Imported Translations from Zanata

For more information about this automatic import see:
https://wiki.openstack.org/wiki/Translations/Infrastructure

Change-Id: Ia9ee0bf7dff3ce3f60a4609716c2a4f47aa9cd15
changes/45/330345/1
OpenStack Proposal Bot 7 years ago
parent 4062ad769e
commit 034ad4c033

@ -1,14 +1,15 @@
# Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>, 2016. #zanata
# KATO Tomoyuki <kato.tomoyuki@jp.fujitsu.com>, 2016. #zanata
msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: High Availability Guide 0.0.1\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-03 05:59+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:47+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-05-24 10:32+0000\n"
"Last-Translator: KATO Tomoyuki <kato.tomoyuki@jp.fujitsu.com>\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-10 11:52+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese\n"
"Language: ja\n"
"X-Generator: Zanata 3.7.3\n"
@ -607,7 +608,7 @@ msgid ""
msgstr ""
"クラスターノードは、デフォルトで Primary Component の一部として起動しません。"
"代わりに、それがどこかに存在すると仮定し、そこへの接続を確立しようとします。"
"1 つのクラスターノードを ``--wsrep-new-cluster``オプションを付けて起動して、"
"1 つのクラスターノードを ``--wsrep-new-cluster`` オプションを付けて起動して、"
"Primary Component を作成する必要があります。任意のクラスターノードを使用して"
"実行でき、どれを選択するかは重要ではありません。Primary Component において、"
"レプリケーションと状態転送により、すべてのデータベースが同じ状態になります。"
@ -1868,13 +1869,6 @@ msgstr "Keepalived、HAProxy インスタンス向け。"
msgid "Key"
msgstr "キー"
msgid ""
"Link to `Networking Guide <http://docs.openstack.org/networking-guide/>`_ "
"for configuration details."
msgstr ""
"設定の詳細は `Networking Guide <http://docs.openstack.org/networking-guide/"
">`_ を参照してください。"
msgid "Load distribution"
msgstr "負荷分散"
@ -2313,7 +2307,7 @@ msgid ""
"nodes."
msgstr ""
"作成後、 :file:`corosync.conf` ファイル (および、secauth オプションが有効化さ"
"れている場合、 :file:`authkey`ファイル) が、すべてのクラスターノードにわたり"
"れている場合、 :file:`authkey` ファイル) が、すべてのクラスターノードにわたり"
"同期されている必要があります。"
msgid ""
@ -2868,8 +2862,8 @@ msgid ""
"one example of this."
msgstr ""
"いくつかのコントローラノードで、一つのサービスインスタンスが開始します。それ"
"らは、ほかの意味で、共存、調和できるということであり、``nova-conductor``のRPC"
"はその例の一つです。"
"らは、ほかの意味で、共存、調和できるということであり、 ``nova-conductor`` の "
"RPC はその例の一つです。"
msgid "Stateful service"
msgstr "ステートフルサービス"
@ -4232,6 +4226,13 @@ msgstr ""
"`Percona XtraDB Cluster <http://www.percona.com/>`_ Percona による Galera "
"Cluster の XtraDB 実装"
msgid ""
"`Provider networks <http://docs.openstack.org/mitaka/install-guide-ubuntu/"
"overview.html#networking-option-1-provider-networks>`_"
msgstr ""
"`プロバイダーネットワーク <http://docs.openstack.org/mitaka/install-guide-"
"ubuntu/overview.html#networking-option-1-provider-networks>`_"
msgid ""
"`RPM based <http://www.rabbitmq.com/install-rpm.html>`_ (RHEL, Fedora, "
"CentOS, openSUSE)"
@ -4242,6 +4243,13 @@ msgstr ""
msgid "`Redis <http://redis.io/>`__."
msgstr "`Redis <http://redis.io/>`__。"
msgid ""
"`Self-service networks <http://docs.openstack.org/mitaka/install-guide-"
"ubuntu/overview.html#networking-option-2-self-service-networks>`_"
msgstr ""
"`セルフサービスネットワーク <http://docs.openstack.org/mitaka/install-guide-"
"ubuntu/overview.html#networking-option-2-self-service-networks>`_"
msgid ""
"`Telemetry service <http://docs.openstack.org/admin-guide/common/"
"get_started_telemetry.html`>_ provides data collection service and alarming "

@ -6,11 +6,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Virtual Machine Image Guide 0.9\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-05-20 01:48+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:47+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-05-19 06:21+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-16 03:37+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese\n"
"Language: ja\n"
@ -87,6 +87,15 @@ msgstr ""
"ハイパーバイザーがイメージを起動するために最初に読み込むカーネルファイル。"
"Linux の場合、これは ``vmlinuz`` でしょう。"
msgid ""
"A potential consumer provides the producer with the consumer's tenant ID. "
"Optionally, the producer might request the consumer's email address for "
"notification purposes, but this is outside the scope of the API."
msgstr ""
"利用希望者は提供者に自分のテナント ID を伝えます。また、提供者が利用者に通知"
"用にメールアドレスを提供してもらうよう依頼するのもよいでしょう。ただし、これ"
"は API とは無関係のことです。"
msgid ""
"A single property and its primitive constraints. Each property can only be a "
"primitive type. For example, string, integer, number, boolean, or array."
@ -227,13 +236,6 @@ msgstr ""
"執筆時点で、Ubuntu 用 Oz パッケージはありません。ソースからインストールする"
"か、自分で .deb ファイルをビルドする必要があります。"
msgid ""
"As of this writing, we are not aware of other distributions that provide "
"images for download."
msgstr ""
"執筆時点では、ダウンロード用のイメージを提供している他のディストリビューショ"
"ンを把握していません。"
msgid ""
"As the OpenStack metadata service is compatible with version 2009-04-04 of "
"the Amazon EC2 metadata service, consult the Amazon EC2 documentation on "
@ -411,9 +413,6 @@ msgstr ""
msgid "CentOS directory: ``centos/7/os/x86_64``"
msgstr "CentOS ディレクトリー: ``centos/7/os/x86_64``"
msgid "CentOS images"
msgstr "CentOS イメージ"
msgid "Change the Ethernet status"
msgstr "Ethernet 状態の変更"
@ -429,9 +428,6 @@ msgstr ""
"インストールオプションを設定するために、VNC モードまたはテキストモードを選択"
"します。"
msgid "CirrOS (test) images"
msgstr "CirrOS (test) イメージ"
msgid ""
"CirrOS is a minimal Linux distribution that was designed for use as a test "
"image on clouds such as OpenStack Compute. You can download a CirrOS image "
@ -511,6 +507,16 @@ msgstr ""
"docs.openstack.org/cli-reference/glance.html#image-service-property-keys>`_ "
"を参照してください。"
msgid ""
"Communications between the image producer and the consumer, such as those "
"described in this example, must be arranged independently of the OpenStack "
"Images API. The consumer and producer can send notifications by using email, "
"phone, Twitter, or other channels."
msgstr ""
"OpenStack Image API とは別に、イメージ提供者と利用者の間で、この例で述べるよ"
"うな内容を連絡を取り合う必要があります。提供者と利用者の連絡には、電子メー"
"ル、電話、Twitter などのいろいろな方法が使用できることでしょう。"
msgid ""
"Complete the VirtIO drivers installation by running the following command:"
msgstr ""
@ -937,6 +943,30 @@ msgstr ""
"サーバーに SSH するために使用するアカウントが、libvirt を実行する権限を持た"
"ず、sudo 権限を持つ場合、次のとおり実行します。"
msgid ""
"If the consumer subsequently wants to hide the image, the consumer uses the "
"OpenStack Image API to change the image member status to ``rejected``. If "
"the consumer wants to hide the image, but is open to the possibility of "
"being reminded by the producer that the image is available, the consumer "
"uses the OpenStack Image API to change the image member status back to "
"``pending``, by using the ``Update image member`` API operation."
msgstr ""
"あとで利用者がそのイメージをイメージ一覧では隠しておきたくなった場合は、利用"
"者は OpenStack Image API を使ってイメージのメンバーステータスを ``rejected`` "
"に変更します。利用者がイメージは隠したいが、イメージが利用可能になったという"
"提供者からの通知がある状態にしておきたい場合は、 OpenStack Image API を使って"
"イメージのメンバーステータスを ``pending`` に戻します。 ``Update image "
"member`` API 操作を使います。"
msgid ""
"If the consumer wants the image to appear in the image list, the consumer "
"uses the OpenStack Image API to change the image member status to "
"``accepted``, by using the ``Update image member`` API operation."
