Imported Translations from Zanata

For more information about this automatic import see:
https://wiki.openstack.org/wiki/Translations/Infrastructure

Change-Id: Idfd091e21eed1eceeb00fdcd13dda084d2a96b84
changes/90/364690/1
OpenStack Proposal Bot 7 years ago
parent a573127c13
commit 40090010e9

@ -6,11 +6,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Virtual Machine Image Guide 0.9\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-09-01 05:25+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-09-02 05:54+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-08-29 05:36+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-09-01 09:59+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language-Team: Japanese\n"
"Language: ja\n"
@ -68,6 +68,18 @@ msgstr ""
msgid "A docker container format."
msgstr "docker コンテナーフォーマット"
msgid ""
"A full treatment of Oz is beyond the scope of this document, but we will "
"provide an example. You can find additional examples of Oz template files on "
"GitHub at `rcbops/oz-image-build/tree/master/templates <https://github.com/"
"rcbops/oz-image-build/tree/master/templates>`_. Here's how you would create "
"a CentOS 6.4 image with Oz."
msgstr ""
"Oz の詳細は、このドキュメントの範囲を超えていますが、例を挙げておきます。"
"GitHub の `rcbops/oz-image-build/tree/master/templates <https://github.com/"
"rcbops/oz-image-build/tree/master/templates>`_ にも Oz テンプレートの例があり"
"ます。以下は、Oz を用いて CentOS 6.4 イメージを作成する方法です。"
msgid ""
"A kernel file that the hypervisor will load initially to boot the image. For "
"a Linux machine, this would be a ``vmlinuz`` file."

@ -17,11 +17,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: Networking Guide 0.9\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-09-01 05:25+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-09-02 05:54+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-08-31 01:30+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-09-01 12:24+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
@ -139,6 +139,23 @@ msgstr ""
"アドレス管理) として知られています。新しいポートがネットワークに作成された際"
"に、 IP アドレスを割り当てるのにサブネットは使用されます。"
msgid ""
"A combination of the source attributes defines the source of the flow. A "
"combination of the destination attributes defines the destination of the "
"flow. The ``l7_parameters`` attribute is a place holder that may be used to "
"support flow classification using layer 7 fields, such as a URL. If "
"unspecified, the ``logical_source_port`` and ``logical_destination_port`` "
"attributes default to ``none``, the ``ethertype`` attribute defaults to "
"``IPv4``, and all other attributes default to a wildcard value."
msgstr ""
"\"source\" 関連の属性の組み合わせで、フローの入力元が定義されます。 "
"\"destination\" 関連の属性の組み合わせで、フローの宛先が定義されます。 "
"``l7_parameters`` 属性は、URL などのレイヤー 7 のフィールドを使ったフロー分類"
"をサポートする際に使用するための予約場所です。 ``logical_source_port`` と "
"``logical_destination_port`` 属性は、指定されなかった場合はデフォルトで "
"``none``になります。 ``ethertype`` 属性のデフォルトは ``IPv4`` で、それ以外の"
"属性のデフォルト値はすべてワイルドカード値です。"
msgid ""
"A database management command-line tool uses the Alembic library to manage "
"the migration."
@ -335,6 +352,17 @@ msgstr ""
"スイッチ (3) は、ルーター (4) と外部ネットワーク間のあらゆる VLAN タグ操作を"
"行います。"
msgid ""
"A switchport that is configured to pass frames from all VLANs and tag them "
"with the VLAN IDs is called a *trunk port*. IEEE 802.1Q is the network "
"standard that describes how VLAN tags are encoded in Ethernet frames when "
"trunking is being used."
msgstr ""
"スイッチポートがすべての VLAN からのフレームを転送し、それらに VLAN ID のタグ"
"を付ける場合、そのポートは *トランクポート* と呼ばれます。 IEEE 802.1Q は、 "
"トランクポートを使う際に VLAN タグをどのように Ethernet フレームに入れるかを"
"規程したネットワーク標準です。"
msgid "A, AAAA and PTR records will be created in the DNS service."
