OpenStack Dashboard (Horizon)
You can not select more than 25 topics Topics must start with a letter or number, can include dashes ('-') and can be up to 35 characters long.
 
 
 
 
 
 

5649 lines
296 KiB

# Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>, 2016. #zanata
# Shu Muto <shu.mutow@gmail.com>, 2016. #zanata
# Yuko Katabami <yukokatabami@gmail.com>, 2016. #zanata
# Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>, 2017. #zanata
# Shu Muto <shu.mutow@gmail.com>, 2017. #zanata
# Yuko Katabami <yukokatabami@gmail.com>, 2017. #zanata
# Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>, 2018. #zanata
# Shu Muto <shu.mutow@gmail.com>, 2018. #zanata
# Yuko Katabami <yukokatabami@gmail.com>, 2020. #zanata
# Yuko Katabami <yukokatabami@gmail.com>, 2021. #zanata
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: horizon\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2021-03-23 14:27+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2021-03-26 03:52+0000\n"
"Last-Translator: Yuko Katabami <yukokatabami@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese\n"
"Language: ja\n"
"X-Generator: Zanata 4.3.3\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0\n"
msgid ""
"\"Interfaces\" tab is added to the instance detail page. The new tab shows a "
"list of ports attached to an instance. Users now have an easy way to access "
"the list of ports of the instance and edit security groups per port. In "
"addition, \"Edit Port Security Groups\" menu is added as an action of the "
"instance table."
msgstr ""
"インスタンス詳細ページに「インターフェース」タブを追加しました。新しいタブ"
"は、インスタンスに接続されているポートの一覧を表示します。インスタンスのポー"
"トの一覧へのアクセスやポート毎のセキュリティグループの編集が簡単にできるよう"
"になりました。さらに、インスタンス一覧のアクションとして「ポートのセキュリ"
"ティグループの編集」メニューを追加しました。"
msgid "\"More Actions\", More Better"
msgstr "「その他のアクション」の改善"
msgid "\"Not Authorized\" & Being Logged Out"
msgstr "「権限なし」でログアウトされてしまう問題"
msgid ""
"(For Horizon plugin developers) The AVAIL_CHANGED event of transfer table is "
"removed. It is superseded by event TABLES_CHANGED. The name of AVAIL_CHANGED "
"was misleading because it implicitly and uncontrollably updated the "
"allocated table too. The new event allows independent updates to all four "
"tables. We believe it is safe to remove AVAIL_CHANGED without deprecation "
"because its implementation contained a bug that must have been discovered "
"before if anybody had used it. Anyway possible out-of-tree plugin "
"maintainers are recommended to consume the new event even if your plugins "
"relied on the buggy behavior of AVAIL_CHANGED."
msgstr ""
"(Horizon プラグイン開発者向け) transfer table の AVAIL_CHANGED イベントを削除"
"しました。これは、TABLES_CHANGED イベントに置き換えられました。AVAIL_CHANGED "
"の名前が、暗黙的かつ制御不能に allocated table も更新していて、誤解を招いたた"
"めです。新しいイベントは、四つのすべてのテーブルを独立に更新できます。"
"AVAIL_CHANGED を非推奨にせずに削除することは安全だと考えています。なぜなら、"
"この実装が、誰かが使用する前に発見されるべきバグを含んでいたからです。プラグ"
"インが AVAIL_CHANGED のバグのような動作に依存していたとしても、プラグインのメ"
"ンテナーは新しいイベントを使用することを推奨します。"
msgid ""
"(optional) Use the common Angular template as the basis of any Angular pages "
"to minimize boilerplate code and to ensure that we use similar features/"
"framing."
msgstr ""
"(オプション)ボイラープレートコードを最小化し、同様の機能/フレーミングの使用"
"を確実にするために、すべての Angular ページの基礎となる共通の Angular テンプ"
"レートを使用します。"
msgid "10.0.0"
msgstr "10.0.0"
msgid "10.0.1"
msgstr "10.0.1"
msgid "10.0.2"
msgstr "10.0.2"
msgid "11.0.0"
msgstr "11.0.0"
msgid "11.0.3"
msgstr "11.0.3"
msgid "11.0.4-22"
msgstr "11.0.4-22"
msgid "12.0.0"
msgstr "12.0.0"
msgid "12.0.3"
msgstr "12.0.3"
msgid "12.0.4-5"
msgstr "12.0.4-5"
msgid "13.0.0"
msgstr "13.0.0"
msgid "13.0.3"
msgstr "13.0.3"
msgid "13.0.3-9"
msgstr "13.0.3-9"
msgid "14.0.0"
msgstr "14.0.0"
msgid "14.0.2"
msgstr "14.0.2"
msgid "14.0.4"
msgstr "14.0.4"
msgid "14.1.0"
msgstr "14.1.0"
msgid "14.1.0-9"
msgstr "14.1.0-9"
msgid "15.0.0"
msgstr "15.0.0"
msgid "15.1.0"
msgstr "15.1.0"
msgid "15.1.1"
msgstr "15.1.1"
msgid "15.2.0"
msgstr "15.2.0"
msgid "15.3.0"
msgstr "15.3.0"
msgid "15.3.2"
msgstr "15.3.2"
msgid "16.0.0"
msgstr "16.0.0"
msgid "16.2.0"
msgstr "16.2.0"
msgid "16.2.1"
msgstr "16.2.1"
msgid "17.0.0"
msgstr "17.0.0"
msgid "17.1.0"
msgstr "17.1.0"
msgid "18.0.0"
msgstr "18.0.0"
msgid "18.1.0"
msgstr "18.1.0"
msgid "18.3.0"
msgstr "18.3.0"
msgid "18.3.3"
msgstr "18.3.3"
msgid "18.5.0"
msgstr "18.5.0"
msgid "18.6.0"
msgstr "18.6.0"
msgid "18.6.1"
msgstr "18.6.1"
msgid "19.0.0"
msgstr "19.0.0"
msgid "19.1.0"
msgstr "19.1.0"
msgid "19.1.0-13"
msgstr "19.1.0-13"
msgid "8.0.1"
msgstr "8.0.1"
msgid "9.0.0"
msgstr "9.0.0"
msgid "9.1.0"
msgstr "9.1.0"
msgid ""
"A Descriptor concept allows convenient passing of information that can "
"globally identify an object, for use in generic views and actions."
msgstr ""
"記述概念は、汎用のビューとアクションで使用するために、オブジェクトをグローバ"
"ルに識別できる情報の容易に受け渡しを可能にします。"
msgid ""
"A Details page for a resource type (e.g. Images) may now use the Angular "
"application-level registry to register views so developers may easily create "
"or extend details views. In this implementation these views are presented as "
"tabs within the Details page."
msgstr ""
"リソース種別(例:イメージ)の詳細ページには、 ビューを登録するための "
"Angular アプリケーションレベルのレジストリーを使用でき、開発者は簡単に詳細"
"ビューの作成や拡張ができます。この実装では、これらのビューは詳細ページ内のタ"
"ブとして表示されます。"
msgid ""
"A `thorough set of documentation`_ for developers on how to go about "
"internationalizing, localizing and translating OpenStack projects is now "
"available."
msgstr ""
"OpenStack プロジェクトの国際化 (internationalization)、現地語化 "
"(localization)、翻訳を行う方法について、すべて網羅した、開発者向けのドキュメ"
"ントが作成されました。(参照: `thorough set of documentation`_)"
msgid ""
"A common complaint from users was that associating a floating IP to an "
"instance involved numerous clicks and form selections for something that the "
"majority of users had no knowledge of and didn't care about. As such, a one-"
"click \"simple\" floating IP association option has been created. For "
"deployments which only have a single floating IP pool, this allows users to "
"ignore explicit floating IP management and just click a button to associate "
"or disassociate a floating IP with an instance."
msgstr ""
"Floating IP を関連付ける操作では、大半のユーザーには知識や関心がないような項"
"目を何回もクリックして選択する必要があったため、ユーザーからの不満の声が多く"
"あがっていました。このため、1 回のクリックで「簡単に」Floating IP を関連付け"
"するオプションが実装されました。Floating IP プールが 1 つしかないデプロイメン"
"トでは、この新しいオプションにより、ユーザーは明示的な Floating IP 管理を無視"
"して、ボタンを 1 つクリックするだけで、Floating IP をインスタンスに関連付け/"
"関連付け解除することができます。"
msgid "A couple of long-standing user confusions were fixed in Grizzly."
msgstr ""
"長年残っていたユーザーにとって分かりづらかった点が Grizzly でいくつか修正され"
"ました。"
msgid ""
"A directive (hz-details) provides the ability to intelligently display a set "
"of views (typically for a Details context)."
msgstr ""
"ディレクティブ(hz-details)は、ビュー(典型としては詳細のコンテキストのた"
"め)のセットをインテリジェントに表示する機能を提供します。"
msgid ""
"A fledgling OpenStack User Experience Group formed during the Havana cycle "
"with the mission of improving UX throughout OpenStack. They have quickly "
"made themselves indispensable to the process of designing and improving "
"features in the OpenStack Dashboard. Expect significant future improvement "
"in User Experience now that there are dedicated people actively "
"collaborating in the open to raise the bar."
msgstr ""
"Havana リリースサイクルでは、OpenStack ユーザーエクスペリエンスチームが形成さ"
"れました。 このチームは生まれたばかりですが、OpenStack 全体を通したユーザーエ"
"クスペリエンスの向上を ミッションとしています。このチームはすぐに OpenStack "
"Dashboard の設計と改善において欠かせない存在となっています。"
msgid ""
"A generic Details display parses the location to determine the resource "
"type, and displays relevant details views for that type."
msgstr ""
"汎用詳細表示は、場所を解析してリソース種別を決定し、その種別に関連した詳細"
"ビューを表示します。"
msgid ""
"A malicious user can make the exact same \"unauthorized\" requests via the "
"CLI as they can via the dashboard; no special privileges are granted."
msgstr ""
"悪意の有るユーザーは、特別な権限が付与されていないので、CLI で実行できる「承"
"認されていない」要求は、ダッシュボードから実行できるのと全く同じです。"
msgid "A new \"Settings\" area was added that offers several useful functions:"
msgstr ""
"以下のような役立つ機能を提供する新しい「設定」のセクションが追加されました。"
msgid ""
"A new Profiler panel in the Developer dashboard is introduced. It integrates "
"`osprofiler library <http://docs.openstack.org/developer/osprofiler/>`_ into "
"horizon, thus implementing `blueprint openstack-profiler-at-developer-"
"dashboard <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/openstack-profiler-"
"at-developer-dashboard>`_. Initially profiler is disabled. To enable it the "
"value ``OPENSTACK_PROFILER['enabled']`` has to be ``True``. This in turn can "
"be achieved by copying files _9030_profiler_settings.py.example and "
"_9030_profiler.py to openstack_dashboard/local/local_settings.d/"
"_9030_profiler_settings.py and openstack_dashboard/local/enabled/"
"_9030_profiler.py respectively. Also, by default it expects MongoDB cluster "
"to be present on the same host where Keystone is located (say, in a Devstack "
"VM). But it also can be configured with params with "
"``OPENSTACK_PROFILER['notifier_connection_string]'`` and "
"``OPENSTACK_PROFILER['receiver_connection_string']`` values. MongoDB should "
"be installed `manually <https://docs.mongodb.com/manual/tutorial/install-"
"mongodb-on-ubuntu/#install-mongodb-community-edition>`_ and allowed to "
"receive requests on 0.0.0.0 interface."
msgstr ""
"開発者ダッシュボードに新しいプロファイラーパネルが導入されました。これは "
"`osprofiler ライブラリー <http://docs.openstack.org/developer/osprofiler/>`_ "
"を Horizon に統合するもので、`ブループリント openstack-profiler-at-developer-"
"dashboard <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/openstack-profiler-"
"at-developer-dashboard>`_ に従う実装です。プロファイラーは最初は無効です。有"
"効にするには、``OPENSTACK_PROFILER['enabled']`` の値を ``True`` にします。こ"
"れは、 _9030_profiler_settings.py.example ファイルと _9030_profiler.py ファイ"
"ルを openstack_dashboard/local/local_settings.d/_9030_profiler_settings.py "
"と openstack_dashboard/local/enabled/_9030_profiler.py にそれぞれコピーするこ"
"とで実現できます。また、デフォルトでは、 MongoDB クラスタは、 Keystone が置か"
"れているのと同じホスト(例えば、 Devstack VM 内)に存在することを期待していま"
"す。 しかし、パラメータ `` OPENSTACK_PROFILER ['notifier_connection_string'] "
"`` と `` OPENSTACK_PROFILER ['receiver_connection_string'] `` の値で設定する"
"こともできます。 MongoDBは、 `手動で <https://docs.mongodb.com/manual/"
"tutorial/install-mongodb-on-ubuntu/#install-mongodb-community-edition>` _ イ"
"ンストールし、 0.0.0.0 インターフェースでリクエストを受信することを許可する必"
"要があります。"
msgid ""
"A new setting ``OPENSTACK_INSTANCE_RETRIEVE_IP_ADDRESSES`` was introduced to "
"control whether IP addresses of servers are retrieved from neutron in the "
"project instance table. This setting was introduces to mitigate a "
"performance issue in large deployments and setting this to ``False`` skips "
"the query to neutron. Deployments without floating IP support can set this "
"setting to ``False`` for better performance. For more detail, see [:bug:"
"`1722417`]."
msgstr ""
"新しい ``OPENSTACK_INSTANCE_RETRIEVE_IP_ADDRESSES`` 設定は、プロジェクトのイ"
"ンスタンス一覧でサーバーの IP アドレスを Neutron から取得するかどうかを制御す"
"るために導入されました。この設定は、大規模構成での性能問題を緩和するために導"
"入され、``False`` に設定すると Neutron への問い合わせをスキップします。フロー"
"ティング IP をサポートしない構成では、この設定を ``False`` に設定することで、"
"より良い性能を発揮できます。詳細は [:bug:`1722417`] を参照してください。"
msgid ""
"A number of important new OpenStack Networking (Neutron) features are "
"showcased in the Havana release, most notably:"
msgstr ""
"多くの重要な OpenStack Networking (Neutron) の機能が Havana で使えるようにな"
"りました。主な機能は下記のとおりです。"
msgid ""
"A number of the \"index\" pages don't fully work with API pagination yet, "
"causing them to only display the first chunk of results returned by the API. "
"This number is often 1000 (as in the case of novaclient results), but does "
"vary somewhat."
msgstr ""
"多くの「一覧」ページでは API ページ繰り (pagination) 対応は不完全で、これらの"
"ページでは API で返された最初のデータを表示するだけになっています。 API で返"
"されるデータ量は多くの場合 1000 ですが (novaclient の場合も同じです) 、違う場"
"合もあります。"
msgid "A shared Django template is now available for use by any Angular page."
msgstr ""
"Angular ページで使用するための共通の Django テンプレートが利用可能になりまし"
"た。"
msgid ""
"A shocking number of the problems first-time deployers of OpenStack have can "
"be summarized as \"I thought I set everything up, then I tried to log into "
"the dashboard and I was immediately logged back out.\" The root cause of "
"this was that in an effort to be as secure as possible any 401 or 403 "
"response from any service API was being treated the same as if it was an "
"attempt to access an unauthorized portion of Horizon, and the user was "
"summarily logged out with little to no information as to why."
msgstr ""
"OpenStack を初めてデプロイするユーザーが驚くほど多く直面していた問題を一言で"
"まとめると、「すべてを設定したと思ったのに、ダッシュボードにログインしようと"
"したら、すぐにログアウトされてしまった」という問題でした。その根本的な原因"
"は、セキュリティーを可能な限り強化するために、あらゆるサービス API から返され"
"る 401 または 403 応答はいずれも、Horizon で許可されていない部分にアクセスを"
"試みるのと同じように扱われるためにユーザーが即時にログアウトされ、情報や理由"
"についてはほとんどあるいは全く表示されないことにありました。 "
msgid "AJAX form submission for in-place validation."
msgstr "AJAX フォーム入力による、フォーム上での値の検証"
msgid ""
"ANGULAR_FEATURES now allows for a key 'flavors_panel' to be specified as "
"True or False indicating whether the Angular version of the panel is enabled."
msgstr ""
"ANGULAR_FEATURES にキー ``flavors_panel`` が追加され、 Angular 版のパネルを有"
"効にするかどうかを True か False を設定することで示します。"
msgid "API call efficiency optimizations."
msgstr "API コールの効率最適化。"
msgid ""
"API endpoints are now displayed on the OpenStack RC File panel so they can "
"be organically discovered by an end-user."
msgstr ""
"OpenStack RC ファイルパネルに API エンドポイントが表示されるようになりまし"
"た。これにより、エンドユーザーが自分でエンドポイントを確認できるようになりま"
"す。"
msgid ""
"API errors are generated by external systems not under the purview of our "
"project and while we should attempt to respect and take appropriate action "
"on those errors, we should not do anything drastic or even potentially "
"destructive because of them."
msgstr ""
"API エラーは、プロジェクトの管理範囲外の外部システムから生成されます。それら"
"のエラーを軽視せずに適切な措置を取るように試みる必要がありますが、そのために"
"極端な対応や破壊的となる可能性のある措置は取るべきではありません。"
msgid "API restrictions:"
msgstr "API の制限:"
msgid "Ability to add exceptions"
msgstr "例外を追加する機能"
msgid "Add \"Create Router\" button to Admin/Network/Routers panel."
msgstr ""
"管理/ネットワーク/ルーターのパネルに「ルーターの作成」ボタンが追加されまし"
"た。"
msgid ""
"Add MKS console support. Blueprint can be found at [`<https://blueprints."
"launchpad.net/horizon/+spec/support-mks-console-type>`_]"
msgstr ""
"MKS コンソールをサポートしました。ブループリントは、 [`<https://blueprints."
