to or from instance is validated."
msgstr "インスタンスとのトラフィックが妥当性検査されるかどうかを示すフラグ。"
msgid ""
"Flag to enable/disable port security on the network. It provides the default "
"value for the attribute of the ports created on this network."
msgstr ""
"ネットワーク上のポートセキュリティーを有効化または無効化するフラグ。このネッ"
"トワーク上で作成されたポートの属性のデフォルト値を提供します。"
msgid ""
"Flag to enable/disable port security on the port. When disable this "
"feature(set it to False), there will be no packages filtering, like security-"
"group and address-pairs."
msgstr ""
"ポート上でポートセキュリティーを有効化または無効化するためのフラグ。この機能"
"を無効化する (False を設定) と、セキュリティーグループやアドレスペアなどの"
"パッケージのフィルタリングは行われません。"
msgid "Flavor of the instance."
msgstr "インスタンスのフレーバー。"
msgid "Friendly name of the port."
msgstr "ポートのフレンドリー名。"
msgid "Friendly name of the router."
msgstr "ルーターのフレンドリー名。"
msgid "Friendly name of the subnet."
msgstr "サブネットのフレンドリー名。"
#, python-format
msgid "Function \"%s\" must have arguments"
msgstr "関数 \"%s\" には引数が必要です"
#, python-format
msgid "Function \"%s\" usage: [\"<algorithm>\", \"<value>\"]"
msgstr "関数 \"%s\" の使用状況: [\"<algorithm>\", \"<value>\"]"
#, python-format
msgid "Gateway IP address \"%(gateway)s\" is in invalid format."
msgstr "ゲートウェイの IP アドレス \"%(gateway)s\" の形式が無効です。"
msgid "Gateway network for the router."
msgstr "ルーターのゲートウェイネットワーク。"
msgid "Generic HeatAPIException, please use specific subclasses!"
msgstr "汎用 HeatAPIException、具体的なサブクラスを使用してください。"
msgid "Glance image ID or name."
msgstr "glance イメージの ID または名前。"
msgid "Governs permissions set in manila for the cluster ips."
msgstr "クラスターの ips のために manila で設定する権限を管理します。"
msgid "Granularity to use for age argument, defaults to days."
msgstr "存続期間引数に使用する単位、デフォルトは日数。"
msgid "HTTP verb to use for signaling output values"
msgstr "出力値のシグナル通知に使用する HTTP verb"
msgid "Hadoop cluster name."
msgstr "Hadoop クラスター名。"
#, python-format
msgid "Header X-Auth-Url \"%s\" not an allowed endpoint"
msgstr "ヘッダー X-Auth-Url \"%s\" は、許可されたエンドポイントではありません"
msgid "Health probe timeout, in seconds."
msgstr "ヘルスプローブタイムアウト (秒)。"
msgid ""
"Heat build revision. If you would prefer to manage your build revision "
"separately, you can move this section to a different file and add it as "
"another config option."
msgstr ""
"heat ビルドリビジョン。ビルドリビジョンを個別に管理したい場合は、このセクショ"
"ンを別のファイルに移動し、別の設定オプションとして追加することができます。"
msgid "Host"
msgstr "ホスト"
msgid "Hostname"
msgstr "ホスト名"
msgid "Hostname of the instance."
msgstr "インスタンスのホスト名。"
msgid "How long to preserve deleted data."
msgstr "削除されたデータを保存する期間。"
msgid ""
"How the client will signal the wait condition. CFN_SIGNAL will allow an HTTP "
"POST to a CFN keypair signed URL. TEMP_URL_SIGNAL will create a Swift "
"TempURL to be signalled via HTTP PUT. HEAT_SIGNAL will allow calls to the "
"Heat API resource-signal using the provided keystone credentials. "
"ZAQAR_SIGNAL will create a dedicated zaqar queue to be signalled using the "
"provided keystone credentials. TOKEN_SIGNAL will allow and HTTP POST to a "
"Heat API endpoint with the provided keystone token. NO_SIGNAL will result in "
"the resource going to a signalled state without waiting for any signal."
msgstr ""
"クライアントが待機条件を送信する方法。CFN_SIGNAL を設定すると、CFN キーペアの"
"署名済み URL に HTTP POST を実行できます。 TEMP_URL_SIGNAL を設定すると、 "
"HTTP PUT 経由で送信可能な Swift TempURL を作成できます。HEAT_SIGNAL を設定す"
"ると、提供される keystone の認証情報を使用してHeat API のリソース信号を呼び出"
"すことができます。ZAQAR_SIGNAL を設定すると、提供される keystone の認証情報を"
"使用して送信される専用の zaqar キューを作成できます。TOKEN_SIGNAL を設定する"
"と、提供される keystone の認証情報を使用して Heat API のエンドポイントに "
"HTTP POST を実行できます。NO_SIGNAL を設定すると、リソースは信号を待機せずに"
"送信済み状態に達します。"
msgid ""
"How the server should receive the metadata required for software "
"configuration. POLL_SERVER_CFN will allow calls to the cfn API action "
"DescribeStackResource authenticated with the provided keypair. "
"POLL_SERVER_HEAT will allow calls to the Heat API resource-show using the "
"provided keystone credentials. POLL_TEMP_URL will create and populate a "
"Swift TempURL with metadata for polling. ZAQAR_MESSAGE will create a "
"dedicated zaqar queue and post the metadata for polling."
msgstr ""
"サーバーがソフトウェアの構成に必要なメタデータを受信する方法。"
"POLL_SERVER_CFN を設定すると、提供されるキーペアで認証された cfn API アクショ"
"ンである DescribeStackResource を呼び出すことができます。POLL_SERVER_HEATを設"
"定すると、提供される keystone の認証情報を使用して Heat API の resource-show "
"を呼び出すことができます。POLL_TEMP_URL を設定すると、Swift TempURL を作成"
"し、ポーリングのためのメタデータをロードすることができます。ZAQAR_MESSAGE は"
"専用の zaqar キューを作成し、ポーリング用のメタデータを提供します。"
msgid "How the server should signal to heat with the deployment output values."
msgstr "サーバーが heat にデプロイメント出力値をシグナル通知する方法。"
msgid ""
"How the server should signal to heat with the deployment output values. "
"CFN_SIGNAL will allow an HTTP POST to a CFN keypair signed URL. "
"TEMP_URL_SIGNAL will create a Swift TempURL to be signaled via HTTP PUT. "
"HEAT_SIGNAL will allow calls to the Heat API resource-signal using the "
"provided keystone credentials. ZAQAR_SIGNAL will create a dedicated zaqar "
"queue to be signaled using the provided keystone credentials. NO_SIGNAL will "
"result in the resource going to the COMPLETE state without waiting for any "
"signal."
msgstr ""
"サーバーが実装環境の出力値 によって heatに信号を送信する方法。CFN_SIGNAL を設"
"定すると、CFN キーペアの署名済み URL に HTTP POST を実行できます。 "
"TEMP_URL_SIGNAL を設定すると、 HTTP PUT 経由で送信可能な Swift TempURL を作"
"成できます。HEAT_SIGNAL を設定すると、提供される keystone の認証情報を使用し"
"てHeat API のリソース信号を呼び出すことができます。ZAQAR_SIGNAL を設定する"
"と、提供される keystone の認証情報を使用して送信される専用の zaqar キューを作"
"成できます。NO_SIGNAL を設定すると、リソースは信号を待機せずに COMPLETE 状態"
"に達します。"
msgid ""
"How the user_data should be formatted for the server. For HEAT_CFNTOOLS, the "
"user_data is bundled as part of the heat-cfntools cloud-init boot "
"configuration data. For RAW the user_data is passed to Nova unmodified. For "
"SOFTWARE_CONFIG user_data is bundled as part of the software config data, "
"and metadata is derived from any associated SoftwareDeployment resources."