msgstr ""
"A レコード、AAAA レコード、PTR レコードが DNS サービスにより作成されます。"
@ -487,7 +515,7 @@ msgstr "``/etc/neutron/plugins/ml2/ml2_conf.ini`` に以下を追加します。
msgid ""
"Add the newly configured ``ml2_conf_sriov.ini`` file as parameter to the "
"``neutron-server`` service. Edit the appropriate initialization script to "
"configure the ``neutron-server`` service to load the SRI-OV configuration "
"configure the ``neutron-server`` service to load the SR-IOV configuration "
"file:"
msgstr ""
"新たに設定した ``ml2_conf_sriov.ini`` ファイルを ``neutron-server`` サービス"
@ -924,6 +952,36 @@ msgstr ""
"policy``) をすべてのプロジェクトと共有する方法が提供されています。これを行う"
"には、オブジェクトの ``shared`` フラグを使います。"
msgid ""
"As mentioned earlier, modern Ethernet networks use switches to interconnect "
"the network hosts. A switch is a box of networking hardware with a large "
"number of ports that forward Ethernet frames from one connected host to "
"another. When hosts first send frames over the switch, the switch doesnt "
"know which MAC address is associated with which port. If an Ethernet frame "
"is destined for an unknown MAC address, the switch broadcasts the frame to "
"all ports. The switch learns which MAC addresses are at which ports by "
"observing the traffic. Once it knows which MAC address is associated with a "
"port, it can send Ethernet frames to the correct port instead of "
"broadcasting. The switch maintains the mappings of MAC addresses to switch "
"ports in a table called a *forwarding table* or *forwarding information "
"base* (FIB). Switches can be daisy-chained together, and the resulting "
"connection of switches and hosts behaves like a single network."
msgstr ""
"上で述べたように、最近の Ethernet ネットワークはネットワーク間を接続するのに"
"スイッチを使用します。スイッチは、多数のポートを持つネットワークハードウェア"
"の箱で、スイッチに接続されたあるホストから別のホストに Ethernet フレームを転"
"送します。ホストが最初にフレームをそのスイッチ経由で送信する際には、スイッチ"
"はどの MAC アドレスがどのポートに関連付いているかを知りません。 Ethernet フ"
"レームの宛先が知らない MAC アドレスの場合、スイッチはすべてのポートにそのフ"
"レームをブロードキャストします。スイッチはどの MAC アドレスがどのポートにいる"
"かを、トラフィックを観測して学習します。いったんどの MAC アドレスがどのポート"
"に関連付いているかを学習すると、その後はスイッチは Ethernet フレームをブロー"
"ドキャストせずに正しいポートに送信できます。スイッチは MAC アドレスからスイッ"
"チポートへの対応関係をテーブルで管理します。このテーブルは *forwarding "
"table (転送テーブル)* や *forwarding information base* (FIB) と呼ばれます。ス"
"イッチは数珠つなぎ (daisy-chain) にすることができ、その結果、スイッチとホスト"
"の接続は 1 つのネットワークの場合と同様の動作をします。"
msgid ""
"As of Juno, the OpenStack Networking service (neutron) provides two new "
"attributes to the subnet object, which allows users of the API to configure "
@ -1608,6 +1666,26 @@ msgstr "コンピュートノード"
msgid "Concepts"
msgstr "概念"
msgid ""
"Conceptually, you can think of an Ethernet network as a single bus that each "
"of the network hosts connects to. In early implementations, an Ethernet "
"network consisted of a single coaxial cable that hosts would tap into to "
"connect to the network. However, network hosts in modern Ethernet networks "
"connect directly to a network device called a *switch*. Still, this "
"conceptual model is useful, and in network diagrams (including those "
"generated by the OpenStack dashboard) an Ethernet network is often depicted "
"as if it was a single bus. You'll sometimes hear an Ethernet network "
"referred to as a *layer 2 segment*."
