Imported Translations from Zanata

For more information about this automatic import see:
https://wiki.openstack.org/wiki/Translations/Infrastructure

Change-Id: I22569553c9e2acaa37894d9a0cfcd697c0dd28c8
changes/75/331575/1
OpenStack Proposal Bot 7 years ago
parent a993ae49c3
commit b8feb4c18f

@ -15,11 +15,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Common documents 1.0.0\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-04 01:40+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 15:48+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-03 02:06+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 04:05+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
@ -1287,6 +1287,13 @@ msgstr ""
"cloudpipe VPN と仮想マシンイメージの復号のために、Compute により提供される簡"
"単な認証局。"
msgid ""
"A snapshot is a point in time version of a volume. As an administrator, you "
"can manage and unmanage snapshots."
msgstr ""
"スナップショットは、ボリュームのある時点での版です。管理者は、スナップショッ"
"トを管理対象にしたり管理対象から外したりできます。"
msgid ""
"A special Object Storage object that contains the manifest for a large "
"object."
@ -6122,6 +6129,13 @@ msgstr ""
"パラメーターとしてボリューム ID と新しいサイズ (以前のボリュームよりも大きい"
"サイズ) を指定して、ボリュームをリサイズします。"
msgid ""
"Responsible for managing Shared File System Service devices, specifically "
"the back-end devices."
msgstr ""
"Shared File System サービスのデバイス、特にバックエンドのデバイス、の管理を行"
"います。"
msgid "Restart Apache for this change to take effect."
msgstr "Apache を再起動して、この変更を反映します。"
@ -6827,6 +6841,13 @@ msgstr ""
"を利用できます。クラウドのユーザーとデータベース管理者は、必要に応じて、複数"
"のデータベースインスタンスを配備および管理できます。"
msgid ""
"The ID of a volume that is the parent of the snapshot, and managed by the "
"Block Storage service."
msgstr ""
"スナップショットの親となる、 Block Storage サービスで管理されているボリュー"
"ム ID。"
msgid "The Identity component that provides high-level authorization services."
msgstr "高レベルの認可サービスを提供する Identity のコンポーネント。"
@ -7568,6 +7589,13 @@ msgstr ""
"以下のドキュメントは、OpenStack API に関するリファレンスとガイダンスを提供し"
"ます。"
msgid ""
"The following example manages the ``my-snapshot-id`` snapshot with the ``my-"
"volume-id`` parent volume:"
msgstr ""
"以下の例では、 ``my-snapshot-id`` というスナップショットを、親ボリューム "
"``my-volume-id`` で管理対象にしています。"
msgid ""
"The following example shows how to update an existing image with a "
"properties that describe the disk bus, the CD-ROM bus, and the VIF model:"
@ -8184,6 +8212,12 @@ msgstr ""
"python.org/>`__ からきちんと最新版のクライアントを取得します。また、後から更"
"新や削除することもできます。"
msgid ""
"To provide a set of services for provisioning, scaling, and managing "
"container orchestration engines."
msgstr ""
"コンテナーオーケストレーションエンジンの展開、スケール変更、管理を行います。"
msgid ""
"To provide feedback on documentation, join and use the openstack-docs@lists."
"openstack.org mailing list at `OpenStack Documentation Mailing List <http://"

@ -4,11 +4,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: High Availability Guide 0.0.1\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:47+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 15:48+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-10 11:52+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 04:06+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese\n"
"Language: ja\n"
@ -836,6 +836,9 @@ msgstr ""
msgid "Database"
msgstr "データベース"
msgid "Database (Galera Cluster) for high availability"
msgstr "データベース (Galera クラスター) の高可用性"
msgid "Database configuration"
msgstr "データベース設定"
@ -1994,6 +1997,9 @@ msgstr ""
"のため、複数の memcached サーバーを使用する方法が、すべてのプロジェクトで同じ"
"になります。"
msgid "Messaging service for high availability"
msgstr "メッセージサービスの高可用性"
msgid ""
"Minimum number of network nodes to use for the HA router. A new router can "
"be created only if this number of network nodes are available."

@ -6,11 +6,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Virtual Machine Image Guide 0.9\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 03:22+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 15:48+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 05:11+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 08:37+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese\n"
"Language: ja\n"
@ -1402,6 +1402,9 @@ msgstr ""
"ジメンバーを一覧表示すると、提供者ではすべてのイメージメンバーが表示され、利"
"用者では自分自身だけが表示されます。"
msgid "Image requirements"
msgstr "イメージの要件"
msgid "Image sharing"
msgstr "イメージの共有"
@ -1607,6 +1610,9 @@ msgstr ""
"ハイパーバイザー、仮想ディスクドライバー、仮想ネットワークドライバーを使用し"
"ます。"
msgid "Linux"
msgstr "Linux"
msgid "Log in as administrator and start a command window."
msgstr "管理者としてログインし、コマンドウィンドウを起動します。"
@ -1811,9 +1817,6 @@ msgstr ""
"OpenStack Compute は、現在 OVF パッケージをサポートしないため、OpenStack で使"
"用したい場合、OVF パッケージからイメージファイルを抽出する必要があります。"
msgid "OpenStack Linux image requirements"
msgstr "OpenStack の Linux イメージ要件"
msgid "OpenStack Virtual Machine Image Guide"
msgstr "OpenStack 仮想マシンイメージガイド"

@ -17,11 +17,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Networking Guide 0.9\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:47+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 15:48+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-15 06:36+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 10:07+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
@ -253,6 +253,16 @@ msgstr ""
msgid "A setting of ``-1`` disables the quota for a tenant."