msgstr ""
"user_data のサーバー用のフォーマット方法。heat_CFNTOOLS の場合、user_data は "
"heat-cfntools cloud-init ブート設定データの一部として組み込まれます。RAW の場"
"合、user_data は未変更のまま Nova に渡されます。SOFTWARE_CONFIG の場合、"
"user_data はソフトウェア設定データの一部として組み込まれ、関連付けられたすべ"
"ての SoftwareDeployment リソースからメタデータが派生します。"
msgid "Human readable name for the secret."
msgstr "人間が読むことができる秘密の名前。"
msgid "Human-readable name for the container."
msgstr "人間が読むことができるコンテナー名。"
msgid ""
"ID list of the L3 agent. User can specify multi-agents for highly available "
"router. NOTE: The default policy setting in Neutron restricts usage of this "
"property to administrative users only."
msgstr ""
"L3 エージェントの ID リスト。ユーザーは高可用性ルーターに対してマルチエージェ"
"ントを指定できます。注意: Neutron のデフォルトのポリシー設定では、このプロパ"
"ティーの使用は管理ユーザーのみに制限されます。"
msgid "ID of an existing port to associate with this server."
msgstr "このサーバーに関連付ける既存ポートの ID。"
msgid ""
"ID of an existing port with at least one IP address to associate with this "
"floating IP."
msgstr ""
"この Floating IP に関連付ける、少なくとも 1 つの IP アドレスを持つ既存のポー"
"トの ID。"
msgid "ID of network to create a port on."
msgstr "ポートの作成場所となるネットワークの ID。"
msgid "ID of project for API authentication"
msgstr "API 認証用プロジェクトの ID"
msgid "ID of queue to use for signaling output values"
msgstr "出力値の信号を送信するために使用するキューの ID"
msgid ""
"ID of resource to apply configuration to. Normally this should be a Nova "
"server ID."
msgstr ""
"設定を適用する対象のリソースのID。通常これは Nova サーバーの ID である必要が"
"あります。"
msgid ""
"ID of server (VM, etc...) on host that is used for exporting network file-"
"system."
msgstr ""
"ネットワークのファイルシステムのエクスポートのために使用されるホスト上のサー"
"バー (VM など) のID。"
msgid "ID of signal to use for signaling output values"
msgstr "出力値のシグナル通知に使用するシグナルの ID"
msgid ""
"ID of software configuration resource to execute when applying to the server."
msgstr "サーバーへの適用時に実行するソフトウェア設定リソースの ID。"
msgid "ID of the Cluster Template used for Node Groups and configurations."
msgstr "ノードグループおよび設定に使用されるクラスターテンプレートの ID。"
msgid "ID of the InternetGateway."
msgstr "インターネットゲートウェイの ID。"
msgid ""
"ID of the L3 agent. NOTE: The default policy setting in Neutron restricts "
"usage of this property to administrative users only."
msgstr ""
"L3 エージェントの ID。注意: Neutron でのデフォルトポリシー設定により、管理"
"ユーザーのみに対するこのプロパティーの使用が制限されます。"
msgid "ID of the Node Group Template."
msgstr "ノードグループテンプレートの ID。"
msgid "ID of the VPNGateway to attach to the VPC."
msgstr "VPC に接続する VPN ゲートウェイ ID。"
msgid "ID of the default image to use for the template."
msgstr "テンプレートに使用するデフォルトイメージの ID。"
msgid "ID of the default pool this listener is associated to."
msgstr "このリスナーが関連付けられているデフォルトプールの ID。"
msgid "ID of the floating IP to assign to the server."
msgstr "サーバーに割り当てる Floating IP の ID。"
msgid "ID of the floating IP to associate."
msgstr "関連付ける必要のある Floating IP の ID。"
msgid "ID of the health monitor associated with this pool."
msgstr "このプールと関連付けられているヘルスモニターの ID。"
msgid "ID of the image to use for the template."
msgstr "テンプレートに使用するイメージの ID。"
msgid "ID of the load balancer this listener is associated to."
msgstr "このリスナーが関連付けられているロードバランサーの ID。"
msgid "ID of the network in which this IP is allocated."
msgstr "この IP が割り振られているネットワークの ID。"
msgid "ID of the port associated with this IP."
msgstr "この IP に関連付けられているポートの ID。"
msgid "ID of the queue."
msgstr "キューの ID。"
msgid "ID of the router used as gateway, set when associated with a port."
msgstr ""
"ゲートウェイとして使用するルーターの ID。ポートに関連付けられている場合に設定"
"します。"
msgid "ID of the router."
msgstr "ルーターの ID。"
msgid "ID of the server being deployed to"
msgstr "デプロイ先サーバーの ID"
msgid "ID of the stack this deployment belongs to"
msgstr "このデプロイメントが属するスタックの ID"
msgid "ID of the tenant to which the RBAC policy will be enforced."
msgstr "RBAC ポリシーが適用されるテナントの ID。"
msgid "ID of the tenant who owns the health monitor."
msgstr "ヘルスモニターを所有するテナントの ID。"
msgid "ID or name of the QoS policy."
msgstr "QoS ポリシーの ID または名前。"
msgid "ID or name of the RBAC object."
msgstr "RBAC オブジェクトの名前または ID。"
msgid "ID or name of the external network for the gateway."
msgstr "ゲートウェイの外部ネットワークの ID または名前。"
msgid "ID or name of the image to register."
msgstr "登録対象のイメージの ID または名前。"
msgid "ID or name of the load balancer with which listener is associated."
msgstr "リスナーが関連付けられているロードバランサーの ID または名前。"
msgid "ID or name of the load balancing pool."
msgstr "ロードバランシングプールの ID または名前。"
msgid ""
"ID that AWS assigns to represent the allocation of the address for use with "
"Amazon VPC. Returned only for VPC elastic IP addresses."
msgstr ""
"Amazon VPC で使用するためのアドレスの割り当てを表す AWS の ID。VPC elastic "
"IP アドレスに対してのみ返されます。"
msgid "IP address and port of the pool."
msgstr "プールの IP アドレスとポート。"
msgid "IP address desired in the subnet for this port."
msgstr "このポートのサブネットで必要な IP アドレス。"
msgid "IP address for the VIP."
msgstr "VIP の IP アドレス。"
msgid "IP address of the associated port, if specified."
msgstr "関連付けられているポートの IP アドレス (指定されている場合)。"
msgid ""
"IP address of the floating IP. NOTE: The default policy setting in Neutron "
"restricts usage of this property to administrative users only."
msgstr ""
"Floating IP の IP アドレス。注意: Neutron のデフォルトのポリシー設定では、こ"
"のプロパティーを使用できるのは管理者に限られます。"
msgid "IP address of the pool member on the pool network."
msgstr "プールネットワーク上のプールメンバーの IP アドレス。"
msgid "IP address of the pool member."
msgstr "プールのメンバーの IP アドレス。"
msgid "IP address of the vip."
msgstr "VIP の IP アドレス。"
msgid "IP address to allow through this port."
msgstr "このポートを経由することが許可されている IP アドレス。"
msgid "IP address to use if the port has multiple addresses."