msgstr ""
"概念としては、 Ethernet ネットワークはそのネットワークのすべてのホストが接続"
"する 1 本のバスとみなせます。初期の実装では、 Ethernet ネットワークは、ネット"
"ワークに接続するためにホストがつなぎ込む 1 本の同軸ケーブルで構成されていまし"
"た。しかしながら、最近の Ethernet ネットワークでは *スイッチ* と呼ばれるネッ"
"トワークデバイスに直接接続します。依然として、この概念モデルは有用で、ネット"
"ワーク図ではしばしば Ethernet ネットワークは 1 本のバスであるかのように描かれ"
"ます (OpenStack ダッシュボードが生成するネットワーク図もそうです)。時として "
"Ethernet ネットワークは *レイヤー 2 セグメント* と呼ばれることもあります。"
msgid "Configuration"
msgstr "設定"
@ -1904,6 +1982,9 @@ msgstr "外部ネットワークとして利用できるようにするネット
msgid "Create a network to share:"
msgstr "共有するネットワークを作成します。"
msgid "Create a network."
msgstr "ネットワークを作成します。"
msgid ""
"Create a policy entry using the :command:`rbac-create` command (in this "
"example, the ID of the project we want to share with is "
@ -2164,6 +2245,11 @@ msgstr ""
"OpenStack 環境では使用できません。例えば、 ``224.0.0.0/16`` や "
"``127.0.1.0/24`` を使うサブネットの作成はサポートされません。"
msgid ""
"Creating a subnet with a service type requires administrative privileges."
msgstr ""
"サービスタイプを指定してサブネットを作成するには、管理者権限が必要です。"
msgid "Currently, SFC lacks support for multi-project service functions."
msgstr ""
"現時点では、 SFC は、複数のプロジェクトに属するサービス機能を扱うことはできま"
@ -2423,6 +2509,13 @@ msgstr ""
"SR-IOV ポートを持つインスタンスと通常ポートのインスタンスを同じコンピュート"
"ノード上に配置する"
msgid ""
"Direct port instance that uses floating IP address and network node are "
"located on the same host."
msgstr ""
"Floating IP アドレスを使用する SR-IOV ポートを持つインスタンスとネットワーク"
"ノードを同じホストに配置する"
msgid "Disable libvirt networking"
msgstr "libvirt ネットワークの無効化"
@ -3234,6 +3327,14 @@ msgstr ""
"reference/networking/networking_options_reference.html#security-groups>`__ の"
"関連する節を参照してください。"
msgid ""
"For more information about the syntax for ``hw:mem_page_size``, refer to the "
"`Flavors <http://docs.openstack.org/admin-guide/compute-flavors.html>`__ "
"guide."
msgstr ""
"``hw:mem_page_size`` の書式についての情報は `Flavors <http://docs.openstack."
"org/admin-guide/compute-flavors.html>`__ ガイドを参照してください。"
msgid "For more information see the :ref:`config-sriov`."
msgstr "詳しい情報は :ref:`config-sriov` を参照してください。"
@ -3298,6 +3399,19 @@ msgstr ""
"1 つは ``neutron.conf`` ファイルで設定し、もう 1 つは ``ml2_conf.ini`` ファイ"
"ルで設定します。ほとんどの環境で、この設定が使用できることでしょう。"
msgid ""
"Forwarding DataBase (FDB) population is an L2 agent extension to OVS agent "
"or Linux bridge. Its objective is to update the FDB table for existing "
"instance using normal port. This enables communication between SR-IOV "
"instances and normal instances. The use cases of the FDB population "
"extension are:"
msgstr ""
"FDB (Forwarding Database) population は、 OVS エージェントや Linux ブリッジ"
"エージェントに対する L2 エージェント拡張機能です。この機能の目的は、通常ポー"
"トを使った既存のインスタンス用に FDB テーブルを更新することです。これによ"
"り、 SR-IOV インスタンスと通常のインスタンス間での通信が可能になります。 FDB "
"population 拡張機能には、以下のようなユースケースがあります。"
msgid ""
"From the Liberty release onwards, OpenStack Networking supports IPv6 prefix "
"delegation. This section describes the configuration and workflow steps "
@ -4009,6 +4123,54 @@ msgstr ""
"成することができ、その名前空間内に新しいデバイスを作成したり、ある名前空間に"
"すでに存在するデバイスを別の名前空間に移動できます。"
msgid ""
"In an Ethernet network, every host on the network can send a frame directly "
"to every other host. An Ethernet network also supports broadcasts so that "
"one host can send a frame to every host on the network by sending to the "
"special MAC address ``ff:ff:ff:ff:ff:ff``. ARP_ and DHCP_ are two notable "
"protocols that use Ethernet broadcasts. Because Ethernet networks support "
"broadcasts, you will sometimes hear an Ethernet network referred to as a "
"*broadcast domain*."