msgstr ""
"利用者がそのイメージがイメージ一覧に表示されるようにしたい場合は、利用者は "
"OpenStack Image API を使ってイメージのメンバーステータスを ``accepted`` に変"
"更します。 ``Update image member`` API 操作を使います。"
msgid ""
"If the image has multiple partitions, use :command:`kpartx` to expose the "
"partitions as separate devices (for example, ``/dev/mapper/loop0p1``), then "
@ -1245,17 +1275,6 @@ msgstr ""
"x86_64-disk.img <http://download.cirros-cloud.net/0.3.4/cirros-0.3.4-x86_64-"
"disk.img>`_ です。"
msgid ""
"If your deployment uses QEMU or KVM, we recommend using the images in qcow2 "
"format. The most recent version of the 64-bit QCOW2 image for Ubuntu 14.04 "
"is `trusty-server-cloudimg-amd64-disk1.img <http://uec-images.ubuntu.com/"
"trusty/current/trusty-server-cloudimg-amd64-disk1.img>`_."
msgstr ""
"お使いの環境で QEMU や KVM を使用する場合、イメージを qcow2 形式で使用するこ"
"とを推奨します。最近の Ubuntu 14.04 の 64 ビット qcow2 イメージは `trusty-"
"server-cloudimg-amd64-disk1.img <http://uec-images.ubuntu.com/trusty/current/"
"trusty-server-cloudimg-amd64-disk1.img>`_ です。"
msgid ""
"If your image uses ``grub2`` as the boot loader, there should be a line in "
"the grub configuration file. For example, ``/boot/grub/grub.cfg``, which "
@ -1277,6 +1296,20 @@ msgstr ""
msgid "Image cache management configuration options"
msgstr "イメージキャッシュ管理の設定オプション"
msgid ""
"Image consumers can boot from any image shared by the image producer, "
"regardless of the member status, as long as the consumer knows the image ID."
msgstr ""
"イメージ利用者は、イメージの ID を知っていれば、メンバーステータスの値に関わ"
"らず、イメージ提供者から共有されたイメージからサーバーを起動できます。"
msgid ""
"Image consumers change their own member status, but they may not add or "
"remove themselves as an image member."
msgstr ""
"イメージ利用者は自分のメンバーステータスを変更できますが、イメージメンバーと"
"して自分を追加したり削除したりはできません。"
msgid "Image format"
msgstr "イメージ形式"
@ -1296,16 +1329,50 @@ msgstr ""
"ライバーにより使用されます。"
msgid ""
"Images are arranged by Ubuntu release, and by image release date, with "
"``current`` being the most recent. For example, the page that contains the "
"most recently built image for Ubuntu 14.04 Trusty Tahr is http://cloud-"
"images.ubuntu.com/trusty/current/. Scroll to the bottom of the page for "
"links to the images that can be downloaded directly."
"Image producers add members to images, or remove members from images, but "
"they may not modify the member status of an image member."
msgstr ""
"イメージ利用者は、イメージにメンバーを追加したり、イメージからメンバーを削除"
"したりしますが、イメージメンバーのメンバーステータスを変更することはできませ"
"ん。"
msgid ""
"Image producers and consumers are both OpenStack users, or projects. Image "
"producers create and share images with image consumers, allowing the "
"consumers to use the shared image when booting a server. The producer shares "
"an image with the consumer by making the consumer a member of that image. "
"The consumer then accepts or rejects the image by changing the image member "
"status. After it is accepted, the image appears in the consumer's image "
"list. As long as the consumer is a member of the image, the consumer can use "
"the image, regardless of the image member status, if the consumer knows the "
"image ID."
msgstr ""
"イメージ提供者と利用者はどちらも OpenStack ユーザーやプロジェクトです。イメー"
"ジ提供者はイメージの作成と共有を行い、イメージ利用者がサーバーの起動時に共有"
"されたイメージを使用できるようにします。提供者が利用者にイメージを共有するに"
"は、利用者をイメージのメンバーにします。次に、利用者は、イメージのメンバース"
"テータスを変更し、イメージの受理もしくは拒否を行います。受理されると、イメー"
"ジは利用者のイメージ一覧に表示されます。利用者がイメージのメンバーであれば、"
"イメージのメンバーステータスに関わらず、利用者はそのイメージを使用できます。"
"ただし、利用者がそのイメージの ID を知っている必要があります。"
msgid ""
"Image producers and consumers have different abilities and responsibilities "
"regarding image sharing, which the following list shows."
msgstr ""
"イメージは、Ubuntu のリリース、イメージのリリース日により配置されます。最新"
"は ``current`` になっています。例えば、Ubuntu 14.04 Trusty Tahr の最新イメー"
"ジのページは http://cloud-images.ubuntu.com/trusty/current/ です。ページの最"
"下部にスクロールすると、直接ダウンロードできるイメージへのリンクがあります。"
"イメージ提供者と利用者は、イメージ共有に関して異なる権限と責任があります。"
msgid ""
"Image producers and consumers view the status of image members. When listing "
"image members, the producers see all the image members, and the consumers "
"see only themselves."
msgstr ""
"イメージ提供者と利用者は、イメージのメンバーステータスを参照できます。イメー"
"ジメンバーを一覧表示すると、提供者ではすべてのイメージメンバーが表示され、利"
"用者では自分自身だけが表示されます。"
msgid "Image sharing"
msgstr "イメージの共有"
msgid ""
"In FreeBSD 10.1 the :command:`fetch` command verifies SSL peers by default, "
@ -1375,6 +1442,12 @@ msgid ""
"settings:"
msgstr ":guilabel:`設定オプション` ウィンドウで、以下の設定を変更します。"
msgid ""
"In the OpenStack Image API, the image member status serves three purposes:"
msgstr ""
"OpenStack Image API では、イメージのメンバーステータスは 3 つの役割を果たしま"
"す。"
msgid "In the ``/var/log/compute/compute.log`` file, look for the identifier:"
msgstr "``/var/log/compute/compute.log`` ファイルで識別子を検索します。"
@ -1528,9 +1601,6 @@ msgid "Microsoft Hyper-V uses the VHD (Virtual Hard Disk) format for images."
msgstr ""
"Microsoft Hyper-V は、イメージに VHD (Virtual Hard Disk) 形式を使用します。"
msgid "Microsoft Windows images"
msgstr "Microsoft Windows イメージ"
msgid "Minimize boot delay:"
msgstr "ブート遅延を最小化します。"
@ -1652,24 +1722,6 @@ msgstr "OVF"
msgid "Object"
msgstr "オブジェクト"
msgid "Official Debian images"
msgstr "公式 Debian イメージ"
msgid "Official Fedora images"
msgstr "Fedora 公式イメージ"
msgid "Official Red Hat Enterprise Linux images"
msgstr "Red Hat Enterprise Linux 公式イメージ"
msgid "Official Ubuntu images"
msgstr "Ubuntu 公式イメージ"
msgid "Official images from other Linux distributions"
msgstr "他の Linux ディストリビューションの公式イメージ"
msgid "Official openSUSE and SLES images"
msgstr "openSUSE、SLES 公式イメージ"
msgid ""
"On Fedora-based systems, such as RHEL and CentOS, and on openSUSE, run this "
"command:"
@ -1722,6 +1774,13 @@ msgstr "OpenStack 仮想マシンイメージガイド"
msgid "Optionally, add users."
msgstr "オプションとして、ユーザーを追加します。"
msgid ""
"Optionally, the producer notifies the consumer that the image has been "
"shared and provides the image's ID (UUID)."
msgstr ""
"追加で、提供者は、利用者にイメージが共有されたことを通知し、イメージの ID "
"(UUID) を伝えることもできます。"
msgid "Oz"
msgstr "Oz"
@ -1915,19 +1974,6 @@ msgstr "SSH サーバーの実行"
msgid "SUSE Studio"
msgstr "SUSE Studio"
msgid ""
"SUSE provides images for `openSUSE <http://download.opensuse.org/"
"repositories/Cloud:/Images:/>`_. For SUSE Linux Enterprise Server (SLES), "
"custom images can be built with a web-based tool called `SUSE Studio "
"<https://susestudio.com>`_. SUSE Studio can also be used to build the custom "
"openSUSE images."