msgstr "ポートに複数のアドレスがある場合に使用する IP アドレス。"
msgid ""
"IP or other address information about guest that allowed to access to Share."
msgstr "シェアにアクセス可能なゲストのIP またはその他のアドレス情報。"
msgid "IPv6 RA (Router Advertisement) mode."
msgstr "IPv6 の RA (ルーター広告) モード。"
msgid "IPv6 address mode."
msgstr "IPv6 アドレスモード。"
msgid "Id of a resource."
msgstr "リソースの ID。"
msgid "Id of the manila share."
msgstr "manila シェアの ID。"
msgid "Id of the tenant owning the firewall policy."
msgstr "ファイアウォールポリシーを所有するテナントの ID。"
msgid "Id of the tenant owning the firewall."
msgstr "ファイアウォールを所有するテナントの ID。"
msgid "Identifier of the source instance to replicate."
msgstr "複製すべきソースインスタンスの識別子。"
#, python-format
msgid ""
"If \"%(size)s\" is provided, only one of \"%(image)s\", \"%(image_ref)s\", "
"\"%(source_vol)s\", \"%(snapshot_id)s\" can be specified, but currently "
"specified options: %(exclusive_options)s."
msgstr ""
"\"%(size)s\" が提供される場合、\"%(image)s\"、\"%(image_ref)s"
"\"、\"%(source_vol)s\"、\"%(snapshot_id)s\" のうち 1 つのみを指定することがで"
"きるものの、現在指定されているオプションは %(exclusive_options)s です。"
#, fuzzy
msgid "If False, closes the client socket connection explicitly."
msgstr "False の場合、明示的にクライアントのソケット接続を終了します。"
msgid ""
"If True, delete any objects in the container when the container is deleted. "
"Otherwise, deleting a non-empty container will result in an error."
msgstr ""
"True の場合、コンテナーの削除時にコンテナー内のオブジェクトをすべて削除してく"
"ださい。そうでないと、空でないコンテナーの削除によりエラーが発生します。"
msgid "If True, enable config drive on the server."
msgstr "True の場合、サーバー上で設定ドライブを有効にします。"
msgid ""
"If configured, it allows to run action or workflow associated with a task "
"multiple times on a provided list of items."
msgstr ""
"設定すると、提供される一連の項目に対してタスクと関連付けられたアクションまた"
"はワークフローを何度でも実行できます。"
msgid "If set, then the server's certificate will not be verified."
msgstr "設定すると、サーバーの証明書は検証されません。"
msgid "If specified, the backup to create the volume from."
msgstr "指定した場合、ボリュームの作成元となるバックアップ。"
msgid "If specified, the backup used as the source to create the volume."
msgstr ""
"指定した場合、バックアップはボリュームを作成するためのソースとして使用されま"
"す。"
msgid "If specified, the name or ID of the image to create the volume from."
msgstr "指定した場合、ボリュームの作成元となるイメージの名前または ID。"
msgid "If specified, the snapshot to create the volume from."
msgstr "指定した場合、ボリュームの作成元となるスナップショット。"
msgid "If specified, the type of volume to use, mapping to a specific backend."
msgstr ""
"指定した場合、特定のバックエンドにマッピングする、使用するボリュームのタイ"
"プ。"
msgid "If specified, the volume to use as source."
msgstr "指定した場合、ソースとして使用するボリューム。"
msgid ""
"If the region is hierarchically a child of another region, set this "
"parameter to the ID of the parent region."
msgstr ""
"この領域が階層的に別の領域の子である場合、このパラメーターを親領域のIDに設定"
"してください。"
msgid ""
"If true, the resources in the chain will be created concurrently. If false "
"or omitted, each resource will be treated as having a dependency on the "
"previous resource in the list."
msgstr ""
"True の場合は、チェーン内の複数のリソースを同時に作成します。False の場合やこ"
"の値を設定しない場合は、 各リソースはリストに含まれている過去のリソースと従属"
"関係を持つものとして処理されます。"
msgid "If without InstanceId, ImageId and InstanceType are required."
msgstr "InstanceId がない場合は ImageId および InstanceType が必要です。"
#, python-format
msgid "Illegal prefix bounds: %(key1)s=%(value1)s, %(key2)s=%(value2)s."
msgstr "不正なプレフィックス境界: %(key1)s=%(value1)s、%(key2)s=%(value2)s"
#, python-format
msgid ""
"Image %(image)s requires %(imram)s minimum ram. Flavor %(flavor)s has only "
"%(flram)s."
msgstr ""
"イメージ %(image)s には %(imram)s 以上の RAM が必要です。フレーバー "
"%(flavor)s には %(flram)s しかありません。"
#, python-format
msgid ""
"Image %(image)s requires %(imsz)s GB minimum disk space. Flavor %(flavor)s "
"has only %(flsz)s GB."
msgstr ""
"イメージ %(image)s には %(imsz)s GB 以上のディスクスペースが必要です。フレー"
"バー %(flavor)s には %(flsz)s GB しかありません。"
#, python-format
msgid "Image status is required to be %(cstatus)s not %(wstatus)s."
msgstr ""
"イメージのステータスは、%(wstatus)s ではなく %(cstatus)s である必要がありま"
"す。"
msgid "Incompatible parameters were used together"
msgstr "同時に指定できないパラメーターが使用されました"
#, python-format
msgid "Incorrect arguments to \"%(fn_name)s\" should be one of: %(allowed)s"
msgstr ""
"\"%(fn_name)s\" に対する引数が正しくありません。次のいずれかでなければなりま"
"せん: %(allowed)s"
#, python-format
msgid "Incorrect arguments to \"%(fn_name)s\" should be: %(example)s"
msgstr ""
"\"%(fn_name)s\" に対する引数が正しくありません。正しい引数: %(example)s"
msgid "Incorrect arguments: Items to merge must be maps."
msgstr "不正確な引数: マージする項目はマップでなければなりません。"
#, python-format
msgid ""
"Incorrect index to \"%(fn_name)s\" should be between 0 and %(max_index)s"
msgstr ""
"\"%(fn_name)s\" に対するインデックスが正しくありません。0 と %(max_index)s の"
"間の値である必要があります。"
#, python-format
msgid "Incorrect index to \"%(fn_name)s\" should be: %(example)s"
msgstr ""
"\"%(fn_name)s\" に対するインデックスが正しくありません。%(example)s である必"
"要があります。"
#, python-format
msgid "Index to \"%s\" must be a string"
msgstr "\"%s\" に対する索引は文字列でなければなりません"
#, python-format
msgid "Index to \"%s\" must be an integer"
msgstr "\"%s\" に対する索引は整数でなければなりません"
msgid ""
"Indicate whether the volume should be deleted when the instance is "
"terminated."
msgstr "インスタンスの終了時にボリュームを削除するかどうかを指示します。"
msgid ""
"Indicate whether the volume should be deleted when the server is terminated."
msgstr "サーバーの終了時にボリュームを削除するかどうかを指示します。"
msgid "Indicates remote IP prefix to be associated with this metering rule."
msgstr "この計測ルールに関連付けるリモート IP プレフィックスを示します。"
msgid ""
"Indicates whether or not to create a distributed router. NOTE: The default "
"policy setting in Neutron restricts usage of this property to administrative "
"users only. This property can not be used in conjunction with the L3 agent "
"ID."