msgstr ""
"Ethernet ネットワークでは、ネットワーク上のどのホストも他のどのホストにも直接"
"フレームを送信できます。 Ethernet ネットワークはブロードキャストもサポートし"
"ており、特別な MAC アドレス``ff:ff:ff:ff:ff:ff`` に送信することで、 あるホス"
"トが 1 つのフレームでネットワーク上のすべてのホストに送信ができます。 "
"Ethernet のブロードキャストを使う有名なプロトコルが 2 つあり、 ARP_ と DHCP_ "
"です。 Ethernet ネットワークはブロードキャストをサポートしているため、 "
"Ethernet ネットワークは *ブロードキャストドメイン* と呼ばれることもあります。"
msgid ""
"In an Ethernet network, the hosts connected to the network communicate by "
"exchanging *frames*. Every host on an Ethernet network is uniquely "
"identified by an address called the media access control (MAC) address. In "
"particular, every virtual machine instance in an OpenStack environment has a "
"unique MAC address, which is different from the MAC address of the compute "
"host. A MAC address has 48 bits and is typically represented as a "
"hexadecimal string, such as ``08:00:27:b9:88:74``. The MAC address is hard-"
"coded into the NIC by the manufacturer, although modern NICs allow you to "
"change the MAC address programmatically. In Linux, you can retrieve the MAC "
"address of a NIC using the :command:`ip` command:"
msgstr ""
"Ethernet ネットワークでは、ネットワークに接続されたホストは *フレーム* をやり"
"取りして通信します。 Ethernet ネットワーク上の各ホストは、MAC (media access "
"control; メディアアクセス制御) アドレスと呼ばれるアドレスにより一意に識別され"
"ます。特に、 OpenStack 環境では、各仮想マシンインスタンスは一意な MAC アドレ"
"スを持ち、その MAC アドレスはコンピュートホストの MAC アドレスとも異なりま"
"す。 MAC アドレスは 48 ビットで、通常は ``08:00:27:b9:88:74`` のような 16 進"
"数で表現されます。 MAC アドレスは製造ベンダーにより NIC に書き込まれています"
"が、最近の NIC は MAC アドレスをプログラムして書き換えることもできます。 "
"Linux では :command:`ip` コマンドを使って NIC の MAC アドレスを取得できます。"
msgid ""
"In both cases, install and configure Open vSwitch with DPDK support for each "
"node. For more information, see the `OVS-DPDK <https://github.com/"
"openvswitch/ovs/blob/v2.5.0/INSTALL.DPDK.md>`__ installation guide."
msgstr ""
"どちらの場合も、各ノードで DPDK 対応の Open vSwitch をインストールと設定を行"
"う必要があります。詳細な情報は、 `OVS-DPDK <https://github.com/openvswitch/"
"ovs/blob/v2.5.0/INSTALL.DPDK.md>`__ インストールガイドを参照してください。"
msgid ""
"In comparison to provider networks with Open vSwitch (OVS), this scenario "
"relies completely on native Linux networking services which makes it the "
@ -4143,6 +4305,15 @@ msgstr ""
"するのに、手動作業をいくつか実行したり、簡単なスクリプトを書く必要があること"
"でしょう。"
msgid ""
"In the OSI model of networking protocols IP occupies the third layer, known "
"as the network layer. When discussing IP, you will often hear terms such as "
"*layer 3*, *L3*, and *network layer*."