msgstr ""
"SUSE は `openSUSE <http://download.opensuse.org/repositories/Cloud:/Images:/"
">`_ 用のイメージを提供します。SUSE Linux Enterprise Server (SLES) の場合、カ"
"スタムイメージを `SUSE Studio <https://susestudio.com>`_ という Web ベースの"
"ツールで構築できます。SUSE Studio は、openSUSE のカスタムイメージを構築するた"
"めにも使用できます。"
msgid "Search in this guide"
msgstr "ガイド内検索"
@ -2011,6 +2057,9 @@ msgstr "コンソールをセットアップします。"
msgid "Set up the installation destination as shown below:"
msgstr "以下に示すとおり、インストール先をセットアップします。"
msgid "Sharing an image"
msgstr "イメージの共有手順"
msgid "Shut down the instance"
msgstr "インスタンスのシャットダウン"
@ -2018,19 +2067,6 @@ msgid "Shut down the instance from inside the instance as a root user:"
msgstr ""
"インスタンス内から root ユーザーとしてインスタンスをシャットダウンします。"
msgid ""
"Since January 2015, `Debian provides images for direct download <http://"
"cdimage.debian.org/cdimage/openstack/>`_. They are now made at the same time "
"as the CD and DVD images of Debian. Therefore, images are available on each "
"point release of Debian. Also, weekly images of the testing distribution are "
"available."
msgstr ""
"2015 年 1 月以降、`Debian は直接ダウンロードできるイメージを提供しています "
"<http://cdimage.debian.org/cdimage/openstack/>`_ 。今のところ、Debian の CD/"
"DVD イメージと同時に作成されています。そのため、イメージが Debian の各ポイン"
"トリリースにおいて利用できます。また、テストディストリビューションの週次イ"
"メージも利用できます。"
msgid "Software selection: OpenSSH server"
msgstr "ソフトウェア選択: OpenSSH サーバー"
@ -2320,15 +2356,6 @@ msgstr ""
"version 2) 形式は、KVM ハイパーバイザーで一般的に使用されます。raw 形式に加え"
"て、以下のような追加機能があります。"
msgid ""
"The `Ubuntu Server Guide <https://help.ubuntu.com/12.04/serverguide/jeos-and-"
"vmbuilder.html>`_ has documentation on how to use VMBuilder to create an "
"Ubuntu image."
msgstr ""
"`Ubuntu Server Guide <https://help.ubuntu.com/12.04/serverguide/jeos-and-"
"vmbuilder.html>`_ には、VMBuilder を使用して Ubuntu イメージを作成する方法が"
"説明されています。"
msgid ""
"The ``-X`` flag passed to ssh will enable X11 forwarding over ssh. If this "
"does not work, try replacing it with the ``-Y`` flag."
@ -2506,6 +2533,10 @@ msgstr ""
"以下の図は、1 GB 仮想ディスクを持つ、完成したパーティションテーブルを示しま"
"す。"
msgid ""
"The following procedure is a workflow for image sharing after image creation."
msgstr "以下は、イメージ作成後にイメージの共有を行う流れです。"
msgid "The image does not have a container or metadata envelope."
msgstr "コンテナーやメタデータを持たないイメージです。"
@ -2530,6 +2561,33 @@ msgstr ""
"す。これにより、このイメージを使用して展開された新規インスタンスの起動時に、"
"ホスト名が設定されます。"
msgid "The member status can be used to filter the consumer's image list."
msgstr ""
"利用者のイメージ一覧のフィルタリングに、メンバーステータスを使用できます。"
msgid ""
"The member status controls whether image appears in the consumer's image "
"list. If the image member status is ``accepted``, the image appears in the "
"consumer's image list. Otherwise, the image does not appear in the image "
"list. The image may still be used as long as the consumer knows the image ID."
msgstr ""
"メンバーステータスにより、イメージが利用者のイメージ一覧に表示されるかが決ま"
"ります。イメージのメンバーステータスが ``accepted`` の場合、そのイメージは利"
"用者のイメージ一覧に表示されます。それ以外の場合、そのイメージはイメージ一覧"
"に表示されません。この場合でも、利用者がイメージの ID を知っていれば、そのイ"
"メージを使用できます。"
msgid ""
"The member status lets the producer know whether the consumer has seen and "
"acted on the shared image. If the status is ``accepted`` or ``rejected``, "
"the consumer has definitely seen the shared image. If the status is "
"``pending``, the consumer may not be aware that an image was shared."
msgstr ""
"メンバーステータスにより、提供者は利用者が共有されたイメージを見たかや応答し"
"たかが分かります。ステータスが ``accepted`` か ``rejected`` の場合、利用者は"
"その共有されたイメージを確実に見ています。ステータスが ``pending`` の場合、利"
"用者はそのイメージが共有されたことに気づいていないかもしれません。"
msgid ""
"The minimum supported disk size for FreeBSD is 1 GB. Because the goal is to "
"make the smallest possible base image, the example uses that minimum size. "
@ -2601,6 +2659,20 @@ msgstr ""
"データ」の取得を行いません。ユーザーデータは、インスタンスの起動時に、カスタ"
"ムスクリプトを実行するためにしばしば使用されます。"
msgid ""
"The producer posts the availability of specific images for consumers to "
"review."
msgstr ""
"提供者は、あるイメージが利用可能になったことを利用者に伝えてレビューしてもら"
"います。"
msgid ""
"The producer shares the image with the consumer, by using the ``Create "
"image member`` API operation."
msgstr ""
"``Create image member`` API 操作を使って、提供者は利用者とイメージを共有しま"
"す。"
msgid ""
"The simplest way to obtain a virtual machine image that works with OpenStack "
"is to download one that someone else has already created. Most of the images "
@ -3125,9 +3197,6 @@ msgstr "VHD (Hyper-V)"
msgid "VHDX"
msgstr "VHDX"
msgid "VMBuilder"
msgstr "VMBuilder"
msgid "VMDK"
msgstr "VMDK"
@ -3664,19 +3733,6 @@ msgstr ""
"ションとして SUSE Linux Enterprise と openSUSE を使用した OpenStack ベースの"
"クラウド用のイメージを構築できます。"
msgid ""
"`VMBuilder <https://launchpad.net/vmbuilder>`_ (Virtual Machine Builder) is "
"a command-line tool that creates virtual machine images for different "
"hypervisors. The version of VMBuilder that ships with Ubuntu can only create "
"Ubuntu virtual machine guests. The version of VMBuilder that ships with "
"Debian can create Ubuntu and Debian virtual machine guests."
msgstr ""
"`VMBuilder <https://launchpad.net/vmbuilder>`_ (Virtual Machine Builder) は、"
"さまざまなハイパーバイザー向けの仮想マシンイメージを作成するコマンドライン"
"ツールです。Ubuntu に同梱されている VMBuilder のバージョンは、Ubuntu 仮想マシ"
"ンゲストのみを作成できます。Debian に同梱されている VMBuilder のバージョン"
"は、Ubuntu と Debian の仮想マシンゲストを作成できます。"
msgid ""
"`VeeWee <https://github.com/jedi4ever/veewee>`_ is often used to build "
"`Vagrant <http://vagrantup.com>`_ boxes, but it can also be used to build "
@ -3759,6 +3815,17 @@ msgstr ""
"`cloud-utils <https://launchpad.net/cloud-utils>`_ パッケージ。パーティション"
"を拡張するための ``growpart`` ツールを含みます。"
msgid ""
"`image-bootstrap <https://github.com/hartwork/image-bootstrap>`_ is a "
"command line tool that generates bootable virtual machine images with "
"support of Arch, Debian, Gentoo, Ubuntu, and is prepared for use with "
"OpenStack."
msgstr ""
"`image-bootstrap <https://github.com/hartwork/image-bootstrap>`_ は、ブート可"
"能な仮想マシンイメージを生成するコマンドラインツールです。 Arch、 Debian、 "
"Gentoo、 Ubuntu に対応しており、 OpenStack で利用できるイメージを生成できま"
"す。"
msgid ""
"`imagefactory <http://imgfac.org/>`_ is a newer tool designed to automate "
"the building, converting, and uploading images to different cloud providers. "
@ -3841,6 +3908,9 @@ msgstr "guestfish"
msgid "guestmount"
msgstr "guestmount"
msgid "image-bootstrap"
msgstr "image-bootstrap"
msgid "imagefactory"
msgstr "imagefactory"

@ -16,11 +16,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Installation Guide 0.1\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-06 05:25+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:47+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-05-31 04:24+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-10 11:15+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
@ -494,15 +494,15 @@ msgid ""
"file in the configuration file directory of each OpenStack service. The "
"default policy for most services grants administrative access to the "
"``admin`` role. For more information, see the `OpenStack Operations Guide - "
"Managing Projects and Users <http://docs.openstack.org/openstack-ops/content/"
"projects_users.html>`__."