msgstr ""
"分散ルーターを作成するかどうかを指示します。注意: Neutron のデフォルトのポリ"
"シー設定では、このプロパティーの使用は管理者ユーザーのみに制限されます。この"
"プロパティーは、L3 エージェント ID と共に使用することはできません。"
msgid ""
"Indicates whether or not to create a highly available router. NOTE: The "
"default policy setting in Neutron restricts usage of this property to "
"administrative users only. And now neutron do not support distributed and ha "
"at the same time."
msgstr ""
"高可用性ルーターを作成するかどうかを指示します。注意: Neutron のデフォルトの"
"ポリシー設定では、このプロパティーの使用は管理ユーザーのみに制限されます。現"
"在、Neutron は DVR と HA を同時にサポートしません。"
msgid "Indicates whether this firewall rule is enabled or not."
msgstr "このファイアウォールルールを有効にするかどうかを示します。"
msgid "Information used to configure the bucket as a static website."
msgstr "静的 Web サイトとしてバケットを設定するために使用する情報。"
msgid "Initiator state in lowercase for the ipsec site connection."
msgstr "ipsec サイト接続のイニシエーター状態 (小文字)。"
#, python-format
msgid "Input in signal data must be a map, find a %s"
msgstr "信号データ内の入力はマップである必要があります。%s が見つかりました。"
msgid "Input values for the workflow."
msgstr "ワークフローの入力値。"
msgid "Input values to apply to the software configuration on this server."
msgstr "このサーバー上のソフトウェア設定に適用する入力値。"
msgid "Instance ID to associate with EIP specified by EIP property."
msgstr "EIP プロパティーで指定された EIP に関連付けるインスタンス ID。"
msgid "Instance ID to associate with EIP."
msgstr "EIP に関連付けるインスタンス ID。"
msgid "Instance connection to CFN/CW API validate certs if SSL is used."
msgstr "SSL が使用されている場合の CFN/CW API 証明書検証へのインスタンス接続。"
msgid "Instance connection to CFN/CW API via https."
msgstr "HTTPS 経由での CFN/CW API へのインスタンス接続。"
#, python-format
msgid "Instance is not ACTIVE (was: %s)"
msgstr "インスタンスが ACTIVE ではありません (%s)"
#, python-format
msgid ""
"Instance metadata must not contain greater than %s entries. This is the "
"maximum number allowed by your service provider"
msgstr ""
"インスタンスメタデータには %s を超える項目を含めないでください。これはサービ"
"スプロバイダーで許可された最大数です"
msgid "Interface type of keystone service endpoint."
msgstr "keystone サービスのエンドポイントのインターフェースタイプ。"
msgid "Internet protocol version."
msgstr "インターネットプロトコルバージョン。"
#, python-format
msgid "Invalid %s, expected a mapping"
msgstr "%s は無効です。マッピングが必要です"
#, python-format
msgid "Invalid CRON expression: %s"
msgstr "無効な CRON 式: %s"
#, python-format
msgid "Invalid Parameter type \"%s\""
msgstr "パラメーター形式 \"%s\" は無効です"
#, python-format
msgid "Invalid Property %s"
msgstr "無効なプロパティー %s"
msgid "Invalid Stack address"
msgstr "無効なスタックのアドレス"
msgid "Invalid Template URL"
msgstr "無効なテンプレート URL"
#, python-format
msgid "Invalid URL scheme %s"
msgstr "URL スキーム %s は無効です"
#, python-format
msgid "Invalid UUID version (%d)"
msgstr "UUID バージョン (%d) は無効です"
#, python-format
msgid "Invalid action %s"
msgstr "アクション %s は無効です"
#, python-format
msgid "Invalid action %s specified"
msgstr "無効なアクション %s が指定されました"
#, python-format
msgid "Invalid adopt data: %s"
msgstr "無効な引き取りデータ: %s"
#, python-format
msgid "Invalid cloud_backend setting in heat.conf detected - %s"
msgstr "heat.conf で cloud_backend の無効な設定が見つかりました: %s"
#, python-format
msgid "Invalid codes in ignore_errors : %s"
msgstr "ignore_errors に含まれる無効なコード : %s"
#, python-format
msgid "Invalid content type %(content_type)s"
msgstr "コンテンツタイプ %(content_type)s が無効です"
#, python-format
msgid "Invalid default %(default)s (%(exc)s)"
msgstr "無効なデフォルト %(default)s (%(exc)s)"
#, python-format
msgid "Invalid deletion policy \"%s\""
msgstr "無効な削除ポリシー \"%s\""
#, python-format
msgid ""
"Invalid dependency with external %(resource_type)s resource: %(external_id)s"
msgstr ""
"外部リソース %(resource_type)s に対して不正な依存関係があります: "
"%(external_id)s"
#, fuzzy, python-format
msgid "Invalid filter parameters %s"
msgstr "無効なフィルターパラメーター %s"
#, python-format
msgid "Invalid hook type \"%(hook)s\" for %(resource)s"
msgstr "%(resource)s の無効なフックタイプ \"%(hook)s\""
#, python-format
msgid ""
"Invalid hook type \"%(value)s\" for resource breakpoint, acceptable hook "
"types are: %(types)s"
msgstr ""
"リソースのブレークポイントのフックタイプ \"%(value)s\" が無効です。許容される"
"フックタイプ: %(types)s"
#, python-format
msgid "Invalid key %s"
msgstr "キー %s は無効です"
#, python-format
msgid "Invalid key '%(key)s' for %(entity)s"
msgstr "%(entity)s の無効キー '%(key)s'"
#, python-format
msgid "Invalid keys in resource mark unhealthy %s"
msgstr "不適切 %s とマークされたリソースの無効なキー"
#, python-format
msgid "Invalid merge strategy '%(strategy)s' for parameter '%(param)s'."
msgstr ""
"パラメタ '%(param)s'に対して不正なマージ戦略 '%(strategy)s' が指定されていま"
"す。"
msgid ""
"Invalid mix of disk and container formats. When setting a disk or container "
"format to one of 'aki', 'ari', or 'ami', the container and disk formats must "
"match."
msgstr ""
"ディスクとコンテナーの形式が無効な形で混在しています。ディスクまたはコンテ"
"ナーの形式を 'aki'、'ari'、または 'ami' のいずれかに設定するときは、コンテ"
"ナーとディスクの形式が一致していなければなりません。"
#, python-format
msgid "Invalid parameter constraints for parameter %s, expected a list"
msgstr "パラメーター %s のパラメーター制約が無効です。リストが必要です"
#, python-format
msgid "Invalid parameter in environment %s."
msgstr "環境 %sに不正なパラメタがあります。"
#, python-format
msgid ""
"Invalid restricted_action type \"%(value)s\" for resource, acceptable "
"restricted_action types are: %(types)s"
msgstr ""
"リソースの restricted_action タイプ \"%(value)s\" が無効です。許容される "
"restricted_action のタイプ: %(types)s"
#, python-format
msgid "Invalid service %(service)s version %(version)s"
msgstr "不正なサービス %(service)s バージョン %(version)s"
#, python-format
msgid ""
"Invalid stack name %s must contain only alphanumeric or \"_-.\" characters, "
"must start with alpha and must be 255 characters or less."