msgstr ""
"IP は、ネットワークプロトコルの OSI モデルの第 3 層にあたり、ネットワーク層と"
"も呼ばれます。 IP の話をすると、 *レイヤー 3*、 *L3*、*ネットワーク層* といっ"
"た用語をしばしば聞くことでしょう。"
msgid ""
"In the `OSI model <https://en.wikipedia.org/wiki/OSI_model>`_ of networking "
"protocols, Ethernet occupies the second layer, which is known as the data "
@ -4639,6 +4810,19 @@ msgstr ""
"使うと、 IP パケットが宛先に到達するまでに通過する各ルーターの IP アドレスが"
"表示されます。"
msgid ""
"It is important that you select a VLAN range not being used by your current "
"network infrastructure. For example, if you estimate that your cloud must "
"support a maximum of 100 projects, pick a VLAN range outside of that value, "
"such as VLAN 200299. OpenStack, and all physical network infrastructure "
"that handles tenant networks, must then support this VLAN range."
msgstr ""
"現在ネットワーク基盤で使用されていない VLAN の範囲を選択することが重要です。"
"例えば、あなたのクラウドで最大 100 プロジェクトをサポートする必要があると見込"
"んだ場合、 VLAN の範囲としてそれだけの数の値、例えば VLAN 200-299 など、を選"
"びます。 OpenStack およびテナントネットワークを扱うすべての物理ネットワーク基"
"盤でこの VLAN 範囲が利用できる必要があります。"
msgid ""
"It is positioned as alternative to Open vSwitch or Linux bridge support on "
"the compute node for internal deployments."
@ -6096,6 +6280,22 @@ msgstr "Open vSwitch"
msgid "Open vSwitch & Open vSwitch agent"
msgstr "Open vSwitch & Open vSwitch エージェント"
msgid ""
"Open vSwitch (OVS) provides support for a Data Plane Development Kit (DPDK) "
"datapath since OVS 2.2, and a DPDK-backed ``vhost-user`` virtual interface "
"since OVS 2.4. The DPDK datapath provides lower latency and higher "
"performance than the standard kernel OVS datapath, while DPDK-backed ``vhost-"
"user`` interfaces can connect guests to this datapath. For more information "
"on DPDK, refer to the `DPDK <http://dpdk.org/>`__ website."
msgstr ""
"Open vSwitch (OVS) は、 OVS 2.2 以降で Data Plane Development Kit (DPDK) デー"
"タパスに対応しており、 OVS 2.4 以降では DPDK を利用した ``vhost-user`` 仮想イ"
"ンターフェースに対応しています。 DPDK データパスを使うと、標準のカーネル OVS "
"のデータパスよりも低遅延で高性能なデータパスが実現できます。 DPDK を利用した "
"``vhost-user`` インターフェースを使うと、ゲストを DPDK データパスに接続できま"
"す。 DPDK の詳しい情報は `DPDK <http://dpdk.org/>`__ のウェブサイトを参照して"
"ください。"
# #-#-#-#-# scenario_dvr_ovs.pot (Networking Guide 0.9) #-#-#-#-#
# #-#-#-#-# scenario_l3ha_ovs.pot (Networking Guide 0.9) #-#-#-#-#
# #-#-#-#-# scenario_legacy_ovs.pot (Networking Guide 0.9) #-#-#-#-#
@ -7646,6 +7846,18 @@ msgstr "サービスとコンポーネントの構造"
msgid "Service function chaining"
msgstr "Service Function Chaining"
msgid ""
"Service function chaining (SFC) essentially refers to the software-defined "
"networking (SDN) version of policy-based routing (PBR). In many cases, SFC "
"involves security, although it can include a variety of other features."