msgstr "``-1`` を設定すると、テナントのクォータが上限なしになります。"
msgid ""
"A single network can be assigned to more than one DHCP agents and one DHCP "
"agent can host more than one network. You can add a network to a DHCP agent "
"and remove one from it."
msgstr ""
"1 つのネットワークを複数の DHCP エージェントに割り当てることもできますし、 1 "
"つの DHCP エージェントで複数のネットワークを担当することもできます。ネット"
"ワークを DHCP エージェントに追加したり、DHCP エージェントから削除したりできま"
"す。"
msgid ""
"A subnet pool manages a pool of addresses from which subnets can be "
"allocated. It ensures that there is no overlap between any two subnets "
@ -541,6 +551,13 @@ msgstr ""
"ping と SSH を許可するようにセキュリティーグループを調整します (IPv4 と IPv6 "
"の両方)。"
msgid ""
"Admin role is required to use the agent management and scheduler extensions. "
"Ensure you run the following commands under a project with an admin role."
msgstr ""
"エージェント管理およびスケジューラー拡張機能を使用するには管理ロールが必要で"
"す。以下のコマンドは管理ロールを持つプロジェクトで実行してください。"
msgid "Administrator enforcement"
msgstr "管理者による強制適用"
@ -605,12 +622,28 @@ msgstr ""
"``neutron-server`` を再起動すると、ユーザーはポートの ``dns_name`` 属性を設定"
"できるようになります。"
msgid ""
"After the agent is disabled, you can safely remove the agent. Even after "
"disabling the agent, resources on the agent are kept assigned. Ensure you "
"remove the resources on the agent before you delete the agent."
msgstr ""
"エージェントを無効にした後、そのエージェントは安全に削除できます。エージェン"
"トを無効化した後も、そのエージェント上のリソースは割り当てられたままです。"
"エージェントを削除する前に、エージェント上のリソースを削除してください。"
msgid ""
"After the configuration is done, you can now launch Instances with neutron "
"SR-IOV ports."
msgstr ""
"設定が終わったら、 neutron SR-IOV ポートを持つインスタンスを起動できます。"
msgid ""
"After you stop the DHCP agent on HostA, you can delete it by the following "
"command:"
msgstr ""
"HostA の DHCP エージェントを停止した後で、以下のコマンドでエージェントを削除"
"できます。"
msgid "Agent nodes"
msgstr "エージェントノード"
@ -718,6 +751,19 @@ msgstr ""
"管理者は、サブネットプールにデフォルトであるというマークをつけることができま"
"す。各アドレスファミリーにつき 1 つのプールをデフォルトとして指定できます。"
msgid ""
"An administrator might want to disable an agent if a system hardware or "
"software upgrade is planned. Some agents that support scheduling also "
"support disabling and enabling agents, such as L3 and DHCP agents. After the "
"agent is disabled, the scheduler does not schedule new resources to the "
"agent."
msgstr ""
"管理者は、システムのハードウェアやソフトウェアのアップグレードを計画している"
"場合、エージェントを無効化したいことでしょう。 L3 エージェントや DHCP エー"
"ジェントなど、スケジューリングに対応しているエージェントのいくつかでは、エー"
"ジェントの有効化、無効化ができます。エージェントを無効にすると、スケジュー"
"ラーはそれ以降はそのエージェントに新たにリソースをスケジューリングしません。"
msgid ""
"An availability zone groups network nodes that run services like DHCP, L3, "
"FW, and others. It is defined as an agent's attribute on the network node. "
@ -1255,6 +1301,17 @@ msgstr ""
msgid "Binding QoS policies permissions to networks or ports (since Mitaka)."
msgstr "ネットワークやポートに QoS ポリシーを割り当てる許可 (Mitaka 以降)"
msgid ""
"Boot a VM on ``net2``. Let both DHCP agents host ``net2``. Fail the agents "
"in turn to see if the VM can still get the desired IP."
msgstr ""
"``net2`` に VM を起動して、両方の DHCP エージェントに ``net2`` を担当させま"
"す。これらのエージェントを順番に故障させて、 エージェントが故障した場合でも "
"VM が所望の IP アドレスを取得できることを確認します。"
msgid "Boot a VM on ``net2``:"
msgstr "VM を ``net2`` 上に起動します。"
msgid ""
"Boot an instance or alternatively, create a port specifying a valid value to "
"its ``dns_name`` attribute. If the port is going to be used for an instance "
@ -1934,6 +1991,16 @@ msgstr "初期ネットワークの作成"
msgid "Create shared address scopes as an administrative user"
msgstr "管理者での共有アドレススコープの作成"
msgid ""
"Create subnet pools specifying the name (or UUID) of the address scope that "
"the subnet pool belongs to. If you have existing subnet pools, use the "
"``subnetpool-update`` command to put them in a new address scope:"
msgstr ""
"サブネットプールが所属するアドレススコープの名前 (または UUID) を指定してサブ"
"ネットプールを作成します。既存のサブネットプールがある場合、 ``subnetpool-"
"update`` コマンドを使って、既存のサブネットプールを新しいアドレススコープに所"
"属させることもできます。"
msgid ""
"Create subnet pools. The provider and self-service networks use different "
"pools."