msgstr ""
"無効なスタック名 %s は英数か \"_-.\" の文字のみを含む必要があり、英語で始ま"
"り、255 文字以下である必要があります。"
#, python-format
msgid "Invalid stack name %s, must be a string"
msgstr "無効なスタック名 %s は文字列である必要があります"
#, python-format
msgid "Invalid status %s"
msgstr "状況 %s は無効です"
#, python-format
msgid "Invalid support status and should be one of %s"
msgstr ""
"サポート状態が無効です。この値は %s のうちの 1 つである必要があります。"
#, python-format
msgid "Invalid tag, \"%s\" contains a comma"
msgstr "タグが無効で、 \"%s\" にコンマが含まれています"
#, python-format
msgid "Invalid tag, \"%s\" is longer than 80 characters"
msgstr "\"%s\" は無効なタグです。80 文字より長くなっています"
#, python-format
msgid "Invalid tag, \"%s\" is not a string"
msgstr "タグが無効で、 \"%s\" は文字列ではありません"
#, python-format
msgid "Invalid tags, not a list: %s"
msgstr "タグが無効で、リストではありません: %s"
#, python-format
msgid "Invalid template type \"%(value)s\", valid types are: cfn, hot."
msgstr ""
"\"%(value)s\" は無効なテンプレートタイプです。有効なタイプは cfn, hot です。"
#, python-format
msgid "Invalid timeout value %s"
msgstr "無効なタイムアウト値 %s"
#, python-format
msgid "Invalid timezone: %s"
msgstr "無効なタイムゾーン: %s"
#, python-format
msgid "Invalid type (%s)"
msgstr "無効なタイプ (%s)"
msgid "Ip allocation pools and their ranges."
msgstr "IP の割り当てプールとその範囲。"
msgid "Ip of the subnet's gateway."
msgstr "サブネットのゲートウェイの IP。"
msgid "Ip version for the subnet."
msgstr "サブネットの IP バージョン。"
msgid "Ip_version for this firewall rule."
msgstr "このファイアウォールルールの IP バージョン。"
msgid "It defines an executor to which task action should be sent to."
msgstr "タスクのアクションが送信される先の実行プログラムを定義します。"
msgid "It is advised to shutdown all Heat engines beforehand."
msgstr "事前にすべてのHeatエンジンの停止を推奨します。"
#, python-format
msgid "Items to join must be string, map or list not %s"
msgstr ""
"結合する項目は文字列、マップ、またはリストである必要があり、%s であってはなり"
"ません"
#, python-format
msgid "Items to join must be string, map or list. %s failed json serialization"
msgstr ""
"結合する項目は文字列、マップ、またはリストである必要があります。%s が JSON の"
"シリアライズに失敗しました。"
#, python-format
msgid "Items to join must be strings not %s"
msgstr "結合する項目は %s ではなく文字列である必要があります。"
#, python-format
msgid ""
"JSON body size (%(len)s bytes) exceeds maximum allowed size (%(limit)s "
"bytes)."
msgstr ""
"JSON 本体のサイズ (%(len)s バイト) が最大許容サイズ (%(limit)s バイト) を超え"
"ています。"
msgid "JSON data that was uploaded via the SwiftSignalHandle."
msgstr "SwiftSignalHandle によってアップロードされた JSON データ。"
msgid ""
"JSON serialized map that includes the endpoint, token and/or other "
"attributes the client must use for signalling this handle. The contents of "
"this map depend on the type of signal selected in the signal_transport "
"property."
msgstr ""
"クライアントがこのハンドルを送信するために使用する必要のあるエンドポイント、"
"トークン、またはその他の属性を含む、JSON のシリアライズされたマップ。このマッ"
"プのコンテンツは、 signal_transport プロパティーで選択された信号のタイプに"
"よって決まります。"
msgid ""
"JSON string containing data associated with wait condition signals sent to "
"the handle."
msgstr ""
"ハンドルに送信された待機条件の信号と関連付けられたデータを含む JSON 文字列。"
msgid ""
"Key used to encrypt authentication info in the database. Length of this key "
"must be 32 characters."
msgstr ""
"データベースで認証情報を暗号化するために使用されるキー。このキーの長さは 32 "
"文字である必要があります。"
msgid "Key/Value pairs to extend the capabilities of the flavor."
msgstr "フレーバーの機能を拡張するキーと値のペア。"
msgid "Key/value pairs associated with the volume in raw dict form."
msgstr "ボリュームに関連付けられたローディクショナリー形式のキー/値ペア。"
msgid "Key/value pairs associated with the volume."
msgstr "ボリュームに関連付けられたキー/値ペア。"
msgid "Key/value pairs to associate with the volume."
msgstr "ボリュームに関連付けるキー/値ペア。"
msgid "Keypair added to instances to make them accessible for user."
msgstr ""
"キーペアがインスタンスに追加され、ユーザーがそれらのインスタンスにアクセス可"
"能になります。"
msgid "Keypair secret key."
msgstr "キーペア秘密鍵。"
msgid ""
"Keystone domain ID which contains heat template-defined users. If this "
"option is set, stack_user_domain_name option will be ignored."
msgstr ""
"heat テンプレート定義ユーザーが含まれている keystone のドメイン ID。このオプ"
"ションが設定されている場合、stack_user_domain_name オプションは無視されます。"
msgid ""
"Keystone domain name which contains heat template-defined users. If "
"`stack_user_domain_id` option is set, this option is ignored."
msgstr ""
"heat テンプレート定義ユーザーが含まれている keystone ドメイン"
"名。'stack_user_domain_id' オプションが設定されている場合、このオプションは無"
"視されます。"
msgid "Keystone domain."
msgstr "Keystone のドメイン。"
#, python-format
msgid ""
"Keystone has more than one service with same name %(service)s. Please use "
"service id instead of name"
msgstr ""
"Keystone には %(service)s という同じ名前のサービスが複数あります。名前ではな"
"くサービス ID を使用してください"
msgid "Keystone password for stack_domain_admin user."
msgstr "stack_domain_admin ユーザーの Keystone パスワード。"
msgid "Keystone project."
msgstr "Keystone のプロジェクト。"
msgid "Keystone role for heat template-defined users."
msgstr "heat テンプレート定義ユーザーの keystone ロール。"
msgid "Keystone role."
msgstr "Keystone のロール。"
msgid "Keystone user group."
msgstr "Keystone のユーザーグループ。"
msgid "Keystone user groups."
msgstr "Keystone のユーザーグループ。"
msgid "Keystone user is enabled or disabled."
msgstr "Keystone ユーザーは有効化または無効化されています。"
msgid ""
"Keystone username, a user with roles sufficient to manage users and projects "
"in the stack_user_domain."
msgstr ""
"Keystone ユーザー名。これは、stack_user_domain 内のユーザーおよびプロジェクト"
"を管理するために十分なロールを持つユーザーです。"
msgid "L2 segmentation strategy on the external side of the network gateway."
msgstr "ネットワークゲートウェイの外部サイドの L2 セグメンテーション戦略。"
msgid "LBaaS provider to implement this load balancer instance."
msgstr "このロードバランサーのインスタンスを実装する LBaaS プロバイダー。"
msgid "Length of OS_PASSWORD after encryption exceeds Heat limit (255 chars)"
msgstr "暗号化後の OS_PASSWORD の長さが heat 制限 (255 文字) を超えています"
msgid "Length of the string to generate."
msgstr "生成する文字列の長さ。"
msgid ""
"Length property cannot be smaller than combined character class and "
"character sequence minimums"
msgstr ""
"長さプロパティーを、結合された最小の文字クラスと文字シーケンスより小さくする"
"ことはできません"
msgid "Level of access that need to be provided for guest."