msgstr ""
"Service Function Chaining (SFC) は、 ポリシーベースルーティング (PBR) の "
"Software-defined networking (SDN) 版と言われています。他にも様々な機能があり"
"ますが、多くの場合 SFC はセキュリティーと関連性があります。"
msgid "Service subnets"
msgstr "サービスサブネット"
msgid "Services"
msgstr "サービス"
@ -10517,6 +10729,36 @@ msgstr ""
"定してルーターを停止してから、ルーターを L3 HA にアップグレードし、最後にルー"
"ターの ``admin_state_up`` 属性を ``True`` に戻します。"
msgid ""
"The most common application programming interface (API) for writing TCP-"
"based applications is called *Berkeley sockets*, also known as *BSD sockets* "
"or, simply, *sockets*. The sockets API exposes a *stream oriented* interface "
"for writing TCP applications. From the perspective of a programmer, sending "
"data over a TCP connection is similar to writing a stream of bytes to a "
"file. It is the responsibility of the operating system's TCP/IP "
"implementation to break up the stream of data into IP packets. The operating "
"system is also responsible for automatically retransmitting dropped packets, "
"and for handling flow control to ensure that transmitted data does not "
"overrun the sender's data buffers, receiver's data buffers, and network "
"capacity. Finally, the operating system is responsible for re-assembling the "
"packets in the correct order into a stream of data on the receiver's side. "
"Because TCP detects and retransmits lost packets, it is said to be a "
"*reliable* protocol."
msgstr ""
"TCP を使ったアプリケーションを書く際に最も広く使われるアプリケーションプログ"
"ラミングインターフェース (API) は *Berkeley ソケット* と呼ばれています。 "
"*BSD ソケット* とか、単に *ソケット* と呼ばれることもあります。ソケット API "
"は TCP アプリケーションを書くための *ストリーム志向* のインターフェースを公開"
"しています。プログラマーの視点では、 TCP コネクションにデータを送信するのは、"
"ファイルにバイトストリームを書き込むのに似ています。データストリームを IP パ"
"ケットに分解するのはオペレーティングシステムの TCP/IP 実装の仕事です。失われ"
"たパケットを自動的に再送したり、送信したデータが送信側のデータバッファーや受"
"信側のデータバッファー、ネットワーク容量を超えてしまわないようにフロー制御を"
"行うのも、オペレーティングシステムの仕事です。最後に、受信側でパケットを正し"
"い順番で再組み立てしてデータストリームに戻すのも、オペレーティングシステムの"
"しごとです。 TCP はパケットロスを検知して再送を行うので、 *信頼性がある* プロ"
"トコルだと言われます。"
msgid ""
"The name assigned to the port by the Networking service internal DNS is now "
"visible in the response in the ``dns_assignment`` attribute."
@ -10568,6 +10810,18 @@ msgid "The network type can be FLAT, VLAN, GRE, VXLAN or GENEVE."
msgstr ""
"ネットワーク種別は FLAT, VLAN, GRE, VXLAN, GENEVE のいずれかにできます。"
msgid ""
"The operating system of the TCP client application automatically assigns a "
"port number to the client. The client owns this port number until the TCP "
"connection is terminated, after which the operating system reclaims the port "
"number. These types of ports are referred to as *ephemeral ports*."
msgstr ""
"TCP クライアントアプリケーションのオペレーティングシステムは、自動的にクライ"
"アントにポート番号を割り当てます。クライアントはそのポート番号を TCP コネク"
"ションが終了するまで所有します。一定時間後にオペレーティングシステムはポート"
"番号を回収します。このようなポートは *ephemeral ポート (一時的なポート)* と呼"
"ばれます。"
msgid ""
"The operator must create a default external network and default subnetpools "
"(one for IPv4, or one for IPv6, or one of each). Once these are in place, "
@ -11121,6 +11375,19 @@ msgstr "2 つの IPv6 関連の属性があります。"
msgid "There are two syntaxes for expressing a netmask:"
msgstr "ネットマスクを表現する書式は 2 つあります。"
msgid ""
"There are two ways to attach VFs to an instance. You can create an SR-IOV "
"port or use the ``pci_alias`` in the Compute service. For more information "
"about using ``pci_alias``, refer to `nova-api configuration <http://docs."