"launchpad.net/horizon/+spec/support-mks-console-type>`_] にあります。"
msgid ""
"Add ``OPENSTACK_KEYSTONE_BACKEND`` manually into "
"``REST_API_REQUIRED_SETTINGS`` on ``local_settings.py``, if your deployment "
"uses Angularized identity panels and needs to enable ``can_edit_*`` settings "
"in ``OPENSTACK_KEYSTONE_BACKEND``."
msgstr ""
"Angular 版のユーザー管理のパネルを利用していて、"
"``OPENSTACK_KEYSTONE_BACKEND`` の ``can_edit_*`` 設定を有効にする必要がある"
"場合は、 ``OPENSTACK_KEYSTONE_BACKEND`` を手動で ``local_settings.py`` の "
"``REST_API_REQUIRED_SETTINGS`` に追加してください。"
msgid ""
"Add a new setting OVERVIEW_DAYS_RANGE. It defines the default date range in "
"the Overview panel meters - either today minus N days (if the value is "
"integer N), or from the beginning of the current month until today (if set "
"to None). This setting is be used to limit the amount of data fetched by "
"default when rendering the Overview panel. The default value is 1, which "
"differs from the past behaviour, since it caused serious lags on large "
"deployments."
msgstr ""
"OVERVIEW_DAYS_RANGE の設定が新たに追加されました。これは、概要パネルのメー"
"ターのデフォルト日付範囲を、今日の日付の N 日前までの範囲 (値が整数 N の場"
"合)、または今月の始めから今日までの範囲 (None に設定されている場合) で定義し"
"ます。この設定は、概要のパネルがレンダリングされる際に取得するデータの量を制"
"限するために使用されます。デフォルト値は 1 です。以前は大型のデプロイメントで"
"深刻なラグの原因となっていたため、以前のバージョンの動作とは異なるようになり"
"ました。"
msgid ""
"Add support for horizon offering a clouds.yaml file for download along with "
"the openrc files. For more information on clouds.yaml, see `os-client-config "
"documentation <https://docs.openstack.org/os-client-config/latest/user/>`__."
msgstr ""
"openrc ファイルのダウンロードとともに、 clouds.yaml ファイルの提供をサポート"
"しました。 clouds.yaml の詳細については、 `os-client-config のドキュメント "
"<https://docs.openstack.org/os-client-config/latest/user/>`__ を参照してくだ"
"さい。"
msgid ""
"Added ESLint for JavaScript linting, using the eslint-config-openstack "
"rules. See `this <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/jscs-"
"cleanup>`__ for more details."
msgstr ""
"eslint-config-openstack 規則を使用した、JavaScriptのリンティングための "
"ESLint が追加されました。 詳細は `こちら <https://blueprints.launchpad.net/"
"horizon/+spec/jscs-cleanup>`__ を参照してください。"
msgid ""
"Added Karma for JavaScript testing. See `this <https://blueprints.launchpad."
"net/horizon/+spec/karma>`__ for more details."
msgstr ""
"JavaScript のテストのために Karma が追加されました。詳細は `こちら <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/karma>`__ を参照してください。"
msgid ""
"Added Keystone to Keystone (K2K) federation support in Horizon. If Keystone "
"is configured with K2K and has service providers, the list of Keystone "
"providers will appear in a dropdown. In local_settings.py you can optionally "
"set the identity provider display name with ``KEYSTONE_PROVIDER_IDP_NAME`` "
"or set the provider id that is used to compare with the other service "
"providers ``KEYSTONE_PROVIDER_IDP_ID``. [`blueprint k2k-horizon <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/k2k-horizon>`_]."
msgstr ""
"Keystone to Keystone (K2K) 統合サポートが Horizon に追加されました。 "
"Keystone に K2K が設定されており、サービスプロバイダがある場合は、 Keystone "
"プロバイダのリストがドロップダウンリストに表示されます。 local_settings.py で"
"は、オプションで認証プロバイダの表示名を `` KEYSTONE_PROVIDER_IDP_NAME``で設"
"定するか、他のサービスプロバイダと区別するために使用するプロバイダ ID "
"``KEYSTONE_PROVIDER_IDP_ID`` を設定できます。 [`blueprint k2k-horizon "
"<https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/k2k-horizon>`_]."
msgid ""
"Added a locked status column on admin/project instances table. It will show "
"a locked or unlocked icon if nova API 2.9 or above is used. The locked "
"status is also available on instance details panel."
msgstr ""
"プロジェクト/管理の両方のインスタンス一覧にロック状態の列が追加されました。 "
"nova API 2.9 以降が使用された場合、ロック/ロック解除のアイコンが表示されま"
"す。ロック状態はインスタンスの詳細パネルにも表示されます。"
msgid ""
"Added a new ``ANGULAR FEATURES`` dictionary to the settings. This allows "
"simple toggling of new AngularJS features."
msgstr ""
"新しい辞書型の設定 ``ANGULAR_FEATURE`` が追加されました。この設定により、新し"
"い AngularJS ベースの機能を有効にするかどうかを切り替えできます。"
msgid ""
"Added a new ``DEFAULT_SERVICE_REGIONS`` setting into local_settings.py. If a "
"value of this is specified, it will be the default region to use when "
"logging into the dashboard, instead of the value stored in cookies."
msgstr ""
"local_settings.py に新しい ``DEFAULT_SERVICE_REGIONS`` 設定を追加しました。 "
"これを指定すると、 Cookie に格納されている値ではなく、ダッシュボードにログイ"
"ンするときに使用するデフォルトのリージョンになります。"
msgid ""
"Added a new ``create_volume`` setting under the ``LAUNCH_INSTANCE_DEFAULTS`` "
"dict. This allows you to set the default value of \"Create Volume\" in "
"\"Launch Instance\" form, when Cinder is available."
msgstr ""
"``LAUNCH_INSTANCE_DEFAULTS`` に ``create_volume`` 設定が追加されました。この"
"設定で、 Cinder が利用可能な場合の \"Launch Insntace\" フォームの \"Create "
"Volume\" (ボリュームを作成) のデフォルト値が制御できます。"
msgid ""
"Added a new ``create_volume`` setting under the ``LAUNCH_INSTANCE_DEFAULTS`` "
"dict. This allows you to set the default value of \"Create Volume\", when "
"Cinder is available."
msgstr ""
"``LAUNCH_INSTANCE_DEFAULTS`` に ``create_volume`` 設定が追加されました。この"
"設定で、 Cinder が利用可能な場合の \"Create Volume\" (ボリュームを作成) のデ"
"フォルト値が制御できます。"
msgid ""
"Added a new ``hide_create_volume`` setting under the "
"``LAUNCH_INSTANCE_DEFAULTS`` dict. This allows you to hide the \"Create New "
"Volume\" option in the \"Launch Instance\" form and instead rely on the "
"default value you select with ``create_volume`` is the best suitable option "
"for your users."
msgstr ""
"``LAUNCH_INSTANCE_DEFAULTS`` ディクショナリーに ``hide_create_volume`` 設定が"
"新しく追加されました。この設定により、\"Launch Instance\" フォームの "
"\"Create New Volume\" オプションを非表示にして、代わりに ``create_volume`` で"
"デフォルト値を選択し、ユーザーにとって最も適切なオプションを表示することがで"
"きます。"
msgid ""
"Added a new setting CREATE_IMAGE_DEFAULTS(dictionary) to configure the "
"default options shown on create image modal. By default, the visibility "
"option is public on create image modal. If ``image_visibility`` in this "
"setting is set to ``\"private\"``, the default visibility option is private."
msgstr ""
"イメージの作成のモーダルで表示されるデフォルトオプションを設定するための "
"CREATE_IMAGE_DEFAULTS (ディクショナリー) が追加されました。イメージの作成モー"
"ダルの公開範囲オプションは、デフォルトでパブリックとなっています。この設定"
"の\n"
" ``image_visibility`` を ``\"private\"`` に指定すると、デフォルトの公開範囲は"
"パブリックとなります。"
msgid ""
"Added ability to render angular row actions with additional details that "
"explain the purpose of the action. These are rendered as tiles and are meant "
"to depict the next steps a user might want to take for a given resource."
msgstr ""
"Angular の行アクションを、アクションの目的を説明する追加情報とともにレンダリ"
"ングする機能が追加されました。追加情報はタイルとしてレンダリングされ、そのリ"
"ソースに対してユーザーが実行したいであろう次のステップの説明を表示する目的で"
"の利用が想定されています。"
msgid ""
"Added actions to easily associate LBaaS VIP with a floating IP. See `this "
"<https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/lbaas-vip-fip-associate>`__ "
"for more details."
msgstr ""
"LBaaS VIP を簡単に floating IP に割り当てるアクションが追加されました。詳細"
"は `こちら <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/lbaas-vip-fip-"
"associate>`__ を参照してください。"
msgid ""
"Added an ``cleanup_angular_template_cache`` management command, that clears "
"template cache for angularized views. The command is available as ``./manage."
"py cleanup_angular_template_cache``."
msgstr ""
"Angular 化されたビューのテンプレートキャッシュを削除する "
"``cleanup_angular_template_cache`` 管理コマンドが追加されました。このコマンド"
"は、``./manage.py cleanup_angular_template_cache`` のように利用できます。"
msgid ""
"Added an upgrade_check management command, that checks the configuration "
"files for any settings that may potentially be problematic in the next "
"version. The command is available as ``./manage.py upgrade_check``."
msgstr ""
"次のバージョンで問題となる可能性のある設定ファイルをチェックする "
"upgrade_check 管理コマンドが追加されました。このコマンドは、``./manage.py "
"upgrade_check`` として提供されています。"
msgid ""
"Added editing capabilities for data sources. See `this <https://blueprints."
"launchpad.net/horizon/+spec/allow-editing-of-data-sources>`__ for more "
"details."
msgstr ""
"データソースのための編集機能が追加されました。詳細は `こちら <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/allow-editing-of-data-sources>`__ を参"
"照してください。"
msgid ""
"Added editing capabilities for job binaries. See `this <https://blueprints."
"launchpad.net/horizon/+spec/allow-editing-of-job-binaries>`__ for more "
"details."
msgstr ""
"ジョブバイナリのための編集機能が追加されました。詳細は `こちら <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/allow-editing-of-job-binaries>`__ を参"
"照してください。"
msgid ""
"Added editing capabilities for job templates. See `this <https://blueprints."
"launchpad.net/horizon/+spec/data-processing-edit-templates>`__ for more "
"details."
msgstr ""
"ジョブテンプレートのための編集機能が追加されました。詳細は `こちら <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/data-processing-edit-templates>`__ を"
"参照してください。"
msgid ""
"Added initial support for database cluster creation and management. Vertica "
"and MongoDB are currently supported. See `this <https://blueprints.launchpad."
"net/horizon/+spec/database-clustering-support>`__ for more details."
msgstr ""
"データベースクラスタの作成、および管理の最初のサポートが追加されました。現"
"在、 Vertica と Mongo DB がサポートされています。詳細は `こちら <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/database-clustering-support>`__ を参照"
"してください。"
msgid "Added mapping for Identity Provider and Protocol specific WebSSO."
msgstr "認証プロバイダとプロトコル特定 WebSSO のマッピングが追加されました。"
msgid "Added new Trove features."
msgstr "新しい Trove の機能が追加されました。"
msgid ""
"Added new setting INTEGRATION_TESTS_SUPPORT, default value is `False`. This "
"value is used when running `manage.py compress` command, so by default all "
"static assets and html classes used by integration tests are removed from "
"Horizon production build. Integration tests gate job sets this variable to "
"`True` and recompresses static assets."
msgstr ""
"新しい設定 INTEGRATION_TESTS_SUPPORT が追加されました。デフォルト値は "
"``False`` です。この値は manage.py compress` コマンドを実行する際に使用されま"
"す。デフォルトでは、統合テストで使用されるすべての静的なコンテンツと HTML ク"
"ラスが Horizon のプロダクションビルドから削除されます。統合テストのゲートジョ"
"ブでは、この変数は `True` に設定され、静的なコンテンツは再コンパイルされま"
"す。"
msgid ""
"Added policy support to the angular workflow service so each step in a "
"workflow can specify a policy check that must pass in order for the step to "
"be displayed."
msgstr ""
"Angular ワークフローサービスにポリシーが追加され、ワークフローの各ステップ"
"で、ステップが表示されるために順番にパスしなければならないポリシーチェックを"
"指定できるようになりました。"
msgid ""
"Added server groups and server group members quota management. Users can "
"specify their values when creating or modifying project information, and "
"users can also change their quota default values on the Admin-> System-> "
"Defaults page."
msgstr ""
"サーバーグループ、サーバーグループメンバーのクォータ管理を追加しました。ユー"
"ザーは、プロジェクトを作成、編集するときに、これらの値を指定することができ、"
"また、これらのクォータのデフォルト値を 管理 -> システム -> デフォルト値 ペー"
"ジで変更できます。"
msgid ""
"Added settings OPENSTACK_KEYSTONE_DOMAIN_DROPDOWN (boolean) and "
"OPENSTACK_KEYSTONE_DOMAIN_CHOICES (tuple of tuples) to support a dropdown "
"list of keystone domains to choose from at login. This should NOT be enabled "
"for public clouds, as advertising enabled domains to unauthenticated users "
"irresponsibly exposes private information. This is useful for private clouds "
"that sit behind a corprate firewall and that have a small number of domains "
"mapped to known corporate structures, such as an LDAP directory, Active "
"Directory domains, geopgraphical regions or business units."
msgstr ""
"ログイン時に keystone ドメインをドロップダウンリストから選択できるようになり"
"ました。これに対応するため、 OPENSTACK_KEYSTONE_DOMAIN_DROPDOWN (boolean 値) "
"と OPENSTACK_KEYSTONE_DOMAIN_CHOICES (タプルのタプル) の設定値が追加されまし"
"た。この機能は、パブリッククラウドでは有効にすべきではありません。有効になっ"
"ているドメインを公開すると、認証されていないユーザーに内部情報を無責任に公開"
"してしまうことになるからです。この機能は企業のファイアウォールの内側にあるプ"
"ライベートクラウドでは有用で、keystone ドメインを、LDAP ディレクトリー、 "
"Active Directory ドメイン、地理的なリージョン、ビジネス部門など既知の社内の構"
"造にマッピングすることができます。"
msgid ""
"Added settings support to the angular workflow service so each step in a "
"workflow can specify a boolean setting that must pass in order for the step "
"to be displayed."
msgstr ""
"Angular ワークフローサビスに設定サポートが追加され、ワークフローの各ステップ"
"で、ステップが表示されるために順番にパスしなければならないフラグ設定を指定で"
"きるようになりました。"
msgid ""
"Added support for Keystone locking user option. Locked user can't change own "
"password using the self-service password change API. By default, users are "
"unlocked and can change their own passwords. In case of older Keystone not "
"supporting this feature, all users treated as unlocked."
msgstr ""
"Added support for Keystone locking user option. Locked user can't change own "
"password using the self-service password change API. By default, users are "
"unlocked and can change their own passwords. In case of older Keystone not "
"supporting this feature, all users treated as unlocked."
msgid ""
"Added support for Swift object copy as one of row actions. Destination "
"container must exist in advance. To avoid overwriting an existing object, "
"you cannot copy an object if a specified destination object already exists."
msgstr ""
"Swift オブジェクトのコピーを行アクションの一つとしてサポートしました。コピー"
"先のコンテナーは前もって存在している必要があります。既存のオブジェクトの上書"
"きを避けるために、指定されたコピー先オブジェクトが既に存在している場合には、"
"オブジェクトをコピーできません。"
msgid ""
"Added support for managing domains and projects when using Keystone v3. "
"Horizon now maintains a domain scoped token for users who have a role on a "
"domain, a project scoped token for users who have a role on a project, or "
"both a domain scoped token and project scoped token for users who have roles "
"on both."
msgstr ""
"Keystone V3 を使用した時の、ドメイン管理とプロジェクト管理のサポートが追加さ"
"れました。 Horizon は、ドメインでロールを持つユーザーのためのドメインにスコー"
"プされたトークン、プロジェクトでロールを持つユーザーのためのプロジェクトにス"
"コープされたトークン、あるいは両方にロールを持つユーザーのためのドメインにス"
"コープされたトークンとプロジェクトにスコープされたトークンの両方を維持してい"
"ます。"
msgid "Added support for shell job types and multiple Sahara improvements."
msgstr ""
"シェルジョブタイプのためのサポートと複数の Sahara の改善が追加されました。"
msgid ""
"Added support for shell job types. See `this <https://blueprints.launchpad."
"net/horizon/+spec/sahara-shell-action-form>`__ for more details."
msgstr ""
"シェルジョブタイプのためのサポートが追加されました。詳細は `こちら <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/sahara-shell-action-form>`__ を参照し"
"てください。"
msgid ""
"Added support for subnet allocation via subnet pools. See `this <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/neutron-subnet-allocation>`__ for "
"more details."
msgstr ""
"サブネットツールによるサブネット割り当てのためのサポートが追加されました。詳"
"細は `こちら <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/neutron-subnet-"
"allocation>`__ を参照してください。"
msgid ""
"Added support to retrieve supported disk formats from glance, so you can "
"adjust disk_formats only inside glance-api.conf. You still can use "
"IMAGE_BACKEND_SETTINGS to adjust format naming."
msgstr ""
"サポート対象のディスク形式を glance から取得するための機能が追加され、"
"disk_formats は glance-api.conf でのみ調整できるようになりました。形式名の調"
"整には、IMAGE_BACKEND_SETTINGS を引続き使用することができます。"
msgid ""
"Added the Bootstrap Theme Preview panel to the Developer dashboard. This "
"panel contains a list of Bootstrap components with source code, so that "
"developers can see examples of how to structure this code and the effects "
"their theme will have upon it."
msgstr ""
"Bootstrap テーマのプレビューパネルが開発者ダッシュボードに追加されました。こ"
"のパネルは、ソースコードとともに Bootstrap コンポーネントの一覧が含まれ、開発"
"者はそれぞれのテーマがどのように構成され、効果を与えるかの例を見ることができ"
"ます。"
msgid ""
"Added the Developer dashboard plugin to contrib. This runs when "
"``DEBUG=True``, and adds tooling to the UI to aid in development."
msgstr ""
"contrib に開発者ダッシュボードプラグインが追加されました。これは "
"``DEBUG=True`` の時に実行され、開発時に役立つ UI ツールを追加します。"
msgid ""
"Added the Django template cached loader, so templates are stored in memory. "
"See https://docs.djangoproject.com/en/1.8/ref/templates/api/#django.template."