@ -2243,6 +2310,9 @@ msgstr ""
msgid "Demo"
msgstr "デモ"
msgid "Demo setup"
msgstr "デモ環境の構成"
msgid "Deployment scenarios"
msgstr "デプロイメントシナリオ"
@ -2288,6 +2358,9 @@ msgstr "サブネット作成時にコマンドラインや Horizon で直接指
msgid "Disable nova-compute."
msgstr "nova-compute を無効にします。"
msgid "Disable the DHCP agent on HostA before you stop it:"
msgstr "HostA のエージェントを停止する前に無効化します。"
msgid ""
"Disable the hypervisor. This would be a good time to live migrate or "
"evacuate the compute node, if supported."
@ -2296,6 +2369,9 @@ msgstr ""
"ノードからライブマイグレーションや退避 (evacuate) を行うよいタイミングでしょ"
"う。"
msgid "Disabling and removing an agent"
msgstr "エージェントの無効化と削除"
msgid "Disabling libvirt networking"
msgstr "libvirt ネットワークの無効化"
@ -2488,6 +2564,9 @@ msgstr ""
msgid "Enable the native OVS firewall driver"
msgstr "ネイティブ OVS ファイアウォールドライバーの有効化"
msgid "Enabling DHCP high availability by default"
msgstr "デフォルトで DHCP の高可用性を有効にする"
msgid "Enabling the deployment for auto-allocation"
msgstr "デプロイメントで自動割り当てを有効にする"
@ -3247,6 +3326,9 @@ msgstr ""
"ゲストインスタンスは SLAAC を使って OpenStack 外のルーターから IPv6 アドレス"
"を取得します。"
msgid "HA of DHCP agents"
msgstr "DHCP エージェントの HA"
msgid ""
"HA routers are created on availability zones you selected when creating the "
"router."
@ -3610,6 +3692,14 @@ msgstr ""
"路を設定するように設定されている場合には、このサブネット上のポートを持つイン"
"スタンスはこの時点で外部ネットワークにアクセスできるようになります。"
msgid ""
"If there is a default, it can be requested by passing :option:`--use-default-"
"subnetpool` instead of :option:`--subnetpool SUBNETPOOL`."
msgstr ""
"デフォルトのサブネットプールがある場合は、 :option:`--subnetpool SUBNETPOOL` "
"の代わりに :option:`--use-default-subnetpool` を使ってアドレスを確保すること"
"もできます。"
msgid ""
"If two switches are to be connected together, and the switches are "
"configured for VLANs, then the switchports used for cross-connecting the "
@ -3980,6 +4070,17 @@ msgstr ""
msgid "In the ``openvswitch_agent.ini`` file:"
msgstr "``openvswitch_agent.ini`` ファイル:"
msgid ""
"In the above configuration, we use ``dhcp_agents_per_network = 1`` for this "
"demonstration. In usual deployments, we suggest setting "
"``dhcp_agents_per_network`` to more than one to match the number of DHCP "
"agents in your deployment. See :ref:`conf-dhcp-agents-per-network`."
msgstr ""
"上記の設定では、デモ用に ``dhcp_agents_per_network = 1`` を使用しています。通"
"常の環境では、 ``dhcp_agents_per_network`` をお使いの環境の DHCP エージェント"
"数に合うように複数に設定することをお薦めします。 :ref:`conf-dhcp-agents-per-"
"network` を参照してください。"
msgid "In the above example notice that:"
msgstr "上記の例では、以下の点に注意してください。"
@ -4892,6 +4993,13 @@ msgstr ""
msgid "Make sure both DHCP agents hosting ``net2``:"
msgstr "両方の DHCP エージェントが ``net2`` を担当するようにします。"
msgid ""
"Make sure that subnets on an external networks are created from the subnet "
"pools created above:"
msgstr ""
"外部ネットワークのサブネットは、上記で作成したサブネットプールから作成してく"
"ださい。"
msgid "Make sure that the router's ``ha`` attribute has changed to ``False``."
msgstr ""
"ルーターの ``ha`` 属性が ``False`` に変更されたことを確認してください。"
@ -4915,6 +5023,12 @@ msgstr "管理面での影響"
msgid "Manages agents"
msgstr "エージェントを管理する"
msgid "Managing agents in neutron deployment"
msgstr "neutron 環境でのエージェントの管理"
msgid "Managing assignment of networks to DHCP agent"
msgstr "DHCP エージェントへのネットワーク割り当ての管理"
msgid "Mechanism Driver"
msgstr "メカニズムドライバー"
@ -6034,6 +6148,9 @@ msgid ""
"network."
msgstr "IPv6 ネットワーク越しの、サーバー間、サービス間での OpenStack 制御通信"
msgid "OpenStack controller host - controlnode"
msgstr "OpenStack コントローラーホスト - controlnode"
msgid ""
"OpenStack currently doesn't support the privacy extensions defined by RFC "
"4941. The interface identifier and DUID used must be directly derived from "
@ -6354,6 +6471,9 @@ msgstr ""
msgid "Prerequisites"
msgstr "前提"
msgid "Prerequisites for demonstration"
msgstr "デモの前提条件"
msgid "Preventing regular users from sharing objects with each other"
msgstr "通常ユーザー同士のオブジェクトの共有をさせたくない場合"
@ -8962,6 +9082,13 @@ msgstr ""
"が死んでいた場合などです。一般には、指定されたゾーンで障害が発生したり空き容"
"量がない場合を除き、両者の値は一致します。"
msgid ""
"The ``default_prefixlen`` defines the subnet size you will get if you do not "
"specify :option:`--prefixlen` when creating a subnet."
msgstr ""
"``default_prefixlen`` は、サブネット作成時に :option:`--prefixlen` が指定され"
"なかった場合に割り当てるサブネットのサイズを定義します。"
msgid ""
"The ``dns_assignment`` attribute also shows that the port's ``hostname`` in "
"the Networking service internal DNS is ``my-vm``."