msgstr "ゲストに提供する必要のあるアクセスのレベル。"
msgid ""
"Lifecycle actions to which the configuration applies. The string values "
"provided for this property can include the standard resource actions CREATE, "
"DELETE, UPDATE, SUSPEND and RESUME supported by Heat."
msgstr ""
"設定が適用されるライフサイクルアクション。このプロパティーに指定する文字列値"
"には、heat がサポートしている標準リソースアクション CREATE、DELETE、UPDATE、"
"SUSPEND、および RESUME があります。"
msgid "List of LoadBalancer resources."
msgstr "LoadBalancer リソースのリスト。"
msgid "List of Security Groups assigned on current LB."
msgstr "現在の LB に割り当てられたセキュリティーグループのリスト。"
msgid "List of TLS container references for SNI."
msgstr "SNI に対する TLS コンテナー参照のリスト。"
msgid "List of database instances."
msgstr "データベースインスタンスの一覧。"
msgid "List of databases to be created on DB instance creation."
msgstr "DB インスタンス作成時に作成するデータベースのリスト。"
msgid "List of directories to search for plug-ins."
msgstr "プラグインを検索するディレクトリーのリスト。"
msgid "List of dns nameservers."
msgstr "DNS ネームサーバーの一覧。"
msgid "List of firewall rules in this firewall policy."
msgstr "このファイアウォールポリシー内のファイアウォールルールのリスト。"
msgid "List of health monitors associated with the pool."
msgstr "プールに関連付けられているヘルスモニターのリスト。"
msgid "List of hosts to join aggregate."
msgstr "結合とアグリゲートを行うホストのリスト。"
msgid "List of manila shares to be mounted."
msgstr "搭載すべき manila シェアのリスト。"
msgid "List of network interfaces to create on instance."
msgstr "インスタンス上に作成するネットワークインターフェースの一覧。"
msgid "List of processes to enable anti-affinity for."
msgstr "アンチアフィニティーを有効にする対象のプロセスのリスト。"
msgid "List of processes to run on every node."
msgstr "すべてのノードにおいて実行するプロセスの一覧。"
msgid "List of role assignments."
msgstr "ロールの割り当てのリスト。"
msgid "List of security group IDs associated with this interface."
msgstr ""
"このインターフェースに関連付けられているセキュリティーグループID のリスト。"
msgid "List of security group egress rules."
msgstr "セキュリティーグループ送信ルールのリスト。"
msgid "List of security group ingress rules."
msgstr "セキュリティーグループ受信ルールのリスト。"
msgid ""
"List of security group names or IDs to assign to this Node Group template."
msgstr ""
"このノードグループテンプレートに割り当てるセキュリティーグループ名または ID "
"のリスト。"
msgid ""
"List of security group names or IDs. Cannot be used if neutron ports are "
"associated with this server; assign security groups to the ports instead."
msgstr ""
"セキュリティーグループの名前または ID のリスト。neutron ポートがこのサーバー"
"に関連付けられている場合は使用できません。代わりにセキュリティーグループを"
"ポートに割り当ててください。"
msgid "List of security group rules."
msgstr "セキュリティーグループルールの一覧。"
msgid "List of subnet prefixes to assign."
msgstr "割り当てる必要があるサブネットのプレフィックスのリスト。"
msgid "List of tags associated with this interface."
msgstr "このインターフェースに関連付けられているタグのリスト。"
msgid "List of tags to attach to the instance."
msgstr "インスタンスに接続するためのタグのリスト。"
msgid "List of tags to attach to this resource."
msgstr "このリソースに接続するためのタグのリスト。"
msgid "List of tags to be attached to this resource."
msgstr "このリソースに付加するタグのリスト。"
msgid ""
"List of tasks which should be executed before this task. Used only in "
"reverse workflows."
msgstr ""
"このタスクの前に実行されるタスクのリスト。ワークフローでのみ使用できます。"
msgid ""
"List of tasks which will run after the task has completed regardless of "
"whether it is successful or not."
msgstr ""
"正常に完了したかどうかにかかわらずタスクが完了した後に実行されるタスクのリス"
"ト。"
msgid "List of tasks which will run after the task has completed successfully."
msgstr "タスクが正常に完了した後に実行されるタスクのリスト。"
msgid ""
"List of tasks which will run after the task has completed with an error."
msgstr "タスクがエラーとともに完了した後に実行されるタスクのリスト。"
msgid "List of users to be created on DB instance creation."
msgstr "DB インスタンス作成時に作成するユーザーの一覧。"
msgid ""
"List of workflows' executions, each of them is a dictionary with information "
"about execution. Each dictionary returns values for next keys: id, "
"workflow_name, created_at, updated_at, state for current execution state, "
"input, output."
msgstr ""
"ワークフローの処理のリスト。各リストは処理に関する情報を含むディクショナリー"
"です。各ディクショナリーはキー (id、workflow_name、created_at、updated_at、"
"state for current execution state、input, output) に関する値を返します。"
msgid "Listener associated with this pool."
msgstr "このプールと関連付けられているリスナー。"
msgid ""
"Local path on each cluster node on which to mount the share. Defaults to '/"
"mnt/{share_id}'."
msgstr ""
"シェアを搭載する必要のある各クラスターノード上のローカルパス。デフォルトでは "
"'/mnt/{share_id}' に設定されます。"
msgid "Location of the SSL certificate file to use for SSL mode."
msgstr "SSL モードに使用する SSL 証明書ファイルのロケーション。"
msgid "Location of the SSL key file to use for enabling SSL mode."
msgstr "SSL モードを有効にするために使用する SSL 鍵ファイルのロケーション。"
msgid "MAC address of the port."
msgstr "ポートの MAC アドレス。"
msgid "MAC address to allow through this port."
msgstr "このポートを経由することが許可されている MAC アドレス。"
msgid "Map between role with either project or domain."
msgstr "プロジェクトまたはドメインを持つロール間のマップ。"
msgid ""
"Map containing options specific to the configuration management tool used by "
"this resource."
msgstr "このリソースで使用される設定管理ツールに固有のオプションを含むマップ。"
msgid ""
"Map representing the cloud-config data structure which will be formatted as "
"YAML."
msgstr "YAML としてフォーマットされる、クラウド設定データ構造を表すマップ。"
msgid ""
"Map representing the configuration data structure which will be serialized "
"to JSON format."
msgstr "JSON フォーマットに直列化される設定データ構造を表すマップ。"
msgid "Max bandwidth in kbps."
msgstr "最大帯域幅 (kbps)。"
msgid "Max burst bandwidth in kbps."
msgstr "最大バースト帯域幅 (kbps)。"
msgid "Max size of the cluster."
msgstr "クラスターの最大サイズ。"
#, python-format
msgid "Maximum %s is 1 hour."
msgstr "最大 %s は 1 時間です。"
msgid "Maximum depth allowed when using nested stacks."
msgstr "ネストスタック使用時に許可される最大の深さ。"
msgid "Maximum length of a server name to be used in nova."
msgstr "Novaで使用できるサーバ名の最大長。"
msgid ""
"Maximum line size of message headers to be accepted. max_header_line may "
"need to be increased when using large tokens (typically those generated by "
"the Keystone v3 API with big service catalogs)."
msgstr ""
"受け入れられるメッセージヘッダーの最大行サイズ。大きなトークン (通常は、"
"Keystone v3 API で大きなサービスカタログを使用して生成されるトークン) を使用"
"するときは max_header_line を増やさなければならない場合があります。"
msgid ""
"Maximum line size of message headers to be accepted. max_header_line may "
"need to be increased when using large tokens (typically those generated by "
"the Keystone v3 API with big service catalogs.)"