"loaders.cached.Loader"
msgstr ""
"Django テンプレートキャッシュローダーが追加され、テンプレートはメモリーに保存"
"されるようになりました。 https://docs.djangoproject.com/en/1.8/ref/templates/"
"api/#django.template.loaders.cached.Loader を参照してください。"
msgid ""
"Added the LAUNCH_INSTANCE_DEFAULTS setting which allows specifying default "
"values for the Launch Instance workflow. Initially only the Configuration "
"Drive property is supported."
msgstr ""
"インスタンス起動ワークフローのためのデフォルト値を指定できるようにする "
"LAUNCH_INSTANCE_DEFAULTS 設定が追加されました。最初は Configuration Drive プ"
"ロパティーのみがサポートされています。"
msgid ""
"Added the Metadata tab to the new Launch Instance workflow to allow adding "
"key-value metadata to an instance at launch. This includes any properties "
"from the OS::Nova::Server namespace of the glance metadata definitions."
msgstr ""
"新しいインスタンス起動ワークフローに、キーバリューのメタデータをインスタンス"
"の起動時に追加できるようにする、メタデータタブが追加されました。"
msgid ""
"Added the Scheduler Hints tab to the new Launch Instance workflow to allow "
"adding scheduler hints to an instance at launch. In addition to adding "
"custom key-value pairs, the user can also choose from properties in the "
"glance metadata definitions catalog that have the OS::Nova::Server resource "
"type and scheduler_hints properties target."
msgstr ""
"新しいインスタンス起動ワークフローに、スケジューラーヒントをインスタンスの起"
"動時に追加できるようにする、スケジューラーヒントタブが追加されました。カスタ"
"ムのキーバリューペアだけでなく、 OS::Nova::Server リソース種別を持つ Glance "
"のメタデータ定義カタログやscheduler_hints プロパティーの対象も選択できます。"
msgid "Added the Update Encryption action for encrypted volume types."
msgstr ""
"暗号化されたボリューム種別のために、暗号化の更新アクションが追加されました。"
msgid ""
"Added the ``TOKEN_DELETE_DISABLED`` setting, so that deployers can customise "
"the revocation of a users token on log out."
msgstr ""
"``TOKEN_DELETE_DISABLED`` 設定が追加されました。これにより、ログアウト時に"
"ユーザートークンの取り消しを行うかを設定できます。"
msgid ""
"Added the angular extensible service which allows angular horizon elements "
"such as workflows, tables, actions, and forms to be extended dynamically by "
"adding, removing, or replacing items. The extensible service is applied to "
"every workflow created using the horizon workflow service. This includes the "
"angular Launch Instance workflow."
msgstr ""
"ワークフローやテーブル、アクション、項目の追加/削除/入れ替えによって動的に拡"
"張されるフォームなど、 Angular の Horizon 要素を可能にする Angular 拡張サービ"
"スを追加しました。 Angular 拡張サービスは、 Horizon ワークフローサービスを"
"使って作られたすべてのワークフローに適用されます。これには、 Angular のインス"
"タンス起動ワークフローも含まれます。"
msgid ""
"Added the way to specify an interface when attaching it to an instance. It "
"can be specified by a network and a fixed IP address (optional) or a port."
msgstr ""
"インスタンスにインターフェースを接続するときのインターフェースの指定方法を追"
"加しました。ネットワーク、固定 IP (オプション)、あるいはポートで指定できま"
"す。"
msgid ""
"Added two charts to show the Number of Volumes and Total Volume Storage "
"quotas on launch instance modal when cinder is enabled."
msgstr ""
"Cinder が有効になっている際に、インスタンス起動画面で、ボリューム数と全ボ"
"リュームストレージのクォータの 2 つのグラフが表示されるようになりました。"
msgid ""
"Adds a new config value called IMAGES_ALLOW_LOCATION, which allows users to "
"set locations when creating or updating images. Depending on the Glance "
"version, the ability to set locations is controlled by policies and/or "
"configuration values."
msgstr ""
"IMAGES_ALLOW_LOCATION という新しい設定値が追加されました。この設定を使うと、"
"ユーザーはイメージの作成、更新時のロケーションを設定できます。 Glance のバー"
"ジョンに依存しますが、ロケーションを設定する機能はポリシーと設定値で制御でき"
"ます。"
msgid ""
"Adds complete support for Glance v2 so that Horizon no longer depends on "
"having a Glance v1 endpoint in the Keystone catalog. Also provides code "
"compatibility between Glance v1 and v2."
msgstr ""
"Glance v2 が完全にサポートされました。この結果、 Horizon を動作させるため"
"に、 Keystone カタログに Glance v1 エンドポイントは必要という状況はなくなりま"
"した。また、 Glance v1 と v2 間のコード互換性が提供されています。"
msgid ""
"Adds options to gui to allow user to select which storage policy container "
"will use and displays the container's storage policy in the container "
"information."
msgstr ""
"グラフィックユーザーインターフェースでユーザーがコンテナーに使用するストレー"
"ジポリシーを選択できるオプションが追加され、コンテナーの情報にコンテナーのス"
"トレージポリシーが表示されるようになりました。"
msgid ""
"Adds support for access rules for application credentials. Fine-grained "
"restrictions can now be applied to application credentials by supplying a "
"list of access rules upon creation. See the `keystone documentation <https://"
"docs.openstack.org/api-ref/identity/v3/#application-credentials>`_ for more "
"information."
msgstr ""
"アプリケーション認証情報のアクセスルールがサポートされるようになりました。作"
"成時にアクセスルールの一覧を提供することにより、アプリケーション認証情報に対"
"して、粒度の細かい制限を適用できるようになりました。詳しい情報は、`Keystone "
"のドキュメント <https://docs.openstack.org/api-ref/identity/v3/#application-"
"credentials>`_ を参照してください。"
msgid ""
"Adds the possibility to redirect the login to an identity provider by "
"default. For that purpose the following variables have been added, "
"``WEBSSO_DEFAULT_REDIRECT``, ``WEBSSO_DEFAULT_REDIRECT_PROTOCOL``, "
"``WEBSSO_DEFAULT_REDIRECT_REGION`` and ``WEBSSO_DEFAULT_REDIRECT_LOGOUT``."
msgstr ""
"デフォルトでログインを identity プロバイダーにリダイレクトする機能が追加され"
"ました。この目的で、以下の変数が追加されています。 "
"``WEBSSO_DEFAULT_REDIRECT``、``WEBSSO_DEFAULT_REDIRECT_PROTOCOL``、"
"``WEBSSO_DEFAULT_REDIRECT_REGION``、``WEBSSO_DEFAULT_REDIRECT_LOGOUT``"
msgid "Admin -> Defaults -> Default Quotas table"
msgstr "管理 -> デフォルト値 -> 標準のクォータ テーブル"
msgid "Admin -> Defaults -> Update Defaults form"
msgstr "管理 -> デフォルト値 -> デフォルト値の変更 フォーム"
msgid ""
"Administrators now have the ability to evacuate hosts off hypervisors which "
"can aid in system maintenance by providing a mechanism to migrate all "
"instances to other hosts."
msgstr ""
"管理者はホストの退避ができるようになりました。すべてのインスタンスを他のホス"
"トにマイグレーションさせる仕組みを提供することで、システムメンテナンスの一助"
"となります。"
msgid ""
"Administrators now have the ability to migrate an instance off of its "
"current host via the Admin dashboard's Instances panel."
msgstr ""
"管理者が、管理ダッシュボードのインスタンスパネルを使って、現在のホストから他"
"のホストへインスタンスをマイグレーションできるようになりました。"
msgid ""
"All AngularJS code must use explicit dependency injection. See https://docs."
"angularjs.org/guide/di#using-strict-dependency-injection"
msgstr ""
"すべての AngularJS コードは明示的な依存性注入を使用する必要があります。 "
"https://docs.angularjs.org/guide/di#using-strict-dependency-injection を参照"
"してください。"
msgid ""
"All Volume related panels in Horizon that previously used the term \"GB\" "
"and \"gigabyte\" have been replaced with 'GiB' and 'gibibyte'."
msgstr ""
"Horizon のボリュームに関連するすべてのパネルで以前使われていた単語「GB」と"
"「ギガバイト」は、「GiB」と「ギビバイト」に変更されました。"
msgid ""
"All instances of HTML class 'd3_pie_chart_usage' to 'pie-chart-usage' All "
"instances of HTML class 'd3_pie_chart_distribution' to 'pie-chart-"
"distribution'"
msgstr ""
"HTML クラス 'd3_pie_chart_usage' が使われている箇所はすべて 'pie-chart-"
"usage' に変更されました。同様に 'd3_pie_chart_distribution' は 'pie-chart-"
"distribution' に変換されました。"
msgid ""
"All of these provide a richer set of options for controlling where, when and "
"how instances are launched, and improving how they're managed once they're "
"up and running."
msgstr ""
"これらの機能により、いつ、どこで、どうやってインスタンスを起動するかの制御"
"や、 起動済みの動作中のインスタンスの管理で、より多くのことができるようになり"
"ました。"
msgid ""
"All previous instances of horizon.alert(...) used by client-side have been "
"replaced with horizon.toast. Alert messages via horizon.alert(...) should be "
"avoided when writing new JavaScript code. horizon.toast.add('error', "
"gettext(...)) should be used instead."
msgstr ""
"クライアント側で使用されていた horizon.alert(...) はすべて horizon.toast に置"
"き換えられました。新規の JavaScript コードを書く際は、 horizon.alert(...) 経"
"由でのアラートメッセージは避けてください。代わりに horizon.toast."
"add('error', gettext(...)) を使用すべきです。"
msgid ""
"Allow external plugins to contribute translations to the Javascript message "
"catalog."
msgstr ""
"外部プラグインが JavaScript のメッセージカタログへの翻訳に貢献できるようにし"
"ました。"
msgid "Allow service disable/enable on Hypervisor"
msgstr "ハイパーバイザー上のサービスの有効可、無効化に対応"
msgid ""
"Allow to override settings from local_settings.py with file snippets dropped "
"into local_settings.d/ directory."
msgstr ""
"local_settings.d/ ディレクトリーに配置されたファイルで、 local_settings.py の"
"設定を上書きできるようにしました。"
msgid "Allowed Hosts"
msgstr "許可するホスト"
msgid ""
"Allows to attach ports during instance launch <https://blueprints.launchpad."
"net/horizon/+spec/allow-launching-ports>"
msgstr ""
"インスタンス起動中にポートを割り当てられるようにしました。 <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/allow-launching-ports>"
msgid ""
"Allows to restrict CIDR range for user private network <https://blueprints."
"launchpad.net/horizon/+spec/restrict-private-network-input>"
msgstr ""
"ユーザーのプライベートネットワークで使用できる CIDR の範囲を制限できるように"
"なりました。 <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/restrict-"
"private-network-input>"
msgid ""
"Along with the upgrade of pyScss to 1.3.7, a workaround for the material "
"design theme is added to make it work properly. See [:bug:`1771559`] for "
"detail."
msgstr ""
"pyScss が 1.3.7 にアップグレードされたのにともなって、マテリアルデザインテー"
"マが適切に機能するための回避策が追加されました。詳しくは [:bug:`1771559`] を"
"参照してください。"
msgid ""
"Also debuting in Havana is the OpenStack Metering project (Ceilometer). "
"Initial support for Ceilometer is included in Horizon so that it is possible "
"for an administrator to query the usage of the cloud through the OpenStack "
"Dashboard and better understand how the system is functioning and being "
"utilized."
msgstr ""
"Havana でデビューしたもう一つのプロジェクトが OpenStack Metering プロジェク"
"ト (Ceilometer) です。 Horizon の最初の Ceilometer サポートとして、管理者が "
"OpenStack Dashboard から クラウドリソースの使用量を問い合わせて、システムがど"
"のように動作し利用されているかを 理解しやすくなりました。"
msgid ""
"Although it's not required, it's best to make your actions return promises "
"with the expected structure."
msgstr ""
"必須ではありませんが、あなたのアクションが想定される構造のプロミスを返すよう"
"に作るのが最善です。"
msgid ""
"An action-result service provides convenience methods for construction of "
"the result, and for parsing of a resolved object"
msgstr ""
"アクション結果サービスは、結果を構築したり、返されたオブジェクトの解析に便利"
"なメソッドを提供します。"
msgid ""
"An existing feature in Neutron that Horizon now supports is the MAC learning "
"extension."
msgstr ""
"Neutron の既存機能である MAC アドレス学習拡張機能を Horizon でサポートしまし"
"た。"
msgid ""
"An open redirect has been fixed, that could redirect users to arbitrary "
"addresses from certain views by specifying a \"next\" parameter in the URL. "
"Now the redirect will only work if the target URL is in the same domain, and "
"uses the same protocol."
msgstr ""
"URL 内の \"next\" パラメーターを指定することによって特定のビューから任意のア"
"ドレスにユーザーをリダイレクトすることが可能であったオープンリダイレクトが修"
"正されました。現在は、ターゲットの URL が同じドメイン内にあるか、同じプロトコ"
"ルを使用している場合にのみ機能するようになりました。"
msgid ""
"Angular actions now should return a promise that resolves with an object "
"structured in a way to indicate what the action did (or didn't do)."
msgstr ""
"Angular のアクションは、アクションが何をした(あるいは何をしなかった)のかを"
"示す方法において、それを解決するプロミスを構造化されたオブジェクトとともに返"
"すべきです。"
msgid ""
"Angular components now exist to provide simple-to- configure panels and "
"tables, based off of registry information about resources (e.g. Instances)."
msgstr ""
"Angular 部品として、リソース (インスタンスなど) のレジストリー情報に基いて、"
"簡単に設定できるパネルとテーブルを提供する部品が追加されました。"
msgid "AngularJS table implementation"
msgstr "AngularJS でのテーブルの実装"
msgid ""
"Another addition is support for utilizing and restoring from incremental "
"database backups."
msgstr ""
"差分データベースバックアップの利用と差分バックアップからのリストアがサポート"
"されました。"
msgid ""
"Another cool new component is an interface designed for \"browsing\" "
"resources which are nested under a parent resource. The object store (Swift) "
"is a prime example of this. Now there is a consistent top-level navigation "
"for containers on the left-hand pane of the \"browser\" while the right-hand "
"pane lets you explore within those containers and sub-folders."
msgstr ""
"もう 1 つのかっこいい新規部品は、親リソース配下で階層構造になったリソースを"
"「ブラウズ」するために設計されたインターフェースです。 Object Store (Swift) "
"がこのインターフェースの主な使用例です。「ブラウザー」の左側のペインでコンテ"
"ナーの最上位層のナビゲーションを提供しつつ、右側のペインではコンテナーやその"
"サブフォルダーを参照できます。"
msgid ""
"Another extremely common user-interface element is the use of \"tabs\" to "
"break down discrete groups of data into manageable chunks. Since these tabs "
"often encompass vastly different data, may have completely different access "
"restrictions, and may sometimes be better-off being loaded dynamically "
"rather than with the initial page load, Horizon includes tab and tab group "
"classes for constructing these interfaces elegantly and with no knowledge of "
"the HTML, CSS or JavaScript involved."
msgstr ""
"もう 1 つの非常に一般的なユーザーインターフェースは「タブ」の利用です。タブを"
"使うことで、別々のグループのデータを扱いやすい塊に分割できます。これらのタブ"
"では、非常に様々なデータを扱うことがしばしばあり、全く異なるアクセス制限があ"
"ることもあり、最初のページの読み込み時ではなく動的に読み込んだ方がよい場合も"
"時としてあります。これらを考慮して、 Horizon には、タブとタブグループというク"
"ラスが用意されており、タブを使ったインターフェースをうまく構成できます。必要"
"な HTML、CSS、JavaScript の知識は不要です。"
msgid ""
"Any past use of the Django based Swift UI is no longer supported and the "
"code is being removed. The new angularJS based version should be used "
"instead."
msgstr ""
"過去に使用された Django ベースの Swift UI は、既にサポートされておらず、コー"
"ドを削除しています。代わりに新しい AngularJS ベースのバージョンを使用してくだ"
"さい。"
msgid ""
"As a result of Admin dashboard reorganization, panel groups of many Admin "
"panels have been changed. Operators who customize Admin panels (for example, "
"disable some Admin panels) through ``enabled`` directory need to update "
"panel groups in ``enabled`` files. Horizon plugin developers and deployers "
"may also need to update panel configurations under ``enabled`` directory to "
"adapt the new Admin menus."
msgstr ""
"管理者ダッシュボードの構成変更の結果、多くの管理者パネルが所属するパネルグ"
"ループが変更されました。 ``enabled`` ディレクトリーの仕組みを使って管理者パネ"
"ルをカスタマイズしている (いくつかのパネルを無効にするなど) 場合、 "
"``enabled`` ファイルのパネルグループを修正する必要があります。 Horizon プラグ"
"インの開発者やプラグインの利用者も、 ``enabled`` ディレクトリー以下のパネル設"
"定を、新しい管理者メニューにあわせて修正する必要があるかもしれません。"
msgid ""
"As part of the Horizon team's ongoing efforts to split the repository into "
"more logical pieces, all the 3rd party JavaScript libraries that Horizon "
"depends on have been removed from the Horizon code base and python xstatic "
"packages have been utilized instead. The xstatic format allows for easy "
"consumption by the Django framework Horizon is built on. Now JavaScript "
"libraries are utilized like any other python dependency in Horizon."
msgstr ""
"Horizon チームの継続的な努力の一環として、より論理的な部品にリポジトリーを分"
"割しています。Horizon が依存するすべてのサードパーティーの JavaScript ライブ"
"ラリーは Horizon のコードベースから削除され、代わりに Python xstatic パッケー"
"ジが使用されています。 xstatic 形式は Horizon が構築されている Django フレー"
"ムワークで簡単に使用することができます。現在 JavaScript ライブラリは他の "
"Python の依存ライブラリと同じyうに、Horizon 内で利用されています。"
msgid "Availability zone support."
msgstr "アベイラビリティーゾーンのサポート"
msgid "Backwards Compatibility"
msgstr "後方互換性"
msgid ""
"Beginning with the Icehouse cycle, there is now a requirement for JavaScript "
"support in browsers used with OpenStack Dashboard."
msgstr ""
"Icehouse リリースから、OpenStack Dashboard で使用されるブラウザーでは "
"JavaScript のサポートが必須になりました。"
msgid "Better Admin Information Architecture"
msgstr "改善された管理者情報構成"
msgid "Better cross-browser support (Safari and IE particularly)."
msgstr "複数ブラウザーのサポートが改善されました (特に Safari と IE)。"
msgid "Better validation of what actions are permitted when."
msgstr "どのアクションをいつ実行できるかの検証が改善されました。"
msgid "Bug Fixes"
msgstr "バグ修正"
msgid ""
"By far the biggest UI/UX change in the Folsom release is the introduction of "
"programmatic workflows. These components allow developers to create concise "
"interactions that combine discrete tasks spanning multiple services and "
"resources in a user-friendly way and with minimal boilerplate code. Within a "
"workflow, related objects can also be dynamically created so users don't "
"lose their place when they realize the item they wanted isn't currently "
"available. Look for examples of these workflows in Launch Instance, "
"Associate Floating IP, and Create/Edit Project."