@ -11714,6 +11841,9 @@ msgstr ""
msgid "To start your Dibbler server, run:"
msgstr "Dibbler サーバーを開始するには、以下を実行します。"
msgid "To test the HA of DHCP agent:"
msgstr "DHCP エージェントの HA を試験するには以下のようにします。"
msgid ""
"To trigger the prefix delegation process, create a router interface between "
"this subnet and a router with an active interface on the external network:"
@ -11990,6 +12120,15 @@ msgstr "ユースケース"
msgid "Use of an external IPAM module to allocate the subnet"
msgstr "外部の IPAM モジュールを使ってサブネットを割り当てる"
msgid ""
"Use the :command:`neutron ext-list` client command to check if these "
"extensions are enabled. Check ``agent`` and ``agent_scheduler`` are included "
"in the output."
msgstr ""
"これらの API 拡張が有効になっているかを確認するには :command:`neutron ext-"
"list` コマンドを使用します。出力に ``agent`` と ``agent_scheduler`` が含まれ"
"ていることを確認します。"
msgid "Use the :command:`rbac-show` command to see the details:"
msgstr ":command:`rbac-show` を使うと、詳細を確認できます。"
@ -12356,6 +12495,17 @@ msgstr ""
"Dibbler は、 DHCPv6 クライアントとなる OpenStack Networking ノード上にインス"
"トールする必要があります。バージョン 1.0.1 以上が必要です。"
msgid ""
"When you create a network with one port, the network will be scheduled to an "
"active DHCP agent. If many active DHCP agents are running, select one "
"randomly. You can design more sophisticated scheduling algorithms in the "
"same way as nova-schedule later on."
msgstr ""
"ネットワークにポートを 1 つ作成すると、そのネットワークは稼働中の DHCP エー"
"ジェントに割り当てられます。複数の稼働中のエージェントがある場合は、 1 つがラ"
"ンダムに選択されます。 nova-scheduler と同様、もっと洗練されたスケジューリン"
"グアルゴリズムを設計することもできるでしょう。"
msgid ""
"When you run :command:`net-list` or :command:`net-show`, the ``shared`` flag "
"is calculated by the server based on the calling project and the RBAC "
@ -12519,6 +12669,14 @@ msgstr ""
"プールを作成し、ポート 80 で HTTP コンテンツを返すメンバーをプールに追加しま"
"す。この例では、ウェブサーバーは ``192.168.1.16`` と ``192.168.1.17`` です。"
msgid ""
"You can control the default number of DHCP agents assigned to a network by "
"setting the following configuration option in the file ``/etc/neutron/"
"neutron.conf``."
msgstr ""
"``/etc/neutron/neutron.conf`` ファイルの以下の設定オプションで、1 つのネット"
"ワークに割り当てるデフォルトの DHCP エージェント数を制御できます。"
msgid ""
"You can create, update, list, delete, and show DSCP markings with the "
"neutron client:"
@ -12564,6 +12722,17 @@ msgstr ""
"``instance2`` は外部ネットワークと同じアドレススコープに属しているため、 "
"``instance2`` には直接 ping することもできます。"
msgid ""
"You can request a specific subnet from the pool. You need to specify a "
"subnet that falls within the pool's prefixes. If the subnet is not already "
"allocated, the request succeeds. You can leave off the IP version because it "
"is deduced from the subnet pool."
msgstr ""
"プールから特定のサブネットを割り当てることもできます。プールのプレフィックス"
"内に収まるサブネットを指定する必要があります。サブネットがまだ割り当てられて"
"いなければ、要求は成功します。サブネットプールから IP バージョンは推定できる"
"ので、 IP バージョンの指定は省略できます。"
msgid ""
"You can see that only the DHCP agent for HostB is hosting the ``net2`` "
"network."

@ -34,12 +34,12 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Operations Guide 0.0.1\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 03:23+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 15:48+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-16 05:28+0000\n"
"Last-Translator: Shu Muto <shu-mutou@rf.jp.nec.com>\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 05:03+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
"X-Generator: Zanata 3.7.3\n"
@ -1137,6 +1137,19 @@ msgstr ""
"パブリック側に置かれるコントローラーサービスやゲストインスタンスのIPの追加"
"は、必ずアドレス計画の一部として入れておくべきです。"
msgid ""
"Adding security groups is typically done on instance boot. When launching "
"from the dashboard, you do this on the :guilabel:`Access & Security` tab of "
"the :guilabel:`Launch Instance` dialog. When launching from the command "
"line, append ``--security-groups`` with a comma-separated list of security "
"groups."