msgstr ""
"受け入れられるメッセージヘッダーの最大行サイズ。大きなトークン (通常は、"
"Keystone v3 API で大きなサービスカタログを使用して生成されるトークン) を使用"
"するときは max_header_line を増やさなければならない場合があります。"
msgid "Maximum number of instances in the group."
msgstr "グループ内のインスタンスの最大数。"
msgid "Maximum number of resources in the cluster. -1 means unlimited."
msgstr "クラスター内のリソースの最小数。-1 は無制限を指します。"
msgid "Maximum number of resources in the group."
msgstr "グループ内のリソースの最大数。"
msgid "Maximum number of stacks any one tenant may have active at one time."
msgstr "任意の 1 つのテナントが同時にアクティブにできるスタックの最大数。"
msgid "Maximum prefix size that can be allocated from the subnet pool."
msgstr ""
"サブネットプールから割り当てることができるプレフィックスサイズの最大値。"
msgid ""
"Maximum raw byte size of JSON request body. Should be larger than "
"max_template_size."
msgstr ""
"JSON 要求本文の最大ローバイトサイズ。max_template_size よりも大きな値である必"
"要があります。"
msgid "Maximum raw byte size of any template."
msgstr "テンプレートの最大容量、元のバイト単位。"
#, fuzzy
msgid "Maximum resources allowed per top-level stack. -1 stands for unlimited."
msgstr ""
"トップレベルのスタックごとに許容される最大リソース。-1 は無制限を指します。"
msgid "Maximum resources per stack exceeded."
msgstr "スタックあたりの最大リソース数を超えました。"
msgid ""
"Maximum transmission unit size (in bytes) for the ipsec site connection."
msgstr "ipsec サイト接続の最大伝送単位サイズ (バイト)。"
msgid "Member list items must be strings"
msgstr "メンバー一覧の項目は文字列でなければなりません"
msgid "Member list must be a list"
msgstr "メンバー一覧はリストでなければなりません"
msgid "Members associated with this pool."
msgstr "このプールと関連付けられているメンバー。"
msgid "Memory in MB for the flavor."
msgstr "フレーバーのメモリー容量 (MB)。"
#, python-format
msgid "Message: %(message)s, Code: %(code)s"
msgstr "メッセージ: %(message)s、コード: %(code)s"
msgid "Metadata format invalid"
msgstr "メタデータの形式が無効です"
msgid "Metadata key-values defined for cluster."
msgstr "クラスター用に定義したメタデータのキーと値。"
msgid "Metadata key-values defined for node."
msgstr "ノードのために定義したメタデータのキーと値。"
msgid "Metadata key-values defined for profile."
msgstr "プロファイルのために定義したメタデータのキーと値。"
msgid "Metadata key-values defined for share."
msgstr "シェアのために定義したメタデータのキーと値。"
msgid "Meter name watched by the alarm."
msgstr "アラームによって監視されるメーター名。"
msgid ""
"Meter should match this resource metadata (key=value) additionally to the "
"meter_name."
msgstr ""
"メーターはこのリソースメタデータ (key=value) に加えて meter_name に一致してい"
"る必要があります。"
msgid "Meter statistic to evaluate."
msgstr "評価するメーター統計。"
msgid "Method of implementation of session persistence feature."
msgstr "セッション永続性機能の実装方法。"
msgid "Metric name watched by the alarm."
msgstr "アラームによって監視されるメトリック名。"
msgid "Min size of the cluster."
msgstr "クラスターの最小サイズ。"
msgid "MinSize can not be greater than MaxSize"
msgstr "最小サイズを最大サイズより大きくすることはできません"
msgid "Minimum number of instances in the group."
msgstr "グループ内のインスタンスの最小数。"
msgid "Minimum number of resources in the cluster."
msgstr "クラスター内のリソースの最小数。"
msgid "Minimum number of resources in the group."
msgstr "グループ内のリソースの最小数。"
msgid ""
"Minimum number of resources that are added or removed when the AutoScaling "
"group scales up or down. This can be used only when specifying "
"PercentChangeInCapacity for the AdjustmentType property."
msgstr ""
"AutoScaling グループのスケールアップまたはスケールダウンを行う場合に追加また"
"は削除されるリソースの最小数。これは、AdjustmentType プロパティーに"
"PercentChangeInCapacity を設定する場合にのみ指定できます。"
msgid ""
"Minimum number of resources that are added or removed when the AutoScaling "
"group scales up or down. This can be used only when specifying "
"percent_change_in_capacity for the adjustment_type property."
msgstr ""
"AutoScaling グループのスケールアップまたはスケールダウンを行う際に追加または"
"削除されるリソースの最小数。これは、adjustment_type プロパティーに "
"percent_change_in_capacity を指定する場合にのみ使用できます。"
#, python-format
msgid "Missing mandatory (%s) key from mark unhealthy request"
msgstr "不適切とマークされた要求から欠落した必須 (%s) キー"
#, python-format
msgid "Missing parameter type for parameter: %s"
msgstr "パラメーターのパラメーター形式が指定されていません: %s"
#, python-format
msgid "Missing required credential: %(required)s"
msgstr "必須のクレデンシャルがありません: %(required)s"
msgid "Mistral resource validation error"
msgstr "Mistral のリソース検証エラー"
msgid "Monasca notification."
msgstr "Monasca の通知。"
msgid "Multiple actions specified"
msgstr "複数のアクションが指定されています。"
#, python-format
msgid "Multiple physical resources were found with name (%(name)s)."
msgstr "名前が (%(name)s) の複数の物理リソースが見つかりました。"
#, python-format
msgid "Multiple resources were found with the physical ID (%(phys_id)s)."
msgstr "物理ID (%(phys_id)s) を持つ複数のリソースが見つかりました。"
#, python-format
msgid "Multiple routers found with name %s"
msgstr "%s という名前の複数のルーターが見つかりました"
msgid "Must specify 'InstanceId' if you specify 'EIP'."
msgstr "'EIP' を指定する場合は、'InstanceId' も指定する必要があります。"
#, python-format
msgid "Name '%s' must not start or end with a hyphen."
msgstr "名前 '%s の先頭または末尾にハイフンを使用してはなりません。"
msgid "Name for the Sahara Cluster Template."
msgstr "Sahara クラスターテンプレートの名前。"
msgid "Name for the Sahara Node Group Template."
msgstr "Sahara ノードグループテンプレートの名前。"
msgid "Name for the aggregate."
msgstr "アグリゲートの名前。"
msgid "Name for the availability zone."
msgstr "アベイラビリティーゾーンの名前。"
msgid ""
"Name for the container. If not specified, a unique name will be generated."
msgstr "コンテナーの名前。指定しない場合、一意な名前が生成されます。"
msgid "Name for the firewall policy."
msgstr "ファイアウォールポリシーの名前。"
msgid "Name for the firewall rule."
msgstr "ファイアウォールルールの名前。"
msgid "Name for the firewall."
msgstr "ファイアウォールの名前。"
msgid "Name for the ike policy."
msgstr "IKE ポリシーの名前。"
msgid ""
"Name for the image. The name of an image is not unique to a Image Service "
"node."
msgstr ""
"イメージの名前。イメージの名前が Image service ノードに対して固有ではありませ"
"ん。"
msgid "Name for the ipsec policy."
msgstr "ipsec ポリシーの名前。"
msgid "Name for the ipsec site connection."