msgstr ""
"Folsom リリースでの最大の UI/UX の変更は、プログラム可能なワークフローの導入"
"です。ワークフローの部品を使うと、開発者は、複数のサービスやリソースにまたが"
"る別々のタスクで構成される、ユーザーが使いやすい簡潔なインターフェースを、お"
"決まりのコードは最小で、作成できます。ワークフロー内では、関連するオブジェク"
"トは動的に作成されるため、ユーザーは、使いたい項目がその時点では利用可能では"
"なかったとしても、複数のタスクを決まった手順で実現できます。具体例について"
"は、インスタンスの起動、 Floating IP の割り当て、プロジェクトの作成/編集の"
"ワークフローを参照してください。"
msgid "Ceilometer"
msgstr "Ceilometer"
msgid ""
"Centralized error handling for vastly improved stability/reliability across "
"APIs/clients."
msgstr ""
"API/クライアントにおける安定性/信頼性の広範囲での向上のための集中的なエラー処"
"理。"
msgid "Cinder"
msgstr "Cinder"
msgid ""
"Cinder API v3 is used by default now. It was introduced in Mitaka release "
"and has all features from API v2."
msgstr ""
"Cinder API v3 がデフォルトで使用されます。 Cinder v3 API は Mitaka リリースで"
"導入され、API v2 のすべての機能を備えています。"
msgid ""
"Cinder defines storage size in gibibytes (GiB), which is inconsistent with "
"Horizon panels that show/request storage size in gigabytes (GB)."
msgstr ""
"Cinder はストレージのサイズをギビバイト(GiB)で定義しており、ストレージのサ"
"イズをギガバイト(GB)で表示/要求する Horizon のパネルと矛盾しています。"
msgid "Cinder v2 by default"
msgstr "Cinder v2 API がデフォルトになりました"
msgid "Client library changes:"
msgstr "クライアントライブラリーの変更:"
msgid ""
"Client-side templating capabilities for more easily creating dynamic "
"interactions."
msgstr "動的なやり取りの作成をより簡単にするクライアント側のテンプレート機能。"
msgid "Cloud Admin - View and manage identity resources across domains"
msgstr "クラウド管理者 - ドメイン間の認証リソースの参照と管理"
msgid "Community"
msgstr "コミュニティー"
msgid "Completely revamped test suite with comprehensive test data."
msgstr "網羅的なテストデータを使ったテストスイートの全面的な改修。"
msgid ""
"Compute images metadata can now be edited from the Project dashboard, using "
"the new metadata editor. See `this <https://blueprints.launchpad.net/horizon/"
"+spec/project-images-metadata>`__ for more details."
msgstr ""
"コンピュートイメージのメタデータは、新しいメタデータエディタを使って、プロ"
"ジェクトダッシュボードから編集できるようになりました。詳細は `こちら "
"<https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/project-images-metadata>`__ "
"を参照してください。"
msgid ""
"Configurable token hashing, to disable Horizon from hashing the token passed "
"to the OpenStack services."
msgstr ""
"設定可能なトークンハッシュは、 OpenStack サービスに渡されたトークンを "
"Horizon でハッシュできないようにします。"
msgid "Configurable web root for Horizon beyond just '/'"
msgstr "Horizon のトップ階層を '/' 以外に変更可能になりました"
msgid "Conflicting Security Group Names With Neutron"
msgstr "Neutron におけるセキュリティーグループ名の衝突問題"
msgid "Conversion from LESS to SCSS"
msgstr "LESS から SCSS への変換"
msgid "Copious amounts of documentation for developers."
msgstr "たくさんの開発者向けのドキュメント。"
msgid ""
"Create from a local file feature is added to both Angular and Django Create "
"Image workflows. It works either in a 'legacy' mode which proxies an image "
"upload through Django, or in a new 'direct' mode, which in turn implements "
"[`blueprint horizon-glance-large-image-upload <https://blueprints.launchpad."
"net/horizon/+spec/horizon-glance-large-image-upload>`_]. To use the direct "
"mode HORIZON_IMAGES_UPLOAD_MODE setting should be changed to 'direct' value "
"along with changing glance-api.conf cors.allowed_origin parameter to the URL "
"from which Horizon is served."
msgstr ""
"ローカルファイルからイメージを作成する機能が、 Angular 版と Django 版の両方の"
"「イメージの作成」ワークフローに追加されました。2 つのモードがあり、 "
"'legacy' モードでは、 Django 経由でイメージのアップロードをプロキシーしま"
"す。 新規の 'direct' モードは [`blueprint horizon-glance-large-image-upload "
"<https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/horizon-glance-large-image-"
"upload>`_] を実装したものです。ダイレクトモードを使用するには、 "
"HORIZON_IMAGES_UPLOAD_MODE 設定を値 'direct' に変更するとともに、 glance-api."
"conf の cors.allowed_origin パラメーターを Horizon がサービスを行う URL に変"
"更する必要があります。"
msgid "Creating Rich Network Topologies"
msgstr "高度なネットワークトポロジーの作成"
msgid "Creating and restoring volume backups"
msgstr "ボリュームバックアップの作成とリストア"
msgid "Creation and publication of a set of Human Interface Guidelines (HIG)."
msgstr ""
"ヒューマンインターフェースガイドライン (Human Interface Guideline; HIG) の作"
"成と発行。"
msgid "Current Series Release Notes"
msgstr "開発中バージョンのリリースノート"
msgid "Current limitations on managing identity resources with Keystone v3:"
msgstr "Keystone v3 での認証リソース管理における制限:"
msgid ""
"Custom template tags must have a thread-safe Node implementation to work "
"with the the cached loader. See https://docs.djangoproject.com/en/1.8/howto/"
"custom-template-tags/#template-tag-thread-safety"
msgstr ""
"カスタムテンプレートタグはキャッシュローダーと動作するために、スレッドセーフ"
"なノード実装を持たなければなりません。 https://docs.djangoproject.com/en/1.8/"
"howto/custom-template-tags/#template-tag-thread-safety を参照してください。"
msgid ""
"DEFAULT_SERVICE_REGIONS can now take '*' as a key which serves either as a "
"fallback service region, or the default region if no other keys are set."
msgstr ""
"DEFAULT_SERVICE_REGIONS に、フォールバックサービスリージョン、または他のキー"
"がセットされていない場合のデフォルトリージョンのキーとして、'*' を指定できる"
"ようにしました。"
msgid "DVR (Distributed Virtual Routing)"
msgstr "DVR (分散仮想ルーター)"
msgid "Dashboards and Panels"
msgstr "ダッシュボードとパネル"
msgid "Data Tables"
msgstr "データテーブル"
msgid "DataTables now support a summation row at the bottom of the table."
msgstr ""
"データテーブルで、テーブルの最終行にサマリー行が表示できるようになりました。"
msgid ""
"Database-backed sessions will likely not persist across upgrades due to a "
"change in their structure. See `this <https://github.com/openstack/"
"django_openstack_auth/commit/8c64de92f4148d85704b10ea1f7bc441db2ddfee>`__ "
"for more details."
msgstr ""
"データベースバックエンドのセッションは、おそらく、それらの構造の変化によっ"
"て、アップグレード後まで保存されません。詳細は `こちら <https://github.com/"
"openstack/django_openstack_auth/"
"commit/8c64de92f4148d85704b10ea1f7bc441db2ddfee>`__ を参照してください。"
msgid "Default Hypervisor Settings Changes"
msgstr "ハイパーバイザー設定のデフォルト値の変更"
msgid "Deleting large numbers of resources simultaneously"
msgstr "大量のリソースの同時削除"
msgid "Deprecated ``SHOW_KEYSTONE_V2_RC`` since Stein release is removed."
msgstr ""
"Stein リリースより、非推奨となった ``SHOW_KEYSTONE_V2_RC`` は削除されました。"
msgid "Deprecated config option ENABLE_FLAVOR_EDIT is removed."
msgstr "非推奨となった ENABLE_FLAVOR_EDIT 設定オプションは削除されました。"
msgid ""
"Deprecated function fix_auth_url_version is removed from openstack_auth "
"library. fix_auth_url_version_prefix function should be used instead of it."
msgstr ""
"非推奨の fix_auth_url_version 関数を openstack_auth ライブラリーから削除しま"
"した。代わりに fix_auth_url_version_prefix 関数を使用してください。"
msgid "Deprecation Notes"
msgstr "廃止予定の機能"
msgid "Direct Image Upload To Glance"
msgstr "Glance へのイメージの直接アップロード"
msgid "Disk config extension support"
msgstr "ディスク設定拡張機能のサポート"
msgid "Display IPMI meters values from Ceilometer"
msgstr "Ceilometer からの IPMI メーター値の表示"
msgid ""
"Display of Router Rules for routers where they are defined is now supported "
"in Horizon."
msgstr "ルーターのルータールールを表示する機能が Horizon に追加されました。"
msgid "Displaying instance power states."
msgstr "インスタンスの電源状態の表示"
msgid "Django 1.6 Support"
msgstr "Django 1.6 のサポート"
msgid "Django 1.7 is now supported."
msgstr "Django 1.7 に対応しました。"
msgid "Django 1.8 is not fully supported yet."
msgstr "Django 1.8 は完全には対応していません。"
msgid ""
"Django 1.8 is now supported, and Django 1.7 is our minimum supported version."
msgstr ""
"Django 1.8 が新たにサポートされました。サポートするバージョンは Django 1.7 以"
"降になります。"
msgid ""
"Django 1.8 is now supported, and Django 1.7 is our minimum supported "
"version. See `this <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/drop-"
"django14-support>`__ for more details."
msgstr ""
"Django 1.8 が新たにサポートされ、サポートするバージョンは Django 1.7 以降にな"
"りました。詳細は `こちら <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/"
"drop-django14-support>`__ を参照してください。"
msgid ""
"Django 2.0 support is added as experimental. Support for Django 1.10 or "
"older releases is dropped. Django 1.11 (LTS) is still the primary supported "
"Django version."
msgstr ""
"Django 2.0 サポートを実験的に追加しました。Django 1.10 以前のサポートを削除し"
"ました。Django 1.11 (LTS) が依然として主にサポートしている Django のバージョ"
"ンです。"
msgid "Django versions 1.4 - 1.6 are now supported by Horizon."
msgstr "Horizon は Django のバージョン 1.4 から 1.6 までに対応しています。"
msgid ""
"Do not redirect to the /identity tab admin users on login. Now `user_home` "
"config options works in the same way for all users. [`bug/1778006 <https://"
"bugs.launchpad.net/horizon/1778006>`_]"
msgstr ""
"管理者ユーザーのログイン時に /identity タブにリダイレクトしないように修正しま"
"した。現在、`user_home` 設定オプションがすべてのユーザーに対して同じように動"
"作します。[`bug/1778006 <https://bugs.launchpad.net/horizon/1778006>`_]"
msgid "Docs, docs, and more docs!"
msgstr "ドキュメント、ドキュメント、ドキュメント!"
msgid "Does not support hierarchical project management."
msgstr "階層的なプロジェクト管理をサポートしていません。"
msgid "Does not support project admins managing Keystone projects."
msgstr ""
"Keystone プロジェクトを管理するプロジェクト管理者をサポートしていません。"
msgid ""
"Does not support role assignments across domains, such as giving a user in "
"domain1 access to domain2."
msgstr ""
"ドメイン 1 のユーザーにドメイン 2 へのアクセスを与えるような、ドメインをまた"
"がったロールのアサインはサポートされていません。"
msgid ""
"Domain Admin - View and manage identity resources in the domain logged in"
msgstr "ドメイン管理者 - ログインしているドメイン内の認証リソースの参照と管理"
msgid "Domain management supports the following use cases:"
msgstr "ドメイン管理は以下のユースケースをサポートしています:"
msgid "Domains, Groups, and More: Keystone v3 API Support"
msgstr "Keystone v3 API 対応: ドメイン、グループやその他"
msgid ""
"Download buttons for OpenStack RC files have been added to the user dropdown "
"menu in the top right of Horizon."
msgstr ""
"OpenStack RC のダウンロードボタンが、 Horizon の右上にあるユーザー設定のド"
"ロップダウンメニューに追加されました。"
msgid ""
"Due to outcry from various parties, and made possible by improvements in the "
"Python community's support for LESS, Horizon has removed all traces of "
"NodeJS from the project. We now use the ``lesscpy`` module to compile our "
"LESS into the final stylesheets. This should not affect most users in any "
"way, but it should make life easier for downstream distributions and the "
"like."
msgstr ""
"様々な人たちからの抗議の声があったことと、 Python コミュニティーの LESS サ"
"ポートが大きな改善があったことから、 Horizon では NodeJS に関連する要素をすべ"
"て削除しました。 現在は lesscpy モジュールを使って LESS ファイルから最終的な"
"スタイルシートにコンパイルしています。 これはほとんどのユーザーには全く影響は"
"ありませんが、 Horizon を使うディストリビューションなどでは扱いが楽になること"
"でしょう。"
msgid ""
"Due to several Quantum features landing very late in the Grizzly cycle, it "
"is not possible to create particularly complex networking configurations "
"through the OpenStack Dashboard. These features will continue to grow "
"throughout future releases."
msgstr ""
"いくつかの Quantum の機能は追加されたのが Grizzly サイクルのリリース直前で"
"あったため、 OpenStack Dashboard 経由では複雑なネットワーク構成を作成すること"
"ができません。将来のリリースでは機能が強化されていくことでしょう。"
msgid ""
"Due to the mechanisms by which Keystone determines \"admin\"-ness for a "
"user, an admin user interacting with the \"Project\" dashboard may see some "
"inconsistent behavior such as all resources being listed instead of only "
"those belonging to that project, or only being able to return to the \"Admin"
"\" dashboard while accessing certain projects."
msgstr ""
"ユーザーの \"admin\" 権限を判断する Keystone のメカニズムが原因で、対象のプ"
"ロジェクトに属するリソースのみでなく、全リソースが一覧表示されてしまったり、"
"特定のプロジェクトにアクセスする際に \"Admin\" ダッシュボードにしか戻ることが"
"できないなど、\"Project\" ダッシュボードで一貫性のない動作が発生する場合があ"
"ります。"
msgid ""
"Due to the very late addition of floating IP support in Quantum, Nova's "
"integration there is lacking, so floating IP-related API calls to Nova will "
"fail when your OpenStack deployment uses Quantum for networking. This means "
"that Horizon actions such as \"allocate\" and \"associate\" floating IPs "
"will not work either since they rely on the underlying APIs."
msgstr ""
"Quantum に Floating IP サポートが追加されたのがリリース間際であったため、 "
"Nova との連携は未実装です。そのため、 ネットワークスタックとして Quantum を使"
"用している OpenStack デプロイメントでは Nova への Floating IP 関連の API 呼び"
"出しは失敗します。Horizon は内部ではこれらの API を使用しているため、 "
"Floating IP の「確保」や「関連付け」などの Horizon のアクションも動作しませ"
"ん。"
msgid ""
"Due to the way that Nova handles flavor editing/replacement it is necessary "
"to delete the old flavor before creating the replacement flavor. As such, if "
"an API error occurs while creating the replacement it is possible to lose "
"the old flavor without the new one being created."
msgstr ""
"Nova が行うフレーバーの編集/置換の方法の制限のため、変更後のフレーバーを作成"
"する前に以前のフレーバーを削除する必要があります。そのため、変更後のフレー"
"バーを作成時に API エラーが発生した場合、新しいフレーバーは作成されずに古いフ"
"レーバーだけが失われる可能性があります。"
msgid ""
"During the Essex release cycle, Horizon underwent a significant set of "
"internal changes to allow extensibility and customization while also adding "
"a significant number of new features and bringing much greater stability to "
"every interaction with the underlying components."
msgstr ""
"Essex リリースサイクルでは、 Horizon は多くの内部の変更が行われ、拡張性とカス"
"タマイズ性が向上しました。それと同時に、数多くの新機能が追加され、背後で連携"
"するコンポーネントとのやり取りの安定性が大きく向上しました。"
msgid ""
"During the Grizzly cycle we started holding a weekly project meeting on IRC. "
"This has been extremely beneficial for the growth and progress of the "
"project. Check out the `OpenStack Meetings wiki page`_ for specifics."
msgstr ""
"Grizzly サイクル中に、Horizon チームは IRC での週次のプロジェクトミーティング"
"を開始しました。このミーティングは、プロジェクトの拡大と進歩に極めて有用でし"
"た。具体的な情報は `OpenStack Meetings wiki page`_ を確認してください。"
msgid "EC2 credentials download."
msgstr "EC2 認証情報のダウンロード"
msgid "Editable and interactive network topology visualizations."
msgstr "対話的なネットワークトポロジー編集機能"
msgid "Editable default quotas."
msgstr "デフォルトクォータの編集"
msgid "Editing a Flavor Which Results In An API Error Will Delete The Flavor"
msgstr "フレーバーの編集での API エラーで、フレーバーが削除されてしまう"
msgid ""
"Editing flavors is deprecated and may be removed from the 'R' cycle onwards."
msgstr ""
"フレーバーの編集は非推奨となり、「R」サイクル以降では削除される可能性がありま"
"す。"
msgid "Emit the `hzTable:clearSelected` event to clear table row selections."
msgstr ""
"テーブルの行選択を解除するには、 `hzTable:clearSelected` イベントを発行しま"
"す。"
msgid ""
"Empowered by changes to the Keystone API, users can now change their own "
"passwords without the need to involve an administrator. This is more secure "
"and takes the hassle out of things for everyone."
msgstr ""
"Identity API v2.0 (Keystone) の変更で、ユーザーは自分のパスワードを管理者権限"
"を要することなく変更できるように なりました。セキュリティー面で改善され、ユー"
"ザーに利便性がもたらされます。"
msgid ""
"Enabled horizon to make use of cinder's feature to backup up snapshots of "
"block storage volumes."
msgstr ""
"ブロックストレージボリュームをバックアップする Cinder の機能を Horizon で使用"
"できるようになりました。"
msgid ""
"Enabled support for migrating volumes. See `this <https://blueprints."