"Managing Projects and Users <http://docs.openstack.org/ops-guide/"
"ops_projects_users.html>`__."
msgstr ""
"作成したロールは、各 OpenStack サービスの設定ファイルディレクトリーにある "
"``policy.json`` ファイルに指定されたロールに対応している必要があります。ほと"
"んどのサービスに対するデフォルトのポリシーでは、管理アクセス権が ``admin`` "
"ロールに付与されています。詳細は、`OpenStack Operations Guide - Managing "
"Projects and Users <http://docs.openstack.org/openstack-ops/content/"
"projects_users.html>`__ を参照してください。"
"Projects and Users <http://docs.openstack.org/ops-guide/ops_projects_users."
"html>`__ を参照してください。"
msgid "Appendix"
msgstr "付録"
@ -1205,8 +1205,8 @@ msgid ""
"Create and edit the ``/etc/my.cnf.d/openstack.cnf`` file and complete the "
"following actions:"
msgstr ""
"ファイル ``/etc/my.cnf.d/openstack.cnf `` を作成、編集し、以下の作業をすべて"
"います。"
"ファイル ``/etc/my.cnf.d/openstack.cnf`` を作成、編集し、以下の作業をすべて"
"います。"
msgid ""
"Create and edit the ``/etc/mysql/conf.d/openstack.cnf`` file and complete "
@ -2285,12 +2285,12 @@ msgstr ""
msgid ""
"For more information about the Networking service including virtual "
"networking components, layout, and traffic flows, see the `Networking Guide "
"<http://docs.openstack.org/mitaka/networking-guide/>`__."
"networking components, layout, and traffic flows, see the `OpenStack "
"Networking Guide <http://docs.openstack.org/mitaka/networking-guide/>`__."
msgstr ""
"仮想ネットワークのコンポーネント、 配置、トラフィックの流れなどの Networking "
"サービスに関する詳細は、 `ネットワークガイド <http://docs.openstack.org/"
"mitaka/networking-guide/>`__ を参照してください。"
"サービスに関する詳細は、 `OpenStack ネットワークガイド <http://docs."
"openstack.org/mitaka/networking-guide/>`__ を参照してください。"
# #-#-#-#-# swift-controller-node.pot (Installation Guide 0.1) #-#-#-#-#
# #-#-#-#-# swift-storage-node.pot (Installation Guide 0.1) #-#-#-#-#
@ -2306,13 +2306,13 @@ msgstr ""
msgid ""
"For more information on production architectures, see the `Architecture "
"Design Guide <http://docs.openstack.org/arch-design/>`__, `OpenStack "
"Operations Guide <http://docs.openstack.org/ops/>`__, and `Networking Guide "
"<http://docs.openstack.org/mitaka/networking-guide/>`__."
"Operations Guide <http://docs.openstack.org/ops/>`__, and `OpenStack "
"Networking Guide <http://docs.openstack.org/mitaka/networking-guide/>`__."
msgstr ""
"本番環境のアーキテクチャーの詳細は、`Architecture Design Guide <http://docs."
"openstack.org/arch-design/>`__、`OpenStack Operations Guide <http://docs."
"openstack.org/ops/>`__、`Networking Guide <http://docs.openstack.org/mitaka/"
"networking-guide/>`__ を参照してください。"
"openstack.org/arch-design/>`__、`OpenStack 運用ガイド <http://docs.openstack."
"org/ops/>`__、`OpenStack ネットワークガイド <http://docs.openstack.org/"
"mitaka/networking-guide/>`__ を参照してください。"
msgid ""
"For more information, see the `Configuration Reference <http://docs."
@ -2714,18 +2714,18 @@ msgstr ""
msgid ""
"If your instance does not launch or seem to work as you expect, see the "
"`Instance Boot Failures <http://docs.openstack.org/openstack-ops/content/"
"instances.html#instance_boot_failures>`__ section in OpenStack Operations "
"`Instance Boot Failures <http://docs.openstack.org/ops-guide/"
"ops_maintenance_compute.html#instances>`__ section in OpenStack Operations "
"Guide for more information or use one of the :doc:`many other options "
"<common/app_support>` to seek assistance. We want your first installation to "
"work!"
msgstr ""
"インスタンスが起動しない場合や期待通り動作しない場合、詳細は OpenStack "
"Operations Guide の `Instance Boot Failures <http://docs.openstack.org/"
"openstack-ops/content/instances.html#instance_boot_failures>`__ セクションを"
"参照してください。または、支援を得るために :doc:`他の多くの方法 <common/"
"app_support>` を利用してください。はじめてのインストール環境が正しく動作する"
"ことを期待しています。"
"Operations Guide の `Instance Boot Failures <http://docs.openstack.org/ops-"
"guide/ops_maintenance_compute.html#instances>`__ セクションを参照してくださ"
"い。または、支援を得るために :doc:`他の多くの方法 <common/app_support>` を利"
"用してください。はじめてのインストール環境が正しく動作することを期待していま"
"す。"
msgid ""
"If your storage nodes use LVM on the operating system disk, you must also "
@ -3907,6 +3907,20 @@ msgstr ""
"volumes`` を含むデバイスのみをスキャンするように、LVM を再設定する必要があり"
"ます。``/etc/lvm/lvm.conf`` ファイルを編集し、以下の作業をすべて行います。"
msgid "OpenStack Installation Tutorial for Debian"
msgstr "OpenStack インストールチュートリアル Debian 版"
msgid "OpenStack Installation Tutorial for Red Hat Enterprise Linux and CentOS"
msgstr ""
"OpenStack インストールチュートリアル Red Hat Enterprise Linux、CentOS 版"
msgid "OpenStack Installation Tutorial for Ubuntu"
msgstr "OpenStack インストールチュートリアル Ubuntu 版"
msgid "OpenStack Installation Tutorial for openSUSE and SUSE Linux Enterprise"
msgstr ""
"OpenStack インストールチュートリアル openSUSE、SUSE Linux Enterprise 版"
msgid ""
"OpenStack Networking (neutron) manages all networking facets for the Virtual "
"Networking Infrastructure (VNI) and the access layer aspects of the Physical "
@ -4844,6 +4858,16 @@ msgstr ""
"<#debconf-api-endpoints>`__ 、 `メッセージキューのクレデンシャル <#debconf-"
"rabbitmq>`__ のプロンプトに答えます。"
msgid ""
"Respond to prompts for debconf, which will fill the below database access "
"directive."
msgstr ""
"debconf のプロンプトに答えます。入力した内容は、以下のデータベースアクセスの"
"ディレクティブに設定されます。"
msgid "Respond to prompts for debconf."
msgstr "debconf のプロンプトに答えます。"
msgid "Respond to prompts for web server configuration."
msgstr "ウェブサーバー設定のプロンプトに答えます。"
@ -5510,6 +5534,17 @@ msgstr ""
"Database サービス (trove) は、データベースエンジンをクラウドに展開する機能を"
"提供します。"
msgid ""
"The Identity service authentication mechanism for services uses Memcached to "
"cache tokens. The memcached service typically runs on the controller node. "
"For production deployments, we recommend enabling a combination of "
"firewalling, authentication, and encryption to secure it."
msgstr ""
"Identity サービスのサービス用の認証機構は、トークンをキャッシュするために "
"memcached を使用します。 memcached サービスは通常コントローラーノードで実行し"
"ます。本番環境では、安全性のため、ファイアウォール、認証、暗号化を組み合わせ"
"て利用することを推奨します。"
msgid ""
"The Identity service manages a catalog of API endpoints associated with the "
"services in your OpenStack environment. Services use this catalog to "
@ -7032,7 +7067,7 @@ msgid ""
"provider>` before the self-service network."
msgstr ""
"セルフサービスネットワークの前に :ref:`プロバイダーネットワークを作成する "
"<launch-instance-networks-public>` 必要があります。"
"<launch-instance-networks-provider>` 必要があります。"
msgid ""
"You must add the ``heat_stack_owner`` role to each user that manages stacks."

@ -27,12 +27,12 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Installation Guide 0.1\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-06 05:25+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:47+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-05-10 11:57+0000\n"
"Last-Translator: Sungjin Kang <gang.sungjin@gmail.com>\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-10 09:27+0000\n"
"Last-Translator: Ian Y. Choi <ianyrchoi@gmail.com>\n"
"Language: ko-KR\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
"X-Generator: Zanata 3.7.3\n"
@ -2276,15 +2276,6 @@ msgstr ""
"보다 자세한 시스템 요구사항과 관련된 정보는 `OpenStack Operations Guide "
"<http://docs.openstack.org/ops/>`_ 를 살펴봅니다."
msgid ""
"For more information about the Networking service including virtual "
"networking components, layout, and traffic flows, see the `Networking Guide "
"<http://docs.openstack.org/mitaka/networking-guide/>`__."
msgstr ""
"네트워킹 서비스에 포함된 가상 네트워킹 구성 요소, 레이아웃, 트래픽 흐름에 대"
"한 더 많은 정보는 `Networking Guide <http://docs.openstack.org/mitaka/"
"networking-guide/>`__ 를 확인하십시오."