msgstr "ipsec サイト接続の名前。"
msgid "Name for the time constraint."
msgstr "時間制約の名前。"
msgid "Name for the vpn service."
msgstr "VPN サービスの名前。"
msgid ""
"Name of attribute to compare. Names of the form metadata.user_metadata.X or "
"metadata.metering.X are equivalent to what you can address through "
"matching_metadata; the former for Nova meters, the latter for all others. To "
"see the attributes of your Samples, use `ceilometer --debug sample-list`."
msgstr ""
"比較する属性の名前。形式 metadata.user_metadata.X または metadata.metering.X "
"の名前は、matching_metadata を使用してアドレス指定できる名前と同等です。前者"
"は Nova メーター用、後者は他のすべてのメーター用です。「サンプル」の属性を確"
"認するには、'ceilometer --debug sample-list' を使用してください。"
msgid "Name of key to use for substituting inputs during deployment."
msgstr "実装中に入力を置き換えるために使用するキーの名前。"
msgid "Name of keypair to inject into the server."
msgstr "サーバー内に注入するキーペアの名前。"
msgid "Name of keystone endpoint."
msgstr "keystone のエンドポイントの名前。"
msgid "Name of keystone group."
msgstr "keystone グループの名前。"
msgid "Name of keystone project."
msgstr "keystone プロジェクトの名前。"
msgid "Name of keystone role."
msgstr "keystone のロールの名前。"
msgid "Name of keystone service."
msgstr "keystone サービスの名前。"
msgid "Name of keystone user."
msgstr "keystone ユーザーの名前。"
msgid "Name of registered datastore type."
msgstr "登録済みのデータストア種別の名前。"
msgid "Name of the DB instance to create."
msgstr "作成する DB インスタンスの名前。"
msgid "Name of the Node group."
msgstr "ノードグループの名前。"
msgid ""
"Name of the action associated with the task. Either action or workflow may "
"be defined in the task."
msgstr ""
"タスクと関連付けられたアクションの名前。タスクではアクションかワークフローの"
"いずれかを定義できます。"
msgid "Name of the administrative user to use on the server."
msgstr "サーバー上で使用する管理者の名前。"
msgid "Name of the alarm. By default, physical resource name is used."
msgstr "アラームの名前。デフォルトでは物理リソース名を使用します。"
msgid "Name of the availability zone for DB instance."
msgstr "DB インスタンスのアベイラビリティーゾーン名。"
msgid "Name of the availability zone for server placement."
msgstr "サーバー配置のアベイラビリティーゾーンの名前。"
msgid "Name of the cluster to create."
msgstr "作成するクラスターの名前。"
msgid "Name of the cluster. By default, physical resource name is used."
msgstr "クラスターの名前。デフォルトでは物理リソース名を使用します。"
msgid "Name of the cookie, required if type is APP_COOKIE."
msgstr "Cookie の名前。タイプが APP_COOKIE である場合に必要です。"
msgid "Name of the cron trigger."
msgstr "Cron トリガーの名前。"
msgid "Name of the current action being deployed"
msgstr "デプロイされている現行アクションの名前"
msgid "Name of the data source."
msgstr "データソースの名前。"
msgid ""
"Name of the derived config associated with this deployment. This is used to "
"apply a sort order to the list of configurations currently deployed to a "
"server."
msgstr ""
"このデプロイメントに関連付けられている派生した設定の名前。これは、現在サー"
"バーにデプロイされている設定のリストにソート順を適用するために使用します。"
msgid ""
"Name of the engine node. This can be an opaque identifier. It is not "
"necessarily a hostname, FQDN, or IP address."
msgstr ""
"エンジンノードの名前。これには不透明な ID を指定できます。この名前はホスト"
"名、FQDN、または IP アドレスとは限りません。"
msgid "Name of the input."
msgstr "入力の名前。"
msgid "Name of the job binary."
msgstr "ジョブバイナリーの名前。"
msgid "Name of the metering label."
msgstr "計測ラベルの名前。"
msgid "Name of the network owning the port."
msgstr "ポートを所有するネットワークの名前。"
msgid ""
"Name of the network owning the port. The value is typically network:"
"floatingip or network:router_interface or network:dhcp."
msgstr ""
"このポートを所有するネットワークの名前。典型的な値は、network:floatingip、"
"network:router_interface、または network:dhcp です。"
msgid "Name of the notification. By default, physical resource name is used."
msgstr "通知の名前。デフォルトでは物理リソース名を使用します。"
msgid "Name of the output."
msgstr "出力の名前。"
msgid "Name of the pool."
msgstr "プールの名前。"
msgid "Name of the queue instance to create."
msgstr "作成すべきキューインスタンスの名前。"
msgid ""
"Name of the registered datastore version. It must exist for provided "
"datastore type. Defaults to using single active version. If several active "
"versions exist for provided datastore type, explicit value for this "
"parameter must be specified."
msgstr ""
"登録済みのデータストアバージョンの名前。指定されたデータストアタイプ用に存在"
"している必要があります。デフォルトでは 1 つのアクティブバージョンが使用されま"
"す。指定されたデータストアタイプに複数のアクティブなバージョンが存在する場合"
"は、このパラメーターに対して明示的な値を指定する必要があります。"
msgid "Name of the secret."
msgstr "秘密の名前。"
msgid "Name of the senlin node. By default, physical resource name is used."
msgstr "Senlin ノードの名前。デフォルトでは物理リソース名を使用します。"
msgid "Name of the senlin policy. By default, physical resource name is used."
msgstr "Senlin ポリシーの名前。デフォルトでは物理リソース名を使用します。"
msgid "Name of the senlin profile. By default, physical resource name is used."
msgstr "Senlin プロファイルの名前。デフォルトでは物理リソース名を使用します。"
msgid ""
"Name of the senlin receiver. By default, physical resource name is used."
msgstr "Senlin レシーバーの名前。デフォルトでは物理リソース名を使用します。"
msgid "Name of the server."
msgstr "サーバーの名前。"
msgid "Name of the share network."
msgstr "シェアのネットワークの名前。"
msgid "Name of the share type."
msgstr "シェアのタイプの名前。"
msgid "Name of the stack."
msgstr "スタックの名前。"
msgid "Name of the subnet pool."
msgstr "サブネットプールの名前。"
msgid "Name of the vip."
msgstr "VIP の名前。"
msgid "Name of the volume type."
msgstr "ボリュームタイプの名前。"
msgid "Name of the volume."
msgstr "ボリュームの名前。"
msgid ""
"Name of the workflow associated with the task. Can be defined by intrinsic "
"function get_resource or by name of the referenced workflow, i.e. "
"{ workflow: wf_name } or { workflow: { get_resource: wf_name }}. Either "
"action or workflow may be defined in the task."
msgstr ""
"タスクと関連付けられたワークフローの名前。組み込み関数の get_resource または"
"参照されるワークフローの名前 ( { workflow: wf_name } や { workflow: "
"{ get_resource: wf_name }} など) で定義できます。タスクにはアクションかワーク"
"フローのいずれかを定義できます。"
msgid "Name of this Load Balancer."
msgstr "このロードバランサーの名前。"
msgid "Name of this deployment resource in the stack"
msgstr "スタック内のこのデプロイメントリソースの名前"
msgid "Name of this listener."
msgstr "このリスナーの名前。"
msgid "Name of this pool."
msgstr "このプールの名前。"
msgid "Name or ID Nova flavor for the nodes."