"launchpad.net/horizon/+spec/volume-migration>`__ for more details."
msgstr ""
"ボリュームのマイグレーションがサポートされました。詳細は `こちら <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/volume-migration>`__ を参照してくださ"
"い。"
msgid "Enabling Keystone and Neutron Features"
msgstr "Keystone と Neutron の機能を有効にする"
msgid "Enabling resetting the state of a snapshot"
msgstr "スナップショットの状態の再設定の有効化"
msgid "Enabling resetting the state of a volume"
msgstr "ボリュームの状態の再設定の有効化"
msgid "Enhanced RBAC support"
msgstr "RBACサポートの強化"
msgid "Enhanced plugin support for javasciprt, SCSS and Django template."
msgstr ""
"JavaScript 、 SCSS 、および Django テンプレートのプラグインサポートを拡大しま"
"した。"
msgid "Essex Series Release Notes"
msgstr "Essex バージョンのリリースノート"
msgid "Exceptions during customization"
msgstr "カスタマイズ時の例外処理"
msgid ""
"Exceptions raised while overriding built-in Horizon behavior via the "
"\"customization_module\" setting may trigger a bug in the error handling "
"which will mask the original exception."
msgstr ""
"\"customization_module\" 設定を使って Horizon の元々の動作を上書きした際に発"
"生する例外は、エラー処理中に元の例外をマスクしてしまうバグを踏んでしまう場合"
"があります。"
msgid "Expose serial console"
msgstr "シリアルコンソールの公開"
msgid ""
"Exposed event log for clusters. See `this <https://blueprints.launchpad.net/"
"horizon/+spec/sahara-event-log>`__ for more details."
msgstr ""
"クラスターのイベントログを出力します。詳細は `こちら <https://blueprints."
"launchpad.net/horizon/+spec/sahara-event-log>`__ を参照してください。"
msgid "Extensibility"
msgstr "拡張性"
msgid "Extensible Enhancements"
msgstr "拡張性の向上"
msgid ""
"FWaaS dashboard is now split out into a separate project ``neutron-fwaas-"
"dashboard``. All new features and maintenances are provided from the new "
"project from now on. The new project provides all features available in "
"Horizon in the past release. To continue to use FWaaS dashboard, install "
"``neutron-fwaas-dashboard`` and set up the horizon plugin configuration file "
"in ``enabled`` directory. For more information, see `neutron-fwaas-dashboard "
"documentation <https://docs.openstack.org/neutron-fwaas-dashboard/latest/"
">`__."
msgstr ""
"FWaaS ダッシュボードは現在、 ``neutron-fwaas-dashboard`` という別のプロジェク"
"トに分割されています。新しい機能とメンテナンスは、今後はすべて新しいプロジェ"
"クトから提供されます。新しいプロジェクトは、過去のリリースの Horizon で利用可"
"能なすべての機能を提供します。 FWaaS ダッシュボードを引き続き使用するには、 "
"``neutron-fwaas-dashboard`` をインストールし、 ``enabled`` ディレクトリに "
"horizon プラグイン設定ファイルを設定します。詳細については、`neutron-fwaas-"
"dashboard ドキュメント <https://docs.openstack.org/neutron-fwaas-dashboard/"
"latest/>`__ を参照してください。"
msgid "Fewer API calls to OpenStack endpoints (improves performance)."
msgstr ""
"OpenStack エンドポイントに対する API 呼び出し数が削減されました (性能の向"
"上)。"
msgid "Firewall as a Service."
msgstr "Firewall as a Service"
msgid ""
"First off, the API Access panel (containing a user's API endpoints, rc "
"files, and EC2 credentials) was moved from Settings to the Access & Security "
"section of the Project dashboard."
msgstr ""
"1 つは、 API アクセスパネル (ユーザーの API エンドポイント、 RC ファイル、 "
"EC2 認証情報が置かれているパネル) が、設定からプロジェクトダッシュボードの"
"「アクセスとセキュリティー」に移動されました。"
msgid ""
"Fix an error on image description field when it is changed in the "
"Angularized panel [:bug: `1779879`]"
msgstr ""
"Angular 版のパネルでイメージの説明フィールドを変更したときの問題を修正しまし"
"た。[:bug: `1779879`]"
msgid "Fixing ordering issues"
msgstr "順序に関する問題を修正"
msgid "Flavor Extra Specs Support"
msgstr "フレーバーの追加スペックのサポート"
msgid "Flavor editing was made significantly more stable."
msgstr "フレーバーの編集の安定性が大幅に改善されました。"
msgid ""
"Floating IP addresses have a description field that is now exposed in the "
"dashboard. It is also possible to set the description when allocating a "
"floating IP."
msgstr ""
"フローティング IP アドレスは、説明フィールドを持っていますが、これがダッシュ"
"ボードに表示されるようになりました。また、フローティング IP を割り当てるとき"
"に、説明を設定できます。"
msgid ""
"Floating IP can be released when it is disassociated from a server. "
"\"Release Floating IP\" checkbox is now available in \"Disassociate Floating "
"IP\" form."
msgstr ""
"サーバーから割り当て解除されている Floating IP は開放できます。「Floating IP "
"の割り当て解除」フォームの「Floating IP の開放」チェックボックスから利用でき"
"ます。"
msgid "Floating IPs and Quantum"
msgstr "Floating IP と Quantum"
msgid "Folsom Series Release Notes"
msgstr "Folsom バージョンのリリースノート"
msgid ""
"For a non-malicious user these errors are almost 100% the result of "
"misconfiguration and this makes debugging possible."
msgstr ""
"悪意のあるユーザーでない場合には、これらのエラーは、ほぼ 100% 設定ミスが原因"
"なので、デバッグが可能となります。"
msgid ""
"For more information see `OPENSTACK_HYPERVISOR_FEATURES setting <https://"
"docs.openstack.org/horizon/latest/configuration/settings.html#openstack-"
"hypervisor-features>`__."
msgstr ""
"詳しい情報は、 `OPENSTACK_HYPERVISOR_FEATURES 設定 <https://docs.openstack."
"org/horizon/latest/configuration/settings.html#openstack-hypervisor-"
"features>`__ を参照してください。"
msgid ""
"For more information see `Pluggable Settings <https://docs.openstack.org/"
"horizon/latest/configuration/pluggable_panels.html>`__."
msgstr ""
"詳しい情報は、 `Pluggable Settings <https://docs.openstack.org/horizon/"
"latest/configuration/pluggable_panels.html>`__ を参照してください。"
msgid ""
"For production deployments of Horizon you must add the ``ALLOWED_HOSTS`` "
"setting to your ``local_settings.py`` file. This setting was added in Django "
"1.5 and is an important security feature. For more information on it please "
"consult the ``local_settings.py.example`` file or Django's documentation."
msgstr ""
"プロダクション環境での Horizon のデプロイを行うには ``local_settings.py`` "
"ファイルで ``ALLOWED_HOSTS`` 設定を追加する必要があります。この設定は Django "
"1.5 にて追加された重要なセキュリティー機能です。 詳しい情報は Django ドキュメ"
"ントの ``local_settings.py.example`` ファイルを参照してください。"
msgid ""
"Forward-compatibility with Django 1.4 and the option of cookie-based "
"sessions."
msgstr ""
"Django 1.4 および cookie ベースのセッションのオプションの将来に向けた互換性。"
msgid "Frontend overhaul to use the Bootstrap CSS/JS framework."
msgstr "Bootstrap CSS/JS フレームワークを使用するためのフロントエンドの改修。"
msgid ""
"Full migration to python-novaclient from the deprecated openstackx library."
msgstr ""
"廃止予定の openstackx ライブラリーから python-novaclient への完全移行。"
msgid "Full security group and quota parity between Neutron and Nova network."
msgstr ""
"Neutron と Nova network 間で互換性のある、完全なセキュリティーグループと"
"クォータのサポート"
msgid ""
"Full support for translation in AngularJS, along with simpler tooling. See "
"`this <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/angular-translate-"
"makemessages>`__ for more details."
msgstr ""
"シンプルなツールによる AngularJS における翻訳を完全にサポートしました。詳細"
"は `こちら <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/angular-translate-"
"makemessages>`__ を参照してください。"
msgid ""
"Fullscreen Modals have been deprecated in favor of modal-xl. Currently, it "
"is set to 95% of the viewable screen width."
msgstr ""
"フルスクリーンのモーダルは廃止予定になり、 modal-xl を使用するようになりまし"
"た。 modal-xl の値は表示可能なスクリーン幅の 95% に設定されています。"
msgid ""
"Gives end-users the ability to create and delete ports in their networks. "
"The functionality will be implemented into the project network details "
"table. Following the discussions in the bug discussion. This functionality "
"will be enabled/disabled via policy. Blueprint can be found at [`blueprint "
"network-ports-tenant <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/network-"
"ports-tenant>`_] Bug can be found at [`bug 1399252 <https://bugs.launchpad."
"net/horizon/+bug/1399252>`_]"
msgstr ""
"エンドユーザーは、ネットワーク内のポートを作成および削除できます。この機能は"
"プロジェクトネットワークの詳細テーブルに実装されました。以下のバグの議論によ"
"り、この機能はポリシーで有効化/無効化されます。ブループリントは [`blueprint "
"network-ports-tenant <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/network-"
"ports-tenant>`_] を、バグは [`bug 1399252 <https://bugs.launchpad.net/"
"horizon/+bug/1399252>`_] を参照してください。"
msgid "Glance"
msgstr "Glance"
msgid ""
"Glance API V1 support has been dropped in Ussuri release. Glance V1 API "
"support was deprecated in Stein release."
msgstr ""
"Ussuri リリースでは、Glance API V1 のサポートが削除されました。Glance V1 API "
"のサポートは、Stein リリースで非推奨となっていました。"
msgid "Glance image types are now configurable."
msgstr "Glance イメージ種別が設定可能になりました。"
msgid ""
"Glance v1 API support is now deprecated and will be dropped in Train release "
"at earliest. It was removed from glance in Rokcy release."
msgstr ""
"Glance v1 API のサポートは非推奨となり、早ければ Train リリースで削除される予"
"定です。これは、 Rocky リリースで Glance から削除されています。"
msgid ""
"Glance v2 doesn't support the copy-from feature, so this feature is disabled "
"in Horizon when using Glance v2."
msgstr ""
"Glance v2 では、copy-from 機能をサポートしていないため、この機能は、Glance "
"v2 を使用する際に Horizon で無効にされます。"
msgid ""
"Going forward the user will not be logged out, but no information will be "
"populated on the page and they will be presented with error messages "
"informing them that they are unauthorized for the data they attempted to "
"access."
msgstr ""
"今後は、ユーザーはログアウトされなくなりましたが、ページには情報は表示され"
"ず、アクセスを試みたデータに対するアクセスする権限がない旨を示したエラーメッ"
"セージが表示されます。"
msgid "Grizzly Series Release Notes"
msgstr "Grizzly バージョンのリリースノート"
msgid ""
"HORIZON_IMAGES_ALLOW_UPLOAD setting is deprecated and should be gradually "
"replaced with HORIZON_IMAGES_UPLOAD_MODE setting."
msgstr ""
"HORIZON_IMAGES_ALLOW_UPLOAD の設定は廃止予定となり、段階的に "
"HORIZON_IMAGES_UPLOAD_MODE の設定に置き換えられることになります。"
msgid ""
"Hardcoded admin role is replaced with RBAC policy check in panels. Now users "
"access to the panels is defined by policies and not user roles. The change "
"affected the Admin dashboard and its panels (Overview, Hypervisors, "
"Instances and Metadata Definitions)."
msgstr ""
"ハードコードされていた管理ロールは、パネルの RBAC ポリシーに置き換えられまし"
"た。パネルへのユーザーアクセスは、ユーザーのロールではなく、ポリシーで定義さ"
"れるようになりました。この変更は、管理ダッシュボードとそのパネル (概要、ハイ"
"パーバイザー、インスタンス、メタデータ定義) に関係します。"
msgid "Havana Series Release Notes"
msgstr "Havana バージョンのリリースノート"
msgid "Heat"
msgstr "Heat"
msgid ""
"Heat dashboard is now split out into a separate project ``heat-dashboard``. "
"All new features and maintenances are provided from the new project from now "
"on. The new project provides all features available in Horizon in the past "
"release. To continue to use heat dashboard, install ``heat-dashboard`` and "
"set up the horizon plugin configuration file in ``enabled`` directory. For "
"more information, see ``heat-dashboard`` documentation https://docs."
"openstack.org/heat-dashboard/latest/."
msgstr ""
"Heat ダッシュボードは、独立のプロジェクト ``heat-dashboard`` に分離されまし"
"た。以降、すべての新しい機能やメンテナンスは、新しいプロジェクトから提供され"
"ます。新しいプロジェクトは、以前のリリースの Horizon で利用可能だったすべての"
"機能を提供します。Heat ダッシュボードの利用を継続するには、 ``heat-"
"dashboard`` をインストールして、``enabled`` ディレクトリにある Horizon プラグ"
"イン設定ファイルをセットアップします。詳細は、``heat-dashboard`` ドキュメン"
"テーション https://docs.openstack.org/heat-dashboard/latest/ を参照してくださ"
"い。"
msgid "Heat topology improvements."
msgstr "Heat トポロジーの改善"
msgid "Highlights"
msgstr "ハイライト"
msgid "Horizon Release Notes"
msgstr "Horizon リリースノート"
msgid ""
"Horizon and Horizon Plugins can access the Keystone Token from JavaScript so "
"that they can make CORS calls directly to other OpenStack Services. This can "
"enable much more responsive UI."
msgstr ""
"Horizon および Horizon のプラグインは JavaScript で Keystone トークンにアク"
"セス可能なので、CORS コールを他の OpenStack サービスに対して直接実行すること"
"ができます。これにより、UI の応答性が向上します。"
msgid ""
"Horizon can be configured to run with multiple themes available at run "
"time. A new selection widget is available through the user menu. It uses a "
"browser cookie to allow users to toggle between the configured themes. By "
"default, Horizon is configured with the two themes available, 'default' and "
"'material'."
msgstr ""
"Horizon は、実行時に利用可能な複数のテーマで実行するように設定できます。新し"
"い選択ウィジェットがユーザーメニューで利用可能です。設定されたテーマをユー"
"ザーが切り替えられるようにするために、ブラウザのクッキーを使っています。デ"
"フォルトでは、 Horizon は 2 つのテーマ、「デフォルト」と「マテリアル」、が利"
"用可能に設定されています。"
msgid ""
"Horizon currently supports both Angular 1.3.x and Angular 1.4.x, but will "
"remove 1.3 support in the future. See `Migrating from 1.3 to 1.4 <https://"
"docs.angularjs.org/guide/migration#migrating-from-1-3-to-1-4>`_"
msgstr ""
"Horizon は現在 Angular 1.3.x および Angular 1.4.x に対応していますが、今後は "
"1.3 はサポートされなくなる予定です。「Migrating from 1.3 to 1.4 <https://"
"docs.angularjs.org/guide/migration#migrating-from-1-3-to-1-4>」を参照してくだ"
"さい。"
msgid ""
"Horizon has added support for administrators to query Ceilometer and view a "
"daily usage report per project across services through the OpenStack "
"Dashboard to better understand how system resources are being consumed by "
"individual projects."
msgstr ""
"OpenStack Dashboard 経由で管理者が Ceilometer に対して照会を行い、プロジェク"
"ト毎の日次使用状況レポートを表示できるようになりました。複数のサービスにまた"
"がって使用状況を照会できます。これにより、個々のプロジェクトがどのくらいシス"
"テムリソースを使用しているかを理解しやすくなります。"
msgid ""
"Horizon has been updated under the hood to use this method, which should "
"bring it better into line with how most deployments are using their object "
"storage."
msgstr ""
"Horizon は、内部ではこの新しい方法を使用するように更新されました。これによ"
"り、多くのデプロイメントでの Object Storage の使用方法に合致した状態になりま"
"した。"
msgid ""
"Horizon has begun the transition to using the other OpenStack projects' "
"``policy.json`` files to enforce access controls in the dashboard if the "
"files are provided. This means access controls are more configurable and can "
"be kept in sync between the originating project and Horizon. Currently this "
"is only supported for Keystone and parts of Nova's policy files. Full "
"support will come in the next release. You will need to set the "
"``POLICY_FILES_PATH`` and ``POLICY_FILES`` settings in order to enable this "
"feature."
msgstr ""
"Horizon は、ファイルがある場合は、他の OpenStack プロジェクトの policy.json "
"ファイルを使って ダッシュボードでのアクセス制御を行うように、移行を始めまし"
"た。 これにより、アクセス制御はより細かく設定可能になり、元のプロジェクトと "
"Horizon の間での アクセス制御が整合した状態に保つことができるようになりま"
"す。 現在のところ、この機能は Keystone および Nova の一部のポリシーファイルに"
"ついてのみサポートされています。 次のリリースでは完全にサポートされる予定で"
"す。 これらの機能を有効にするには、 POLICY_FILES_PATH と POLICY_FILES を設定"
"する必要があります。"
msgid ""
"Horizon is updated to use the same API policy target rules with Nova, if you "
"made any changes to Horizon's old nova policy file before, make sure to "
"apply your specific policy changes to the new Nova policy file used by "
"Horizon."
msgstr ""
"Horizon の Nova 関連の API ポリシーターゲットルールが更新され、Nova と同じも"
"のが使われるになりました。 Horizon の以前の nova ポリシーファイルに変更を加え"
"ていた場合には、 Horizon で新しく使用される Nova ポリシーファイルにも同じ変更"
"を適用してください。"
msgid "Horizon no longer requires Magic Search as an external dependency."
msgstr "Horizon は、もはや Magic Search を外部依存として必要としません。"
msgid ""
"Horizon no longer requires Nova (or Glance) to function; it will run as long "
"as keystone is present (for instance, swift-only deployments)."
msgstr ""
"Horizon を実行するために、Nova (または Glance) が必要ではなくなりました。"
"Horizon は、Keystone があれば動作します (例: Swift のみのデプロイメント)。"
msgid ""
"Horizon no longer uses QUnit in testing, and it has been removed from our "
"requirements. See `this <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/"
"replace-qunit-tests-with-jasmine>`__ for more details."
msgstr ""
"Horizon は、もはや QUnit をテストにしようしておらず、要件から削除されました。"
"詳細は `こちら <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/replace-qunit-"
"tests-with-jasmine>`__ を参照してください。"
msgid ""
"Horizon now boasts dynamic loading/disabling of dashboards, panel groups and "
"panels. By merely adding a file in the ``enabled`` directory, the selection "
"of items loaded into Horizon can be altered. Editing the Django settings "
"file is no longer required."
msgstr ""
"Horizon は、ダッシュボード、パネルグループ、およびパネルの動的なローディング/"
"無効化に対応するようになりました。 ``enabled`` ディレクトリーに単にファイルを"
"追加するだけで、Horizon にロードされる項目の選択を変更することができます。"
"Django 設定ファイルを編集する必要がなくなりました。"
msgid ""
"Horizon now has a (non-navigational) route in Django so generic details "
"pages are deep-linked."
msgstr ""
"Horizon には、 Django で(ナビゲーションされない)ルートがあり、一般的な詳細"
"ページはディープリンクされています。"
msgid ""
"Horizon now has multiple configuration options for the default web URL "
"(``WEBROOT``), static file location (``STATIC_ROOT``) and static file URL "
"(``STATIC_URL``) in its settings files."