msgstr ""
"セキュリティグループの追加は、一般的にインスタンスの起動時に実行されます。"
"ダッシュボードから起動するとき、これは :guilabel:`インスタンスの起動` ダイア"
"ログの :guilabel:`アクセスとセキュリティー` タブにあります。コマンドラインか"
"ら起動する場合には、 ``--security-groups`` にセキュリティグループのコンマ区切"
"り一覧を指定します。"
msgid ""
"Adding to a RAID array (RAID stands for redundant array of independent "
"disks), based on the number of disks you have available, so that you can add "
@ -7383,6 +7396,22 @@ msgstr "モデル: Dell R620"
msgid "Model: Dell R720xd"
msgstr "モデル: Dell R720xd"
msgid ""
"Modifying users is also done from this :guilabel:`Users` page. If you have a "
"large number of users, this page can get quite crowded. The :guilabel:"
"`Filter` search box at the top of the page can be used to limit the users "
"listing. A form very similar to the user creation dialog can be pulled up by "
"selecting :guilabel:`Edit` from the actions drop-down menu at the end of the "
"line for the user you are modifying."
msgstr ""
"ユーザー情報の変更は、この :guilabel:`ユーザー` ページから実行することもでき"
"ます。かなり多くのユーザーがいるならば、このページにはたくさんのユーザーが表"
"示されることでしょう。ページの上部にある :guilabel:`フィルター` 検索ボックス"
"を使うと、表示されるユーザーの一覧を絞り込むことができます。変更しようとして"
"いるユーザーの行末にあるアクションドロップダウンメニューの :guilabel:`編集` "
"を選択することにより、ユーザー作成ダイアログと非常に似ているフォームを表示で"
"きます。"
msgid "Monitoring"
msgstr "監視"
@ -7971,6 +8000,18 @@ msgstr "オブジェクトストレージ"
msgid "Obtain the UUID of the image:"
msgstr "イメージの UUID を取得します。"
msgid ""
"Obtain the UUID of the project with which you want to share your image, "
"let's call it target project. Unfortunately, non-admin users are unable to "
"use the :command:`openstack` command to do this. The easiest solution is to "
"obtain the UUID either from an administrator of the cloud or from a user "
"located in the target project."
msgstr ""
"イメージを共有したいプロジェクトの UUID を取得します。これを宛先プロジェクト"
"と呼びましょう。残念ながら、管理者以外は、これを実行するために :command:"
"`openstack` コマンドを使用できません。最も簡単な解決方法は、クラウドの管理者"
"やその宛先プロジェクトのユーザーから UUID を教えてもらうことです。"
msgid "Obtain the tenant ID, as follows:"
msgstr "テナント ID を取得します。"
@ -8139,6 +8180,26 @@ msgstr ""
"れます。元のプロジェクトに加えて、きちんと admin プロジェクトを追加してくださ"
"い。"
msgid ""
"Once allocated, a floating IP can be assigned to running instances from the "
"dashboard either by selecting :guilabel:`Associate Floating IP` from the "
"actions drop-down next to the IP on the :guilabel:`Floating IPs` tab of the :"
"guilabel:`Access & Security` page or by making this selection next to the "
"instance you want to associate it with on the Instances page. The inverse "
"action, Dissociate Floating IP, is available from the :guilabel:`Floating "
"IPs` tab of the :guilabel:`Access & Security` page and from the :guilabel:"
"`Instances` page."
msgstr ""
"一度確保すると、Floating IP を実行中のインスタンスに割り当てることができま"
"す。ダッシュボードでは、 :guilabel:`アクセスとセキュリティ` ページの :"
"guilabel:`Floating IP` タブにある IP の隣にある、アクションドロップダウンか"
"ら :guilabel:`Floating IP の割り当て` を選択することにより実行できます。また"
"は、 :guilabel:`インスタンス` ページにおいて割り当てたいインスタンスの隣にあ"
"る、リストからこれを選択することにより実行できます。逆の動作 :guilabel:"
"`Floating IP の割り当て解除` は :guilabel:`アクセスとセキュリティ` ページの :"
"guilabel:`Floating IP` タブから実行できます。 :guilabel:`インスタンス` のペー"
"ジから利用できません。"
msgid "Once the files are restored, start everything back up:"
msgstr "ファイルをリストア後、サービスを起動します。"
@ -8202,6 +8263,17 @@ msgstr ""
"ます。例えば、上で返された最初の qdhcp 名前空間に存在するネットワークインター"
"フェースを参照する場合、このように実行します。"
msgid ""
"Once you've gathered this information, creating the user in the dashboard is "
"just another web form similar to what we've seen before and can be found by "
"clicking the :guilabel:`Users` link in the :guilabel:`Identity` navigation "
"bar and then clicking the :guilabel:`Create User` button at the top right."