"openstack.org/admin-guide/compute-pci-passthrough.html#configure-nova-api-"
"controller>`__."
msgstr ""
"VF をインスタンスに接続する方法は 2 つあります。 SR-IOV ポートを作成する方法"
"と、 Compute サービスの ``pci_alias`` を使用する方法です。 ``pci_alias`` を使"
"用する方法の詳細は `nova-api configuration <http://docs.openstack.org/admin-"
"guide/compute-pci-passthrough.html#configure-nova-api-controller>`__ を参照し"
"てください。"
msgid ""
"There is no need to specify any value if you wish to use the reference "
"driver, though specifying ``internal`` will explicitly choose the reference "
@ -12053,6 +12320,29 @@ msgstr ""
"番号は両方のホストで同じで、ホスト *A* はホスト *B* に直接フレームを送信でき"
"るものとします。"
msgid ""
"To understand how VLANs work, let's consider VLAN applications in a "
"traditional IT environment, where physical hosts are attached to a physical "
"switch, and no virtualization is involved. Imagine a scenario where you want "
"three isolated networks but you only have a single physical switch. The "
"network administrator would choose three VLAN IDs, for example, 10, 11, and "
"12, and would configure the switch to associate switchports with VLAN IDs. "
"For example, switchport 2 might be associated with VLAN 10, switchport 3 "
"might be associated with VLAN 11, and so forth. When a switchport is "
"configured for a specific VLAN, it is called an *access port*. The switch is "
"responsible for ensuring that the network traffic is isolated across the "
"VLANs."
msgstr ""
"VLAN がどのように動作するかを理解するために、物理ホストが物理スイッチに接続さ"
"れ、仮想化が行われていない、従来の IT 環境で VLAN の利用を考えてみましょう。"
"ここで、 3 つの分離されたネットワークが必要だが、物理スイッチは 1 つしか持っ"
"ていないとしましょう。ネットワーク管理者は 3 つ VLAN ID (10, 11, 12 としま"
"す) を選んで、スイッチを設定してスイッチポートをこれらの VLAN ID に関連付けま"
"す。例えば、スイッチポート 2 は VLAN 10 に、スイッチポート 3 は VLAN 11 に関"
"連付け、他も同様とします。スイッチポートが特定の VLAN に設定された場合、その"
"ポートは *アクセスポート* と呼ばれます。ネットワークトラフィックが VLAN 間で"
"分離されることは、スイッチの責任で保証されます。"
msgid "To upgrade the database incrementally, use the following command:"
msgstr ""
"データベースのアップグレードを少しずつ行うには、以下のコマンドを使用します。"
@ -12391,6 +12681,24 @@ msgstr "VF"
msgid "VLAN"
msgstr "VLAN"
msgid ""
"VLAN is a networking technology that enables a single switch to act as if it "
"was multiple independent switches. Specifically, two hosts that are "
"connected to the same switch but on different VLANs do not see each other's "
"traffic. OpenStack is able to take advantage of VLANs to isolate the traffic "
"of different tenants, even if the tenants happen to have instances running "
"on the same compute host. Each VLAN has an associated numerical ID, between "
"1 and 4095. We say \"VLAN 15\" to refer to the VLAN with a numerical ID of "
"15."
msgstr ""
"VLAN は、1 つのスイッチがあたかも複数の独立したスイッチであるかのように振る舞"
"えるようにするネットワーク技術です。特に、 同じスイッチだが別の VLAN に接続さ"
"れている 2 つのホストはお互いのトラフィックを見ることはできません。 "
"OpenStack は、複数のテナントが 1 つの同じコンピュートホスト上で動作するインス"
"ンタンスを持っている場合でも、 VLAN を使って異なるテナントのトラフィックを分"
"離できます。各 VLAN には数値の ID が関連付けられ、 1 から 4095 の範囲です。 "
"\"VLAN 15\" といった場合は、その VLAN の数値の ID が 15 ということです。"
msgid "VLANs"
msgstr "VLAN"
@ -12855,6 +13163,23 @@ msgstr ""
"``instance2`` は外部ネットワークと同じアドレススコープに属しているため、 "
"``instance2`` には直接 ping することもできます。"
msgid ""
"You can repeat the ``--flow-classifier`` option to specify multiple flow "
"classifiers for a port chain. Each flow classifier identifies a flow."