msgstr ""
"Horizon は複数の設定オプション、デフォルトのWeb URL (`` WEBROOT``)、静的"
"ファイルの場所(`` STATIC_ROOT``)、および静的ファイルの URL (`` "
"STATIC_URL``)を設定ファイル内に持っています。"
msgid ""
"Horizon now provides a Wizard control to complete multi-step interdependent "
"tasks. This is now utilized in the create network action."
msgstr ""
"Horizon では、複数ステップの相互依存タスクを完了するためのウィザードコント"
"ロールが提供されるようになりました。この機能は、ネットワーク作成のアクション"
"で利用されています。"
msgid ""
"Horizon now supports overriding of existing Django templates. See `this "
"<https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/horizon-theme-templates>`__ "
"for more details."
msgstr ""
"Horizon は既存の Django テンプレートの上書きをサポートするようになりました。"
"詳細は `こちら <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/horizon-theme-"
"templates>`__ を参照してください。"
msgid ""
"Horizon now supports running integration tests against a working devstack "
"system. There is a limited test suite, but this a great step forward and "
"allows full integration testing."
msgstr ""
"Horizon は、稼働中の devstack システムに対する統合テストの実行をサポートする"
"ようになりました。テストスイートには制限がありますが、これは極めて重要な進歩"
"です。"
msgid ""
"Horizon provides support for these new features with the Juno release. These "
"features provide much greater flexibility in specifying software defined "
"networks."
msgstr ""
"Horizon はこれら新しい機能をサポートします。これによりさらに柔軟に SDN を設定"
"できます。"
msgid ""
"Horizon requires both a ``volume`` and ``volumev2`` endpoint for Cinder, "
"even if only using v2."
msgstr ""
"Horizon は、 Cinder のエンドポイントを、たとえ V2 しか使っていなくても、 "
"``volume`` と ``volumev2`` の両方を必要とします。"
msgid ""
"Horizon support for network IP availability feature. Enable Horizon admin "
"network dashboard to be able to display IP availability. Enables 2 columns "
"in the admin network subnets table to display the allocated IPs in a given "
"subnet and unallocated free IPs for each subnet in the network."
msgstr ""
"ネットワークの IP 利用状況表示が Horizon でサポートされました。 Horizon の管"
"理ネットワークダッシュボードで IP 利用状況が表示できます。管理ダッシュボード"
"のネットワークのサブネットテーブルの 2 つの列で、指定したサブネットに割り当て"
"られた IP 数と未割り当ての IP 数が表示できます。"
msgid ""
"Horizon workflow Step now support allowed() method to determine the step "
"should be displayed conditionally. The workflow Step class already support "
"policy check and permission mechanism to decide the step should be "
"displayed, but allowed() is used to support more complex or dynamic "
"condition."
msgstr ""
"Horizon の workflow ステップで allowed() メソッドがサポートされました。これに"
"より、そのステップを表示するかを動的に決定できるようになります。 workflow の "
"Step クラスは、すでにポリシーチェックと permission 機構に対応しており、そのス"
"テップを表示するかを制御できましたが、 allowed() を使用することで、より高度で"
"動的な条件での表示切り替えが可能となります。"
msgid ""
"Horizon's structure has been divided into logical groupings called "
"dashboards and panels. Horizon's classes representing these concepts handle "
"all the structural concerns associated with building a complete user "
"interface (navigation, access control, url structure, etc.)."
msgstr ""
"Horizon の構造が、ダッシュボードとパネルと呼ばれる論理グループに分割されまし"
"た。これらの概念を表す Horizon のクラスが、完全なユーザーインターフェース (ナ"
"ビゲーション、アクセス制御、URL 構造など) の構築に伴う構造上の問題を処理しま"
"す。"
msgid "Hundreds of bugfixes and minor user experience improvements."
msgstr "数百のバグフィックスとユーザーエクスペリエンスの細かな改善。"
msgid "HyperV Console Support"
msgstr "HyperV コンソールサポート"
msgid "IPv6 subnet modes"
msgstr "IPv6 サブネットモード"
msgid "IRC Meeting"
msgstr "IRC ミーティング"
msgid "Icehouse Series Release Notes"
msgstr "Icehouse バージョンのリリースノート"
msgid "Icons!"
msgstr "アイコン!"
msgid "Identity -> Projects -> Modify Quotas form"
msgstr "ユーザー管理 -> プロジェクト -> クォータの変更 フォーム"
msgid ""
"If the 'default' theme is still required for legacy overrides to function, "
"simply copy the styles in the 'default' theme into a pre-existing theme or "
"create a new custom theme."
msgstr ""
"レガシーのオーバーライドが機能するために「default」テーマが依然として必要な場"
"合には、単に「default」テーマのスタイルを以前から存在するテーマにコピーする"
"か、新規カスタムテーマを作成してください。"
msgid ""
"If you have existing configurations for the ``OPENSTACK_KEYSTONE_BACKEND`` "
"or ``OPENSTACK_NEUTRON_NETWORK`` settings, you will want to consult the "
"``local_settings.example.py`` file for information on the new options that "
"have been added. Existing configurations will continue to work, but may not "
"have the correct keys to enable some of the new features in Havana."
msgstr ""
"既存の設定ファイルで ``OPENSTACK_KEYSTONE_BACKEND`` もしくは "
"``OPENSTACK_NEUTRON_NETWORK`` の設定を 行っている場合、 ``local_settings."
"example`` を参照して追加された新しいオプションを確認した方がよいでしょう 既存"
"の設定でそのまま動きますが、そのままでは Havana での追加された機能のいくつか"
"を有効にするのに必要な項目がない場合があります。"
msgid ""
"If you set 'images_panel' to False for the ANGULAR_FEATURES option (which is "
"not the default) and configure Horizon to use Glance v2, Ramdisk ID and "
"Kernel ID don't show properly on the \"Edit Image\" screen."
msgstr ""
"ANGULAR_FEATURES オプションで 'images_panel' を False に設定し (デフォルトは "
"False ではありません)、 Horizon が Glance v2 を使用するように設定した場合、"
"「イメージの編集」画面で RAM ディスク ID とカーネル ID が適切に表示されませ"
"ん。"
msgid ""
"If you use a health monitoring service that pings the home page combined "
"with a database-backed session backend you may experience excessive session "
"creation. This issue is slated to be fixed soon, but in the interim the "
"recommended solution is to write a periodic job that deletes expired "
"sessions from your session store on a regular basis."
msgstr ""
"セッションバックエンドとしてデータベースを使っている環境で、 ホームページへ"
"の ping を行うヘルスモニタリングサービスを使用する場合、 セッション生成が過剰"
"に行われる可能性があります。 この問題はすぐに修正される予定ですが、それまでは"
"対策として セッションストアから期限切れのセッションを定期的に削除するジョブを"
"作成することを推奨します。"
msgid ""
"If your deployment doesn't have Cinder API v3 endpoint like ``volumev3`` you "
"should create new endpoint or use Cinder API v2 via setting "
"OPENSTACK_API_VERSIONS['volume'] = 2 in your OpenStack Dashboard (Horizon) "
"configuration file."
msgstr ""
"``volumev3`` などの Cinder API v3 エンドポイントを持たない構成の場合、新しい"
"エンドポイントを作成するか、OPENSTACK_API_VERSIONS['volume'] = 2 を "
"OpenStack Dashboard (Horizon) 設定ファイルに設定して Cinder API v2 を使用する"
"必要があります。"
msgid "Image metadata editor upgraded."
msgstr "イメージメタデータのエディタが更新されました。"
msgid ""
"Images can now be added to Glance by providing a URL for Glance to download "
"the image data from."
msgstr ""
"Glance がイメージをダウンロードする URL を指定して、 Glance へのイメージの追"
"加ができるようになりました。"
msgid ""
"Implements the \"filter first\" functionality for identity panels such as "
"projects, users, groups and roles. The filter first functionality is "
"described in <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/admin-views-"
"filter-first>`"
msgstr ""
"プロジェクト、ユーザー、グループ、およびロールなどのユーザー管理パネルの"
"「フィルタ優先」機能を実装しました。フィルタ優先の機能については、次に説明し"
"ています。 <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/admin-views-"
"filter-first>`"
msgid "Improved Messaging To Users On Logout"
msgstr "ユーザーログアウトのメッセージ改善"
msgid "Improved Nova instance display and interactions, including:"
msgstr ""
"Nova インスタンスの表示と対話が向上しました。これには、以下が含まれます。"
msgid "Improved Plugin Support"
msgstr "プラグインサポートの改善"
msgid "Improved Translatability"
msgstr "翻訳サポートの改善"
msgid "Improved WebSSO support."
msgstr "WebSSO サポートが改善されました。"
msgid "Improved boot-from-volume support."
msgstr "ボリュームからの起動機能の改善"
msgid "Improved client/server search"
msgstr "クライアント側/サーバー側での検索の改良"
msgid "Improved error handling and error messages."
msgstr "エラー処理とエラーメッセージの改善が行われました。"
msgid "Improved in-context help for forms (tooltips and validation messages)."
msgstr "フォーム画面上でのヘルプの改良 (ツールチップと値の検証時のメッセージ)"
msgid "Improved region support."
msgstr "リージョンサポートの改善"
msgid "Improved support for managing host aggregates and availability zones"
msgstr "ホストアグリゲーションとアベイラビリティゾーンの管理サポートの改善"
msgid "Improved unicode support for the Object Storage panels."
msgstr "Object Storage パネルでの Unicode サポートが改善されました。"
msgid ""
"Improvements to the heat topology, making more resources identifiable where "
"previously they had no icons and were displayed as unknown resources. See "
"`this <https://blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/heat-topology-display-"
"improvement>`__ for more details."
msgstr ""
"Heat トポロジーを改善し、以前はアイコンがなかったり、未知として表示されていた"
"リソースが識別可能になりました。詳細は `こちら <https://blueprints.launchpad."
"net/horizon/+spec/heat-topology-display-improvement>`__ を参照してください。"
msgid ""
"In Folsom, Nova added support for \"extra specs\" on flavors--additional "
"metadata which custom schedulers could use for appropriately scheduling "
"instances. As of the Grizzly release, Horizon now supports reading and "
"writing that data on any flavor."
msgstr ""
"Folsom で、フレーバーの「追加スペック」(extra specs) のサポートが Nova に追加"
"されました。「追加スペック」は追加のメタデータで、カスタムスケジューラーは適"
"切なインスタンスのスケジューリングを行うのにこの情報を使うことができます。 "
"Grizzly リリースでは、 Horizon から任意のフレーバーに対する追加スペックの読み"
"書きがサポートされました。"
msgid ""
"In Grizzly this has all been reworked to be significantly simpler, and to "
"provide as much contextual help and streamlining as possible."
msgstr ""
"Grizzly では、この操作手順はすべて改変され、大幅に簡素化されました。また、可"
"能な限り多くのコンテキストヘルプが提供され、効率的に操作を実行できるようにな"
"りました。"
msgid ""
"In Grizzly we have instead chosen to improve this by treating service API "
"401 and 403 errors as slightly less severe than unauthorized access attempts "
"to restricted areas of Horizon. The reason for this is threefold:"
msgstr ""
"Grizzly では、ユーザーをログアウトさせる代わりに、サービス API の 401 およ"
"び 403 エラーを、Horizon でアクセスが制限されている部分への不正アクセスを試み"
"た場合よりも若干低い重大度として扱うことによって、この問題を改善する方法を選"
"択しました。これには、3 つの理由があります。"
msgid ""
"In Icehouse, Horizon delivers support for updating existing Heat stacks. Now "
"stacks that have already been deployed can be adjusted and redeployed. The "
"updated template is also validated when updated. Additionally, support for "
"adding environment files was included."
msgstr ""
"Icehouse で Horizon は既存の Heat スタックの更新に対応しました。すでにデプロ"
"イ済のスタックを変更したり再デプロイしたりできます。更新されたテンプレートは"
"更新時に検証も行われます。また、環境ファイルの追加にも対応しました。"
msgid ""
"In Juno, Glance introduced the ability to manage a catalog of metadata "
"definitions where users can register the metadata definitions to be used on "
"various resource types including images, volumes, aggregates, and flavors. "
"Support for viewing and editing the assignment of these metadata tags is "
"included in Horizon."
msgstr ""
"Juno で、Glance にはメタデータ定義の管理機能が導入されました。これは、イメー"
"ジ、アグリゲート、フレーバーを含む様々なタイプのリソースに使用されるメタデー"
"タの定義をユーザーが登録できるようにしたものです。Horizon はこれらのメタデー"
"タタグの表示、編集に対応しました。"
msgid ""
"In Juno, Horizon transitioned to utilizing Bootstrap v3. Horizon had been "
"pinned to an older version of Bootstrap for several releases. This change "
"now allows Horizon to pick up numerous bug fixes and overall improvements in "
"the Bootstrap framework. The look and feel remains mainly consistent with "
"the Icehouse release."
msgstr ""
"Juno では Horizon は Bootstrap v3 を 利用するように移行しました。 Horizon は"
"過去いくつかのリリースでは Bootstrap の古いバージョンに固定されたままでした。"
"今回の変更により、現在 Horizon は Bootstrap フレームワークで、多くのバグの修"
"正と全体的な改善を行うことができます。ルックアンドフィールは多くの部分で "
"Havana リリースと一貫性が保たれています。"
msgid ""
"In a continued effort to provide more complete API support, several "
"additional features of the Cinder API are now supported in Horizon in the "
"Juno release."
msgstr ""
"Cinder API のサポートをより充実させる努力が引き続き行われ、Cinder が提供する"
"いくつかの機能が Juno リリースの Horizon で新たにサポートされました。"
msgid ""
"In a move to provide a better user experience, Horizon has adopted AngularJS "
"as the primary JavaScript framework. JavaScript is now a browser requirement "
"to run the Horizon interface. More to come in Juno."
msgstr ""
"ユーザーエクスペリエンス改善策として、AngularJS が主要 JavaScript フレーム"
"ワークとして Horizon に採用されました。JavaScript は、Horizon インターフェー"
"スを実行するためのブラウザーの必要条件となりました。Juno よりさらなる改善が図"
"られます。"
msgid ""
"In an effort to establish Angular conventions, use the framework's "
"toastService rather than the legacy horizon.alert(...) in client-side code. "
"horizon.alert is still used by the django messaging framework, so horizon."
"messages.js still exists."
msgstr ""
"Angular における慣習を確立していく一環として、 クライアント側のコードでは、従"
"来の horizon.alert(...) ではなく Angular フレームワークの toastService を使う"
"ことになりました。 horizon.alert は Django のメッセージフレームワークではまだ"
"使用されているため、 horizon.messages.js はまだ存在しています。"
msgid ""
"In an effort to improve the translations for Horizon, updates to remove "
"concatenations and better handle tense were made."
msgstr ""
"Horizon における翻訳改善の一環として、文字列の連結が削除され、時制の扱いが改"
"善されました。"
msgid ""
"In an effort to make the dashboard more at-a-glance usable, we've added "
"icons to most of the common action buttons throughout the dashboard."
msgstr ""
"ダッシュボードをより一目で見て使いやすくする活動の一環として、ダッシュボード"
"全体で共通的に使われているアクションボタンのほとんどにアイコンを追加しまし"
"た。"
msgid ""
"In an effort to standarize our HTML class naming conventions, we will be "
"updating various class names to use dashes, instead of underscore or "
"camelcasing, to match with Bootstrap's convention."
msgstr ""
"HTML クラスの命名規則を標準化するための努力によって、様々なクラス名を、 "
"Bootstrap の規則に合わせて、アンダースコアやキャメルケースの代わりに、ダッ"
"シュを使うように更新していきます。"
msgid ""
"In an ongoing effort to implement Role Based Access Support throughout "
"Horizon, access controls were added in the OpenStack Volume (Cinder) related "
"panels. Utilization of the Cinder v2 API is now a supported option in the "
"Icehouse release. The ability to extend volumes is now available as well."
msgstr ""
"継続的に進められている Horizon 全体でロールベースのアクセス制御を実装する取り"
"組みの一環として、 OpenStack Volume (Cinder) 関連のパネルにアクセス制御が追加"
"されました。 Cinder v2 API の使用が Icehouse リリースでオプション経由でサポー"
"トされました。ボリューム拡張のサポートも追加されました。"
msgid ""
"In an ongoing effort to support richer role based access control (RBAC) in "
"Horizon, the views for several more services were enhanced with RBAC checks "
"to determine user access to actions. The newly supported services are "
"compute, network and orchestration. These changes allow operators to "
"implement finer grained access control than just \"member\" and \"admin\"."
msgstr ""
"Horizon でロールベースのアクセス制御 (RBAC) をよりサポートするための継続的な"
"取り組みで、より多くのサービスのビューでユーザーがアクションへアクセスできる"
"かを決定する RBAC チェックが強化されました。新たにサポートされたサービスは、"
"Compute、Networking、および Orchestration です。これらの変更により、単なる"
"「member」と「admin」よりも細かい粒度のアクセス制御をオペレーターが実装するこ"
"とができます。"
msgid ""
"In conjunction with the previous item, the dashboard-specific template "
"blocks (e.g. ``nova_main``, ``syspanel_main``, etc.) have been removed in "
"favor of a single ``main`` template block."
msgstr ""
"直前の項目と関連しますが、ダッシュボード固有のテンプレートブロック "
"(``nova_main`` や ``syspanel_main`` など) は削除されました。単一の ``main`` "
"テンプレートブロックを使用してください。"
msgid ""
"In terms of APIs provided for extending Horizon, there are a handful of "
"backwards-incompatible changes that were made:"
msgstr ""
"Horizon を拡張するための API としては、後方互換性のない変更がいくつか行われま"
"した。"
msgid ""
"Inline Edit functionality for Horizon tables is now deprecated and will be "
"removed in Horizon P (12.0) The functionality was removed from the following "
"tables. Admin Volume Types table, Admin Metadata Definitions table, Identity "
"Projects table and Identity Users table"
msgstr ""
"Horizon テーブルのインライン編集機能は廃止予定になりました。 Horizon の Pike "
"リリース (12.0) で削除される予定です。この機能は、管理画面のボリューム種別"
"テーブル、管理画面のメタデータ定義テーブル、ユーザー管理画面のプロジェクト"
"テーブル、ユーザー管理画面のユーザーテーブル、から削除されました。"
msgid "Inline Table Editing"
msgstr "テーブルのインライン編集"
msgid ""
"Instance metadata can be updated (https://blueprints.launchpad.net/horizon/"
"+spec/edit-server-metadata)"
msgstr ""
"インスタンスのメタデータを更新できます (https://blueprints.launchpad.net/"
"horizon/+spec/edit-server-metadata)"
msgid "Instance resizing."