msgstr ""
"一度この情報を収集すると、ダッシュボードでのユーザーの作成は、これまでに見て"
"きた他の Web フォームと同じです。 :guilabel:`ユーザー管理` ナビゲーションバー"
"の :guilabel:`ユーザー` リンクにあります。そして、右上にある :guilabel:`ユー"
"ザーの作成` ボタンをクリックします。"
msgid ""
"One choice that always comes up is whether to virtualize. Some services, "
"such as ``nova-compute``, ``swift-proxy`` and ``swift-object`` servers, "
@ -8379,6 +8451,31 @@ msgstr "OpenStack"
msgid "OpenStack Block Storage (cinder)"
msgstr "OpenStack Block Storage (cinder)"
msgid ""
"OpenStack Block Storage also allows creating snapshots of volumes. Remember "
"that this is a block-level snapshot that is crash consistent, so it is best "
"if the volume is not connected to an instance when the snapshot is taken and "
"second best if the volume is not in use on the instance it is attached to. "
"If the volume is under heavy use, the snapshot may have an inconsistent file "
"system. In fact, by default, the volume service does not take a snapshot of "
"a volume that is attached to an image, though it can be forced to. To take a "
"volume snapshot, either select :guilabel:`Create Snapshot` from the actions "
"column next to the volume name on the dashboard :guilabel:`Volumes` page, or "
"run this from the command line:"
msgstr ""
"OpenStack Block Storage では、ボリュームのスナップショットを作成することもで"
"きます。これはブロックレベルのスナップショットであることを覚えておいてくださ"
"い。これはクラッシュに対する一貫性があります。そのため、スナップショットが取"
"得されるとき、ボリュームがインスタンスに接続されていないことが最良です。ボ"
"リュームが接続されたインスタンスにおいて使用されていなければ、次に良いです。"
"ボリュームが高負荷にある場合、スナップショットによりファイルシステムの不整合"
"が起こる可能性があります。実際、デフォルト設定では、Volume Service はイメージ"
"に接続されたボリュームのスナップショットを取得しません。ただし、強制的に実行"
"することができます。ボリュームのスナップショットを取得するには、ダッシュボー"
"ドの :guilabel:`ボリューム` ページにおいて、ボリューム名の隣にあるアクション"
"項目から :guilabel:`スナップショットの作成` を選択します。または、コマンドラ"
"インから次のようにします:"
msgid "OpenStack Block Storage service"
msgstr "OpenStack Block Storage サービス"
@ -9154,6 +9251,13 @@ msgstr ""
"これでうまくいきます。 :command:`tcpdump -i snooper0` を実行して、 ``patch-"
"tun`` の通信を参照できます。"
msgid ""
"Project ``771ed149ef7e4b2b88665cc1c98f77ca`` will now have access to image "
"``733d1c44-a2ea-414b-aca7-69decf20d810``."
msgstr ""
"これで、プロジェクト ``771ed149ef7e4b2b88665cc1c98f77ca`` がイメージ "
"``733d1c44-a2ea-414b-aca7-69decf20d810`` にアクセスできます。"
msgid "Projects or Tenants?"
msgstr "プロジェクトかテナントか?"
@ -9734,6 +9838,23 @@ msgstr ""
"す。\"default\" セキュリティグループは、ルールを変更しない限り、すべての受信"
"トラフィックを拒否します。"
msgid ""
"Security groups for the current project can be found on the OpenStack "
"dashboard under :guilabel:`Access & Security`. To see details of an existing "
"group, select the :guilabel:`Edit Security Group` action for that security "
"group. Obviously, modifying existing groups can be done from this edit "
"interface. There is a :guilabel:`Create Security Group` button on the main :"
"guilabel:`Access & Security` page for creating new groups. We discuss the "
"terms used in these fields when we explain the command-line equivalents."
msgstr ""
"現在のプロジェクトのセキュリティグループが、OpenStack dashboard の :guilabel:"
"`アクセスとセキュリティ` にあります。既存のグループの詳細を表示するには、セ"
"キュリティグループの :guilabel:`編集` を選択します。自明ですが、この :"
"guilabel:`編集` インターフェースから既存のグループを変更できます。新しいグ"
"ループを作成するための :guilabel:`セキュリティグループの作成` ボタンが、メイ"
"ンの :guilabel:`アクセスとセキュリティ` ページにあります。同等のコマンドライ"
"ンを説明するとき、これらの項目において使用される用語について説明します。"
msgid ""
"Security groups, as discussed earlier, are typically required to allow "
"network traffic to an instance, unless the default security group for a "
@ -9904,6 +10025,13 @@ msgstr ""
"マンドを使って、OpenStack クラウドのリソースの作成・管理を行う方法を説明して"
"います"
msgid ""
"Shows a policy restricting the ability to manipulate flavors to "
"administrators using the Admin API only."
msgstr ""
"インスタンスタイプを操作する権限を、管理 API を使用する管理者だけに限定するポ"
"リシーを表します。"
msgid ""
"Shows a rule that evaluates successfully if the current user is an "
"administrator or the owner of the resource specified in the request (tenant "
@ -10958,6 +11086,14 @@ msgstr ""
"て外部キーとして使用されます。この ID は、インスタンスを一意に識別するため"
"に、ログ、ダッシュボードおよびコマンドラインツールにおいて表示されます。"
msgid ""
"The admin is global, not per project, so granting a user the ``admin`` role "
"in any project gives the user administrative rights across the whole cloud."
msgstr ""
"管理者はプロジェクトごとではなく、グローバルです。そのため、ユーザーに "
"``admin`` ロールを与えることにより、クラウド全体にわたるユーザー管理権限を与"
"えることになります。"
msgid ""
"The asterisk * indicates which screen window you are viewing. This example "
"shows we are viewing the key (for keystone) screen window:"
@ -11226,6 +11362,19 @@ msgstr ""
"(nova) ハイパーバイザーのドライバーにおけるさまざまな機能の組み合わせ表があり"
"ます。"
msgid ""
"The dangerous possibility comes with the ability to change member roles. "
"This is the dropdown list below the username in the :guilabel:`Project "
"Members` list. In virtually all cases, this value should be set to :guilabel:"
"`Member`. This example purposefully shows an administrative user where this "
"value is ``admin``."