msgstr ""
"``--flow-classifier`` オプションを複数個指定することで、 1 つのポートチェイン"
"に複数の Flow Classifier を指定できます。各 Flow Classifier でフローが特定さ"
"れます。"
msgid ""
"You can repeat the ``--port-pair-group`` option to specify additional port "
"pair groups in the port chain. A port chain must contain at least one port "
"pair group."
msgstr ""
"``--port-pair-group`` オプションを複数個指定することで、ポートチェインに追加"
"のポートペアグループを指定できます。 1 つのポートチェインには、少なくとも 1 "
"つポートペアグループを含める必要があります。"
msgid ""
"You can repeat the ``--port-pair`` option for multiple port pairs of "
"functionally equivalent service functions."
@ -12965,6 +13290,9 @@ msgstr "``172.16.0.0/12``"
msgid "``192.168.0.0/16``"
msgstr "``192.168.0.0/16``"
msgid "``None``"
msgstr "``None``"
msgid ""
"``admin_auth_url``: the Identity service admin authorization endpoint url. "
"This endpoint will be used by the Networking service to authenticate as an "
@ -13114,6 +13442,9 @@ msgstr "``logical_source_port`` - 送信元ポート"
msgid "``name`` - Readable name"
msgstr "``name`` - 分かりやすい名前"
msgid "``network:floatingip_agent_gateway``"
msgstr "``network:floatingip_agent_gateway``"
msgid "``not-tags-any``"
msgstr "``not-tags-any``"

@ -20,11 +20,11 @@ msgid ""
msgstr ""
"Project-Id-Version: End User Guide 1.0.0\n"
"Report-Msgid-Bugs-To: \n"
"POT-Creation-Date: 2016-09-01 05:26+0000\n"
"POT-Creation-Date: 2016-09-02 05:54+0000\n"
"MIME-Version: 1.0\n"
"Content-Type: text/plain; charset=UTF-8\n"
"Content-Transfer-Encoding: 8bit\n"
"PO-Revision-Date: 2016-08-30 02:41+0000\n"
"PO-Revision-Date: 2016-09-01 10:07+0000\n"
"Last-Translator: Akihiro Motoki <amotoki@gmail.com>\n"
"Language: ja\n"
"Plural-Forms: nplurals=1; plural=0;\n"
@ -1990,6 +1990,15 @@ msgstr ""
"`security_groups_add_rule` をするか、ルールがすでに設定されているセキュリ"
"ティーグループを追加します。 "
msgid ""
"Before you run commands, `set environment variables using the OpenStack RC "
"file <http://docs.openstack.org/user-guide/common/cli-set-environment-"
"variables-using-openstack-rc.html>`_."
msgstr ""
"コマンドを実行する前に、 `OpenStack RC ファイルを使って環境変数を設定してく"
"ださい <http://docs.openstack.org/user-guide/common/cli-set-environment-"
"variables-using-openstack-rc.html>`_ 。"
msgid ""
"Before you use the newly-created configuration group, look at how the "
"``sync_binlog`` option is configured on your database. Replace the following "
@ -8475,6 +8484,14 @@ msgstr ""
"ある月のインスタンス使用状況を問い合わせるために、月を選択し、:guilabel:`送信"
"` をクリックします。"
msgid ""
"To release the floating IP address back into the floating IP pool, click "
"the :guilabel:`Release Floating IP` option in the :guilabel:`Actions` column."
msgstr ""
"Floating IP アドレスを解放して Floating IPプールに戻すためには、 :guilabel:`"
"アクション` の列の :guilabel:`Floating IP の解放` オプションをクリックしま"
"す。"
msgid "To remove the floating IP address from a project:"
msgstr "プロジェクトから Floating IP アドレスを削除する方法::"

Loading…
Cancel
Save