msgstr "インスタンスサイズの変更"
msgid "Instance shelving and unshelving now supported."
msgstr "インスタンスの退避と復元がサポートされるようになりました。"
msgid "Integration Test Framework"
msgstr "統合テストフレームワーク"
msgid ""
"Integration tests for Flavor features may also be toggled in "
"openstack_dashboard/test/integration_tests/horizon.conf using the "
"'panel_type' feature in the 'flavors' setting, either set to 'legacy' or "
"'angular' to match the enabled panel type."
msgstr ""
"フレーバー機能の統合テストは openstack_dashboard/test/integration_tests/"
"horizon.conf の 'flavors' 設定にある 'panel_type' 機能を使って切り替えできま"
"す。有効な値は 'legacy' と 'angular' で、有効になっているパネル種別と一致させ"
"る必要があります。"
msgid ""
"Integration tests for Image features may also be toggled in "
"openstack_dashboard/test/integration_tests/horizon.conf using the "
"'panel_type' feature, either set to 'legacy' or 'angular' to match the "
"enabled panel type."
msgstr ""
"イメージ機能の統合テストは openstack_dashboard/test/integration_tests/"
"horizon.conf の 'panel_type' 機能を使って切り替えできます。有効な値は "
"'legacy' と 'angular' で、有効になっているパネル種別と一致させる必要がありま"
"す。"
msgid ""
"Internationalization fully enabled, with all strings marked for translation."
msgstr ""
"国際化は完全に有効になり、すべてのストリングに翻訳用のマークが付与されまし"
"た。"
msgid ""
"Internationalization of client-side JavaScript is now possible in addition "
"to server-side Python code."
msgstr ""
"国際化 (internationalization) が、サーバー側の Python コードに加えて、クライ"
"アント側の JavaScript でも可能になりました。"
msgid ""
"Introduced a new ``DEFAULT_BOOT_SOURCE`` config option to allow operators to "
"configure a default instance boot source."
msgstr ""
" オペレーターがデフォルトのインスタンスブートソースを設定することができる "
"``DEFAULT_BOOT_SOURCE`` 設定オプションが新しく追加されました。"
msgid ""
"It is no longer necessary to include the version suffix into "
"OPENSTACK_KEYSTONE_URL setting. Thanks to a recent update of django-"
"openstack-auth library as of 2.3.0 release, Horizon will append the proper "
"version suffix to the URL based on the value stored inside "
"OPENSTACK_API_VERSIONS['identity'] setting."
msgstr ""
"OPENSTACK_KEYSTONE_URL 設定で末尾にバージョン情報を含める必要がなくなりまし"
"た。 django-openstack-auth ライブラリーの 2.3.0 リリースで行われた変更によ"
"り、 Horizon は OPENSTACK_API_VERSION['identity'] 設定の値に基づいて URL に適"
"切なバージョン情報を付与するようになりました。"
msgid ""
"It is now possible (though there are numerous deployment/security "
"implications) to upload an image file directly from a user's hard disk to "
"Glance through Horizon. For multi-GB images it is still strongly recommended "
"that the upload be done using the Glance CLI. Further improvements to this "
"feature will come in future releases."
msgstr ""
"Horizon 経由でユーザーのハードディスクから直接イメージファイルをアップロード"
"できるようになりました (ただし、さまざまなデプロイメント面やセキュリティー面"
"での影響はあります)。数 GB のイメージの場合には、これまで通り Glance CLI を"
"使ってアップロードを行うことを強く推奨します。将来のリリースでこの機能のさら"
"なる改善が行われる予定です。"
msgid "JavaScript"
msgstr "JavaScript"
msgid "JavaScript Libraries Extracted"
msgstr "JavaScript ライブラリの抽出"
msgid "JavaScript can now access the Keystone Token."
msgstr "JavaScript が Keystone トークンにアクセスできるようになりました。"
msgid ""
"JavaScript files are now automatically included. See `this <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/auto-js-file-finding>`__ for more "
"details."
msgstr ""
"JavaScript ファイルは自動的にインクルードされます。詳細は `こちら <https://"
"blueprints.launchpad.net/horizon/+spec/auto-js-file-finding>`__ を参照してく"
"ださい。"
msgid "Juno Series Release Notes"
msgstr "Juno バージョンのリリースノート"
msgid "Key New Features"
msgstr "主要な新機能"
msgid "Keystone"
msgstr "Keystone"
msgid ""
"Keystone authentication is now handled by a proper pluggable Django "
"authentication backend, offering significantly better and more reliable "
"security for Horizon."
msgstr ""
"Keystone 認証がプラグイン型の Django 認証バックエンドにより処理されるようにな"
"りました。これにより、 Horizon のセキュリティーが、大きく向上し、信頼性のある"
"ものになります。"
msgid ""
"Keystone v2 API support in horizon will be dropped in Train release. It was "
"was removed from keystone in Queens release."
msgstr ""
"Horizon における Keystone v2 API は、Train リリースからサポートされなくなりま"
"す。これは、Queens リリースで Keystone から削除されました。"
msgid "Kilo Series Release Notes"
msgstr "Kilo バージョンのリリースノート"
msgid "Known Issues"
msgstr "既知の問題"
msgid "Known Issues and Limitations"
msgstr "既知の問題と制限"
msgid "L3 HA support"
msgstr "L3 HA のサポート"
msgid ""
"LBaaS v1 dashboard has been removed. LBaaS v1 feature was removed from "
"neutron-lbaas in Newton, but LBaaS v1 dashboard in Horizon has been kept "
"only for backward compatibility in Newton release so that operators can "
"upgrade Horizon first. Note that the Dashboard support for LBaaS v2 is "
"provided as a Horizon plugin via `neutron-lbaas-dashboard project <http://"
"git.openstack.org/cgit/openstack/neutron-lbaas-dashboard/>`__."
msgstr ""
"LBaaS v1 ダッシュボードを削除しました。 LBaaS v1 の機能は、Newton で neutron-"
"lbaas から削除されましたが、 Horizon の LBaaS v1 ダッシュボードは、 Newton リ"
"リースでは後方互換性のためだけに保持されており、オペレーターは最初に Horizon "
"をアップグレードすることが可能です。 LBaaS v2 をサポートするダッシュボード"
"は、 `neutron-lbaas-dashboard プロジェクト <http://git.openstack.org/cgit/"
"openstack/neutron-lbaas-dashboard/>`__ から Horizon プラグインとして提供され"
"ています。"
msgid ""
"LBaaS v1 dashboard is now deprecated and will be removed in Ocata release. "
"LBaaS v1 feature was removed from neutron-lbaas in Ocata and this "
"functionality in Horizon is only for backward compatibility so that "
"operators can upgrade Horizon first. Note that the Dashboard support for "
"LBaaS v2 is provided as a Horizon plugin via `neutron-lbaas-dashboard "
"project <http://git.openstack.org/cgit/openstack/neutron-lbaas-dashboard/"
">`__."
msgstr ""
"LBaaS v1 ダッシュボードは廃止予定となりました。 Ocata リリースで削除される予"
"定です。 LBaaS v1 機能は neutron-lbaas から Ocata リリースで削除されていま"
"す。 Horizon のこの機能は、オペレーターが Horizon を先にアップグレードできる"
"ように、後方互換性を保持するためだけに残されています。 LBaaS v2 用のダッシュ"
"ボードは `neutron-lbaas-dashboard プロジェクト <http://git.openstack.org/"
"cgit/openstack/neutron-lbaas-dashboard/>`__ で Horizon プラグインとして提供さ"
"れています。"
msgid ""
"LP-1585682 is fixed which grants Horizon the ability to properly version "
"Keystone webpath endpoints (URLs like http://<hostip>/identity instead of "
"http://<hostip>:5000)."
msgstr ""
"LP-1585682 が修正され、 Horizon は Keystone のウェブのパスのエンドポイント "
"(http://<hostip>:5000 ではなく http://<hostip>/identity のような URL) に適切"
"にバージョンを追加できるようになりました。"
msgid ""
"Large amounts of new documentation was added during the Grizzly cycle, most "
"notably are sections documenting: all of the available settings for Horizon "
"and the OpenStack Dashboard; security and deployment considerations; and "
"deeper guides on customizing the OpenStack Dashboard."
msgstr ""
"多数の新規のドキュメントが Grizzly サイクル中に追加されました。主なものとして"
"は、 Horizon および OpenStack Dashboard で利用可能な全設定が書かれた節、セ"
"キュリティーおよびデプロイメント時の考慮事項、 OpenStack Dashboard のカスタマ"
"イズに関する詳しいガイド、があります。"
msgid ""
"Launch Instance Wizard (beta) -- A full replacement for the launch instance "
"workflow has been implemented in AngularJS to address usability issues in "
"the existing launch instance workflow. Due to the late inclusion date and "
"limited testing, this feature is marked as beta for Kilo and not enabled by "
"default. To use the new workflow, the following change to local_settings.py "
"is required: ``LAUNCH_INSTANCE_NG_ENABLED = True``. Additionally, you can "
"disable the default launch instance wizard with the following: "
"``LAUNCH_INSTANCE_LEGACY_ENABLED = False``. This new work is a view into "
"future development in Horizon."
msgstr ""
"インスタンス作成ウィザード (ベータ版) -- 既存のインスタンス作成ワークフローに"
"おける利便性の問題を解決するため、インスタンス作成ワークフローが AngularJS で"
"完全に再実装されました。機能の導入が遅かったこと、限られたテストしか行われて"
"いないため、この機能は Kilo ではベータ版とされ、デフォルトでは有効になってい"
"ません。新しいワークフローを使用するためには、local_settings.py で "
"``LAUNCH_INSTANCE_NG_ENABLED = True`` を設定する必要があります。また、 "
"``LAUNCH_INSTANCE_LEGACY_ENABLED = False`` でデフォルトのインスタンス作成ウィ"
"ザードを無効化します。この新機能は、Horizon の開発の将来像となるでしょう。"
msgid "Launching instances from volumes."
msgstr "ボリュームからのインスタンスの起動"
msgid "Legacy Dashboard Names & Code Separation"
msgstr "従来のダッシュボード名とコード分離"
msgid "Less Complicated LESS Compilation: No More NodeJS"
msgstr "LESS コンパイルの複雑性の軽減: NodeJS が不要に"
msgid ""
"Leveraging enhancements to Identity API v3 (Keystone), users can now change "
"their own passwords without the need to involve an administrator. This "
"functionality was previously only available with Identity API v2.0."
msgstr ""
"Identity API v3 (Keystone) の拡張機能を活用することで、ユーザーは管理者の介入"
"なしに自分のパスワードを変更できるようになりました。この機能は、以前は "
"Identity API v2.0 のみで利用可能でした。"
msgid "Liberty Series Release Notes"
msgstr "Liberty バージョンのリリースノート"
msgid "Live Migration Support"
msgstr "ライブマイグレーションサポート"
msgid "Loadbalancer Feature"
msgstr "ロードバランサー機能"
msgid ""
"Logout now attempts to delete the token(s) associated with the current "
"session to avoid replay attacks, etc."
msgstr ""
"再生攻撃 (replay attack) などを回避するため、ログアウト時に、現在のセッション"
"に関連付けられたトークンの削除を試みるようになりました。"
msgid ""
"Lots of feedback came in that the \"more actions\" dropdown menu (for tables "
"with numerous actions available on each row) was confusing to new users and/"
"or difficult to click."
msgstr ""
"「その他のアクション」のドロップダウンメニュー (各行で多数のアクションが利用"
"できるテーブル向け) が新しいユーザーにはわかりにくく、またクリックしにくいと"
"いうフィードバックが数多く寄せられていました。"
msgid "Made the Angular Launch Instance workflow the default in Horizon."
msgstr ""
"Angular のインスタンス起動ワークフローが Horizon のデフォルトになりました。"
msgid ""
"Making Horizon extensible for third-party developers was one of the core "
"goals for the Essex release cycle. Massive strides have been made to allow "
"for the addition of new \"plug-in\" components and customization of "
"OpenStack Dashboard deployments."
msgstr ""
"third-party 開発者が Horizon を拡張できるようにすることは、 Essex リリースサ"
"イクルの重要な目標の 1 つでした。大きな進歩があり、 OpenStack Dashboard デプ"
"ロイメントでの新規の「プラグイン」部品の追加や カスタマイズが可能になりまし"
"た。"
msgid ""
"Making Keystone Tokens available to JavaScript slightly increases the risk "
"of a Token being captured. If you don't need this functionality, it can be "
"disabled by setting the following option in your local_settings: "
"ENABLE_CLIENT_TOKEN = False"
msgstr ""
"Keystone トークンを JavaScript 側で参照できるようにすると、トークンがキャプ"
"チャーされるリスクが大きく高まります。この機能が不要な場合、 local_settings "
"で ENABLE_CLIENT_TOKEN = False に設定することで無効化できます。"
msgid ""
"Managed/Unmanaged volume support -- allows admin to manage existing volumes "
"not managed by cinder, as well as unmanage volumes"
msgstr ""
"ボリュームの管理/非管理に対応 -- 管理者が cinder の管理対象外の既存のボリュー"
"ムを cinder の管理対象にしたり、逆に管理対象外にしたりできます"
msgid ""
"Many JavaScript files and most notably the base page template (``horizon/"
"templates/base.html``) have moved from the framework portion of the repo "
"(``horizon``) to the application side (``openstack_dashboard``) to better "
"separate the framework from the application."
msgstr ""
"多くの JavaScript ファイルとベースページテンプレート(``horizon/template/"
"base.html``)は、リポジトリのフレームワーク部分(`` horizon``)からアプリケー"
"ション側(`` openstack_dashboard``)に移動し、アプリケーションからより良くフ"
"レームワークを分離します。"
msgid ""
"Many Javascript files have moved to new locations in the horizon/lib static "
"folder. Previously the locations of some files were hard-coded but now the "
"locations are determined automatically based on the xstatic package name."
msgstr ""
"多くの JavaScript ファイルが horizon/lib static フォルダー内に移動されまし"
"た。以前は、いくつかのファイルの場所はハードコートされていましたが、場所は "
"xstatic パッケージ名に基づいて決定されるようになりました。"
msgid "Many of Horizons XStatic packages were updated during this cycle."
msgstr ""
"多くの Horizon の XStatic パッケージがこの開発サイクル中に更新されました。"
msgid ""
"Many, many other bugfixes and improvements. Check out Launchpad for the full "
"list of what went on in Grizzly."
msgstr ""
"その他、数え切れないほどのバグ修正と改善。 Grizzly で行われた変更の完全なリス"
"トは Launchpad で確認してください。"
msgid "Menu follows the search input position as the user adds more facets"
msgstr ""
"ユーザがさらにファセットを追加すると、メニューは検索入力位置を追随します"
msgid "Migrate Instance"
msgstr "インスタンスのマイグレーション"
msgid "Migrate all instances from host"
msgstr "あるホストからの全インスタンスのマイグレーションに対応"
msgid ""
"Migration to python-keystoneclient from the deprecated keystone portion of "
"the python-novaclient library."
msgstr ""
"廃止予定の python-novaclient に含まれるライブラリーから python-"
"keystoneclient への移行。"
msgid "Mitaka Series Release Notes"
msgstr "Mitaka バージョンのリリースノート"
msgid "Modal interactions throughout the entire UI."
msgstr "UI 全体にわたるモダールインタラクション"
msgid "Modal sizes now inherit from Bootstrap's theme variables."
msgstr "modal のサイズが Bootstrap テーマの値を継承するようになりました。"
msgid ""
"Modal sizes now inherit their value from theme variables. Two additional "
"sizes are available now for use in Horizon, extra to the standard 3 sizes of "
"Bootstrap Modals, modal-xs and modal-xl."
msgstr ""
"モーダルのサイズは、テーマの変数の値を継承するようになりました。 Bootstrap "
"Modal の標準の 3 つのサイズに加えて、 2 つの追加のサイズ modal-xs と modal-"
"xl が horizon で使用できるようになりました。"
msgid ""
"Moreover, a better separation was created between code related to the core "
"Horizon framework code (which is not related to OpenStack specifically) and "
"the OpenStack Dashboard code. At this point *all* code related to OpenStack "
"lives in the OpenStack Dashboard directory, while the Horizon framework is "
"completely agnostic and is a reusable Django app."
msgstr ""
"さらに、Horizon フレームワークの中核のコード (OpenStack に直接関係のないコー"
"ド) と OpenStack Dashboard のコードの分離がよりきれいに行われました。現時点で"
"は、 OpenStack に関連する *すべての* コードが OpenStack Dashboard ディレクト"
"リーに置かれるようになり、 Horizon フレームワークは 完全に OpenStack を意識し"
"ない作りで、再利用可能な Django アプリケーションとなっています。"
msgid ""
"Most of the documentation has been reorganised and updated, or rewritten "
"entirely, with the aim of promoting discoverability and ensuring all content "
"is relevant and up to date."
msgstr ""
"ほとんどのドキュメントが、発見しやすく、すべてのコンテンツが適切で最新のもの"
"であることを保証する目的で、再構築され、更新または完全に書き換えられていま"
"す。"
msgid ""
"Move OpenStack Dashboard Swift panel rendering logic to client-side using "
"AngularJS for significant usability improvements."
msgstr ""
"ユーザビリティーの大幅な改善のため、 AngularJS を使って、 OpenStack "
"Dashboard の Swift パネルのレンダリングロジックをクライアント側に移動しまし"
"た。"
msgid "Multi-Domain Cross Service Support"
msgstr "複数ドメインにまたがるサービスのサポート"
msgid ""
"Multiattach capable volumes can only be attached with nova API microversion "
"2.60 or later."
msgstr ""
"マルチアタッチ対応のボリュームは、Nova API マイクロバージョン 2.60 以降でのみ"
"接続が可能です。"
msgid "Networking"
msgstr "ネットワーク"
msgid "Networking (Quantum)"
msgstr "Networking (Quantum)"
msgid "Neutron"
msgstr "Neutron"
msgid "Neutron Features"
msgstr "Neutron 機能"
msgid "Neutron L3 HA"
msgstr "Neutron L3 HA"
msgid "Neutron added several new features in Juno, including:"
msgstr "Juno の Neutron には、以下の新しい機能が追加されました。"
msgid "Neutron network type for Geneve tunneling protocol is now supported."