msgstr ""
"危険な点としては、メンバーの役割を変更する機能があることです。これは :"
"guilabel:`プロジェクトメンバー` 一覧のユーザー名の後ろにあるドロップダウンリ"
"ストです。事実上すべての場合で、この値は :guilabel:`メンバー` に設定されてい"
"ます。この例では意図的に、この値が ``admin`` になっている管理ユーザーを示して"
"います。"
msgid ""
"The dashboard is based on the Python `Django <https://www.djangoproject.com/"
">`_ web application framework. The best guide to customizing it has already "
@ -11357,6 +11506,20 @@ msgstr ""
"ファーがあるとは、プログラムがディスクに書き込むためにコマンドを発行しました"
"が、オペレーティングシステムがまだ書き込みを完了していないことです。"
msgid ""
"The first column of this form, named :guilabel:`All Users`, includes a list "
"of all the users in your cloud who are not already associated with this "
"project. The second column shows all the users who are. These lists can be "
"quite long, but they can be limited by typing a substring of the username "
"you are looking for in the filter field at the top of the column."
msgstr ""
":guilabel:`すべてのユーザー` (All Users) という見出しが付けられた、このフォー"
"ムの最初の列に、このプロジェクトにまだ割り当てられていない、クラウドのすべて"
"のユーザーが一覧表示されます。2 列目には、すべての割り当て済みユーザーが一覧"
"表示されます。これらの一覧は非常に長い可能性があります。しかし、それぞれの列"
"の上部にあるフィルターフィールドに、探しているユーザー名の部分文字列を入力す"
"ることにより、表示を絞り込むことができます。"
msgid ""
"The first is the ``_base`` directory. This contains all the cached base "
"images from glance for each unique image that has been launched on that "
@ -11845,6 +12008,13 @@ msgstr ""
"合性を保ちながら複製できるため、複数のデータセンターのデプロイメントへのサ"
"ポートも向上されています。"
msgid ""
"The only thing the Image service does not store in a database is the image "
"itself. The Image service database has two main tables:"
msgstr ""
"Image サービスがデータベースに保存しない唯一のものは、イメージ自体です。"
"Image サービスのデータベースは、主要なテーブルが 2 つあります。"
msgid ""
"The order you should upgrade services, and any changes from the general "
"upgrade process is described below:"
@ -12482,6 +12652,22 @@ msgstr ""
"用な情報が多数含まれています。どんなプロパティが利用可能なのかを知るには、以"
"下のログ出力文を ``__init__`` メソッドに挿入してください。"
msgid ""
"There is nothing OpenStack-specific in being aware of the steps needed to "
"access block devices from within the instance operating system, potentially "
"formatting them for first use and being cautious when removing them. What is "
"specific is how to create new volumes and attach and detach them from "
"instances. These operations can all be done from the :guilabel:`Volumes` "
"page of the dashboard or by using the ``cinder`` command-line client."
msgstr ""
"ブロックデバイスにアクセスするために、インスタンスのオペレーティングシステム"
"において必要となる手順に、OpenStack 固有の事項はありません。初めて使用すると"
"きにフォーマットが必要になる、デバイスを取り外すときに注意する、などが考えら"
"れます。固有の事項は、新しいボリュームを作成し、それらをインスタンスに接続お"
"よび切断する方法です。これらの操作は、ダッシュボードの :guilabel:`ボリューム"
"` ページからすべて実行できます。または、 ``cinder`` コマンドラインクライアン"
"トを使用します。"
msgid ""
"Therefore, if you eventually plan on distributing your storage cluster "
"across multiple data centers, if you need unified accounts for your users "
@ -13602,6 +13788,14 @@ msgstr ""
"ログステートメントを追加するには、次の行をファイルの先頭に置きます。ほとんど"
"のファイルでは、これらは既に存在します。"
msgid ""
"To add new volumes, you need only a volume size in gigabytes. Either put "
"these into the :guilabel:`Create Volume` web form or use the command line:"
msgstr ""
"新しいボリュームを追加する際に必要なのは、名前とギガバイト単位のボリューム容"
"量だけです。これらを :guilabel:`ボリュームの作成` ウェブフォームに記入しま"
"す。または、コマンドラインを使用します:"
msgid "To apply or update account quotas on a project:"
msgstr "プロジェクトのアカウントのクォータを適用または更新します。"
@ -13703,6 +13897,15 @@ msgstr ""
msgid "To delete an image, just execute:"
msgstr "イメージを削除する場合、次のようにします。"
msgid ""
"To delete instances from the dashboard, select the :guilabel:`Delete "
"instance` action next to the :guilabel:`instance` on the :guilabel:"
"`Instances` page."
msgstr ""
"ダッシュボードからインスタンスを削除するには、 :guilabel:`インスタンス` ペー"
"ジにおいて :guilabel:`インスタンス` の隣にある :guilabel:`インスタンスの削除"
"` アクションを選択します。"
msgid ""
"To demonstrate customizing OpenStack, we'll create an example of a Compute "
"scheduler that randomly places an instance on a subset of hosts, depending "
@ -13832,6 +14035,23 @@ msgstr ""
"pip を使用して PyPI アーカイブからパッケージをインストール (またはアップグ"
"レード) するには、root として以下のコマンドを実行します。"
msgid ""
"To launch an instance, you need to select an image, a flavor, and a name. "
"The name needn't be unique, but your life will be simpler if it is because "
"many tools will use the name in place of the UUID so long as the name is "
"unique. You can start an instance from the dashboard from the :guilabel:"
"`Launch Instance` button on the :guilabel:`Instances` page or by selecting "
"the :guilabel:`Launch Instance` action next to an image or a snapshot on "
"the :guilabel:`Images` page."