# auto translated by TM merge from project: openstack-manuals, version: stable-liberty, DocId: doc/install-guide/source/locale/install-guide
msgid ""
"For more information on other modules that enable additional features, see "
@ -2563,8 +2554,8 @@ msgid ""
"supports hardware acceleration which typically requires no additional "
"configuration."
msgstr ""
"명령에대해 ``one or greater`` 값으로 반환되면, compute 노드에서 하드웨어 가속"
"을 지원하는 것이니 추가적인 구성이 필요하지 않습니다."
"해당 명령어가 ``1 이상`` 의 값을 반환하는 경우에는, compute 노드에서 하드웨"
"어 가속을 지원하여 보통 추가적인 구성을 필요로 하지 않습니다."
# auto translated by TM merge from project: openstack-manuals, version: stable-liberty, DocId: doc/install-guide/source/locale/install-guide
msgid ""

@ -34,12 +34,12 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Operations Guide 0.0.1\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-04 19:43+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:47+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-05 12:05+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-16 05:28+0000\n"
"Last-Translator: Shu Muto <shu-mutou@rf.jp.nec.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
"X-Generator: Zanata 3.7.3\n"
@ -188,6 +188,9 @@ msgstr "**デフォルトのクォータ値の表示と更新**"
msgid "**To view quota values for a tenant (project)**"
msgstr "**テナント (プロジェクト) のクォータ値の表示**"
msgid "**Use when you need**"
msgstr "**用途**"
msgid "*Actions which delete things should not be enabled by default.*"
msgstr "*何かを削除する操作はデフォルトで有効化されるべきではない。*"
@ -473,7 +476,7 @@ msgid ""
"options for both legacy ``nova-network`` options and an equivalent neutron "
"configuration."
msgstr ""
":ref:`table_networking_deployment`は、レガシーな ``nova-network`` のオプショ"
":ref:`table_networking_deployment` は、レガシーな ``nova-network`` のオプショ"
"ンとそれと同等な neutron 構成オプションについて述べます。"
msgid ""
@ -763,7 +766,7 @@ msgstr ""
"だった。しかし、この機能を有効にすると最終的にどうなるのかEssex ではこの機"
"能がデフォルトで無効化されていた。そうあるべきであったからだ。これは、 "
"`Folsom で有効になることが決定された <https://bugs.launchpad.net/nova/"
"+bug/1029674> `_ (https://bugs.launchpad.net/nova/+bug/1029674)。私はそうある"
"+bug/1029674>`_ (https://bugs.launchpad.net/nova/+bug/1029674)。私はそうある"
"べきとは思わない。何故なら"
msgid "A few nights later, it happened again."
@ -1168,6 +1171,9 @@ msgstr "イメージの追加"
msgid "Adding Projects"
msgstr "プロジェクトの追加"
msgid "Adding Signed Images"
msgstr "署名済みイメージの追加"
msgid "Adding a Compute Node"
msgstr "コンピュートノードの追加"
@ -2356,9 +2362,9 @@ msgid ""
"server` is a good thing. Traditional HTTP load-balancing techniques can be "
"used to achieve a highly available ``nova-api`` service."
msgstr ""
"データベースやメッセージキューのように、1台以上の :term:``API サーバー`` を"
"設置する事は良い案です。``nova-api`` サービスを高可用にするために、伝統的な "
"HTTP 負荷分散技術を利用することができます。"
"データベースやメッセージキューのように、1台以上の :term:`API サーバー <API "
"server>` を設置する事は良い案です。``nova-api`` サービスを高可用にするため"
"に、伝統的な HTTP 負荷分散技術を利用することができます。"
msgid ""
"As with most architecture choices, the right answer depends on your "
@ -3192,8 +3198,9 @@ msgid ""
msgstr ""
"クラウドコンピューティングは非常に高度な話題です。また、本書は多くの基礎知識"
"を必要とします。しかしながら、クラウドコンピューティングに慣れていない場合、"
"本書の最後にある :doc:`common` 、OpenStack のオンラインドキュメント、 :doc:"
"`app_resources` にある本書で参照されている参考資料を使うことを推奨します。"
"本書の最後にある :doc:`common/glossary` 、OpenStack のオンラインドキュメン"
"ト、 :doc:`app_resources` にある本書で参照されている参考資料を使うことを推奨"
"します。"
msgid "Cloud controller"
msgstr "クラウドコントローラー"
@ -3509,12 +3516,12 @@ msgid ""
msgstr ""
"仮想化サポートがあるかどうかについては、ベンダーの文書を参照してください。"
"Intel については `“Does my processor support Intel® Virtualization "
"Technology?”<http://www.intel.com/support/processors/sb/cs-030729.htm>`_ を"
"認してください。AMD については `AMD Virtualization <http://www.amd.com/en-us/"
"innovations/software-technologies/server-solution/virtualization>`_ を確認"
"てください。CPU が仮想化をサポートしていても無効になっている場合があること"
"注意してください。また、CPU 機能を有効にする方法はお使いのシステムの BIOS "
"文書を参照してください。"
"Technology?” <http://www.intel.com/support/processors/sb/cs-030729.htm>`_ を"
"認してください。AMD については `AMD Virtualization <http://www.amd.com/en-"
"us/innovations/software-technologies/server-solution/virtualization>`_ を確認"
"てください。CPU が仮想化をサポートしていても無効になっている場合があること"
"注意してください。また、CPU 機能を有効にする方法はお使いのシステムの BIOS "
"文書を参照してください。"
msgid "Container quotas"
msgstr "コンテナーのクォータ"
@ -4721,7 +4728,7 @@ msgid ""
msgstr ""
"neutronプロジェクトを使用したOpenStackネットワークのための代表的な構成は物理"
"ハードウェアを使った物、ソフトウェア定義の環境を使用して再作成できるものを"
"使ったセットアップ方法を文書化されています。それぞれのテナントはルータや:"
"使ったセットアップ方法を文書化されています。それぞれのテナントはルータ :"
"term:`DHCP` サービスと言った一般的なネットワーク構成要素を提供する事ができま"
"す。"
@ -4730,7 +4737,7 @@ msgid ""
"your cloud, see :doc:`ops_logging_monitoring`."
msgstr ""
"クラウドからメトリクスを抽出する方法など、メトリクスの追跡については、 :doc:"
"`ops_logging_monitoring ` を参照してください。"
"`ops_logging_monitoring` を参照してください。"
msgid ""
"For an example of instance metadata, users can generate and register SSH "
@ -5770,6 +5777,15 @@ msgstr ""
"タが Object Storage 環境内の他のディスクにも複製されていることを前提にしてい"
"ます。"
msgid ""
"If a storage node requires a reboot, simply reboot it. Requests for data "
"hosted on that node are redirected to other copies while the server is "
"rebooting."
msgstr ""
"ストレージノードを再起動する必要がある場合、単に再起動します。そのノードに配"
"置されているデータへのリクエストは、そのサーバーが再起動している間、別のコ"
"ピーにリダイレクトされます。"
msgid ""
"If a user tries to create a volume and the volume immediately goes into an "
"error state, the best way to troubleshoot is to grep the cinder log files "
@ -5932,8 +5948,8 @@ msgid ""
"If there is not enough information in the existing logs, you may need to add "
"your own custom logging statements to the ``nova-*`` services."
msgstr ""
"十分な情報が既存のログにない場合、独自のロギング宣言を``nova-*`` サービスに"
"加する必要があるかもしれません。"
"十分な情報が既存のログにない場合、独自のロギング宣言を ``nova-*`` サービスに"
"加する必要があるかもしれません。"
msgid ""
"If there's a suspicious-looking dnsmasq log message, take a look at the "
@ -5992,9 +6008,9 @@ msgid ""
"If you are using ``nova-network`` and multi-host networking in your cloud "
"environment, ``nova-compute`` still requires direct access to the database."