msgstr ""
"Geneve トンネリングプロトコルのための Neutron ネットワーク種別がサポートされ"
"るようになりました。"
msgid ""
"Neutron provider network configuration now becomes more flexible so that "
"operators can configure various provider network parameters including new "
"network type, segmenatiton ID ranges and so on based on neutron network back-"
"ends they use."
msgstr ""
"Neutron プロバイダーネットワーク種別設定がもっと柔軟になり、オペレータは新し"
"いネットワーク種別、セグメント ID 範囲などを含む、使用する Neutron ネットワー"
"クバックエンドに基づいて、様々なプロバイダーネットワークパラメーターを設定で"
"きるようになりました。"
msgid ""
"Neutron provider network types for Midonet are now supported. To enable "
"them, specify these network types in ``supported_provider_types`` in the "
"configuration file."
msgstr ""
"Midonet のための Neutron プロバイダーネットワーク種別がサポートされるようにな"
"りました。これらを有効にするには、 ``supported_provider_types`` にこれらの"
"ネットワーク種別を指定します。"
msgid "New Features"
msgstr "新機能"
msgid "New Reusable AngularJS widgets in Horizon:"
msgstr "Horizon における新しい再利用可能な AngularJS ウィジェット:"
msgid "New instance and volume detail views."
msgstr "新規インスタンスおよびボリュームの詳細の表示"
msgid "New network topology panel. Added support for subnet allocation."
msgstr ""
"新しいネットワークトポロジーパネル。サブネット割り当てのサポートが追加されま"
"した。"
msgid "New visualizations for utilization and quotas."
msgstr "クォータ利用の新しい表示方法"
msgid "Newton Series Release Notes"
msgstr "Newton バージョンのリリースノート"
msgid "Nova"
msgstr "Nova"
msgid "Nova Features"
msgstr "Nova の機能"
msgid ""
"Nova and Glance are no longer required in order to run Horizon. As long as "
"keystone is present, Horizon will run correctly."
msgstr ""
"Nova と Glance が Horizon を実行するための必須要件ではなくなりました。 "
"keystone があれば、 Horizon は正しく動作します。"
msgid ""
"Now it is possible to enable/disable port security in Horizon, when the port-"
"security extension is available. Note: Neutron allows disabling the port "
"security on a port only when no security groups are associated to it"
msgstr ""
"Horizon で、ポートセキュリティー拡張が有効になっている場合に、ポートセキュリ"
"ティーの有効/無効が設定できるようになりました。なお、 Neutron でポートのポー"
"トセキュリティーを無効にできるのは、そのポートにセキュリティーグループが関連"
"付けられていない場合のみであることに注意してください。"
msgid ""
"Numerous fixes to display more and better information for instances and "
"volumes in their overview pages."
msgstr ""
"概要ページで表示されるインスタンスとボリュームの情報量が増え、より良い情報が"
"表示されるように数々の修正が行われました。"
msgid "Numerous other bug fixes"
msgstr "その他の多数のバグ修正"
msgid "Object Storage Delimiters and Pseudo-folder Objects"
msgstr "Object Storage の区切り文字と疑似フォルダーオブジェクト"
msgid "Ocata Series Release Notes"
msgstr "Ocata バージョンのリリースノート"
msgid ""
"One of the most common activities in a dashboard user interface is simply "
"displaying a list of resources or data and allowing the user to take actions "
"on that data. To this end, Horizon abstracted the commonalities of this task "
"into a reusable set of classes which allow developers to programmatically "
"create displays and interactions for their data with minimal effort and zero "
"boilerplate."
msgstr ""
"ダッシュボードのユーザーインターフェースで最も頻繁に行う作業の 1 つとして、リ"
"ソースやデータの一覧を表示し、ユーザーがそのデータに対して操作を実行できるよ"
"うにすることがあります。この目的のために、 Horizon では、このタスクの共通する"
"部分を再利用可能なクラス群に抽象化しました。開発者はこれらのデータの表示や操"
"作を最小の作業かつプログラム的に作成できます。テンプレートも不要です。"
msgid "One-click Floating IP Management"
msgstr "1 クリック Floating IP 管理"
msgid "Online Compression"
msgstr "オンラインでの圧縮"
msgid "OpenStack RC file download."
msgstr "OpenStack RC ファイルのダウンロード"
msgid "Orchestration Resources Panel"
msgstr "オーケストレーションリソースのパネルが追加"
msgid "Organized Images"
msgstr "イメージの整理"
msgid "Other Improvements and Fixes"
msgstr "その他の改良と修正"
msgid "Other Notes"
msgstr "その他の注意点"
msgid ""
"Overall, great effort has been made to maintain compatibility for third-"
"party developers who have built on Horizon so far."
msgstr ""
"全体的に見ると、これまで Horizon を使って機能を作ってきた 3rd party の開発者"
"に対して 後方互換性を維持するために、大変な努力がなされました。"
msgid ""
"Overall, great effort has been made to maintain compatibility for third-"
"party developers who may have built on Horizon so far."
msgstr ""
"全体としては、多くの努力の結果、これまでに Horizon を利用したアプリケーション"
"を作成している third-party 開発者に対する互換性が維持されています。"
msgid ""
"Overall, though, great effort has been made to maintain compatibility for "
"third-party developers who may have built on Horizon so far."
msgstr ""
"全体としては、多くの努力の結果、これまでに Horizon を利用したアプリケーション"
"を作成している third-party 開発者に対する互換性が維持されています。"
msgid "Page Layout Changes"
msgstr "ページレイアウトの変更"
msgid "Pagination"
msgstr "ページ繰り"
msgid ""
"Panel group is introduced in the Admin dashboard to organize admin panels "
"better. Panels in \"System\" group of Admin dashboard are now categorized "
"into four groups: \"Compute\", \"Volume\", \"Network\" and \"System\"."
msgstr ""
"管理者ダッシュボードにパネルグループが導入され、管理者パネルが使いやすい構成"
"になりました。管理者ダッシュボードの「システム」グループのパネルは、「コン"
"ピュート」「ボリューム」「ネットワーク」「システム」の 4 つのグループに再構成"
"されました。"
msgid ""
"Password confirmation boxes are now validated for matching passwords on the "
"client side for more immediate feedback."
msgstr ""
"パスワード確認ボックスでの、パスワード一致の確認がクライアント側で行われるよ"
"うになり、より迅速なフィードバックが行われます。"
msgid "Pausing/suspending instances."
msgstr "インスタンスの一時停止とサスペンド"
msgid "Per-project flavor support."
msgstr "プロジェクト単位でのフレーバー機能サポート"
msgid "Pike Series Release Notes"
msgstr "Pike バージョンのリリースノート"
msgid "Plugin Architecture"
msgstr "プラグインアーキテクチャー"
msgid ""
"Plugin improvements, Horizon auto discovers JavaScript files for inclusion, "
"and now has mechanisms for pluggable SCSS and Django template overrides."
msgstr ""
"プラグインが改善し、 Horizon はインクルードする JavaScript ファイルを自動的に"
"探索し、 SCSS と Django テンプレートをオーバーライドするプラグイン可能なメカ"
"ニズムを持っています。"
msgid ""
"Policies associated with Consistency Groups exist in the Cinder policy file, "
"and by default, all actions are disabled."
msgstr ""
"整合性グループに関連付けられたポリシーはCinder ポリシーファイルにあり、デフォ"
"ルトでは、すべてのアクションは無効になります。"
msgid "Prelude"
msgstr "紹介"
msgid ""
"Preview Stack view allows users to preview stacks specified in templates "
"before creating them."
msgstr ""
"スタックのプレビューのビューが追加され、ユーザーがスタックの作成前にテンプ"
"レートで指定されたスタックをプレビューできるようになりました"
msgid ""
"Previously horizon assumes only ``volume`` as an endpoint for the Cinder "
"regardless of the API version. As a result, if deployers configure Cinder v2/"
"v3 API endpoint as ``volumev2`` or ``volumev3``, Volume related menus -- "
"\"Create Volume from instance snapshot\" and \"Create instance from Volume\" "
"-- were not displayed. Horizon now checks the availability of the Block "
"Storage service by looking for all posible endpoints ``volume``, "
"``volumev2`` and ``volumev3``."
msgstr ""
"以前の Horizon では、 API バージョンに関わらず Cinder のエンドポイントとして "
"``volume`` だけが前提になっていました。このため、 Cinder v2/v3 API エンドポイ"
"ントを ``volumev2`` や ``volumev3`` として設定している環境では、ボリューム関"
"連のメニュー、例えば「インスタンススナップショットからのボリューム作成」や"
"「ボリュームからのインスタンスの作成」など、が表示されませんでした。変更が行"
"われ、 Horizon は Block Storage サービスの存在を確認する際に、可能性があるエ"
"ンドポイント ``volume``, ``volumev2``, ``volumev3`` のすべてを探すようになり"
"ました。"
msgid "Properties are now bound to the controller instead of the scope."
msgstr ""
"プロパティーはスコープの代わりにコントローラーにバインドされるようになりまし"
"た。"
msgid ""
"Provided the ability for plugins to contribute translations to the "
"JavaScript message catalog. Previously the horizon and openstack_dahboard "
"applications were hardcoded."
msgstr ""
"プラグインに JavaScript のメッセージカタログへの翻訳に貢献できるようにしまし"
"た。以前は horizon と openstack_dashboard アプリケーションでハードコードされ"
"ていました。"
msgid "QoS (quality of service) support."
msgstr "QoS (サービス品質)のサポート"
msgid "Quantum"
msgstr "Quantum"
msgid "Quantum Brocade Plugin Not Compatible"
msgstr "Quantum Brocade プラグインにおける制限事項"
msgid ""
"Quantum added a huge number of new features in Grizzly, including L3 support "
"(routers), load balancers, network topology infographics, better "
"compatibility with Nova networking APIs (VNIC ordering when launching an "
"instance; security groups and floating IP integration) and vastly improved "
"informational displays."
msgstr ""
"Quantum には Grizzly で非常に多くの新機能が追加されました。 L3 (ルーター) 対"
"応、ロードバランサー、ネットワークトポロジー表示、 Nova ネットワーク API との"
"互換性の向上 (インスタンス起動時の VNIC の順序指定、セキュリティーグループや "
"Floating IP の連携)、表示情報のさまざなな改善などが挙げられます。"
msgid ""
"Quantum support has been removed from Horizon for the Essex release. It will "
"be restored in Folsom in conjunction with Quantum's first release as a core "
"OpenStack project."
msgstr ""
"Quantum サポートは Essex リリースでは Horizon から削除されました。 Folsom リ"
"リースでは、 Quantum が OpenStack コアプロジェクトとしての最初のリリースとな"
"るのにあわせて、Horizon サポートも復活する予定です。"
msgid "Queens Series Release Notes"
msgstr "Queens バージョンのリリースノート"
msgid ""
"Quota information panel and forms are now tabbified per back-end service."
msgstr "クォータ情報のパネルとフォームは、バックエンド毎にタブ化されました。"
msgid "Quotas are now displayed dynamically throughout the Project dashboard."
msgstr ""
"プロジェクトダッシュボードで、クォータが動的に表示されるようになりました。"
msgid "Realtime AJAX updating for instances in transition states."
msgstr "遷移の状態にあるインスタンスのリアルタイム AJAX の更新"
msgid "Realtime AJAX updating for volumes in transition states."
msgstr "遷移の状態にあるボリュームのリアルタイム AJAX 更新"
msgid "Release Notes Howto"
msgstr "リリースノートへの貢献方法"
msgid "Release Overview"
msgstr "リリースの概要"
msgid ""
"Remove deprecated Cinder API V1 support. Cinder V1 API was deprecated for a "
"while and removed in Queens release. If you need to enable Cinder support "
"you should update the `OPENSTACK_API_VERSIONS` configuration option to use "
"Cinder V2 or V3 API."
msgstr ""
"非推奨の Cinder API V1 サポートを削除しました。しばらく非推奨となっていた "
"Cinder V1 API は Queens リリースで削除しました。Cinder サポートを有効にする必"
"要がある場合は、`OPENSTACK_API_VERSIONS` 設定オプションを Cinder V2 か V3 "
"API を使用するように更新する必要があります。"
msgid ""
"Remove formerly deprecated initScope() function for Angularized actions. "
"Instead use initAction() and get scope from second parameter of perform() "
"function."
msgstr ""
"以前に非推奨となっていた Angular 化されたアクションの initScope() 関数を削除"
"しました。代わりに initAction() 関数を使用し、スコープを取得するには "
"perform() 関数の第二引数を使用してください。"
msgid ""
"Removing formerly deprecated Swift UI code that was replaced with an "
"improved Angular version in Mitaka."
msgstr ""
"Mitaka で改善された Angular バージョンに置き換えられた、以前に非推奨となった "
"Swift UI のコードは、現在削除しています。"
msgid "Rendering issues in extensions"
msgstr "エクステンションにおけるレンダリング問題"
msgid "Reorganizations"
msgstr "パネルの構成の見直し"
msgid "Required fields in forms are now better indicated."
msgstr "必須項目フィールドの表示方法が改善されました。"
msgid "Resizing of Trove instances -- changing instance flavor"
msgstr "Trove インスタンスのリサイズ -- インスタンスのフレーバーの変更"
msgid "Resource Browser"
msgstr "リソースブラウザー"
msgid "Rocky Series Release Notes"
msgstr "Rocky バージョンのリリースノート"
msgid "Role-Based Access Controls"
msgstr "ロールベースのアクセス制御"
msgid ""
"Router rules is a horizon extension provided by Big Switch Networks. As part "
"of the horizon-vendor-split work, we drop the extension from upstream "
"horizon. It is now available as a separate plugin at https://github.com/"
"bigswitch/horizon-bsn"
msgstr ""
"ルータールールは Big Switch Networks が提供する horizon の拡張機能です。 "
"horizon-vendor-split の取組の一環として、アップストリームの horizon からこの"
"拡張機能を削除しました。この機能は分離されたプラグインとして https://github."
"com/bigswitch/horizon-bsn から入手できます。"
msgid "Sahara"
msgstr "Sahara"
msgid ""
"Sahara UX Improvements -- Dramatic improvements to the Sahara user "
"experience have been made with the addition of guided cluster creation and "
"guided job creation pages."
msgstr ""
"Sahara ユーザーインターフェースの改善 -- 追加のガイド付きクラスター作成とガイ"
"ド付きジョブ作成ページにより、Sahara のユーザーインターフェースの利便性が劇的"
"に改善しました。"
msgid ""
"Second, the Default Quotas and Services panels (which were both strictly "
"informational) were combined into tabs in a single System Info panel to make "
"it clear that these panels are thematically related, and to create a home "
"for informational-only displays like these."
msgstr ""
"2 つめは、デフォルトクォータとサービスのパネル (どちらも情報を参照するだけの"
"パネル) が、 1 枚のシステム情報パネルのタブにまとめられました。これにより、こ"
"れらのパネルが互いに関係性があることが分かりやすくなり、今後このような情報を"
"参照するだけの表示を集めていく場所が用意されました。"
msgid "Security Group Rule Editing Improvements"
msgstr "セキュリティーグループのルール編集の改善"
msgid "Security Group Rule Templates"
msgstr "セキュリティーグループテンプレート"
msgid "Security Issues"
msgstr "セキュリティー上の問題"
msgid ""
"Security group association per port is now shown in the port detail page. In "
"Neutron different security groups can be associated on different ports of a "
"same server instance, but previously it cannot be referred in Horizon."
msgstr ""
"ポートの詳細ページで、ポート毎のセキュリティーグループの関連付けが表示される"
"ようになりました。 Neutron では、異なるポートに異なるセキュリティーグループを"
"関連付けることができますが、これまでは Horizon では確認することができませんで"
"した。"
msgid "Security groups can be added to a running instance."
msgstr ""
"セキュリティーグループを実行中のインスタンスに追加できるようになりました。"
msgid ""
"Security groups now can be specified when creating a port. When the port "
"security is enabled, the security groups tab will be displayed in create "
"port workflow."
msgstr ""
"ポートを作成するときにセキュリティグループを指定できるようになりました。ポー"
"トセキュリティが有効な場合に、セキュリティグループタブがポート作成ワークフ"
"ローに表示されます。"
msgid ""
"Securtiy group \"Add rule\" form now allows to specify 'any' IP protocol and "
"'any' port number (for TCP and UDP protocols). This feature is available "
"when neutron is used as a networking back-end. You can specify 'any' IP "
"protocol for 'Other Protocol' and ``-1`` means 'any' IP protocol. You can "
"also see ``All ports`` choice in 'Open Port' field in case of TCP or UDP "
"protocol is selected."
msgstr ""
"セキュリティーグループの「ルールの追加」フォームで、 IP プロトコル 'any' と"
"ポート番号 'any' (プロトコルが TCP か UDP の場合) が指定できるようになりまし"
"た。この機能は、ネットワークのバックエンドとして Neutron を使用している場合に"
"利用できます。 「その他のプロトコル」で IP プロトコルとして ``-1`` を指定する"
"ことで、 'any' の意味となります。また、 TCP や UDP プロトコルを指定した場合"
"には「オープンするポート」の設定に「すべてのポート」が選択肢として追加されま"
"した。"
msgid ""
"Selenium tests may now be exercised using the headless PhantomJS driver."
msgstr ""
"Selenium テストは、ヘッドレスの PhantomJS ドライバーを使って実行できます。"
msgid "Self-Service Password Change"
msgstr "ユーザーによるパスワード変更機能"
msgid "Server Side Table Filtering"
msgstr "サーバー側でのテーブルフィルタリング"
msgid "Session Creation and Health Checks"
msgstr "セッション生成とヘルスチェック"
msgid ""
"Session timeout can now be enabled to log out the user after a period of "
"inactivity as a security feature."
msgstr ""
"セキュリティーの観点から、一定期間操作がなかった場合にユーザーをログアウトさ"
"せるセッションタイムアウトを有効にできるようになりました。"
msgid "Settings"
msgstr "設定"
msgid ""
"Several fixes have been made to the hzTable controller. The list below "
"outline these changes. See inline documentation for usage details."
msgstr ""
"hzTable コントローラーにいくつかのフィックスが行われました。以下のリストは、"
"これらの変更の概要を示します。使用方法の詳細については、インラインドキュメン"
"トを参照してください。"
msgid ""
"Several new indicators have been added to inform users why they've been "
"logged out when they land on the login screen unexpectedly. These indicators "
"make it clear whether the user's session has expired, they timed out due to "
"inactivity, or they are not authorized for the section of the dashboard they "
"attempted to access."
msgstr ""
"予期せずログイン画面が表示された際に、なぜログアウトしたかをユーザーに通知す"
"る メッセージがいくつか追加されました。これらのメッセージにより、 ユーザー"