msgstr ""
"インスタンスを起動するには、イメージ、フレーバーおよび名前を選択する必要があ"
"ります。名前は一意である必要がありませんが、名前が一意である限りは、多くの"
"ツールが UUID の代わりに名前を使用できるので、シンプルにできます。インスタン"
"スの起動は、ダッシュボードにおいて、 :guilabel:`インスタンス` ページにある :"
"guilabel:`起動` ボタン、または :guilabel:`イメージ` ページにある :guilabel:`"
"イメージ` または :guilabel:`スナップショット` の隣にある :guilabel:`起動` ア"
"クションから実行できます。"
msgid ""
"To list the bridges on a system, use :command:`ovs-vsctl list-br`. This "
"example shows a compute node that has an internal bridge and a tunnel "
@ -15792,6 +16012,15 @@ msgstr ""
"また、Identity サービス (keystone) を使用してクラウドで利用可能なサービスと、"
"サービス用に設定済みのエンドポイントを確認することもできます。"
msgid ""
"You can attach block storage to instances from the dashboard on the :"
"guilabel:`Volumes` page. Click the :guilabel:`Manage Attachments` action "
"next to the volume you want to attach."
msgstr ""
"ダッシュボードの :guilabel:`ボリューム` ページから、インスタンスにブロックス"
"トレージを接続できます。接続したいボリュームの隣にある :guilabel:`接続の編集"
"` をクリックします。"
msgid ""
"You can configure some services, such as ``nova-api`` and ``glance-api``, to "
"use multiple processes by changing a flag in their configuration file—"

@ -20,11 +20,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: End User Guide 1.0.0\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 03:23+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 15:48+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 06:34+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 09:02+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
@ -5561,6 +5561,13 @@ msgstr "JavaScript とクッキーが有効化されたウェブブラウザー
msgid "OpenStack End User Guide"
msgstr "OpenStack エンドユーザーガイド"
msgid ""
"OpenStack Networking security groups are case-sensitive while the nova-"
"network security groups are case-insensitive."
msgstr ""
"OpenStack Networking のセキュリティーグループでは大文字小文字は区別されます"
"が、 nova-network では区別されません。"
msgid ""
"OpenStack Object Storage (swift) is used for redundant, scalable data "
"storage using clusters of standardized servers to store petabytes of "
@ -5706,6 +5713,13 @@ msgstr ""
"です。例えば、``--meta description=\"My Server\"`` パラメーターを指定してサー"
"バーの説明を追加します。"
msgid ""
"Orchestration is compatible with the CloudFormation template, but you can "
"also write heat templates to orchestrate cloud resources."
msgstr ""
"Orchestration は CloudFormation テンプレートと互換性がありますが、 Heat テン"
"プレートを書いてクラウドリソースのオーケストレーションをすることもできます。"
msgid "Orders the boot disks. Use ``0`` to boot from this volume."
msgstr ""
"起動ディスクの順番。このボリュームから起動する場合 ``0`` を使用します。"
@ -8289,6 +8303,15 @@ msgstr ""
"複数のインスタンスを起動するには、``2`` 以上の値を入力します。デフォルトは "
"``1`` です。 "
msgid ""
"To learn how, refer to the `Template Guide <http://docs.openstack.org/"
"developer/heat/template_guide/index.html>`__ on the OpenStack developer "
"documentation website."
msgstr ""
"テンプレートの書き方については、 OpenStack 開発者ドキュメントサイトの "
"`Template Guide <http://docs.openstack.org/developer/heat/template_guide/"
"index.html>` を参照してください。"
msgid "To list all containers, run the following command:"
msgstr "以下のコマンドを実行して、すべてのコンテナーを一覧表示します。"

@ -5,12 +5,12 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: OpenStack Documentation Team Release Notes 1.0\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-16 05:48+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-06-19 15:48+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-16 05:42+0000\n"
"Last-Translator: Shu Muto <shu-mutou@rf.jp.nec.com>\n"
"PO-Revision-Date: 2016-06-19 04:39+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese\n"
"Language: ja\n"
"X-Generator: Zanata 3.7.3\n"
@ -216,6 +216,25 @@ msgstr ""
"**Admin User Guide** が `OpenStack Docs <http://docs.openstack.org>`_ から削"
"除されました。すべてのファイルが **Administrator Guide** に再整理されました。"
msgid ""
"The API reference documentation has been moved from the api-site repository "
"to project specific repositories."
msgstr ""
"API リファレンスドキュメントは api-site リポジトリーからプロジェクト毎のリポ"
"ジトリーに移動されました。"
msgid "The Operations Guide is now using RST as source format."
msgstr "運用ガイドは、ソースファイル形式として RST を使うようになりました。"
msgid ""
"The content of the separate repositories operations-guide and ha-guide has "
"been moved into the openstack-manuals repository. The repositories "
"operations-guide and ha-guide have been retired."
msgstr ""
"別リポジトリー operations-guide と ha-guide の内容は openstack-manuals リポジ"
"トリーに移動されました。リポジトリー operations-guide と ha-guide は使われな"
"くなりました。"
msgid ""
"These release notes cover all aspects of the work of the documentation team "
"with the exception of those repositories that have their own release notes "

Loading…
Cancel
Save