msgstr ""
"あなたのクラウド環境で、``nova-network``とマルチホストネットワークを使用し"
"いる場合、 ``nova-compute``は現在もデータベースへの直接アクセスを必要とし"
"す。"
"あなたのクラウド環境で、 ``nova-network`` とマルチホストネットワークを使用し"
"いる場合、 ``nova-compute`` は現在もデータベースへの直接アクセスを必要とし"
"す。"
msgid ""
"If you are using cinder, run the following command to see a similar listing:"
@ -6054,10 +6070,10 @@ msgid ""
"associated with VMs are \"ephemeral,\" meaning that (from the user's point "
"of view) they effectively disappear when a virtual machine is terminated."
msgstr ""
"OpenStack Compute サービス (nova) のみをデプロイする場合、デフォルトでは、ど"
"のような形式の永続ストレージにもアクセスできません。仮想マシンに関連付けされ"
"ているディスクは一時的です。つまり、(ユーザー視点から) 仮想マシンが終了される"
"とこのストレージは効率的に表示がなくなります。"
"OpenStack :term:`Compute サービス <Compute service>` (nova) のみをデプロイす"
"る場合、デフォルトでは、どのような形式の永続ストレージにもアクセスできませ"
"ん。仮想マシンに関連付けされているディスクは一時的です。つまり、(ユーザー視点"
"から) 仮想マシンが終了されるとこのストレージは効率的に表示がなくなります。"
msgid ""
"If you do not follow last three steps, OpenStack Compute cannot manage the "
@ -6161,9 +6177,9 @@ msgid ""
"from the upstream git repository using the :option:`-e` flag. You must "
"specify a name for the Python egg that is installed. For example:"
msgstr ""
"もし新しいバージョンのクライアントが必要な場合、:option:`-e`フラグを指定す"
"ことで、アップストリームのgitリポジトリから直接導入できます。その際は、"
"Python egg名を指定しなければいけません。例えば、"
"もし新しいバージョンのクライアントが必要な場合、 :option:`-e` フラグを指定す"
"ことで、アップストリームの git リポジトリから直接導入できます。その際は、"
"Python egg 名を指定しなければいけません。例えば、"
msgid ""
"If you need to reboot a compute node due to planned maintenance, such as a "
@ -6502,13 +6518,13 @@ msgid ""
msgstr ""
"この本以外にも、OpenStack に関する情報源はたくさんあります。 `OpenStack ウェ"
"ブサイト <http://www.openstack.org/>`_ は最初に見るといいでしょう。ここに"
"は、 `OpenStack ドキュメント<http://docs.openstack.org/>`_ と `OpenStack API "
"ドキュメント <http://developer.openstack.org/>`_ があり、OpenStack に関する技"
"術情報が提供されています。 `OpenStack wiki <https://wiki.openstack.org/wiki/"
"Main_Page>`_ には、OpenStack の各プロジェクトの範囲にとどらまらない汎用的な情"
"報が多数あり、例えば `推奨ツール <https://wiki.openstack.org/wiki/Operations/"
"Tools>`_ といった情報も載っています。最後に、 `Planet OpenStack <http://"
"planet.openstack.org/>`_ には多くのブログが集められています。"
"は、 `OpenStack ドキュメント <http://docs.openstack.org/>`_ と `OpenStack "
"API ドキュメント <http://developer.openstack.org/>`_ があり、OpenStack に関す"
"る技術情報が提供されています。 `OpenStack wiki <https://wiki.openstack.org/"
"wiki/Main_Page>`_ には、OpenStack の各プロジェクトの範囲にとどらまらない汎用"
"的な情報が多数あり、例えば `推奨ツール <https://wiki.openstack.org/wiki/"
"Operations/Tools>`_ といった情報も載っています。最後に、 `Planet OpenStack "
"<http://planet.openstack.org/>`_ には多くのブログが集められています。"
msgid ""
"In addition, consider remote power control as well. While IPMI usually "
@ -6621,14 +6637,14 @@ msgid ""
"bottleneck because database requests are fulfilled serially rather than in "
"parallel."
msgstr ""
"以前のバージョンのOpenStackではすべての``nova-compute``サービスはクラウドコ"
"トローラーに搭載されたデータベースに直接アクセスする必要がありました。これ"
"セキュリティとパフォーマンスという2つの問題を抱えていました。セキュリティに"
"してはもしコンピュートノードに侵入された場合、アタッカーはデータベースにア"
"セスできてしまいます。パフォーマンスに関しては、``nova-compute``はデータベー"
"スの呼び出しをシングルスレッドで行い、他の呼び出しをブロックする点です。デー"
"タベースリクエストはシリアルリクエストよりパラレルリクエストの方が効率がいい"
"のでこの点はパフォーマンスのボトルネックになります。"
"以前のバージョンのOpenStackではすべての ``nova-compute`` サービスはクラウドコ"
"トローラーに搭載されたデータベースに直接アクセスする必要がありました。これ"
"セキュリティとパフォーマンスという2つの問題を抱えていました。セキュリティに"
"してはもしコンピュートノードに侵入された場合、アタッカーはデータベースにア"
"セスできてしまいます。パフォーマンスに関しては、 ``nova-compute`` はデータ"
"ベースの呼び出しをシングルスレッドで行い、他の呼び出しをブロックする点です。"
"データベースリクエストはシリアルリクエストよりパラレルリクエストの方が効率が"
"いいのでこの点はパフォーマンスのボトルネックになります。"
msgid ""
"In the remainder of this guide, we assume that you have successfully "
@ -7371,9 +7387,9 @@ msgid ""
"is an important design consideration to take into account before commencing "
"operations of your cloud."
msgstr ""
"ロギングの詳細は、:doc:`logging_monitoring` で包括的に記載しています。た"
"し、クラウドの運用を開始する前に、重要な設計に関する事項について考慮してい"
"必要があります。"
"ロギングの詳細は、:doc:`ops_logging_monitoring` で包括的に記載しています。た"
"し、クラウドの運用を開始する前に、重要な設計に関する事項について考慮してい"
"必要があります。"
msgid ""
"Logical separation within your nova deployment for physical isolation or "
@ -7467,10 +7483,10 @@ msgid "Make another storage endpoint on the same system"
msgstr "同じシステムに別のストレージエンドポイントの作成"
msgid "Make sure you are in the ``devstack`` directory:"
msgstr "``devstack``ディレクトリーにいることを確認します。"
msgstr "``devstack`` ディレクトリーにいることを確認します。"
msgid "Make sure you're in the ``devstack`` directory:"
msgstr "``devstack``ディレクトリーにいることを確認します。"
msgstr "``devstack`` ディレクトリーにいることを確認します。"
msgid "Manage Access To Shares"
msgstr "共有へのアクセス権の管理"
@ -7718,8 +7734,8 @@ msgid ""
"to procure. :doc:`ops_logging_monitoring` details some useful metrics."
msgstr ""
"リソース利用状況の監視とユーザー増加の監視によって、(追加機材の)調達時期を"
"知ることができます。 :term:`capability` でいくつかの有用な監視項目を詳しく解"
"説します。"
"知ることができます。 :doc:`ops_logging_monitoring` でいくつかの有用な監視項目"
"を詳しく解説します。"
msgid "Monthly"
msgstr "月次"
@ -7760,24 +7776,24 @@ msgstr ""
msgid ""
"Most OpenStack services communicate with each other using the *message "
"queue*.messages design considerationsdesign considerations message queues "
"For example, Compute communicates to block storage services and networking "
"services through the message queue. Also, you can optionally enable "
"notifications for any service. RabbitMQ, Qpid, and Zeromq are all popular "
"choices for a message-queue service. In general, if the message queue fails "
"or becomes inaccessible, the cluster grinds to a halt and ends up in a read-"
"only state, with information stuck at the point where the last message was "
"sent. Accordingly, we recommend that you cluster the message queue. Be aware "
"that clustered message queues can be a pain point for many OpenStack "
"deployments. While RabbitMQ has native clustering support, there have been "
"reports of issues when running it at a large scale. While other queuing "
"solutions are available, such as Zeromq and Qpid, Zeromq does not offer "
"stateful queues. Qpid is the messaging system of choice for Red Hat and its "
"derivatives. Qpid does not have native clustering capabilities and requires "
"a supplemental service, such as Pacemaker or Corsync. For your message "
"queue, you need to determine what level of data loss you are comfortable "
"with and whether to use an OpenStack project's ability to retry multiple MQ "
"hosts in the event of a failure, such as using Compute's ability to do so."
"queue*. For example, Compute communicates to block storage services and "
"networking services through the message queue. Also, you can optionally "
"enable notifications for any service. RabbitMQ, Qpid, and Zeromq are all "
"popular choices for a message-queue service. In general, if the message "
"queue fails or becomes inaccessible, the cluster grinds to a halt and ends "
"up in a read-only state, with information stuck at the point where the last "
"message was sent. Accordingly, we recommend that you cluster the message "
"queue. Be aware that clustered message queues can be a pain point for many "
"OpenStack deployments. While RabbitMQ has native clustering support, there "
"have been reports of issues when running it at a large scale. While other "
"queuing solutions are available, such as Zeromq and Qpid, Zeromq does not "
"offer stateful queues. Qpid is the messaging system of choice for Red Hat "
"and its derivatives. Qpid does not have native clustering capabilities and "
"requires a supplemental service, such as Pacemaker or Corsync. For your "
"message queue, you need to determine what level of data loss you are "
"comfortable with and whether to use an OpenStack project's ability to retry "
"multiple MQ hosts in the event of a failure, such as using Compute's ability "
"to do so."
msgstr ""
"多くのOpenStackサービスは*メッセージキュー*を使用してお互いと通信をしていま"
"す。例えば、コンピュートはメッセージキューを通じてブロックストレージサービス"
@ -8131,7 +8147,7 @@ msgid ""
"Not entirely network specific, but it contains information about the "
"instance that is utilizing the ``fixed_ip`` and optional ``floating_ip``."
msgstr ""
"ネットワーク特有のテーブルではありませんが、 ``fixed_ip`` と ``floating_ip``"
"ネットワーク特有のテーブルではありませんが、 ``fixed_ip`` と ``floating_ip`` "
"を使っているインスタンスの情報を管理します。"
msgid "Not yet available"
@ -11066,17 +11082,6 @@ msgstr ""
msgid "The 1gb NIC was still alive and active"
msgstr "1Gb NICはまだ生きていて、有効だった。"
msgid ""
"The :command:`glance image-create` command provides a large set of options "
"for working with your image. For example, the `` min-disk`` option is useful "
"for images that require root disks of a certain size (for example, large "
"Windows images). To view these options, do:"
msgstr ""
":command:`glance image-create` コマンドでは、イメージに指定できる多数のオプ"
"ションが用意されています。たとえば、 ``min-disk`` オプションは、特定の容量の"
"ルートディスクを必要とするイメージ (例: 大きな Windows イメージ) のために有用"
"です。これらのオプションを表示するには、次のようにします:"
msgid ""
"The :command:`nova flavor-create` command allows authorized users to create "
"new flavors. Additional flavor manipulation commands can be shown with the "
@ -11100,6 +11105,37 @@ msgstr ""
"instances/_base`` にコピーされていた。何故イメージが見つからないのか?私はそ"
"のディレクトリをチェックし、イメージがないことを知った。"
msgid ""
"The :command:`openstack image create` command provides a large set of "
"options for working with your image. For example, the :option:`--min-disk` "
"option is useful for images that require root disks of a certain size (for "
"example, large Windows images). To view these options, run:"
msgstr ""
":command:`openstack image-create` コマンドでは、イメージに指定できる多数のオ"
"プションが用意されています。たとえば、 :option:`--min-disk` オプションは、特"
"定の容量のルートディスクを必要とするイメージ (例: 大きな Windows イメージ) の"
"ために有用です。これらのオプションを表示するには、次のようにします:"
msgid ""
"The :option:`copy-from` option copies the image from the location specified "
"into the ``/var/lib/glance/images`` directory. The same thing is done when "
"using the STDIN redirection with <, as shown in the example."
msgstr ""
":option:`copy-from` オプションは、指定された位置から ``/var/lib/glance/"
"images`` ディレクトリの中にコピーします。例に示すように < で STDIN リダイレク"
"ションを使用するときに、同じことが実行されます。"
msgid ""
"The :option:`location` option is important to note. It does not copy the "
"entire image into the Image service, but references an original location "
"where the image can be found. Upon launching an instance of that image, the "
"Image service accesses the image from the location specified."
msgstr ""
":option:`location` オプションは注意する意味があります。 Image サービスにイ"
"メージ全体のコピーを行わず、そのイメージがある元の位置への参照を保持します。"
"イメージのインスタンスを起動するとき、 Image サービスが指定された場所からイ"
"メージにアクセスします。"
msgid ""
"The CSAIL cloud is currently 64 physical nodes with a total of 768 physical "
"cores and 3,456 GB of RAM. Persistent data storage is largely outside the "
@ -11463,15 +11499,6 @@ msgstr ""
"クラウドコントローラーとコンピュートノードの ``/etc/nova`` ディレクトリーは、"
"定期的にバックアップすべきです。"
msgid ""
"The ``copy-from`` option copies the image from the location specified into "
"the ``/var/lib/glance/images`` directory. The same thing is done when using "
"the STDIN redirection with <, as shown in the example."
msgstr ""
"``copy-from`` オプションは、指定された位置から ``/var/lib/glance/images`` "
"ディレクトリの中にコピーします。例に示すように < で STDIN リダイレクションを"
"使用するときに、同じことが実行されます。"
msgid ""
"The ``deleted`` field is set to ``1`` if the instance has been deleted and "
"``NULL`` if it has not been deleted. This field is important for excluding "
@ -11502,17 +11529,6 @@ msgstr ""
"ます。display-name は、最初は hostname と同じですが、nova rename コマンドを"
"使って再設定することができます。"
msgid ""
"The ``location`` option is important to note. It does not copy the entire "
"image into the Image service, but references an original location where the "
"image can be found. Upon launching an instance of that image, the Image "
"service accesses the image from the location specified."
msgstr ""
"``location`` オプションは注意する意味があります。 Image サービスにイメージ全"
"体のコピーを行わず、そのイメージがある元の位置への参照を保持します。イメージ"
"のインスタンスを起動するとき、 Image サービスが指定された場所からイメージにア"
"クセスします。"
msgid ""
"The ``nova-conductor`` service is horizontally scalable. To make ``nova-"
"conductor`` highly available and fault tolerant, just launch more instances "
@ -11604,7 +11620,7 @@ msgid ""
"join/>`__."
msgstr ""
"``stack.sh`` スクリプトは、実行にしばらく時間がかかります。おそらく、この機会"
"に `OpenStack Foundation に参加 <https://www.openstack.org/join/>`__できま"
"に `OpenStack Foundation に参加 <https://www.openstack.org/join/>`__ できま"
"す。"
msgid ""
@ -12686,7 +12702,7 @@ msgstr ""
"り、ネットワーク通信を転送している場合でも、ARP のようなブロードキャストパ"
"ケットのみが表示されます。しかし、ルーターや DHCP アドレスへのユニキャスト通"
"信は表示されません。これらの名前空間の中でコマンドを実行する方法の詳細は、 :"
"ref:`dealing_with_network_namespaces `を参照してください。"
"ref:`dealing_with_network_namespaces` を参照してください。"
msgid ""
"The packet then makes it to the l3-agent. This is actually another TAP "
@ -13674,11 +13690,11 @@ msgid ""
"appending :option:`--disable` to the command. By default, projects are "
"created in an enabled state."
msgstr ""
"このコマンドは、demo という名前のプロジェクトを作成します。オプションで、``--"
"description tenant-description`` を追加することで、説明の文字列を追加すること"
"ができ、非常に便利です。また、コマンドに ``--disable`` を追加して、グループを"
"無効な状態で作成することもできます。デフォルトでは、有効化された状態でプロ"
"ジェクトが作成されます。"
"このコマンドは、demo という名前のプロジェクトを作成します。オプションで、 :"
"option:`--description tenant-description` を追加することで、説明の文字列を追"
"加することができ、非常に便利です。また、コマンドに :option:`--disable` を追加"
"して、グループを無効な状態で作成することもできます。デフォルトでは、有効化さ"
"れた状態でプロジェクトが作成されます。"
msgid ""
"This command displays a list of how many instances a tenant has running and "
@ -14245,7 +14261,7 @@ msgid ""
msgstr ""
"本セクションでは、OpenStack 環境を構成する異なるノードの内訳を記載します。 "
"ノードとは、オペレーティングシステムがプロビジョニングされた物理マシンで、そ"
"の上に定義済みソフトウェアスタックを実行します。 :ref:`node-types-table` に"
"の上に定義済みソフトウェアスタックを実行します。 :ref:`table_node_types` に"
"は、ノードの説明と仕様を記載しています。"
msgid ""
@ -14354,15 +14370,15 @@ msgid ""
"starts. However, the early signs for the SDK project are promising, and we "
"expect to see results during the Juno cycle."
msgstr ""
"OpenStack と通信するための効率的な SDK として、さまざまな python-*client コー"
"ドを使用してとても成功していますが、プロジェクト間の整合性とドキュメントの入"
"手可能性は満ち欠けがあります。これを取り除くために、`エクスペリエンスを改善す"
"るための取り組み <https://wiki.openstack.org/wiki/PythonOpenStackSDK>`_ が開"
"始されました。OpenStack におけるクロスプロジェクトの取り組みは、いくつかの失"
"敗から始まった `統一クライアントのプロジェクト <https://wiki.openstack.org/"
"wiki/OpenStackClient>`_ など、波乱の歴史があります。しかしながら、SDK プ"
"ジェクトの初期の目安が約束され、Juno サイクル中に結果を見ることを期待してい"
"す。"
"OpenStack と通信するための効率的な SDK として、さまざまな python-\\*client "
"コードを使用してとても成功していますが、プロジェクト間の整合性とドキュメント"
"の入手可能性は満ち欠けがあります。これを取り除くために、`エクスペリエンスを改"
"善するための取り組み <https://wiki.openstack.org/wiki/PythonOpenStackSDK>`_ "
"が開始されました。OpenStack におけるクロスプロジェクトの取り組みは、いくつか"
"の失敗から始まった `統一クライアントのプロジェクト <https://wiki.openstack."
"org/wiki/OpenStackClient>`_ など、波乱の歴史があります。しかしながら、SDK プ"
"ジェクトの初期の目安が約束され、Juno サイクル中に結果を見ることを期待してい"
"す。"
msgid ""
"Through ``nova-network`` or ``neutron``, OpenStack Compute automatically "
@ -17486,11 +17502,6 @@ msgstr "`NeCTAR Web サイト <https://www.nectar.org.au/>`_"
msgid "`NeCTAR-RC GitHub <https://github.com/NeCTAR-RC/>`_"
msgstr "`NeCTAR-RC GitHub <https://github.com/NeCTAR-RC/>`_"
msgid ""
"`Networking Guide <http://docs.openstack.org/mitaka/networking-guide/>`_"
msgstr ""
"`ネットワークガイド <http://docs.openstack.org/mitaka/networking-guide/>`_"
msgid ""
"`OpenStack API Guide <http://developer.openstack.org/api-guide/quick-start/"
">`_"
@ -17527,6 +17538,13 @@ msgid ""
msgstr ""
"`OpenStack 高可用性ガイド <http://docs.openstack.org/ha-guide/index.html>`_"
msgid ""
"`OpenStack Networking Guide <http://docs.openstack.org/mitaka/networking-"
"guide/>`_"
msgstr ""
"`OpenStack ネットワークガイド <http://docs.openstack.org/mitaka/networking-"
"guide/>`_"
msgid "`OpenStack Security Guide <http://docs.openstack.org/sec/>`_"
msgstr "`OpenStack セキュリティーガイド <http://docs.openstack.org/sec/>`_"
@ -17670,7 +17688,7 @@ msgstr ""
"でストレージクラスター上にバックアップコピーが分散されて保存されます。"
msgid "``/var/lib/cinder`` should also be backed up."
msgstr "``/var/lib/cinder``もまたバックアップされるべきです。"
msgstr "``/var/lib/cinder`` もまたバックアップされるべきです。"
msgid ""
"``/var/lib/glance`` should also be backed up. Take special notice of ``/var/"

@ -20,11 +20,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: End User Guide 1.0.0\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-03 06:00+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:47+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-05-19 08:21+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-15 11:32+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
@ -128,18 +128,18 @@ msgstr "**クラスター情報の表示**"
msgid "**Examine your existing configuration**"
msgstr "**既存の設定の検査**"
msgid "**Figure: Admin tab**"
msgstr "**図: 管理タブ**"
msgid "**Figure: Project tab**"
msgstr "**図: プロジェクトタブ**"
msgid "**Figure:Identity tab**"
msgstr "**図: ユーザー管理タブ**"
msgid "**Figure:Settings tab**"
msgstr "**図: 設定タブ**"
msgid "**Figure: Admin tab**"
msgstr "**図: 管理タブ**"
msgid "**Figure: Project tab**"
msgstr "**図: プロジェクトタブ**"
msgid "**Get the IP address of the database instance**"
msgstr "**データベースインスタンスの IP アドレスの取得**"
@ -410,7 +410,7 @@ msgstr ""
"る。"
msgid ":guilabel:`Change Password`: Change the password of the user."
msgstr ":guilabel:`Change Password`: ユーザーのパスワードを変更できます。"
msgstr ":guilabel:`パスワードの変更`: ユーザーのパスワードを変更できます。"
msgid ":guilabel:`Compute Services`: View a list of all Compute services."
msgstr ":guilabel:`コンピュート`: コンピュートサービスの一覧の表示"
@ -541,16 +541,29 @@ msgstr ":guilabel:`環境ファイル/データ`"
msgid ":guilabel:`Environment Source`"
msgstr ":guilabel:`環境設定`"
msgid ":guilabel:`Firewall Policies`: Add and manage firewall policies."
msgstr ""
":guilabel:`ファイアウォールポリシー`: ファイアウォールポリシーの追加、管理を"
"行います。"
msgid ":guilabel:`Firewall Rules`: Add and manage firewall rules."
msgstr ""
":guilabel:`ファイアウォールルール`: ファイアウォールルールの追加、管理を行い"
"ます。"
msgid ":guilabel:`Firewalls`: Create and manage firewalls."
msgstr ":guilabel:`ファイアウォール`: ファイアウォールの作成、管理を行います。"
msgid ":guilabel:`Flavor`: Select an appropriate flavor for the instance."
msgstr ""
":guilabel:`フレーバー`: インスタンスに応じた適切なフレーバーを選択します。"
msgid ""
":guilabel:`Flavors`: View, create, edit, view extra specifications for, and "
"delete flavors. A flavor is size of an instance."
"delete flavors. A flavor is the size of an instance."
msgstr ""
":guilabel:`フレーバー`: フレーバーの表示、作成、編集、削除、フレーバーの追加"
"仕様の表示を行います。フレーバーはインスタンスのサイズです。 "
":guilabel:`フレーバー`: フレーバーの作成、編集、追加仕様の参照、削除を行いま"
"す。フレーバーはインスタンスのサイズです。"
msgid ""
":guilabel:`Floating IPs`: Allocate an IP address to or release it from a "
@ -659,6 +672,12 @@ msgstr ":guilabel:`キー名`"
msgid ":guilabel:`LinuxDistribution`"
msgstr ":guilabel:`Linux ディストリビューション`"
msgid ":guilabel:`Load Balancers`: Create and manage load balancers."
msgstr ":guilabel:`ロードバランサー`: ロードバランサーの作成、管理を行います。"
msgid ":guilabel:`Members`: Add and manage members."
msgstr ":guilabel:`メンバー`: メンバーの追加、管理を行います。"
msgid ""
":guilabel:`Metadata Definitions`: Import namespace and view the metadata "
"information."
@ -684,6 +703,9 @@ msgstr ":guilabel:`最小ディスク (GB)`"
msgid ":guilabel:`Minimum RAM (MB)`"
msgstr ":guilabel:`最小 RAM (MB)`"
msgid ":guilabel:`Monitors`: Add and manage monitors."
msgstr ":guilabel:`モニター`: モニターの追加、管理を行います。"
msgid ":guilabel:`Name`"
msgstr ":guilabel:`名前`"
@ -786,6 +808,9 @@ msgstr ""
":guilabel:`パス`: 選択したコンテナー内に保存する新規コピーのパスを指定しま"
"す。"
msgid ":guilabel:`Pools`: Add and manage pools."
msgstr ":guilabel:`プール`: プールの追加、管理を行います。"
msgid ":guilabel:`Post-Creation` tab"
msgstr ":guilabel:`作成後` タブ"
@ -856,6 +881,13 @@ msgstr ":guilabel:`共有プロトコル`: NFS、CIFS、GlusterFS、HDFS を選
msgid ":guilabel:`Share Type`: Choose a share type."
msgstr ":guilabel:`共有の種別`: 共有の種別を選択します。"
msgid ""
":guilabel:`Shared`: Share the network with other tenants. Non admin users "
"are not allowed to set shared option."
msgstr ""
":guilabel:`共有`: 他のテナントとネットワークを共有します。管理者ユーザー以外"
"はこのオプションをセットすることはできません。"
msgid ":guilabel:`Size (GB)`: The size of the share in gibibytes (GiB)."
msgstr ":guilabel:`容量 (GB)`: ギビバイト (GiB) 単位の共有の容量。"